内藤満里子と仲間たち 安城デンパーク作品展

『 内藤満里子と仲間たち 安城デンパーク作品展 』
〜手間ひまかけての暮らし展〜
日程: 6月28日(水)~7月3日(月) 10時~17時
場所: 安城産業文化公園 デンパーク デンパーク館

和の暮らし歳時記教室でお世話になっている、内藤満里子先生のお声かけにより、
和の暮らし歳時記・教室、いけばな教室、Mariko-Style花教室の約50名の生徒の作品、約120点が並びます。
私も生徒の1人として、講座で制作した作品の一部を展示、初日の6月28日(水)は、会場でお手伝いで参加します。

満里子先生は毎日会場にいらっしゃいます。
お花を使ったワークショップも楽しんで頂けます。
ぜひ、おでかけくださいませ。


P_20170605_105424.jpg


そして今年の秋には、鳥取と静岡で満里子先生のインスタレーションが行われます。

10月7日8日
鳥取県八頭郡八頭町 竹林公園

11月11日12日
静岡県袋井市 築200年くらいの古民家

詳細が分かりましたら、改めてご案内いたします。

満里子先生のパワフルさに驚くばかりです。
秘めた熱い想いがあるからでしょうか。

旧暦暮らし 手間ひまかけて暮らす 日本の心を伝えたくて

満里子先生の笑顔と、熱い想いに出会いに、足をお運びくださいませ。
思わぬ美を見つける達人です。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
Date: 2017.06.25
Category: Mariko-Style
Comments (0)Trackbacks (0)

裂織の敷物

先生が音頭をとり、お仲間の方々と一本締めをしてくださいました。
織りあがると嬉しいものですね。
房の始末はこれからです。

P_20170621_133047.jpg

次は、半幅帯に挑戦。そして、経糸にも!
糸の長さの計算をして、木枠に糸を巻いていきます。
「ひびろ」、「かせかけ」、「はやまい」、と初めて聞く言葉と道具です。

少し余裕を持つように多めに巻くことが大切と教えて頂きました。
織り始めてから経糸が足りなくなっては大変です。保険のようなものかなと。

人生にも通じることで、何事も余裕があるようにしたいものです。(願望!)

予想外に機結びに苦戦しました。
手順は出来るのですが、引っ張り方がいけないのかするりと抜けてしまいます。
あれれ。。。
上手くいく時といかない時があり、この機会に先生をはじめ、先輩から、改めてコツを教えて頂きました。
結び糸で帯を結んだのは、もうずいぶん昔の話でしたからねぇ。。。

思いがけないところでつまづくのも、人生に通じるところです。
手を動かすことで気づいたり、教えられることがあります。
織は人生修行ともいえるかも。


「雨降って地固まる」
夏至の朝は横殴りの雨でしたが、色々なことを洗い流してくれる浄化の雨のように感じました。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村





Date: 2017.06.22
Category: 染め織り
Comments (0)Trackbacks (0)

松葉のサイダー

松葉のシュワシュワ!
画像に惹かれて、やってみたいと思っていました。
梅雨明けの松葉の新芽がよいとのことでしたが、手に入る雌松をみつけたので試してみました。

P_20170617_201733.jpg


水の分量に対して一割の砂糖水をつくり、萼(がく)を取った松葉を瓶に入れ、砂糖水を注ぎます。
窓辺に瓶を置いて、発酵させます。
しゅわしゅわしてきたら出来上がり。

うっかりしていたら二週間は経っていました。瓶をみるとしゅわしゅわと泡が立ち上っていました。
グラスに注ぐと、松葉の香りがします。
恐る恐る口をつけると、甘みと松葉の味???
飲みなれているサイダーのようにしゅわしゅわしている訳ではありませんが、身体には良さそうです。

瓶に移して置いておくと松葉酒になるそうです。
こちらも試してみましょう。
ホワイトリカーに漬けなくても、そのまま発酵が進んでお酒になるらしいのです。
小さな瓶ですけれど、どれくらい置くと飲み頃のお酒になるのかしら?

植物と人の営みの関わりって、面白いですね。
松を見る目が変わってきます。

松の葉は「不老長寿の仙人が常食した」と伝えられる植物。
赤松の葉には、血液浄化や血管を強くするという効能があると言われます。

最近は、枇杷の実が気になっておりましたが、松の木も意識してみようと思います。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村



Date: 2017.06.17
Category: 食べもの
Comments (0)Trackbacks (0)

梅仕事など

有り難いことに梅をたくさん頂き、梅味噌、梅ジュースなど仕込みました。

P_20170611_084032.jpg

甘夏みかんのピールも、懲りずに作っております。

P_20170611_084222.jpg

先日の笹餅の葉っぱを天日干ししてお茶にすると伺ったので、干してみました。
クマ笹茶になる予定。

P_20170611_084710.jpg


ドクダミ撲滅作戦によりうちの庭では花は採れませんでしたが、あちこちのドクダミのお花を頂いてホワイトリカーに漬けました。
虫刺されには有効で手放せません。

P_20170611_084808.jpg


そして、何もなくなった庭に野菜を植えて、キュウリの収穫!
瑞々しくて美味しく頂きました。

P_20170610_200051.jpg

植物の命を頂いて、暮らしが成り立っていることを改めて感じます。
季節ごとに出会える実りの味や香りに感謝です。

先日は、初物の枇杷を味わいました。
実を食べるだけでなく、種も葉も薬効があると聞き、気にして枇杷の木をみています。
今度、枇杷の実を食べたら種をうえてみようかな。



P_20170605_115509.jpg




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村


Date: 2017.06.15
Category: 植物
Comments (0)Trackbacks (0)

蛍のお出ましは?

日曜日、仕事帰りの黄昏時に車を走らせました。
蓬生の蛍とお茶。
おうる工房さん、茶道部先輩たちと久しぶりの再会が嬉しかったです。

梅雨入りしたけれども、風が爽やかな日が続いて、蛍の沢はひんやりとしておりました。
そのためか、蛍のお出ましが一瞬。
いつものような乱舞は今年は見られませんでした。
もう少し気温が上がらないと動かないのですね。

P_20170611_194437.jpg

駆けつけて、お弁当を頂き、お茶を三服。
明るいうちに撮影した御菓子「ほたる」

S__7897156.jpg

お弁当

S__7897158.jpg

今年は、桟敷だけでなく蛍観堂も設えられて、二か所でお茶を楽しみました。
毎年、進化しています。

今年はそれぞれの茶箱のお点前でした。
色々な場所でお茶を楽しめるように、私も茶箱を用意したいです。

S__7897160.jpg

蛍観堂には、テイカカズラの香り。

S__7897162.jpg

少しだけテイカカズラを頂きました。

キョウチクトウ科テイカカズラ属のつる性常緑低木。有毒植物。
和名は、式子内親王を愛した藤原定家が、死後も彼女を忘れられず、ついに定家葛に生まれ変わって彼女の墓にからみついたという伝説(能『定家』)に基づくそうです。(ウィキペディアより)

芳香に誘われますが、和名の由来はある意味怖い。。。

P_20170611_215448.jpg

来年も蛍の沢での再会を願って、解散となりました。
振り返ってみると、2012年から6回目。
こうして毎年続けられることに感謝しています。

 2016
 2015
 2014
 2013
 2012



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

Date: 2017.06.13
Category: 茶道部
Comments (0)Trackbacks (0)
プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR