衣浦の花火

今夜はあちこちで花火が上がっていました。
仕事帰りでも、ゆったりと花火が眺められるのは有り難いことです。
更に、名古屋から浴衣を着て行きまーす!とお越しくださいました。


S__13533230bb.jpg


高台から、夕涼みしながら眺める花火。
衣浦の他に、二か所遠くで花火が上がっていました。
17時半~20時半の一時間で、1400発。

傘の形の花火など、楽しませて頂きました。

09F874A4-19D7-499B-B52D-210AB7A96DBF.jpg


タブレットの撮影でぼんやりですが、雰囲気だけでもと載せておきます。


249.jpg


行きつけのお店も気に入っていただけて、はじめての方同士もお話が弾み、和やかな夕べとなりました。
知多半島で蟹と言えば、ワタリ蟹ですね。


20170722_210316.jpg


半田までお越しくださって、ありがとうございました。
またお出かけ下さいね。
楽しく、ゆったりとしたひと時に感謝です。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Date: 2017.07.22
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

紗の着物に袖を通して

頂いた紗の着物に、やっと袖を通すことができました。
裏が赤、表が黒の紗はよく見かけ、何枚か持っていて着ていましたが、この頂いた紗は、裏は赤、表は紺、そして赤の網模様と洒落ています。何枚か紗の着物を着てみると、固めの紗と柔らかめの紗があり、生地のランクで着やすさが違うものだということを知りました。
今日、袖を通した紗は、着やすく、気持ちのよい着物でした。


20170721_095919.jpg


浴衣を着物風に着るのは、お手入れのことなど考えると、お気軽でよいのですが、きちんと夏着物を着るのも、やはりよいものです。麻の下着、汗取りあしべを着てから、長襦袢、着物と、夏の着物は端折らずきちんと着ます。

着物を着はじめた頃、夏の着物は手強い!と痛感した時のことを思い出されるからです。
特に紗のように透けるものは、長襦袢の丈に気を使いますね。
足首がにょきっと透けた着物からみえないよう、寸法を合わせておきます。
下着のラインにも気を配ります。

着はじめた頃といえば、安いポリエステルの絽長襦袢を着たら、蒸れて暑くて、着ていられなかったことがありました。
今は、麻、海島綿(かいとうめん)、爽竹(そうたけ)、など、夏の襦袢の種類も増えて気持ちよく着ていられるようになりましたが、あれは本当に参りました。。。

夏着物を始める方で、お嫁入りに喪服をご用意されていらっしゃれば…50歳以上くらいになってしまうのかしら?
夏の喪服の長襦袢を着てしまうのも一つですね。
以前は、麻の長襦袢もあったようですが、正絹の絽は今でもあります。そして、現在はポリエステルの絽が喪服セットに組み込まれているのが多くなりました。
今の仕事場の先輩にその話をすると、洗えるから暑くても我慢して着ると言われました。
うーん、我慢比べか・・・。それなら、爽竹(そうたけ)などのムレにくく爽やか生地にすればいいのにと思いますが、セットを組む具合によるのでしょうね。
それより、喪の着物は、夏は着ないという方向が益々進むのかな。

仕事でこの三日間は着物で居られます。
やっぱり気持ちよく、心落ち着きます。
離れてみて、着物の良さを改めて感じられるこの頃、当たり前に着ていられたことは、様様なご縁の上に成り立っていたことで、当たり前ではなかったのだと教えられました。

和の暮らしの中での着物姿は、着物暮らしをはじめてから、茅葺屋根のお家に連れて行ってもらったことが元になっています。
その茅葺屋根のお家は、人の出入りがなくなり放置されていると聞いています。
寂しい限りですが、何事もご縁で成り立つものですから、切れる縁、繋がれる縁、因縁和合。

紗の着物に袖を通して、思い出されたことをつらつらと。
虫の音がきこえる夏の夜です。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村


Date: 2017.07.21
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

胡瓜に茄子にミニトマト

家庭菜園では、胡瓜、茄子、ミニトマトが少しずつですが採れて、楽しんでします。
加えて、今日はミニトマトのお福分けもあり、良い天気が続きそうなので、天日干しでドライトマトが出来るか試してみようかなと考えています。

それにしても、雨の降り方が極端ですね。
大雨の被害に遭われた地域の皆様、謹んでお見舞いを申し上げます。

20170718_211325.jpg


胡瓜の漬物、二種。
右は、ぬか漬け、左は、簡単なきゅうちゃん。

簡単なきゅうちゃんのレシピを教えてもらい、作ったら、いい感じです。
胡瓜を厚めに切り、砂糖1、しょうゆ1、酢1/2、みりん2/1の割合で鍋に全部入れ、砂糖溶かし沸騰させて、胡瓜にかけるだけ。
落し蓋して冷蔵庫に1日置けば出来上がり。鷹の爪入れるとピリっとして美味。


20170715_202850.jpg

毎日、胡瓜な日々を送っています。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

Date: 2017.07.18
Category: 食べもの
Comments (0)Trackbacks (0)

繭からの糸取りと、梶の葉

今月の和の暮らし歳時記教室は、乾繭を煮て糸を取りました。
お蚕様の命を糸に変えていただく、手仕事です。

S__6914053.jpg


上手く糸がとれる繭とそうでない繭とあり、糸口を探すのに苦戦。
とれても切れてしまったりして、全部の繭の足踏みが揃いませんでした。

きれいにとれた糸が糸巻きに巻かれていました。
どの道具も使われてこそ、美しさが増しますね。


20170713_201324.jpg


夜の部にいらっしゃる方は、皆、仕事帰りなので、大きなゴマおはぎをご用意してくださいました。
お腹が落ち着きます。


20170713_201954.jpg


庭の梶の葉からつながるご縁、そして、七夕 乞巧奠(きっこうでん)のお話は、一本の糸でつながっていくような物語でした。
梶の葉を使ったお茶のお点前のお話も、その心遣いを汲み取れる者同士だからこそ感じられる、言葉の説明が要らない世界。
感じられる感性を、さび付かせないように磨いていきたいです。

昨年の七月のお教室では、梶の葉に願い事を書きました。
今年の旧暦の七夕は、8月28日です。
機織りの上達を願いましょうか。
彦星に出会えることも?

20170714_141440.jpg

繭からとれた糸を紙に巻き取りましたが、そのままでは紙に引っ付いてしまうため、糸で結んでひとまとめにしました。

お蚕様のいのち、美しく輝いています。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村


Date: 2017.07.14
Category: Mariko-Style
Comments (0)Trackbacks (0)

ぬか漬けあれこれ

ぬか漬けの講座を受けてから、色々試しております。
その中でもズッキーニのぬか漬けが、お気に入りです。

ズッキーニ、プチトマト、セロリ

P_20170709_140005.jpg


こちらは、豆腐を水切りして、ガーゼで包み、ぬか漬けをつけて袋にいれて2日程で完成。
木綿豆腐がなかったので、絹ごしでしましたが、今度は木綿で試したいです。
大葉とトマトにごま油を少々。
生で食べられる南瓜を頂いたので、スライスして添えました。


P_20170710_194438.jpg

蒸し暑いと、食欲が落ちるので、採れたての野菜などで元気を貰っております。
庭では、きゅうり、なす、プチトマト、大葉が採れて、少しだけど、おすそ分けしたりして、皆で季節の恵みを楽しんでします。

今日は、プチトマトの摘芯を教えて頂きました。
伸び放題にしていたので、主幹の先端を摘芯をすることにより、養分を無駄な枝を伸ばすことに使わず、実を大きく美味しくすることに使えるようになるとのこと。
実がついてきているので、楽しみです。

摘芯した枝をコップに挿しておくと根が出てくるので、それを植えるとよいということも教わりました。
無駄がないですね。

それぞれの知恵に感謝です。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

Date: 2017.07.12
Category: 食べもの
Comments (2)Trackbacks (0)
プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR