熱田祭りの新次郎太鼓

あれこれと書けないまま、日々が過ぎていきます。
少しもどって、熱田祭りのこと。

6月5日は熱田祭りで、名古屋では浴衣解禁となります。
ちょうどこの日、名古屋に出かけた帰り道に神宮前で途中下車してみました。

天皇陛下のおつかい(勅使)が参向される熱田神宮の祭典中最も重要かつ荘厳なお祭りです。
神事のその一方、境内では終日に亘り武道や芸能が奉納され、夕刻より献灯まきわらが点灯され、神宮公園から花火が約1000発(19:40~20:30頃)あがります。
奉納行事


人混みは苦手なのですが、花火の始まる前なら大丈夫かなと。
本殿をお詣りして、ふと太鼓が目に留まり、尾張新次郎太鼓を初めて拝見いたしました。

神楽屋形太鼓
13330975_1049001068524217_5271651438886626229_n.jpg


曲太鼓
13315650_1049001051857552_8065814217077389314_n.jpg

左の指で撥を回したりしながら、5名が笛の音とも合わせて太鼓を演奏します。
子供たちも同じように、演奏します。

美しい型と、間合い

13336068_1049002831857374_3412848162915452343_n.jpg


お茶のお稽古でも学んだことですが、太鼓も根本は同じだと感じました。
全部拝見していませんが、奉納された武道や芸能も、はじめは美しい型と間合いを身に着けることに日々の稽古を積み重ねていきます。

「型」は望む表現が目指す過程の中で、無駄や不要なものをそぎ落とし、最後に得られた本質そのものの象徴。
「型にはめる」というような、表層的な捉えでは、型が持つ積極的な意味を引き出すことは、とても出来ない。
「型から入る」とは、型を使って本質を真似るのであって、型を真似るのではない。



女の子たちも頑張っていましたが、写真に撮ってみると、間合いが合わずバラバラしています。
これがぴたっと合うと、演奏者も観客もとても気持ちがいいものです。

13339554_1049004818523842_9213613486937339102_n.jpg

郡上踊りも徹夜踊りの午前2時くらいから、下駄の音がそろって気持ちよく踊れます。
さすがに観光客は宿に帰り、本当に踊りたい人々だけが残り、息が合うのです。
飽きずに郡上八幡に通うのは、この気持ちよさのせいでしょう。

「型」に対して「自由」があるのではなく、「型」が決まって初めて自由が得られる。
そこに至るには、たくさんの学習や修行が必要。


若い頃は勘違いして、型にはめられるのが嫌だと思っていました。
無駄や不要なものをそぎ落とした、先人の知恵を身に着けるものだと知ったのでした。
忙しさにかまけて忘れがちになるところを、美しい型を拝見して気を引き締めるのでした。

今年の郡上踊り 発祥祭は7月9日(土)です。
さて、今年はどれだけ行けるかしら。

点灯前、本殿に全員お詣りをされていました。
揃いの衣装はいいものです。

暗くなる前に人混みを避け、花火の音のみ聞きながら、電車に乗りました。
夏を感じる祭りです。


bb5d532f-abf5-43ba-9ed6-8a1ad176e05f.jpg




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Date: 2016.06.08
Category: 邦楽
Comments (0)Trackbacks (0)

寿江女会へ、間に合いました。

ちょうど、「連獅子」の幕が開く直前に間に合いました。
25年ぶりに毛振りをすると伺い、拝見したかったのです。

「連獅子」は、能の「石橋」(しゃっきょう)を歌舞伎舞踊化したものです。
親が子に試練を与えるため、谷底へ蹴落とす場面でも、舞踊ですから、ころころと転がるところも美しい動きでした。


CIMG0748.jpg


CIMG0758.jpg

CIMG0764.jpg

舞台着付けの美しさも見どころのひとつです。

CIMG0774.jpg

後半は、親獅子は白の獅子頭、子獅子は赤の獅子頭で、豪快な毛振りへと移ります。

CIMG0778.jpg

体力も気力も必要です。

CIMG0794.jpg

最後は「獅子の座こそ直りけれ」で幕切れでした。
流石、鍛え方が違います。

CIMG0799.jpg

上の娘さんの櫓のお七(やぐらのおしち)
昨年二十歳になられ、太鼓を撥で打つ最後の場面は色気もでて、魅せられました。
人形振り(にんぎょうぶり)というものを初めて拝見しました。

CIMG0828.jpg

人形浄瑠璃の一部が独立した、雪の夜にはじまる物語。
雪の夜、閉じられてしまった町木戸の中、刻限が来たら、宝剣紛失により切腹という恋人の吉三郎を救いたいお七。
「降りしきる」との詞章で人形振りとなり、あやつられるように演じます。


CIMG0832.jpg

下の娘さんは、橋弁慶(はしべんけい)の牛若でした。
立ち姿も決まっています。
小さな頃から日々のお稽古の賜物ですね。

真剣に舞台を観るのも体力が要ります。
知人が私をみつけてくれて、少し話をした後に、楽屋へご挨拶に伺いました。

日頃、面倒見の良い彼女ですから、ご家族や多くのお友達に囲まれての晴れ舞台がこなせるのでしょう。
誰でもこのような舞台に出られる訳ではありませんもの。
楽しませていただきました。
感謝。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2015.03.03
Category: 邦楽
Comments (0)Trackbacks (0)

春にうたう 笛・鼓・長唄交流会

3月1、日愛知県芸術文化センター小ホールにて、NPO法人伝統芸能・音楽教育サポートネットワーク主催の発表会がありました。お稽古不足でしたが、参加させていただきました。

春にうたう 笛・鼓・長唄交流会

二年前の梅見の会にて、篠笛が初めてで音が出た、なつきちゃんは、お祖母さまの好き「月の砂漠」を吹かれて、とても上達されてみえました。なつきちゃんの妹さんの司会・進行ですすめられた会は、和やかな中にも緊張感があり、会を上手く盛り上げてくださいました。才能がある姉妹です。

昨年のりんご会のピクニックで、こちらも初めてで篠笛の音がでた、操さんも三味線の演奏とともに「ひなまつり」を吹かれて、初舞台を踏まれました。

皆さん、それぞれに頑張られて素晴らしいなぁと思いました。
このような場に身を置くと、刺激になります。

前日の夜からお腹が痛くて、当日も朝はあまり調子よくはなかったのです。緊張の為?
いえいえ、終わってからも夜まで不調でしたので、一概に舞台だからではなさそうでした。
前日は忙しくてお昼が午後5時頃で、コンビニのオムライスだったから?身体が冷えたから?
お昼にお白湯を飲んで、体を温めて、調子を上げたつもりでした。

郡上かわさき

1425308007208b.jpg


出だしの「6」が出ませんでした。。。
あれれ、
会場の方も、どうした、大丈夫か、という感じで、暖かく見守ってくださり、合いの手と唄で、後半は何とか音が出て、終えることが出来ました。心より感謝を申し上げます。

会場に足を運んで下さった方にも、お礼を申しあげて、会場を後にし、金山の市民ホールへ、走りました。
ちょうど、「連獅子」の幕が開くところに到着!間に合いました。
こちらのことは、また後日。

全くレポになってませんね。
同じ会場にいた、うまこさん目線の「春をうたう」はこちらをクリック→うまこの天袋
詳細は、こちらもクリック→「伝統と音と舞」実行委員会

楽屋にて、操さんの自撮りに映り込む、はごろもです。

20150301.jpg


今日は、舞台のお話をしていたら、篠笛を習いたいと前から思っていたの、と言う方がいらっしゃいました。

4月から「27篠笛を楽しむ会」が始まりますよ♪
第一回目は、4月12日(日)10時から
篠笛と長唄を楽しむ会は、第二日曜が基本ですが、4月は、選挙の関係で、4月19日(日)です!

会場  津賀田中学校
連絡先 070-5448-6664 070-548-5010(加藤)
初心者大歓迎、経験者更に大歓迎、合奏・二重奏・三味線や箏とのアンサンブルを楽しみましょう♪




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2015.03.03
Category: 邦楽
Comments (0)Trackbacks (0)

篠笛発表会のリハーサル

何か目標を定めないと、やらなくなってしまうかもしれないので、手を上げました。
3月1日(日)午後1時半から、名古屋栄の芸文の小ホールにて、篠笛の発表会があります。

先日は、そのリハーサルでした。
舞台に上がると、今まで出ていた音が出なくなるという魔法にかかってしまいます。
「郡上かわさき」
出だしの6が綺麗に吹けるかどうかで決まります。
踊りだしたくなるように吹きたいものですが、息苦しく聞き苦しいのです。。。
練習不足の一言ですが、周りの方の暖かな応援で、合いの手と唄を、客席から送って下さることになりました。
ありがとうございます。

うまこさんは、長唄で参加されます。
リハでは、銘仙の着物から仕立て直した帯をされていました。

CIMG0612.jpg

大きな柄は、帶向でもあります。

CIMG0613.jpg

年齢性別問わず、篠笛を楽しんでいらっしゃいます。
右側のお二人はご夫婦で、御主人が作られた笛を奥様も吹いていらっしゃいました。
地空の大島をさり気なく着こなしてみえた奥様は、ゆったりと高音も綺麗に吹かれていて、見習いたいと思いました。

CIMG0611.jpg

近所の先輩は、流石!
細く長い息を意識しているお話を以前伺いましたが、お稽古の成果ですね。
綺麗な音で吹かれていました。
リハーサルで、皆様の演奏を聞くことが出来て、色々と刺激になりました。

いつもギリギリで、度胸試しのような舞台ばかりで、いけません。
2時くらいが出番のようです。
舞台が終わったら、本当に申し訳ないのですが、会場を後にします。

金山の市民会館での知人の発表会へ。
連獅子を踊られるので、走ります。
色々と重なりますね。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2015.02.24
Category: 邦楽
Comments (0)Trackbacks (0)

篠笛のお稽古と和もの市

久しぶりに篠笛のお稽古に行ってきました。
あんまり久しぶり過ぎて、急に会場変更されたことを知らずにいて、どうしようかと思いましたが、近くの会場だということがわかり、お稽古が出来て良かったです。

3月1日の発表会に向けて、なにを吹くかが決まり、後は練習あるのみ!
というか、サボり気味の私のレベルで何とか吹けるものを考えて下さったのです。

篠笛のお稽古の近くにある激安スーパーのウオダイを素通りするわけにはまいりません。
軍艦マーチの鳴り響く店内では、買い物心を刺激されてしまいます。
覆面パトカーもやってくるくらい交通渋滞が起こっていました。

そうそう、うまこさんにばったり、お会いしました。
お孫さんの七五三だったそうです。
午後からは、長唄のお稽古。
私と入れ違いですね。
津賀田神社の隣で、うまこさんとご一緒に。

CIMG0469bb.jpg

うまこさんの帯まわり

CIMG0477.jpg

うまこさんの襟元

CIMG0475.jpg

ずいぶん前に頂いた、アンティークの名古屋帯。
何の柄なのか、いまだにわかりませんが、色合いからパイナップルの帯と呼んでいます。

CIMG0472bb.jpg

墨流しの小紋によく合います。

CIMG0474bb.jpg


お稽古の後は、岳見町ぎゃらりぃの和もの市へ。
今回は出品せずにお客様です。
お庭でお弁当を広げて、ゆっくり珈琲をいただきました。
ここでもハッカ油は活躍。
虫よけに効き目あります。

CIMG0478.jpg

春の梅見の会では、お花を愛でる紅梅の木も、紅葉していました。
秋の良い一日、夕方からは揚輝荘へ、クロノズ茶会に行ってきました。
こちらは後日に。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Date: 2014.10.26
Category: 邦楽
Comments (0)Trackbacks (0)
プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR