FC2ブログ

秋の実りと、こぼれ種

実るほど頭 (こうべ) を垂れる稲穂かな

IMG20200915061553.jpg


庭のバケツ稲が実りました。
ほぼ、ほったらかしでしたが、秋の実りの季節にはちゃんと実を結んでくれましたよ。
一粒のモミ種からの実りを目にすると、有り難いことだと想うのです。


少し草取りしようとして、手が止まりました!
稲の花を咲かせています。
完全にこぼれ種で、なぜこぼれたかも記憶にないのです。
しかも水田ではなく、庭なので陸稲?

IMG20200918062307.jpg

ドクダミ摘みの頃に、モミ種が落ちたのか、まわりの草に守られて育ってきたのでしょうね。
少し涼しくなってきたので、草取りしても大丈夫かな。

こんなところでも、花をつけてこれから実を結ぼうとしている力強さに、勇気づけられました。


IMG20200916175025.jpg


ドクダミの勢力が落ちてきた頃に、ひょっこりとローゼルが出てきて、小さいながらも実をつけてくれました。
こちらもこぼれ種で、お花がピンクだったので、昨年の家のローゼルとは違う品種です。


IMG20200918062323.jpg



昨年のローゼルは、庭ではなく、畑を始めた友人の所へ植えました。
こちらもたまに草取りするくらいなのですが、九月の初め頃には少し花をつけてくれて、写真を撮りました。
そろそろ様子を見に行こうと思います。


IMG20200905081453.jpg


夏の疲れが出やすい時期ですね。
どんな秋を過ごしていらっしゃいますか?

私は、眠たくて、すぐに寝落ちしてしまうこの頃。
眠ることで体力気力回復を図っているかなと思うので、蚊帳を吊って安眠しています。


暑さ、寒さも、彼岸まで。
心も身体も整えて、秋を楽しみましょう♪



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村


ラインのお友だち追加していただきますと、着付け、着物教室、着物相談のお問い合わせ、ご予約できます。
浴衣が終わり、着物が着やすい季節になりました。
気持ちのよい着物の着方を、お伝えしております。
着物の楽しみを、ぜひご一緒に♪

9月22日(火)23日(水)24日(木)26日(土)30日(水)
10月1日(月)2日(火)12日(月)17日(土)予約あり。


スポンサーサイト



Date: 2020.09.18
Category: 植物
Comments (0)Trackbacks (0)

五月・六月の畑

畑デビューの友人より、お仲間に入れていただくことなり、五月にさつま芋を植えました。

植えてから一ヶ月ちょっと後。
20200614_144143.jpg

御主人の亡きお母様の名前を名付けた畑。
以前は、親戚の方がやっていたのだけれど、もうやれないので…と、彼女が畑をすることに。
ご近所のお婆様にご指南を受け、嬉々と畑に出かけている様子。

さつま芋を植えた後に、まだ空いている場所を少し耕して、ローゼル、落花生を植えました。
鍬で耕していたら、手にマメが出来て…、弱っちいです。。。

昨年庭に一粒の落花生を植えて収穫。
全部食べてしまった!と思っていたら、とり残されていたのがひょっこりと芽をだしてくれました。
嬉しくて♪ 畑で伸び伸びと育ってくださいねと、定植。
種は採るべし!

20200614_144056.jpg

ローゼルも畑で。

20200614_144040.jpg



時々しか行けないので、手のかからないものを植えました。
今度の休みの早朝に、草取りに行こうかな。



そして、もうひとつの畑は、むくな豆を定植しました。

20200625_092422.jpg

こちらは、むくな豆企画と題して、豆を育てて、収穫して、お味噌を仕込みます。
むくな豆の所に撒かれているのは 「トリニティ堆肥」。

トリニティ堆肥を作っている玉村さんを中心に数人のお仲間で、作業をすすめていきます。

ジャックと豆の木の由来ともなった、むくな豆は、どんどん伸びるので、これから竹で柵を作っていく予定です。
何を育てるのは、わくわくしますね!


20200625_092356.jpg


畑のお仲間がいることは、心強く、作業もひとりでするよりも早くすすみます。
しっかりと畑をされている方からみれば、お遊びのようにみえるかもしれませんが、仕事などの合間をみて畑にも関わりたいという立ち位置なので、楽しんでいこうと思っています。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村


Date: 2020.06.29
Category: 植物
Comments (0)Trackbacks (0)

自然素材の優しい虫除け作り

蚊に好かれやすい、はごろもです。
先日は、Herbalchemistさんのムーミンのハーブ幸座で、自然素材の優しい虫除けを作ってきました。

沢山の素材の中から、ローズゼラニウム、レモンバーム、ラベンダー、ペパーミント、椿、をブレンド。
参加の方は、それぞれのオリジナル虫除けスプレーが出来ました。

ハーブを愛するムーミンさんのお話は、面白く、チンキのアルコール、精油のことなど、あっという間の時間でした。


103614648_255212069261210_4260269706541967560_nb.jpg


会場は、akclabo琴ちゃんのお家。
ドリンクは、akclaboさんの10周年を記念した 「akclabo original護」 と、
ローゼルベースの 「alcgemist original翔」 を頂きました。
 
それぞれ美味しく、これからの季節にぴったり!
販売もされてみえます。

83242376_897714157361589_5599514255729612701_nb.jpg


もう一つ、優しい虫除けは、除虫菊パウダー、タブ粉、乾燥ハーブをブレンドして。


103056622_729615294461541_1511885207782704218_nb.jpg


形を整えて、乾けば出来上がり!

103681255_256345825650406_6552836448936873623_nb.jpg


火をつけて燃え尽きるまで30分ほど。
ムーミンさんは、畑作業のお供にお使いで、時間の目安にもされていらっしゃいます。

材料を分けていただいて、家でも少し作ってみましたよ。
家にあった、カモミール、ホワイトセージを切り刻み、すり鉢ですり、材料を混ぜて♪

特別なものを買ってくるのではなく、身近にあるもので作れるという、ムーミンさんのお考えが、嬉しいです。
オリジナルの商品の販売、ハーブ幸座など、されていらっしゃいます。
また機会がありましたら、参加したいです。



「身近な植物を、私たちの生活に生かす」


先人の日本人は、衣食住の全てにおいて生かし切っていたといっても過言ではありません。

ヘビイチゴ、ドクダミ、桑の実、梅、枇杷、季節の移ろいと共に、恵みを頂いています。
桑の実ジャムは、ミキと合わせて食べてしまったので、赤紫蘇ジュースが作りたいなぁ。
梅のビール煮は、初めて作りましたよ。

梅雨時を元気に乗り切りたいですね。
どうぞ、ご自愛のほどを。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村


Date: 2020.06.21
Category: 植物
Comments (0)Trackbacks (0)

枇杷の収穫

聖なる畑 Pure エディブル Gardenにて、枇杷の収穫へ。
40数年前に食べた枇杷の種から芽が出てきたものを、畑に植えた枇杷の木です。

先週の梅雨の晴れ間に。

103063455_2943562929096290_1742365438605842351_nb.jpg


畑の外まわりの枇杷を高枝切り鋏で、採っていきます。


102288780_2943573195761930_5644309409362230625_nb.jpg



高枝切り鋏をお借りして。


103943103_2943573992428517_3534264163622725794_nb.jpg

102881747_2943562715762978_8878268247323521455_nb.jpg

102331766_2943562379096345_8099417465782755839_nb.jpg


今年の枇杷の実も、これで終了。
たくさん実ってくれました。
お福分けに感謝します。

103599917_2943561662429750_6862887831144690400_nb.jpg


早速、収穫した枇杷の実を頂きました!

103122422_2943561495763100_1070321625395831474_nb.jpg


熟して実が落ちそうな種は、次の準備をしていましたよ。

102943061_2943562569096326_6721083934023773847_nb.jpg


食べた枇杷の種は、焼酎に漬けておきます。
抗酸化作用があると言われますが、大量摂取はよくないので、食べるなら一日に一粒かな。

自然界に存在するシアン化合物、人体に有毒な物質の一種(アミグダリンという成分)が、枇杷の種には多く含まれています。体内で分解される時に、これが青酸という毒物に変化するためです。
種を粉末にすると大量摂取しやすくなるので、粉末では食べないでくださいとのことです。


食べなくても、薄めて肌につけたりも出来ますので、有効に使いたいものですね。

すぐに食べきれない枇杷の実は、冷凍して、夏のおやつに少しずつ頂きます。

自然の恵みに感謝します。


↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村




Date: 2020.06.17
Category: 植物
Comments (0)Trackbacks (0)

ドクダミの根っこを食す

ドクダミ シリーズが続いています。

中国語では「耳根」と言われる、ドクダミの地下茎が食べられるって、ご存知でしたか?

生のままタレで和えるだけのシンプルな涼菜レシピを発見。
こちらを参考にいたしました。→おうちで中華138 - 香りも食感もクセだらけ!ドクダミの地下茎を和える涼拌耳根!


地下茎はよく洗い、細かい根を取り除き、4から5cmに切ります。
タレは、家にあるもので作って和えてみました。
醤油、はちみつ、ごま油、柚子胡椒。

20200524_081938.jpg


こうしてみると、細かい根がきれいに取りきれていないですね。
丁寧にとると口当たりがよいです。

茹でたものを、炒め物にするレシピもありました。
生とは違った食感なのかな。
こちらは、またの機会に食べてみたいと思います。

タレに使った調味料のご紹介します。

自家製の醤油は、旨味ばっちり!
お福分け頂いた、日本ミツバチのはちみつを少々。
江戸時代から続く製法を守り続ける、関根の胡麻油。


そして、先日頂いた 「西家 にしや」の柚子胡椒
ピリッとした中にも甘みも感じられる優れもの!これを足すことで、味が締まりました。

98188227_2560866450803960_2613649653027045376_n.jpg


美味しい調味料があれば、庭の草でも美味しく食べられます。
どれだけ、サバイバル???

何とか、生きておりますよ。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村



Date: 2020.05.25
Category: 植物
Comments (0)Trackbacks (0)
プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!
 
 昭和な古民家にて和の暮らし楽しみ、着物の着方、着物相談などを承っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR