FC2ブログ

ミモザと白木蓮

元隣の奥さんのお庭にはミモザの木があり、咲き始めたとご連絡をいただいて出かけたのは、三月の初め。

20200302_135602b.jpg

デッキでお茶しながら、ミモザのお花見。

ミモザの木が大きくなると困るからと、剪定してお土産にくださいました。
お部屋に飾ると、春めいて嬉しくなりますね。
感謝します。


20200302_140935 (1)

柴犬のカレンちゃんは、私のことを覚えていてくれて、愛想よく挨拶にきてくれます。
しばらくすると、すまし顔。べっぴんさんな柴犬です。

ドッグフードを食べないので、ごはんを作ってあげてるとお話してくれました。
ひょんなことから、40倍希釈のトリニティゼットをカレンちゃんのドッグフードに噴霧したところ、
あれー!ドッグフードを食べだした!!!

不思議なことですが、動物は正直ですね。


20200302_135321.jpg

元のお向かいの奥さんから、着物のことを私に相談しようとご連絡いただいたり、垣根越しでお話する間柄だった、元お隣さんとも、引っ越してからもこのようなお付き合いができて嬉しいです。

現在の住まいでも、北向かいの方とはお家を壊す時にはお膳など頂き、庭で育てたお芋をいただいたり、南向いの方が着物が好きだということがわかったり、西隣の方は、骨董好きで骨董部屋を友人と拝見させていただいたりと、ご近所さんには恵まれております。
斜め隣りには同級生がいて、氣にかけてくれるのも心強いです。

さて、この季節、白木蓮が咲き始めると、氣になる場所があります。
海を眺めながら、夕方でしたが、立ち寄ってみました。

20200313_174411b.jpg

来てよかったー!
咲き始めの白木蓮が好きです。

20200313_174054b.jpg


お花をのぞいてみたり。

20200313_174212.jpg


ウグイスが鳴くのを聴きながら、白木蓮を独り占め!
清らかさに癒されました。


20200313_174015.jpg


もくれん茶屋大宝寺は、南知多町内海にあります。
まだお寺さんの中の木蓮はつぼみでしたよ。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



Date: 2020.03.14
Category: 植物
Comments (0)Trackbacks (0)

ガッテン農法 三浦さんのねじねじ講習会

濃い日々が続いております。
ブログを書く暇がないほど。。。
さくっと書けないだけですけれどね。

夏にねじねじを教えて下さった、ももちゃんが知多半島に三浦さんを呼んでくださいました!
ガッテン農法ねじねじの三浦伸章氏です。
本にサインしてもらいましたよ♪

20191212_120900.jpg

20191212_121107.jpg

午前は座学で、目からうろこがポロポロと。
大根って、茎?!
根っこは、髭の部分だって知りませんでしたよ。

他にも、色々な驚きがありました。


午後は畑へ。

すすきと藁でねじねじして、本ねじを埋めると一瞬で、場が変わりました。

20191212_142852.jpg


20191212_143757.jpg


粘土質の畑の土を手に取るとホロホロと崩れ、固かったシャベルの入りがサクッといきます。
抜きにくいチガヤも、根っこに土がつかずに抜けました。
太陽の光が変化したのも、皆が感じましたね。

藁の綯い方も子供でもできるやり方で、特別なものは用いず、誰でもできるようにとご指導いただきました。
簡易ねじねじを使っての体感も。

それぞれが持ち帰り、それぞれの場がいやしろ地になり、大地も太陽も人も喜べるように。

講座終了後は、懇親会。
その前に、美浜簡保の湯で温まり、ブランコの家へ。
畑カフェ レインボーアートさんのケータリング料理を頂きました。
どれも美味しくて、食べながらも、メモを取りながらという濃い夜でした。

参加の方は米作り経験者で、問題点など質問もあり、どうしたら草がなくお米が育つようにするか等、聴いているうちに、
一人では何もできませんが、お米作りをやってみたくなりました。

20191212_184324.jpg


畑では、モンペや割烹着に反応が良くて、ウールの着物というのも目新しく思われるようでした。
畑女子にも、着物に関心を持っいただけたのは嬉しい限りです。
帯で腰が安定して、実は身体が楽なのですよ。






↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村





Date: 2019.12.14
Category: 植物
Comments (0)Trackbacks (0)

藍の葉っぱの音楽

動画を埋め込むことが出来ました!
新しく、こちらから。

音声が×になってますので、聴けるようにしてくださいね。




マリさんと出会ったおかげで、藍の葉っぱの音楽を聴くことが出来ました。
バンブーというハンディータイプの装置です。

藍の葉っぱの音楽は、ずっと聴いていたい音色です。
聴いてもらいたいなぁ。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村



Date: 2019.10.08
Category: 植物
Comments (0)Trackbacks (0)

藍の花が咲きました。その前に生葉染めを少しだけ。

藍の花が咲きました。
白い花です。
種取りのために残した藍です。

20191004_073951.jpg



種が手元に届いたのが五月末、それからの種まきで、あまり大きくなりませんでした。
花が咲く前に葉っぱを採り、生葉染めをしてみましたよ。
藍の葉っぱを刻んで搾った液は、濃い緑色。

20190925_185023.jpg


本当は、水に藍の葉っぱの色をもみだして染液をつくり染めていくのですが、よくわからずに水は加えずに搾りました。
この液で髪が染められるみたいです。
一度も毛染めをしたことがないのですが、この藍の搾った液でなら染めてみてもいいかも。
たくさん葉っぱを育てないとできませんね。

残った藍の葉っぱを、一つまみ食べてみると、美味しい!

20190925_201932.jpg


この藍の種を蒔くときに、「アナスタシア」 に書かれていた種の蒔き方をしてみたのです。
無農薬無施肥、湧き水で育てた藍を手作業で種取りした、安全な種なので試してみました。


種をいくつか口に入れ 、舌下に少なくとも9分はおいておきます 。
口から出したら、両手のひらに包んで30秒間もったまま 、その種を植える地面の上に裸足で立ちます。

私は、地植えではなく、種まきポットに蒔きたかったので、地面の上にポットを置いて、裸足で跨いだ状態にしてみました。
両手のひらをそのまま開いて 、種に息をそっと吹きかけます。
最後に、30秒間空に向けて、種に天体を見せるようにします。

唾液に包まれ、息で温められた種は、その人の身体の中の情報を全て知り、天体をみた種は、発芽の時期を決め、全ての惑星がそれを手助けし、その人のために全惑星が新芽が必要とする光を天から降り注ぐそうです。

そのため、種を蒔いてすぐに水をあげてはいけません。種が取り入れた情報がすべて消えてしまうから 。
3日後から水をあげます。

うちの庭は外から見えないので、裸足で種を捧げ持っていても、怪しまれないので安心して出来ましたよ。


種まきのことを思い出して、美味しく感じられた藍の葉っぱは、一度に全部は食べられないので、ラップして冷蔵庫へ。
次の日でも大丈夫でした。

植物は人を助けようと働き、その作物を食べると、体調や精神面がよくなるそうです。

20190927_214431.jpg


藍の生葉染のシルクショールを頂いて愛用していたら色褪せてきたので、搾った液に水を加えてなんとか染めてみました。
染液を作ったら、何度か染めるとよいそうですが、それも出来ず一回のみ。流水ですすぎ、酢水で色止めしました。

20190926_083021.jpg








↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村


Date: 2019.10.06
Category: 植物
Comments (0)Trackbacks (0)

葛の花ジュース

葛の花が咲き始め、採りやすい場所を確認しているこの頃。
葉っぱばかりにみえるけれど、葉陰に隠れるように咲いています。
近づくと良い香りがするので、わかりますよ。

70228139_2562828430474799_8764914557526212608_n.jpg


葛は、下から順番に花が開いていきます。
房を全部採るのではなく、咲いた花だけを採ります。

70909915_2562828487141460_6861544163297460224_n.jpg


カメムシと蟻が、もれなくついてきます。
虫嫌いな方は、向かないかも。
今回採ったところの葛の花には、小さな芋虫も何匹か出てきましたから。

広げて置いて、虫が出ていくのを待ち、水洗いして、きれいな花だけ選別します。
この作業の時に小さな芋虫を見つけて取り除くのです。


70449046_2562828540474788_9214213332628668416_n.jpg

『花は容器の1/3~1/2くらい、水と砂糖の比率は1:1が基本』
というのを、何故か勘違いして、花と同量の砂糖を入れて、水を注ぎました。

シュワシュワが少ないなぁとは思いましたが、お花の色香が水に移っていきます。
花の色が抜けてしまい、よい香りが漂って来たら漉します。

砂糖少なめでつくった葛の花ジュースはそれなりに美味しく飲めました。
そのまま発酵がすすむと酢になってしまいます。
色々な酢を楽しむのもよいかもしれませんが、その前に飲んでしまうかな。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村




Date: 2019.09.14
Category: 植物
Comments (0)Trackbacks (0)
プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR