FC2ブログ

秋の花を束ねる 和の暮らし歳時記教室

今年は、秋の花が終わってしまって…、と満里子先生。
吾亦紅はなくとも、竜胆の扱い、藤袴の物語を教えてくださいました。

束ねることの手の使い方、花と木を合わせ蓮や松ぼっくりをアレンジする、Mariko-Style。
束ねたリボンは、檜木の長く挽かれたカンナ屑。
木に寄りそう花束です。

竜胆、菊、藤袴、孔雀草、アルストロメリア、デンファレ、雪柳、ユーカリ、


20181011_204840.jpg


渋めの日本茶が飲みたい日でした。
志野のほんのり桃色のお湯のみで、頂きました。
生菓子は柿。

カクテルグラスには、葛の花ジュース。


20181011_205200.jpg


家に持ち帰り、裁ち台の上に乗せて眺めてみました。

20181011_220332.jpg

長火鉢の横、檜木の上に飾りました。
花のある暮らし。

20181012_074612.jpg


渡りをする蝶々「アサギマダラ」は、藤袴がお好き。
知多半島にも渡ってきてくれました。
庭で育てたいお花のひとつです。
アサギマダラも来てくれるかも。


20181012_120632.jpg


前売り券を手に入れました!

内藤満里子氏インスタレーション「倚草庵」は、11月9日(金)10日(土)11日(日)です。
詳しくは、こちらをクリック→イベント情報



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村








スポンサーサイト
Date: 2018.10.14
Category: Mariko-Style
Comments (0)Trackbacks (0)

和の暮らし歳時記教室 折形

以前にも折形は習ったものの、日常で使っていないと忘れてしまいます。
習った時は、折るのが嬉しくて、でも使いこなさないと、すっかりと。。。忘却。
ひとつでも暮らしの中に取り入れて、さりげなく使いこなしたいものです。

20180920_211127.jpg


夜の教室は、庭の花が眺められないからと、たっぷりと白い萩の花。
お茶菓子は、菊の着せ綿。


20180920_205155.jpg


満里子先生の古稀企画、プリンスエドワード島とNYの旅のお話も、学びのひとときでした。
個人旅行の心構えから、現在のプリンスエドワード島事情まで。

そして、和紙の美しさを改めて知りました。
上等な和紙は、眺めて、手に取ることで学びます。
へなちょこの折形も、檀紙の上に並べて撮影すると様になりました。
檀紙の力ですねぇ。

家に帰ってから、美濃和紙をくるりと丸めて、糸巻きのランプに水引で結びました。

20180920_224034.jpg

やはり、美しい!

満里子先生は、人生の美を示してくださる、有り難い方です。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村


Date: 2018.09.22
Category: Mariko-Style
Comments (0)Trackbacks (0)

自然の温もりを編む。和の暮らし歳時記教室

珍しく残業で遅刻をした、和の暮らし歳時記教室。
皆さんは、黙々と棕櫚の葉を編んでいらっしゃいました。

先ずは、布を裂いてテープ状のものを作ります。
裂き織の緯糸を作る要領なので、遅れを取り戻すべく裂いてゆきました。

次に、棕櫚の葉を等分にして、裂いた布を上下上下と葉を軸に編んでいきます。
布だけでなく、葉も編んでいくと強くなります。
竹皮も濡らして裂いたものを編み込んでもよいですよ。

皆さんは、棕櫚の籠が編みあがってゆき、お茶の時間です。
私も途中の手を止めて、ご相伴にあずかり、ホッとひと息。

大好きな葛焼きは、ほんのり柚子の香り。
新しい方がお持ちくださった、叶松寿庵のお菓子。

お茶は、庭から摘み取ったレモングラスとアップルミント。

39004247_1912338252157385_8800732866787934208_n.jpg

暮らしの中で、身近な植物で便利な道具を、工夫して作ってきました。
植物とともにある暮らしは、豊かです。

38744599_1912338258824051_2640168846991818752_n.jpg


無事に、籠が完成しました!
何を載せましょうか。楽しくなります。

20180809_224228.jpg


一期一会
犬枇杷を一枝

20180809_224313.jpg


いつも、背筋が伸びる美しさがあります。


今年の秋は、静岡県袋井市にある築200年の古民家でのインスタレーション。
「倚草庵」
いのちのうつしかえ

2018年11月9日(金)~11日(日)

今からとても楽しみです。
ぜひ、お出かけ下さい。

お問い合わせ先
内藤満里子氏インスタレーション「倚草庵」



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村


Date: 2018.08.11
Category: Mariko-Style
Comments (0)Trackbacks (0)

和の暮らし歳時記教室 オリジナルブローチ

大きいのがいい?小さいのにする?
ヘチマの輪切りを土台に、レース、麻布、麻紐、シーグラス、コハゼ、大麻などを使い、ブローチを作りました。

20180719_205139_20180719233840ec1.jpg

実用に使われるヘチマが、これだけ飾られて愛でられることはあまりないことでしょう。
こうして並べると、四人姉妹の様ですね。

Mさんは胸に、私は帽子に付けてみました。

20180719_210546_20180719233839bca.jpg

満里子先生は、キットを作りません。
材料を集め、加工して、見本は示してくださいますが、それぞれが考えて手作りすることの大切さを学ばせてくださいます。

オリジナルブローチは、作り手の個性が出て、楽しいものが出来上がりました。
イメージを形に、集中して手を動かす時間は、貴重です。

梶の葉と塗りものの美しい演出、美味しいお茶の時間も楽しみなのです。
お菓子は「夏木立」、急須でいれた日本茶が沁みわたります。

20180719_205018_2018071923383999f.jpg

古い扇子の美しさを、手に取り、拝見することで、感じ入るものがあります。

20180719_204006.jpg

幸に福が入っています。
まさにそのようなひと時を、昔も今も祈るのです。

20180719_204026_20180720000431726.jpg

まだ少し明るいうちに到着したので、満里子先生のお庭のお花を拝見できました。

トケイソウ

20180719_185310.jpg

白い萩

20180719_185601.jpg


見上げれば、月が出ていました。

20180719_185627_Burst01.jpg


「いのちのうつしかえ」を色々な形で知り、豊かさを感じる、学びの時間でした。
感謝。

20180719_185704.jpg


↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
Date: 2018.07.20
Category: Mariko-Style
Comments (0)Trackbacks (0)

一閑張り・和の暮らし歳時記教室

手を動かすことを通じて、伝えていく、日本の暮らしの知恵があります。

一閑張り(いっかんばり)

竹籠に和紙を張り、柿渋を塗ることで、防水、防腐、防虫、の効果があり、丈夫に使えます。
古く、穴が空いた箱も和紙を張り、補強する事で、甦ります。

一閑張りは、前からやってみたかったことのひとつでした。
なかなか、材料と、その時間をつくることができなかったので、わくわく。
この様な体験ができる和の暮らし歳時記教室は、月に一度の楽しみな教室です。

20180614_211211.jpg

満里子先生のお祖父様の人形浄瑠璃の謡本をばらして、全体に和紙を張った上に貼りました。
こうして活かすことで、お祖父様も喜んでくれるのではと、大切にされた虫食いひとつない半刷りの和紙を、一人一枚ずつ頂きました。手で千切っていくと和紙の繊維のねばりが感じられて、手漉き和紙の良さに魅了されました。

三日ほど乾かしたら、柿渋を塗り、乾かし、もう一度柿渋を塗り、乾かします。
こちらは家で宿題です。

手を動かす、物のいのちを愛おしむ想い、古いものが教えてくれます。

20180614_211250.jpg


お菓子は、「若鮎」。
アユ漁も今月から解禁、この厩肥のほんのりした甘みを噛みしめ、向かう夏に想いを寄せます。

20180614_211608.jpg


いつも葉っぱのあしらいが、素敵なのです。
栃の葉の瑞々しさ。

20180614_211843.jpg


そして、満里子先生の故郷、鳥取から持ち帰り庭で咲いた「マツヨイグサ(待宵草)」。
午後7時半くらいから咲き出すのです。

20180614_211315.jpg


待てど暮らせど来ぬ人を 

宵待草のやるせなさ
 
今宵は月も出ぬさうな


思わず、口ずさんでしまいましたが、お教室のお仲間の方は、この歌を知らないとのこと。
世代間ギャップ???
いえいえ、私も生まれておりませぬ。
竹久夢二の儚い恋の詩です。

自宅教室の楽しみは、至る所に満里子先生の美意識を感じるられるところです。

20180614_220150.jpg

旧暦 皐月の新月のお教室でした。

旧暦端午の節句は6月16日。

満里子先生の『ちまき作り』教室開催されます。

鳥取の山の中で育った熊笹の若葉
ちまきの粉を取り寄せて。

6/24日 10時から12時。
高浜市自宅にて。
満里子先生の優しいご飯付き
会費3500円

私は仕事で伺えませんが、皆で作った笹巻のことを思い出されました。
単衣の会 笹巻



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村


Date: 2018.06.15
Category: Mariko-Style
Comments (0)Trackbacks (0)
プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR