FC2ブログ

田舎暮らしの経済学

発酵料理家の塩谷明代さんが主宰の学びの会へ、出かけました。

会場は、知多郡美浜町野間にあります ao cafeさん

『田舎暮らしの経済学』
〜あなたらしい幸せの経済と資本主義〜
講師の中尾佳貴さんは、子供にもわかるような形で経済のことお話してくださいました。

20191029_105434.jpg


おやつ
塩谷明代さん
ao cafeさん

20191029_134542b.jpg


お昼は、一品持ち寄り

20191029_121015.jpg


はじめましての方と、知っているお顔の方と半々でした。
個性豊かな方が多く、刺激を受けましたよ。

今の日本のお金の流れ、地域でお金が回らない理由、GDP(国内総生産)の正体。
しあわせなお金の循環に、気がつけるようなワーク。
色々な方のお話も伺いました。

講師の方は、「オープン ヨシキ」と呼んでいましたが、講座の内容などはシェアして伝えてくれていいですよ、というスタイル。
会費はドネーション。
その意味合いも、きちんとお伝え下さっていて、具体的にどのようにして欲しいのかが明らかでした。
ワークでも感じましたが、「できること」 「してほしいこと」 を具体的にするほど手をあげて下さる方があるのです。

10時~16時の講座でしたが、終了後も和やかで、気が付いたら17時!
夜の教室があったので慌てて、名古屋へ走りました。

お誘いくださったSさん、ありがとうございました。
木灰のご縁もつながり、それぞれ自分の色を知り、学びと共に、豊かなつながりを感じた一日でした。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



Date: 2019.11.03
Category: 講座
Comments (0)Trackbacks (0)

お蚕様

お蚕様への愛に溢れるYさんの講座へ行ってきました。
そして、10頭を貰い受け無事に帰宅。

20190526_155627.jpg


前回は、一人でハンドル握りながら、ふぁいとー!と掛け声かけつつ石徹白の坂道をむかいましたが、今回は、お蚕様に関心を持つ友人と出かけることができ、嬉しく感謝でいっぱいです。
家に連れてこれるかしら、と心配でしたが、頑張ってみます。

2016お糸船以来でした。
休み変更で、講座に行けると思った時にYさんのお顔が浮かんだのです。
新城の養蚕農家さんへ
糸繰り神事
お糸船

はじめて「石徹白洋品店」へ伺ったのは、工房を建てる「石場建て」の時でした。

20190526_131854.jpg

そして、新しい工房での糸紡ぎワークショップ
どんどん進化されて、藍甕も設置されていました。

20190526_131944.jpg

藍のお洋服も販売されています。

20190526_131530.jpg


他府県からのご参加の方もあるなか、知多半島から藍を学びに来ている若い方がいらっしゃいました。
「河和口」 「かっぱのはなちゃん」 などのローカルなキーワードが、石徹白で飛び交うなんて驚きです。


20190526_132002.jpg


ますます素敵な 「石徹白洋品店」さんです。

20190526_131849.jpg


ずっと運転して下さったMさん、ありがとうございました。
ここからの眺めは一瞬ですが、やはり好きです。
ここを過ぎると下界に降りていくなぁと思うのです。

b_20190526225316baa.jpg


石徹白でも暑いなぁと思う一日でした。

さぁ、桑の葉っぱを集めてお世話して、無事に繭になりますように!



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村




Date: 2019.05.26
Category: 講座
Comments (0)Trackbacks (0)

「和装を日常にvol.2」襦袢のこと実技編!

すっかり更新が遅くなりました。
香嵐渓でのロケーション撮影の後に、農家民宿ちんちゃん亭にて、
「和装を日常にvol.2」襦袢のこと実技編!の講座をいたしました。

第一回目にご参加してくださった、MさんとKさんが、受講してくださいました。

b_20181121220741231.jpg

習うより慣れろ!を実践すべく、着物で参加してくださったMさん。
美味しいカレーパン、ベーグルパンをお持ちくださったKさん。
タイムリーにも成人式の振袖のお話もでき、短い時間でしたが、それぞれに持ち帰っていただけることをお伝え出来たかと存じます。Mさん、Kさん、疑問が生じましたら、気軽にお尋ねくださいね。


20181109_151131.jpg


着物のお直し、お仕立ての相談なども個別に承っております。
先日は、頂きものの着物や帯の仕分もいたしましたよ。

普段の暮らしに着物姿を見かけなくなったこの頃に、気軽に着物のことを話す機会もなくなってしまっては悲しいですよね。

古来からの日本の良さを見直して、今につなげたいと願います。

昨年の夏に、昭和な古民家に引っ越して、ほっとする落ち着きを感じています。
先日の満里子先生のインスタレーション「いのちのうつしかえ」の余韻が、今も続いて、上手く言えませんが、日々の小さなことから、場を整え、手を動かして、ものを活かす暮らしを心掛けていきたいです。

今年も残り一ヶ月ちょっと、駆け抜けていきそうです。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村


















Date: 2018.11.21
Category: 講座
Comments (0)Trackbacks (0)

「和装を日常に」@ちんちゃん亭

熱い、暑い、講座が無事に終わり、あっという間に一週間が経ち、すでに7月。。。
雨の降り方が気になります。

さて、講座の午前の部は、リクエストにお応えして、お話と襦袢のあれこれを見て触って、初心者の方から、着物で参加の方まで、興味を持っていただけるように心がけて、自分が初心者の頃に知りたかったことをてんこ盛りにしてみました。

ちょうど12時、ランチタイムの前に、和にちなみ、輪のポーズで撮影。

ご参加の皆様、そして、ちんちゃん亭女将けーちん、ありがとうございました。
この講座をそっくりそのまま地元でもやってほしいと、うれしいオファーもいただき感謝します。

36352717_1735417439828779_3881733610390159360_n.jpg

ランチタイムは、自己紹介で大盛り上がり。
ちんちゃん亭には、個性豊かな方が集まるようです。

20180628_121841.jpg

ランチタイムが押して、浴衣着付けの時間がずれ込みましたが、何とか、浴衣のきれいポイントをお伝えして、半幅帯のカルタ結びまで出来ました。

36345287_1735417456495444_885494833345462272_nb.jpg


うれしかったことは、もう着物とは縁がないと思っていたという、機織りにずいぶん前からお誘いくださっていたMさんが、ご自身で織られた裂織りを帯にして、ご自分で結ばれたことです。
もう一人の機織りの先輩も、自分の帯を織ってみようと思ってくださってこと。

20180628_153235.jpg

そして、何より、女将けーちんは、浴衣で、4時~のお客様をお迎えされて、着なれていますねと言われたとか!
お料理を作るのに、どうしたらいい?と、たすき掛けと日本手ぬぐいで汚れ防止をお伝えしました。

女将けーちんの感想

私にとって着物のイメージは「お出かけ着、奥さま、苦しい、窮屈」といった感じ(笑)
もっと言えば、呉服屋さんのイメージは「ウソ、カモ、怖い」でして(これ、完全なトラウマです)。
 
着物ブームの友だちにどんだけ薦められても「着物は興味ない」と一蹴していた私。
(20代最初には1年半着付けを習っていましたが)
 
それが…和永さんがちんちゃん亭にお泊まりに来て下さったときの姿に一目惚れしまして。
「着物を身にまとっている」のではなく「着物が身体の一部」のように見えたのです。
聴けば、普段の暮らしでも着物を着ているというではありませんか!
(言われてみたら昔は、野良仕事も暮らしも全部着物よね)
今までの人生で一番「和装」に興味を持った瞬間でした。
そこから和永さんに質問攻め(笑)

そして今回「和装を日常に」講座をお願いするに至ったのです。
(ちんちゃん亭は「宿泊のお客さま」が講師になる展開がとっても多い!ワラーチのみほちゃんも、シシベーコンのあさやんも)
 
日常で着物を着ているだけでなく、呉服屋さんにも勤めていた和永さん。
その知識はハンパない。
下着の選び方から、お手入れ、安価で入手する方法に至るまで。
なんせ日常着なのですから。
 
お昼のランチタイムは、恒例の「自己紹介タイム」。
今回もほんっっとに面白くって!
(ちんちゃん亭に集まる方たちはみなさん最高すぎ◎)
 
午後は楽チンな浴衣の着付けと、カルタ帯の作り方を教わったよ。
和永さんの着付けは「全く苦しくない!」。
  
「日常で着物を着ている人のする着付けは苦しくないのよ」
確かに…ストンと落ちました。
(その後の女将業も、浴衣で普通にこなせたよ)
 
初心者の方で着物Lifeをスタートさせたい人の「買い物同行」のお仕事を和永さんに提案しちゃう(需要あると思うのー)
 
そして、和永さんとコラボで「ハードル低い日常着の和装」を生み出してみたい欲がふつふつと湧いてきております。
 
また和永さんイベント企画したーい!

 

けーちん、ありがとうございました。
ここのところ限られた時間でのやりとりがあり、バタバタしておりますが、ぜひ、ふつふつと湧いてきたものを形にしていきましょう!

底辺の底上げ、だからハードルが低く、着物には縁がないと決め込んでいた人も、着物っていいかも♪と思って着てみたくなる、そのようなお力になれば幸いです。


↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
Date: 2018.07.05
Category: 講座
Comments (0)Trackbacks (0)

Enne_nittouren

小原和紙の匠、かのうともみ・ひさしさんによるレクチャーとポストカードづくり、手漉き和紙体験へ。
名古屋市東区代官町26-20 日陶連原料ビル1Fの新しいスペース Enne(エンネ)に出かけてきました。


20180307_133530.jpg

貴重な道具をつかった手漉きWSはなかなか他では体験できません。
先ずは、楮の繊維を叩きます。

20180307_134230.jpg

ちぎった繊維を水に溶かします。
トロロアオイを足してとろみをつけます。

20180307_135200.jpg


20180307_135228.jpg

少しずつ流し入れて均等にしていきます。
土台が出来たら、それぞれお好みのアレンジです。

私は、今の季節を漉きこみたくて、ミモザを少し分けていただきました!
立体的になったので、仕上げのアイロンはせずに、窓に貼り付けて自然乾燥しています。

20180307_144536.jpg

それぞれのオリジナルポストカードが出来上がりました!

20180307_145945.jpg


わかりやすくて、丁寧なご指導とお話でした。
楮、三椏、雁皮、(和紙の材料)
布と紙の分かれ目になった大麻

20180307_151425.jpg


Enneさんの前は、お洒落なお花屋さんがあり、ミモザの一枝の差し入れがあったのでした。
乾かしているポストカードと共に写してもらいました。


20180307_144737.jpg


着物に割烹着姿が多くなりました。
うっかりしている間に、春が駆け足できていましたね。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村






Date: 2018.03.07
Category: 講座
Comments (2)Trackbacks (0)
プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR