FC2ブログ

椿の花びら染

紅い椿が咲いて、落花を拾い集めたのは一ヶ月以上も前のこと。

20200225_162147.jpg

二月の終わりに、野乃染香舎さんの元で、椿の花びら染を行いました。
もう三月が終わるので、一ヶ月の過ぎるのが早いです。
染め上がったシルクのスカーフは、お気に入りで使っています。

87611255_1549053278576609_4733529082359185408_nb.jpg


花びらを集めます。

87483698_1549053121909958_1726974515424002048_nb.jpg


クエン酸につけると発色が良いのです。

20200228_133935.jpg


花びらを搾りだして、色を布に移します。

88102884_1549053375243266_5901342136229429248_n.jpg


媒染液はミョウバンで。
私は、二度染めしてみました。

85218464_1549053178576619_2480922136944836608_n.jpg


珈琲染も♪
こちらは、木綿に絞りをして染めました。

87612562_1549054591909811_5444440044947374080_nb.jpg


珈琲染と椿の花びら染を、一枚の布に♪
それぞれ、思いのまま、これが楽しいのです。

88100358_1549054628576474_3091693622039412736_n.jpg

乾かしています。

87855833_1549055371909733_381520531859439616_nb.jpg


美味しいものが集合して、珈琲が飲みたくなったのですが…。
染めるためにいただいた豆しかない!

そこで、実験!!

20200228_150519.jpg

香りがとんでしまった珈琲豆をそのまま淹れたものと、トリニティゼット40倍希釈を噴霧してしばらく置いたものを淹れたのを飲み比べしてみました。
後者は、飲み味すっきり!
こんなに違うんだ!と驚きの声。不思議ですね。

美味しいおやつタイムとなりました。


20200228_152300.jpg


そうそう、美味しいお昼を頂いてから、染めをはじめたのでした。


20200228_122438.jpg


紅い椿の落花から、色を頂く、花びら染。
堅牢度が弱く退色しやすいのですが、その過程も楽しみながら、身に着けていきたいと愛用しています。

楽しく、美味しい時間に感謝します。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



Date: 2020.03.31
Category: 染め織り
Comments (0)Trackbacks (0)

機織り初め

雨のち、風が強く吹く一日。
雨が上がりに、はたごへ出かけました。

20200108_100435.jpg

歩道の水たまりに映り込んだ雲。


機織り初めは、裂き織の半幅帯の続きから。
昨年はよこしま、今年はしかく。


20200108_133929.jpg


明るい色を入れてみたり、気の向くままに織り進めましたよ。


20200108_162312.jpg


はたごのお仲間のプロジェクトは、仕上げの年となりそうです。

<自分で織った布を、自分で着物に縫い上げ、そして、自分で着る>

少しはお役に立てそうです。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村



Date: 2020.01.08
Category: 染め織り
Comments (0)Trackbacks (0)

草木染めで遊ぶ&UMIGOMIART

akclaboこっちゃんのお家に、はじめて伺いました。

草木で何か遊びたいね♪ということで、先ずは、家の周りの草摘みから。
私の好きな 「ぎしぎし」 をはじめ、クローバーやヒメジオンのお花、蓬、等。
これは、お昼ご飯に使います。

20191126_103730.jpg


紅葉で布を染めます。
煮出した染液につけて、媒染はミョウバンで。

20191126_103721.jpg


紅葉の染液は、それぞれお持ち帰りして、お風呂へ。
百人一首の歌が浮かんだりして。

『嵐吹く 三室の山の もみぢ葉は竜田の川の 錦なりけり  (能因法師)』


76896576_753277125084343_202499319935270912_nb.jpg



土鍋でごはんを炊きつつ、染めをする akclaboこっちゃん。


20191126_110021_20191129224737f02.jpg


くちなしの実でも染めました。
おせち用に、一つずつお持ち帰り。


76751672_964657133920415_8601782418199805952_nb.jpg


染めた布と、染めてない布。
きれいに染まりますが、堅牢度が弱いので、何度か染めるとよいのです。
ミョウバン媒染。

20191129_085526_2019112922473866c.jpg


ご一緒した方が、食用菊を持ってきてくださり、美味しくいただきました。

77047912_440669036643492_7236695610844250112_nb.jpg


akclaboこっちゃんが飼っている烏骨鶏の卵で、卵かけご飯♪
赤鶏の卵で、卵あんかけに野草を散らして。


20191126_122616.jpg


銀杏の葉っぱは、防虫効果があるので、乾燥させてお茶パックに詰めました。
箪笥に忍ばせましょうか。

20191126_145339.jpg


美味しそうにみえますが、何だかわかりますか?

20191126_135504b.jpg


海岸に落ちている 劣化して細かくなったプラスチックごみです。
akclaboこっちゃんは、細かいのを見つけるのが得意!とお話してくださいました。

知多郡美浜町の河和港にて、活動されていらっしゃいます。

UMIGOMI ART akclabo×Seagall Vol.2

~ケガと弁当は自分持ち~
楽しみながら環境問題を考える

ヨーガン レールさんのプラスチックごみのアートを思い出されました。

活動日は、12月7日(土)、1月25日(土)、2月15日(土)、3月14日(土)、4月18日(土)、5月16日(土)です。
詳しくは、UMIGOMIARTへ。







↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村


Date: 2019.11.30
Category: 染め織り
Comments (0)Trackbacks (0)

はたごのお仲間で、知多木綿見学

200台の織機が動いている織元新美株式会社さんへ、見学に出かけました。

江戸時代、知多半島で織られるようになった知多木綿。
新美株式会社さんでは、明治時代の織機で、小幅と呼ばれる50cm幅までの布を織っています。

8586_242986440b.jpg


20190305_103321b.jpg

200台が稼働するガチャガチャという騒音の中で、仕事をされていらっしゃいます。

8598_-1499893044b.jpg


浴衣、甚平、手ぬぐいなど、和装にお馴染みの布たち。
綿紅梅、綿絽、といえば高級浴衣生地ですし、綿麻の生地は気持ちよくシワになりにくいので、夏のお気に入りの生地です。
帆布も織られていました。
ざっくりしたショールの生地、麻ののれん生地、等々。

正絹の着物のここちよさ、ハレの日の特別感も着物のよさですが。着物暮らしの普段着には、木綿、綿麻などがぴったり!
家で洗うことが出来、季節に応じた着ここちのよさがあり、丈夫で美しさがある布。

灯台下暗し。

知多半島にありました!
元の元です。

注染染めされた浴衣生地の元の白生地。
帆布生地も織られていまし!、帆布バックや酒屋の前掛けの生地です。
ショールとマスクを愛用している私の好きな生地も、なんと!ここで織られていました。

お話を伺っていると、なになに?シルクウールも織られるとか。
着物暮らしには、ぴったりな生地ばかり!!!

手織とはまた違う面白さ、実用性。
高速の織機では出せない風合いがあります。

働いている方は、海外の織物工場で働いていた経験のある外国人研修生と、20代の若者、60代~70代。
30代~50代が抜けていると言われましたが、若い方が働いてみえることは明るく思えました。

知多木綿という枠にこだわらず、麻や、注文に応じて織り、新しいものにも挑戦されている姿勢も、頼もしく感じました。


20191127_142831.jpg


知多市岡田にアンテナショップがあるそうですよ。
機会を見て覗いてみたいです。


ものづくりの現場を見学できる機会を頂けたこと、はたごのお仲間に感謝します。

見学の前には、東浦のファーマーズまるしぇ栞里さんで、ビュッフェランチでお腹いっぱいの後、しいたけの詰め放題で袋にギュッと詰め込んできました。古民家の栞里さんには、機織り機が置いてあり、手織の知多木綿が織られています。
お腹空かせていくことをおすすめします。どれも美味しいですよ。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村















Date: 2019.11.29
Category: 染め織り
Comments (0)Trackbacks (0)

裂織りを少しずつ

裂織りの緯糸のつなぎ目をどうするか、あれこれと試して、この方法に落ち着きました。
一本の経糸に緯糸を交互にくぐらせます。

綴れ織りと言うことらしい。

新しいことは、慣れるまで時間がかかります。




秋色に、時々はっとする色を取り混ぜて。
来週は機織りができないので、少しずつ楽しんで織ってゆきます。

今日のおやつは、大学いも♪
機織りのお仲間のお手製です。

20191023_121615.jpg


もふもふのマットは、端の始末をしたら使えるようになります。
がんばろー。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村



Date: 2019.10.23
Category: 染め織り
Comments (0)Trackbacks (0)
プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR