日本刺繍半襟「源氏香之図」

ぼたんさんの日本刺繍の半襟のご紹介。
「源氏香之図」です。
詳しくは、こちらをクリック→☆☆☆

2012.8.30 002

ブルームーンの今夜、八月も終わりますね。
皆が幸せでありますように。



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Date: 2012.08.31
Category: 半襟
Comments (0)Trackbacks (0)

京風の王番さんと、着物処はごろも

行きつけのお店「王番」さん。
お好み焼きのお店なのだけれど、どんどん京風に変身中。

2012.8.30 004

若き庭師さんのお仕事です。

2012.8.30 003

この看板がなければ、お好み焼き屋さんとは思われないかも。
ここでは書きませんが、常連さんには、裏メニューが表のように出てくる不思議なお店です。
女性が一人でも気軽に入れます。

2012.8.30 005

お店のお客さまで、書家の方が、「はごろも」をイメージして書いて下さいました。

2012.8.30 002

今日、書いてくださった方に初めてお会いしたのですが、思っていたイメージに近いと方でよかった、と言われました。ありがとうございます。

「着物処はごろも」とは?
フリーでご相談を受けることがいくつかありまして、下記の着物全般を承っております。
着付け、染め替え、仕立て、仕立て直し、名古屋友禅の染めからのお誂えの取次ぎ、
はごろもセレクト和装小物、着物のお見立ても目的に合わせてご相談に応じます。
info☆kimono-hagoromo.com (☆を@に変えて返信ください。)

2012.8.30 001

明日は、二百十日。
夕暮れの空を見上げると、動きのある雲がドラマチックに見えてきます。
海苔の粗朶(そだ)が並んだ海は、秋の顔をしていました。

2012.8.30 002





ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


Date: 2012.08.30
Category: 出来事
Comments (0)Trackbacks (0)

茶道部・お盆点てをあれこれ想定して。

夏着物を着るのも残すところ後少しとなりました。
まだ二回しか着ていない夏黄八を着てしまおうと、先日と同じ帯合わせ科布を、そして、帯締めは冠(ゆるぎ)組にしてみました。
ざっと降った雨の時はお稽古中で、帰りには上がっていたので助かりました。

2012.8.29 001

色紙は、「至理無言」(しりむごん)
理(ことわり)の絶対の境地に至っては、是非の言をいれる余地などない、という意味です。
言葉のない境地に至ってみたいものです。

お花は、矢作薄、芙蓉、ミヤマホトトギス
普通のホトトギスは紫がかった花の色をしていますが、こちらの小ぶりのミヤマホトトギスは青系の花びらをしておりました。花の色が違うだけて印象がずいぶんと変わるものです。

茶道部のお稽古は、5日に向けてのお盆点て。
もしかすると、お茶の先生が参加されるかもしれないということを昨日伺いまして、慌てた次第です。
先生がお見えになったらお正客をしていただき、懐を借りる気持ちでおりますが、拝見ものがあった場合の対応も考えておかないと!
仮に、なくても予習はしておこうと、お願いしました。
お客様の座る位置、ご挨拶の言葉、お菓子の出し方、7名の方へ順序良くお茶を召し上がっていただくための配慮、などなど。
和裁部の気心が知れた方々ですが、下手なお手前にお付き合い頂く訳ですから、粗相がないように何事も段取りが大事だと、無謀な亭主役のためにあれこれとご指導を頂きました。

今年の郡上踊りでもそうですが、お免状にチャレンジしてみて、自分の下手さ加減に気がつくことができ、丁寧に踊れるようになりたいものだと思えるようになりました。やってみて見えてくるものがあります。
今回の、お盆点ての亭主役も無謀ですが、機会を与えてくださったのでチャレンジあるのみです。
あたって砕けろ!の精神で、生きているような私です。
こうなったら、そう思える仕事が見つかりますように!と祈ることにします。





ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村



Date: 2012.08.29
Category: 茶道部
Comments (0)Trackbacks (0)

梅里雪山のお土産の簪

ゆるりとした気分だったので、髪型もゆるりとしてみました。
まだまだ暑いので、綿紅梅の浴衣です。

2012.8.27 002

首の後ろを虫に刺されてました。跡が残るので困りものです。
簪は、和裁の師匠からの頂きものです。
中国は雲南省、梅里雪山のお土産。
耳元でシャラシャラと涼やかな音が聞こえます。

午後のお茶の時間を過ぎてから、和裁の師匠のところに立ち寄りました。
ついでに篠笛のお稽古をご一緒に。
お連れがいないと、ついついサボってしまいますから、お稽古仲間がいることは有り難いことです。
今日は、1の音が出てご機嫌です♪
山で吹いてみたい曲もお稽古しました。
「もののけ姫」 と 「エーデルワイス」
いつか山で吹いてみたいものです。

和裁の師匠の趣味は登山。ご夫婦で海外の山にも登られます。
いつだったか、ご主人が「この人、面白いでしょ。」と、和裁の師匠である奥様のことを話されていたことが、印象に残っています。
こんな風に言ってくれる人がいたらいいなぁ、なんて秋の気配を感じると思ったりもします。

写真が趣味のご主人に撮影してもらいました。

2012.8.27 001




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


Date: 2012.08.28
Category: 髪型
Comments (0)Trackbacks (0)

トビウオの夏染め帯も締め納め

遅ればせながら、うちの庭の百合が満開になりました。
たくさん花を付けてくれて、嬉しくなりました。

yuri.jpg

バイトも今日で終わり、夏の名古屋帯を結ぶのも後少し。
トビウオの夏染め帯も、今日で締め納めです。
バイト先でも、トビウオだ!と有り難いことに好評でした。
好きな柄を染めて一点ものが作れるというのが、名古屋友禅を習っていてこその醍醐味ですね。

tobiuo.jpg

打ち合わせをするため、直接お会いできることが前提となりますが、ご要望をお聞きして、名古屋友禅のお誂え染めの取次ぎを致します。お気軽にご相談くださいませ。
名古屋帯の生地・柄・染めにもよりますが、仕立てを入れて、165000円から、です。
info☆kimono-hagoromo.com(☆を@に変えて送信してください)

究極のお誂えです。まずは、名古屋帯からはじめられてはいかがでしょうか?




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.08.27
Category: 着物まわり
Comments (2)Trackbacks (0)

円頓寺郡上踊りと練習会のご案内

円頓寺郡上踊りは、9月15日(土)ですが、その前の9月9日(日)に練習会がありますよ!
郡上踊りの踊り納めの次の日ですが、イケメン先生が来てくださいます。

9月9日(日)午後6時半~
円頓寺本町商店街
練習会終了後「小宴あり」
参加費 500円
講師  河合研氏
※アルコールを呑まれる方は、公共交通機関をご利用頂きお越しください(厳守)

詳しくは、こちらをクリック→円楽会


そして、浴衣の着納めとなる9月15日の円頓寺郡上踊りの詳細です。
               ↓
img_439856_9295055_0.jpeg


直接、現地集合で楽しんでいただければ幸いです。
「着物~はごろも」では、浴衣の着納め・円頓寺郡上踊り♪と題してご一緒にお出かけしませんか?

9月15日(土) 午後3時45分
地下鉄桜通線 国際センター2番出口の階段下 集合
 (名古屋駅からユニモール地下街を国際センターに向かって歩く)
      ↓
浅間神社 お参り
      ↓
午後4時 como houseにて、お茶&おしゃべり
     ※予約はしておりません。こちらからの参加も大丈夫です。
      ↓
午後4時40分 郡上物産展でのお買い物・受付・荷物預ける  参加費1000円
      ↓
午後5時 講習会
      ↓
午後6時 郡上踊り
      ↓
午後7時 抽選会
      ↓
午後8時半 郡上踊り終了 解散

終了後、夜の食事会は予定しておりませんので、各自でお願いいたします。

お問い合わせ・お申し込みは、メール、もしくは直接にお願いいたします。
info☆kimono-hagoromo.com
☆を@に変えて送信してくださいませ。

お待ちしております♪





ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


Date: 2012.08.26
Category: 郡上踊り
Comments (4)Trackbacks (0)

縦縞と横縞の不思議

徹夜踊りの頃は、パーキングで仮眠していた私。
近頃は、帰宅後にパソコンを見ていると、睡魔に襲われパタリ。。。
電池が切れるように、転寝をしてしまいます。

タイガーメロン

先日、うりを頂きました。
タイガーメロンという名前で、この縞模様が名前の由来なのでしょう。
食べ頃になると、うりの匂いが良くなります。
この縞模様が面白いなぁと、眺めておりました。

縞柄といえば、細めの縦縞が私好みです。
夏黄八も細めの縞。
縞が太くなると柄に負けてしまい、私では着こなせません。
また、下手をすれば粋過ぎて、下品にみえてしまいます。
そして、横縞となるとより難しいのです。
樋口可南子さんの横段の着物姿を本でみて、憧れがあったのですが、私には強すぎて手ごわすぎました。
なんせお顔が違うのですから、仕方ありません。
しかし、いつも大人しい着物の好みのYさんが、究極の横縞の着物を誂えたのです。
私にとっては手ごわい横縞が、Yさんにはピタリと似合ってしまう不思議。

柔能く剛を制す (じゅうよくごうをせいす)
しなやかなものがその柔軟性によって、かえって強く固いものを制する。転じて、弱いものがかえって強いものに勝つことのたとえ。

一見大人しい着物の好みのYさんですが、お話を伺うと、頑張りやさんで芯がしっかりしていらっしゃいます。
そして、その姿勢に教えていただくことがたくさんあります。

内面が不思議と表れる着物の好み。
縦縞も横縞も侮れません。

先ほどのうりは、塩を振って美味しく頂きました。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村









Date: 2012.08.26
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

夏黄八に科布の帯

この夏は、浴衣ばかりで、正絹の着物は着ないで過ごしてしまおうと思っていました。
急に、人がいないから来てくれない?と連絡があり、着物催事のバイトに入ることになりました。
遊んでばかりいたので、ウォーミングアップしなさいというタイミングなのか、もしくは、そろそろ仕事のことを真剣考えなさいということなのか、お話があることは有り難いことです。

2012.8.22 002

自分撮りは、いつも苦手です。

2012.8.22 001

河野氏の拭きうるしの帯留めは「かりんとう」と命名して、お気に入りのひとつです。
今回、人の持ちものに対して、蛇みたい、うXこみたい、と平気で言われる方がいて驚きました。
そして、悪びれた様子もないことも驚いたことのひとつでした。

夏物に拭きうるしの帯留めは強い印象になるので、あまり付けないのですが、今回は初顔合わせの方も多く、慣れた相棒を連れて行く気分で付けていったものですから。

えー!そんなことを言われたのは初めてだわ~!
美味しそうな「かりんとう」みたいとは言われるけど。。。

笑って返しておきました。
でも、言葉って恐ろしいのですよ。
日々にその方を含めて発しているだろう美意識のない言葉は、つもりに積もって溜まっていきます。
その方のいる場所が、いつの間にか汚い感じを受ける場所になって行きます。
どれだけ高級で美しいものを扱っていたとしても。

自分の身の置き所を考えないといけないよと、教えてくれた出来事でした。
何事にも感謝。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


Date: 2012.08.24
Category: 着物まわり
Comments (2)Trackbacks (0)

りのりのさんと常滑焼まつり

常滑屋さんで待ち合わせして、まずはランチ。
盤プロジェクトの15種類の漬物を山盛りのせて、頂きました。

2012.8.19 001

2012.8.19 002

デザート

2012.8.19 003

何着ていても暑いので、浴衣です。
六寸の帯で。

2012.8.19 006

綿絽の浴衣です。

2012.8.19 008

常滑焼まつりの会場は、競艇場。

2012.8.19 012

小学生の女の子たちはフリフリが好きみたい。

2012.8.19 015

りのりのさんは、麻の着物をリメイクした涼しげな洋服をお召しでした。

2012.8.19 016

珈琲タイム

2012.8.19 017

やっと、湯冷ましとすり鉢を手に入れました。
茶杓100円につられて、茶筅も購入。

2012.8.19 018

いきなり、黒い湯冷ましの持ち手が割れてしまいました。。。
安い難あり品だったけれども、ショック。。。

気を取り直して、美味しいお茶でも入れましょう。






ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.08.23
Category: お出かけ
Comments (2)Trackbacks (0)

ユルリ茶会・皆様の装い

篠笛のお稽古を終えて、エイコさんを乗せて、ユルリ茶会へ。
チヒロさんも合流して、午後の薄茶を楽しみました。

2012.8.12 043

その後は、お喋りタイム。
髪結い話から、次回の茶会の話など、盛り上がりました。

皆さんの装いをご紹介。
いつも色っぽいチヒロさん

2012.8.12 047

帯揚げ、帯締めは、着物の地色と合わせてのコーディネート。

2012.8.12 046

チヒロさんの髪型にも話題集中!

2012.8.12 065


エイコさんは、紗の着物に絽つづれ

2012.8.12 045

水色の帯締めが爽やかです。

2012.8.12 044

紺地の浴衣は、リサイクルの格安反物を仕立ててもらったものだそうです。
洒落た柄!
この方も私が行きだした漢方医で診てもらっていて、漢方薬局つながり!!!
色々と繋がって、嬉しいびっくりでした。

2012.8.12 048
2012.8.12 049

はにわさん。

2012.8.12 053
2012.8.12 052


Wさん

2012.8.12 055
2012.8.12 056


亭主のカイユさん

2012.8.12 051
2012.8.12 050

私も撮って貰いました。

2012.8.12 058

渋めの羅の帯

2012.8.12 057

やっと忘れずに、集合写真が撮れました。

2012.8.12 060b

朝早かったので、帰り道に眠くて…近くのパーキングで仮眠。
無理してはいけませんね。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.08.22
Category: 茶道部
Comments (0)Trackbacks (0)

朝茶事

徹夜踊りが始まる前日の12日に、茶道部「杜鵑草庵」にて朝茶事。
午前6時からということで、家を出たのが午前4時過ぎでした。
高浜の方を迎えに行き、夜明けの爽やかな道を走り、順調に到着。
始める前に、帯結びなど手直しさせていただき、初めての朝茶事が始まりました。

汲み出し 梅とレモンバーム酵素の冷水割

2012.8.12 004

朝起きてからこれから始まるワクワクとした緊張感が続いています。

2012.8.12 003

早朝の光は、一番気が充実していて体に良いのです。
毎日、早起きできるとよいのですが…。

2012.8.12 005

二階のベランダを上手に使われています。アイデア次第ですね。

2012.8.12 008

お昼間とは違った、清々しさが感じられます。
お炭手前

2012.8.12 010

二ノ一???
書家の菊山先生、ごめんなさい~。「意」なんですね。
カイユさんの書の先生の作でした。

2012.8.12 012

カイユさんとお母様の心尽くしの膳が始まります。
これだけの準備をされることを考えると、早起きして出かけることくらい楽なことはないと思います。
亭主のカイユさん曰く、
「お茶時は舞台であり、スポーツ。」とのこと。
3時に起きて、髪を結い、そこからノンストップで7時間を駆け抜けました、と語っています。
その想いをこちら側も受けて、味わい、楽しむことに集中しました。

通常では撮影はしないものですが、茶道部の記録係りとして、撮影の許可を頂いております。

味噌汁一 厚揚げブロッコリー
向付   焼き貝柱細切り菜のユズ風味

2012.8.12 014

味噌汁二 なめたけと里芋とさやいんげん

次客で、ご飯を控えによそったら最後の方が大変そうでした。
この辺りの取分けも心配れるようにしたいものだと教えてもらいました。

2012.8.12 015

煮物椀  海老と豆腐と大和芋の真薯

お母様の真薯椀を頂きながら、皆の緊張感が解けて、ほっと和むのが分かりました。
硬すぎず、柔らかすぎず、優しいお味でした。

2012.8.12 016

預け鉢  ナスとかぼちゃと高野豆腐の炊き合わせ(冷製)

2012.8.12 017

預け鉢  クラゲと海藻と人参と蒸し鶏の酢の物

この中華系が登場するのは、杜鵑草庵好みです。
酢の物のソースは、塩こうじと練りごま(塩)と酢で合わせたお母様オリジナルレシピ。

2012.8.12 018

小吸物  ジュンサイ(昆布と梅干のお出し)

2012.8.12 019

八寸   スモークサーモンとモツァレラチーズ アボカドと豆乳のゼリー寄せ(わさび醤油)

アボカドの緑色が涼やかさを誘い、プルプルの食感が楽しめました。

2012.8.12 020

香の物  大根・きゅうり ナスのヌカ漬 塩昆布 ウリの味噌漬け

2012.8.12 021

2012.8.12 022

お菓子の名前…忘れました。教えてください。

2012.8.12 023

中立ちしたら、もう日差しが強くなっていました。

2012.8.12 028

鉄線、みやま杜鵑草 胡桃の籠

2012.8.12 030

濃茶。

2012.8.12 039

そして、薄茶と続きます。

2012.8.12 040


素晴らしく良い時間を過ごすことが出来ました。
この日は、10時から篠笛のお稽古があり、名二環をダッシュ!
午後からはユルリ茶会ということで、杜鵑草庵の戻るべく、また名二環を活用。
長くなりましたので、ユルリ茶会のことは、次回に。





ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村






Date: 2012.08.21
Category: 茶道部
Comments (4)Trackbacks (0)

茶道部「所楽在人和」・お盆点て

郡上踊り三昧で、その余韻を引きずりながら、茶道部のお稽古へ。
本日の色紙は、「所楽在人和」(しょらくざいじんわ) 楽しむ所は人の和にあり。
和を輪とかけて、郡上踊りだわ!と結びつけてしまう私。
あの輪の中にいた方なら、「所楽在人和」を体感されていたはず!

お花は、赤い萩、秋海棠 (しゅうかいどう)

2012.8.20 002

あらゆるところで役立つ、お盆点てをお稽古しました。
今の時代にも合わせて、ポットの場合も想定して。

2012.8.20 006

実は、9月5日(水)に和裁部のメンバーを中心に、美しい立ち方講座を開催することになり、そこでお茶を点てることと相成りました。午前10時~、半田市成岩の和裁部にて、開催。
お近くで興味のある方は、お問い合わせくださいませ。
info☆kimono-hagoromo.com
☆を@に変えて送信してください。

ひとつひとつの動きを丁寧に、しかし硬くならずに流れるように…。
あれ、これは郡上踊り「かわさき」も同じことを言われましたわ。
お手前にも通じるものがありますね。
体を動かして身につけていくものは、何度も何度も繰り返して、自然と体が動くようになってこそです。
やはり、小さい頃からやっておくべきことのひとつですね。

12日の朝茶事のこともまだ書けておりませんが、後日にぼちぼちと。

ところで、mixiなどのニックネームを「トビウオ」から「はごろも」に変更しました。
早速、そのほうがしっくりくるね、とメッセージを頂きました。
ありがとうございます。
これからもお見知りおきを、どうぞよろしくお願い申し上げます。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村





Date: 2012.08.20
Category: 茶道部
Comments (0)Trackbacks (0)

前谷拝殿踊り~八幡~岐阜駅まで

8月16日は、岐阜駅にて拾ってもらい、まずは郡上八幡へ。

前日の踊りも終盤になり、足を挫きそうで踏ん張ったところ下駄の鼻緒が緩んでしまい、足の指の皮がめくれてしまいました。踊っている時は忘れてしまうのですが、我に返ると痛みます。。。
下駄の鼻緒は湿っているときは触れないとのことで、塗りの下駄を新調しました。
新しい塗り下駄で、拝殿踊り♪というのも、縁起良さそうです。

途中で、腹こしらえ。
お店の名前は忘れてしまいましたが、目印はこれ。

2012.8.16 014

水車は止まっていたけれど、こちらも目印になります。

2012.8.16 015

ご飯が進みますが、あんまり食べ過ぎても踊れないので、少し控えめにしました。

2012.8.16 016

エイコさんは、お母さまの踊り浴衣で。

2012.8.16 019

昭和のキャンペーンガールのようですね。

2012.8.16 017

新道氏の藍染め絞りの浴衣に、昨日と同じアバカ(マニラ麻)の半幅帯。
あら、帯が少し歪んでました。もちろん、コバさんの瓢箪は欠かせません。

2012.8.16 022

お店の奥様が、いいわねぇ~、と私たちの浴衣姿を喜んでくださいました。

2012.8.16 021


少し遅れて、前谷白山神社へ到着。

2012.8.16 024

切子灯篭の下の拝殿で、唄にあわせて下駄の音が響き、汗ばんだ身体にすっと通る夜風に、八幡の町より北に来たのだと、涼しさに驚きました。

c0222415_11211142.jpg

今年は、郡上八幡の郡上踊りと、白鳥踊り、そして、拝殿踊り、と三つの踊りを体験することができました。
踊り比べてみて、私なりに感じたことをまとめます。
郡上踊りは、きちんと一手一手を決め、足を揃えることに重き置き、白鳥踊りは、足が止まらずに流れるように、手の動きも柔らかく踊ります。拝殿踊りに至っては、手の動きは重視せず、足の運びに重きを置きます。
中には、後ろ手に組み、足だけで踊るものもありました。
他にもあるかもしれませんが、一度の体験で感じたことのみあげてみました。

歴史も調べてみると、郡上踊りの「かわさき」は、伊勢の古市の里で唄われた「川崎音頭」が伊勢神宮の参宮道者により郡上の地に伝承されたものだそうです。
四百年にわたって郡上八幡で歌い踊り続けられてきたもので、江戸時代に城主が士農工商の融和を図るために、藩内の村々で踊られていた盆踊りを城下に集め、「盆の四日間は身分の隔てなく無礼講で踊るがよい。」と奨励したため年ごとに盛んになったという歴史があります。

方や、白山信仰と深いつながりを持つ白鳥拝殿踊りは、白鳥おどりのルーツで、国選択無形民俗文化財。
白山信仰とは、加賀国、越前国、美濃国(現石川県、岐阜県)にまたがる白山に関わる山岳信仰で、古代より山そのものを神体としてみなし、水神や農業神として崇められてきました。
キリコ燈籠の下で、音頭取りの声と下駄の音だけで踊る素朴な踊りです。
音頭取りもその場で交替してとりあうという、盆踊りの始まりはこのようだったのだろうと思わせてくれます。
歌念仏、山念仏などと念仏踊りが統合し、この拝殿踊りで一番古いといわれる「場所踊り」になったといわれています。

それぞれの良さがあり、時間が取れればあちこちと踊り歩きたくなってきます。
他所から来たものにも、お神酒を振舞っていただき、あまり飲めないのでジュースも頂き、ありがとうございました。
美人のエイコさんをみて、どこかのママさん?と尋ねられましたよ。(笑)
地元の方とも気さくにお話ができた、前谷拝殿踊りでした。

八幡は本町に戻り、「まつさか」まで。
踊りの輪の中では、お顔見知りの方が増えて、楽しく踊ることが出来ました。

白々と夜が明けて、八幡を後にして一路、岐阜へ。

2012.8.16 030

しかし、睡魔に襲われて、道の駅で仮眠。
少し元気になったところで、うだつのあがる町並み美濃を通ってもらいました。

2012.8.16 031

うだつとは隣家との境界に取り付けられた土造りの防火壁のことで、これを造るには相当の費用がかかったため、裕福な家しか設けることができませんでした。

2012.8.16 033

「うだつが上がる」ということは富の象徴で、この町は甲斐性がある家々ということですね。

2012.8.16 032

色々な歴史にも触れ、充実した徹夜踊りでした。
皆様に感謝を申し上げます。





ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村




Date: 2012.08.19
Category: 郡上踊り
Comments (2)Trackbacks (0)

郡上徹夜踊りデビューのエイコさん。

昨年の円頓寺郡上踊りに参加してくださったエイコさん。
今年の練習会にも数回、そして本場郡上の徹夜踊りへ行こう!と、五月には踊り下駄を購入。
そしてデビューは、15日の雨の郡上八幡となりました。

早めに到着できたので、安養寺に車をとめることが出来ました。
境内にて、エイコさん。

2012.8.16 001

ご自分で縫われた浴衣。
2012.8.16 002

雨のときは、色落ちしない帯をと、選んだ交織。
グランパスレッドのコバさんの瓢箪をつけて。

2012.8.16 003

絞りにアバカ(マニラ麻)の半幅帯。
もちろん、コバさんの黄色い瓢箪。

2012.8.16 005

雨対策を考えて、帽子を被ってみました。
いかがでしょうか?

2012.8.16 008

まるみつの固めの焼きそばは、濃い目の味付けでした。

2012.8.16 012

定食はできないといわれましたが、けいちゃんにライスがよかったな。

2012.8.16 013

上田酒店さんにて雨宿り。

2012.8.16 011

土砂降りの洗礼を受けたエイコさんですが、私が大騒ぎをして「さわぎ」のお免状を頂いていた頃に、なんと!同じく「さわぎ」のお免状を頂いちゃったのです!!!
後で話を聞くと、コバさんの師匠の後をついて踊っていて、見てくださった保存会の方に、手などを直してもらって頂けたそうです。
素晴らしい!!!デビューにして、お免状とは!流石です。
円頓寺郡上踊り練習会に参加していた甲斐があったというものです。

通いで次の日もあるから早めに帰ろうなんて言っていましたが、帰る頃にはしらじらと夜が明けてました。
エイコさんを送り届けてからが、眠くて眠くて、近くのパーキングまでたどり着き仮眠。
帰宅は、午前7時半でした。

前谷の拝殿のことは、次回に。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村









Date: 2012.08.18
Category: 郡上踊り
Comments (2)Trackbacks (0)

郡上の徹夜踊り、無事終了。

踊り下駄が三足になりました。
真ん中が初代のねずこ、向かって右は今年の五月に手に入れた檜、新入りが黒塗り。

2012.8.16 035

鼻緒が緩んでしまったのですが、湿っている状態では締める事も出来ずに黒塗りの下駄を手に入れました。
赤ツボが華やかな気分になります。

2012.8.16 036

13日は白鳥デビュー、15日は八幡にてエイコさんがデビュー、16日は前谷の拝殿と八幡。
色々な皆様のおかげで、「さわぎ」と「かわさき」のお免状を頂くことができ、心より感謝を申し上げます。
ほんとに大騒ぎして「さわぎ」を頂けたことは、忘れられません。
また「かわさき」は奥深く、細かく指導して頂き、勉強になりました。

2012.8.16 037


最終日は、八幡でK師匠と踊り「品よく踊ること」と「力を抜くこと」を伝授していただきました。
「三百」の手のタイミングを直して、再チャレンジしたいなぁ!
「春駒」も上手な方に教えて頂けたので、チャレンジしてみたいです。
タイミングよく行けるのか!が課題。

お顔見知りが増えて、楽しい徹夜踊りでした。
終了後にお免状の箱を抱えて歩いていたら、イケメン先生に会えてお礼を伝えることが出来ました。

それから、郡上踊りのお免状の額代(2000円)のことに触れたいと思います。
先輩から、お免状が欲しかったら、二千円を握り締めて踊るんだよ、と教えてもらいました。
合理的な方なら、一枚目はともかく何枚にもなると額はいらない、と言われるかもしれません。
しかし、保存会の会の運営など、この免状代だってお金がかかります。
そのためのささやかですが、私たちに出来ることは、額を頂くことだと考えています。
郡上踊りの唄や囃子の調子に合わせて踊る踊り手は、表面的な唄や囃子を感じとるだけでなく、その背景にある繋がりまで感じ取ってこそ、美しい踊りできるのだと思います。
ただ楽しいだけではなく、このことも頭の隅に入れておいて頂けましたら、幸いに存じます。

郡上踊りに関わる方すべてに、ありがとうございました!とお礼を申し上げます。

これだけ郡上に通えるのも、時間があるからこそです。
車の時は、パーキングで力尽きて仮眠をとり、最終日は、電車で終点まで行ってしまいました。岐阜から一時間で最寄の駅に着くのに、終点から戻ってくるのにまた一時間。。。よく眠れることです。
徹夜踊りが終わると、夏が終わるようです。

9月8日の踊り収めまで、まだ郡上踊りは続きますし、9月15日は名古屋円頓寺郡上踊りがありますから。
浴衣の着納めに、ぜひお出かけください。

2012.8.16 009




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.08.17
Category: 郡上踊り
Comments (2)Trackbacks (0)

人気!コバさんの瓢箪

さりげなくつけているのだけれども、気になる瓢箪。
コバさんの丁寧な塗りの仕事が伝わるのでしょう。
愛用のYさまから、明治村の花火に瓢箪を付けて行きました~♪と画像を頂きました。

meijimura.jpeg

浴衣の柄の色に合わせた瓢箪、黒地の半幅帯「ヤの字」がキリッとしていながら、色っぽい後姿です。

王番さんご夫妻にも好評でした!
ご主人が大好きな色、りんご飴色の瓢箪をペアで。

2012.8.13 005

グランパスの追っかけのエイコさんのリクエストにお応えして、グランパスレッドの瓢箪。
今夜、エイコさんはコバさんの瓢箪とともに、郡上で徹夜踊りデビューします!

guranpasu red

こちらは、阿波踊りの方のリクエストで、下げる紐が長いめのものです。
踊りによっても下げ方が違うそうです。
そうゆうことを聞くと、一度、阿波踊りというものもキチンと見てみたいなと思います。

2012.8.13 004

赤ばかり続きました。
はごろもでは、私が黄色を付けているからなのか、今のところ黄色が一番人気です。

今宵も郡上でお会いしましょう~♪
今夜は郡上八幡にいます。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村






Date: 2012.08.15
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

白鳥踊りデビュー!

昨夜の雨の中、徹夜踊りが始まりました!
全国の踊り助平さま方は、熱い夜をお過ごしのことと存じ上げます。

郡上踊りの世界に引きずり込まれた、いや、立派な踊り助平に導いてくれた、あーちゃん、お元気ですか?
あーちゃんに会えるかしら?と噂をしながら、白鳥デビューを果たしました。

昨夜はお会い出来ませんでしたね。。。
そんな言葉がでてくるみたいに、「源助さん」をはじめ、白鳥の唄の詞は、色っぽく感じます。

sirotori.jpg

白鳥マンボと呼ばれるくらいの高速バージョン「世栄」もあり、若い子たちがぴょんぴょん飛跳ねながら掛け声をかけて楽しむ姿も印象的でした。またその子たちを見守る大人がいて、暖かさを感じました。
藤村志保似の美しい踊りをされる先生の動きを見ながら「老坂」を踊り、最後の「さのさ」まで頑張りました。

こちらも雨が降ったり、止んだりで、強い雨の時は、頭にかけた手ぬぐいが何度も絞れるくらいでした。
初めての白鳥踊りで、なんとかウロウロしながらついていけたのは、実は土砂降り雨のおかげ。

郡上八幡に到着して、腹こしらえに、昨年あーちゃんと食べた焼きそばのお店をめざしましたが、混んでいて諦め、近くのお店でカツどんを頂きました。
八幡で踊ってから白鳥へ行こうかと思っていたら、出鼻をくじかれるような凄い雨。
車までたどり着けず、軒先で雨宿り。雷も鳴ってなかなか止みません。

そうだ!今のうちに白鳥踊りレクチャーをと、お願いして予習ができました。
スペシャルな雨宿りレクチャーでした。
「神代」ができなくて最大の課題ですが、気持ちよく白鳥のリズムに乗れるようになりたいです。

ame.jpeg

八幡市内に入る前の「いたち坂」にて。

2012.8.13 010

人気のコバさんの瓢箪をつけて。

2012.8.13 011

いたち坂のさるすべりの花の色は、うちの庭のと同じでした。

2012.8.13 007

少し紫がかったピンク系。
2012.8.13 005




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


Date: 2012.08.14
Category: 郡上踊り
Comments (2)Trackbacks (0)

美しい立ち方講座

着物暮らしを始めて十年が経ちました。
五年ほど、名古屋駅前のデパートの呉服売り場に立ち続け、日に8000歩から10000歩を歩いてきました。
草履の大切さも痛感しましたが、初めの頃は足が痛くて、どうように立ったらよいのか、どう歩いたらよいのか、階段の上り下りは必須なのになんだかぎこちない、美しい所作はできないものだろうか、と悩みました。
その頃に受けた京都での講座は、参考になりましたが、自分の動きがまだまだぎこちなくて、日々の動きのなかで意識することを心がけてきました。
今年になり、体のメソッドの矢田部英正氏の講座を知り、6月に受講してまいりました。
日々にしていた動きを言葉化して、わかりやすく説明してくださったことに感激。
皆様に、受講して私が理解したこと、日々の着物暮らしで身に着けたことを、お伝えできましたら幸いに思います。

「美しい立ち方講座」

平成24年9月16日(日) 午後2時~3時半
名古屋市女性会館二階 第一和室
名古屋市中区大井町7-25
電話番号052-331-5288
地下鉄「東別院」下車1番出口より東へ徒歩3分
会費800円
定員12名

お問い合わせ・お申し込みは、メールもしくは直接でも構いません。
info☆kimono-hagoromo.com(☆を@に変えて送信くださいませ。)


2012.7.12 005

お待ちしております。
おかげさまで、定員となりましたので受付終了とさせていただきます。
お申し込みいただきありがとうございました。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村




Date: 2012.08.13
Category: ご案内
Comments (0)Trackbacks (0)

ローカルな花火に絞りの浴衣で。

久しぶりにお茶でも飲まない?と、ご無沙汰していたTさんから連絡を頂き、ちょうど8月8日が花火だということを聞いていたので、実家に車を走らせました。
Tさんは、浴衣を着るのは一年ぶりとのこと。

2012.8.10 002

有松絞りの浴衣に麻の半幅帯。
花柄の絞りが映えますね。

b.jpg

ここのところ、花火は中止されていたようですが、地元の企業の50周年と景気が良いらしく寄付があり、花火が行われたそうです。ちょうど人生の夏休みの時にゆっくりと拝見できて良かったです。
ローカルなので、海から打ち上げられるひとつひとつの花火をじっくりと堪能できます。
もとい、ゆっくりと一発ずつ打ち上げているということなので、派手さはありません。
波の音、潮風に吹かれながら、楽しみました。

2012.8.10 009

花火を写すのも難しいものですね。

2012.8.10 006

実家に立ち寄り、京都の親戚ともお顔を合わす事が出来て、花火のおかげだと感謝します。
両親が元気でいてくれるのは、何より有り難いことです。

少し食欲が出てきました。
といっても灯台ラーメン、大きすぎない???
Tさんが驚いていました。
野菜たっぷりで美味しゅうこざいました。

2012.8.10 007


思いがけない夏休みのようで嬉しかった~!と、足元もお洒落なTさん。

2012.8.10 008


小学校の同級生から、花火に来てた?と次の日にメールあり。
地元だからね、田舎の良さでもあります。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


Date: 2012.08.10
Category: お出かけ
Comments (2)Trackbacks (0)

瓢箪をお買い上げのYさま

先日の円頓寺郡上踊り練習会にて、腰に付けていた瓢箪を見初めてくださったYさま。
着付けを始められて一年ですが、仕事を終わったらすぐに家に帰って、着物に着替えて過ごしていらっしゃる方です。
着物を着ることで、自分に戻れる時間が持てたようだと、お話してくださいました。

Yさまの帯まわり。
小千谷縮に絽の大輪の菊柄の染め帯。
小物使いも涼やかです。
着る回数が多いほど、期間は短くても、こなれた着こなしになります。
美意識が高い方なので、まだまだ気にいらないところがいっぱいだとのことですが、熱心なので、近い将来自分らしい着こなしが出来ることでしょう。

2012.8.5 003

足元は、カレンブロッソ。

2012.8.5 004

私も小千谷縮ですが、染め柄なので柔らかな感じになります。
写真で見ると、柄あわせがイマイチなことに気が付きました。
掛け襟の菊の花と身頃の菊の花が並びすぎのようにみえます。どちらかが少しずれたらよかったかな。
これは出来上がっていたものを手に入れたので、なんとも仕方ないのですが。

2012.8.5 001

Yさまは、郡上踊りのDVDを購入されたそうで、9月15日の円頓寺郡上踊りでは、ご一緒に踊れますことを楽しみにしております。
Yさまのように、和の文化に目覚められる方がまわりに増えてきて、嬉しい限りです。

戦後、日本の文化を否定することを盛んにやっていた時期がありましたが、その異常さに気がつき、日本の良さを見直す時代になりました。マスコミに踊らされることなく、ネットで色々な情報が手に入ることも、私たちにとっては自国の文化、歴史を見直すよいきっかけになっています。
着物を通じて、その喜びを伝えることができたらと願っています。

コバさんの瓢箪の注文がまた入りました。
とても丁寧な仕事ぶりです。
気になる方は、お気軽にお声かけくださいませ。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.08.07
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

ケアが必要

着物を着続けて10年も経つと、あちこち綻び目立ってきます。
洗い張りした紬の生地も擦り切れています。
繰り回してどの部分にもってきたらよいか、寸法をほんの少し小さくするとか、袖の丸みを大きくするとか、確認しながら印し付けして、まずは袖から縫っていきます。

袖付けのところが、裂けてしまっています。。。
これには継ぎ当て布を当てて、補強します。
帯び合わせをしやすくて、単衣の紬ですが、よく着ました。
裾も切れるくらいでしたから、お疲れ様と労わってあげて、また着物の形に戻してお世話になることにします。

2012.8.3 001


着物でもケアが必要なのですから、体はそろそろ労わってあげないといけない年頃です。
現に疲れがでてきていました。
幸い病気にはなっていませんが、この夏のうちに回復させておこうと、保険のきく漢方のお医者様に診てもらいました。

2012.8.2 004

煎じ薬を10日分。
苦いイメージがありましたが、甘草など配合のものだったので飲みやすくて助かりました。
昔から言われ伝えられたことを守り、体を冷やさないこと、食べ物のこと、規則正しい生活のことなど、お話を伺うと、しみじみ忙しさにかまけていました、ごめんなさい!って感じです。
そして、足湯のすすめ。
この季節ですが、湯たんぽも出してきました。
お腹、足首、ふくろはぎ、を温めます。夏は自覚はあまり自覚はないですが、冷えています。

2012.8.2 005

ここの漢方のお医者様の所に、見たことのあるカエルさん!
ふじいかずのりさんの花入れの焼き物があり、受付の方と盛り上がってしまいました。
この優しさがわかる所なんだなぁと、安心感が増しました。

2012.8.2 001

検査結果で異常がなくても、体が感じる不調があります。
その時点で手当てしてあげるようにして、病気を防ぐことって大切だと思います。
検査していただいた所では、薬をたくさん投与され、対処療法をすすめられましたが、このまま様子を見ますと言って帰ってきました。

毎年11月頃になると体調を崩していたので、今年は夏のうちに整えて秋を迎えたいと思います。
その前に、徹夜踊りに向けて整えよう!





ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.08.06
Category: 和裁部
Comments (10)Trackbacks (0)

郡上踊りお免状「猫の子」/写真追加

ふふふ♪初お免状を頂きました!
いきなり「猫の子」はマニアックかもしれませんが、円頓寺仕込みですからね。
皆さんのおかげで、一枚目のお免状をいただくことができました。
ありがとうございました!!!
札を下さったのは、踊り部長さんだと伺いました。
ありがとうございます。

nekonko.jpg

下駄屋さんの前の通りです。以前はこの通りでも踊られていたと伺いました。
昨夜は、お花と明かりで飾られていて、雰囲気が良かったです。

DSC_0142.jpg

次は、徹夜踊りで頑張ろう~!

追加の写真。
札をもらったばかりで、嬉しさいっぱい!

P1020374.jpg

住所と名前を記入して、帰りに受け取ります。

neko4.jpeg





ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村



Date: 2012.08.05
Category: 郡上踊り
Comments (6)Trackbacks (0)

アフリカンな浴衣

夏の和裁部は、子供たちが大勢!
先生のご主人が科学館に引率して下さって、その間にママたちが小さなお嬢さん用の浴衣をチクチク。
娘さんがいると着せがいがありますね。

腰上げも完成した浴衣を羽織らせて、着方と帯結びをお伝えしました。
さっきまで駆け回っていたのに、急におしゃまさんになります。
夏の良い思い出になりますね。

郡上踊りに行くようになったら、ふと持っている浴衣が地味に見えてきました。
これはこれで好みなので良いのですが、違うものが欲しくなります。
先日の円頓寺の練習会を見ていた先生も、派手な浴衣にピンクの瓢箪の人がいたね、とか浴衣チェックされていました。

bigaで取り扱っているアフリカの布で浴衣を作ろう!とあれこれ広げて。
(今年は無理、来年にむけて…)
アフリカの布にも柄に意味があるものがあると教えてもらいました。

この柄は、「私の旦那は出来る男」という意味なの!
向こうの方は、自慢気に着ているのかしら?
子供の浴衣の次は、これで自分の浴衣とご主人のステテコを作ると宣言された方に、見初められ嫁に行きました。

2012.8.3 004

こちらは、「子供はお金より大事」
2012.8.3 005

私は、黄色浴衣にしようかな~。
青海波っぽく見えませんか?
月なのか、バナナなのか、はたまたオタマジャクシなのか、は定かではありません。
こちらは意味はないみたいです。

2012.8.3 007

大柄のアナスイっぽい柄は、fatomataさんがお気に入り。柄あわせが大変そう?!
並ぶとお互いに引き立てあうかも。チーム アフリカン???
でも、fatomataさんも私も和風顔だからなぁ~。
八年ぶりくらいに一緒に踊ったので、もっと踊りたくなったわ~!とfatomataさん。
郡上にいけないにしても、9月15日、円頓寺で踊りましょう!

2012.8.3 009

他にも、綺麗な色目の亀甲柄など面白いでしょ!

2012.8.3 006

3.5メートルから4メートルで、浴衣が一枚、
ステテコは、1メートルから1.5メートルで作れます。
新しい柄が入りましたら、こちらで掲載していきますので、お問い合わせくださいませ。
お仕立ても承ります。
ただし、柄指定が出来ず、入荷したものでご覧頂くことになりますので、お気に召したものがあれば早い者勝ちです。お楽しみに~♪

ちなみに、このアフリカの布は、パーニュ(西アフリカのプリント布)
パーニュは、1890年頃に、インドネシアのバティック(ろうけつ染め)を真似てオランダで作られた布が、西アフリカのガーナに持ち込まれたのだそうです。
そして、西アフリカ諸国が独立した1960年頃には、それぞれの国でも作り始め西アフリカ中に広まっていったのです。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.08.04
Category: 和裁部
Comments (6)Trackbacks (0)

茶道部「白珪尚可磨」

なんだか心が落ち着かず、お手前のお稽古もボロボロ。。。
相変わらず袱紗捌きも、やれているようでやれていないのです。
ガラスの茶杓をまあるい手付きで拭き清めたいのですが、つっかえてしまいます。

色紙は、『白珪尚可磨』 (はくけい なお みがくべし) 
               
中国の古典「詩経」の中の一節。
 白圭の玷(か)けたるは、尚お磨くべし。
 斯(こ)の言の玷けたるは、為(おさ)むべからず。

「白珪」は「白圭」とも書き、白く清らかな玉のことで、もし瑕(きず)がついても磨けばまた元の美しさに戻すことができる。しかし、人の言葉はもし一度言い放ってしまうと、いかなる手段をもってしても、もう取り返すことはできない。

つまり「言葉というものは、おおいに慎まなければならない。」という意味と、もうひとつの解釈があります。

白圭は高貴で清浄で、すでに完全無欠なものである。
しかし、まだ磨けば磨く余地があり、さらに磨けばいよいよ清らかなものとなる。
禅の道もまた同じで、小成に安んぜず、さらに磨いて向上せよ。


玉も磨かなければくもってしまいます。転じて、慢心せずに日々精進すべし!という教えの禅語。
まさにぴったりお言葉です。


お花は、赤い鹿の子百合、桔梗、鳴子蘭。

2012.8.1 001

暑さで花が開ききってしまいました。
庭の開く前の蕾は、ほんのり赤みが差していました。

2012.8.1 004

先輩方のお稽古をご一緒して、出入りだけはきちんとできました。
ゲストの方がいらっしゃったので、お稽古の後に伏見の老舗居酒屋「大甚」へ。
 
2012.8.1 006

お酒は弱いのでとりあえずビールとかせずに、冷酒を少しだけ頂くとお料理も美味しく頂けます。
やっぱりお米の国の人だから、美味しい日本酒をほんの少し♪
次のお店では、〆に珈琲と焼きアイス。
茶道部の皆さんは、春からのお付き合いですが、話が弾み楽しい時間でした。

2012.8.1 003

今度の朝茶は、午前6時から。
しっかり早起きして、夏の朝を楽しみたいです。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.08.03
Category: 茶道部
Comments (0)Trackbacks (0)

日本刺繍の半襟「萩」

ぼたんさんの日本刺繍半襟、今月は「萩」。
詳しくは、こちらで→着物~はごろも

201281.jpg

台風の影響なのか、風が涼やかに感じます。
時節柄、どうかご自愛の程を。



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.08.01
Category: 半襟
Comments (0)Trackbacks (0)
プロフィール

Author:着物~はごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR