ぼたんさんの刺繍半襟・竜田川

半襟を縫い付けながら、今年の紅葉の事を考える頃となりました。
ぼたんさんの日本刺繍の半襟は、「竜田川」。
詳しくは、こちらをクリック→「着物~はごろも」

2012104.jpg


ぼたんさんの日本刺繍半衿は、6800円にて承ります。
お渡し期間は、2~3週間となります。詳しくは、お問い合わせくださいませ。
info☆kimono-hagoromo.com(☆を@に変えて送信してください)




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Date: 2012.09.30
Category: 半襟
Comments (0)Trackbacks (0)

究極の染め帯のお誂え

先日、名古屋友禅の叶工房さんへ、お客様をお連れ致しました。
染め帯お誂えのコーディネートのお仕事です。
それぞれがお顔をみて、人となりを知り、図案からお誂えをするという究極の染め帯。

昔は、そのようなことは普通に行われていて、受ける方も頼む方にも心得があったからできていたのですが、現代では、おいそれとは頼めないというのが現状です。
確かに、頼む方にもモラルが必要で、下絵を描かせておいてキャンセルするようでは困りものです。

そのため、お誂えを実現するにあたって、着る場所、お持ちの着物とのコーディネートなどのご要望、お好み、ご希望、ご予算、趣味などを細やかに打ち合わせさせていただき、見積もりをだして、本決まりになってから、叶工房へお連れするという流れを取っております。

2012.09.23 006

事前のやり取りでお好きな図柄は決めてありましたので、その確認をして、生地、地色を決めていきます。

2012.09.23 009

地色も一色だけでなく、濃淡のぼかしで垂れを少し濃くするという提案もあり。

2012.09.23 010

微妙な色合いを確認して話を進めていきます。
垂れを少し濃くすると、締まった感じになりますね。

2012.09.23 011

お客様のお好きな分野のことにもお話が広がり、そこから太鼓裏に名前の一字を入れる、柄繋がりの物語のある提案もまとまり、とても喜んでいただきました。
県外から足を運んでいただいた甲斐がありました。
皆が喜べる橋渡しのお仕事ができ、心より感謝申し上げます。

打ち合わせをするため、直接お会いできることが前提となりますが、ご要望をお聞きして、名古屋友禅のお誂え染めの取次ぎを致します。
染め名古屋帯の場合、生地・柄・染めにもよりますが、仕立てを入れて165000円から、です。
info☆kimono-hagoromo.com(☆を@に変えて送信してください)
お気軽にご相談くださいませ。


珍しく、柄足袋にポニーテールという出で立ちで。

2012.09.23 017

この蔦のように、上を向いて、きもの道を歩んで生きたいです。

2012.09.23 005




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.09.28
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

山車まつりのハイネックシャツ

今日はお誘いを断って、山車まつりのハイネックを二枚、前のみ仕上げました。
パンのような雲になってしまったので、金をベタに塗りなおして雲らしくなったかな。

2012.09.27 001

写真を見ると、トルソーは胸の膨らみがあるから、二台目の山車が目立ってしまうのかしら。
本当は、一番手前の山車を目立たせたいのだが、大丈夫だろうか。

2012.09.27 003

手描きにこだわらずに、気分を変えて、チクチクと縫い付けました。
七五三の三つ巴。

2012.09.27 004

表は完成したのですが、後ろの肩辺りに山車を一台描いてと、奥様からのリクエスト。
「成車」も忘れずにと。
男の背中にこだわるのは、女性の方かもしれませんね。
うーん。明日も頑張ろう~。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.09.27
Category: 染め織り
Comments (0)Trackbacks (0)

秋の予定、東も西も。

暑さ、寒さも、彼岸まで。
秋の予定、東も西も。
ご案内には、偏りあり、です。

2012aki.jpg

草履屋ちぐさ
人気ブロガー「キモノは別腹」さんが出版された「召しませキモノ」
この本の出版記念イベントが東京・目白「LUNCO」さんの2階で行われます。
題して「はきもの祭り」
日時:10月5日(金)~10月8日(月・祭) 午後12時から7時
場所:東京都豊島区目白3-14-8 1階と2階
TEL:03-3954-3755


☆琉球染織 もずや宗晏
東京銀座
9月27日(木)~10月2日(火)
銀座きものギャラリー泰三さんでの展示会

大阪難波
10月5日(金)〜7日(日) 春に出かけてきました!
難波の日本工芸館展示会
大阪市浪速区難波中 3-7-6
開館時間 午前10時〜午後5時(入館は午後4時半まで)


月日荘
谷由起子 ラオスの手仕事2 
10月10日(水)~21日(日) 午前11時~午後7時 期間中無休


ギャラリー雅趣 kujira
10月12日(金)~23日(火)
舟橋美恵子 きもの作品展


第二回 ナゴヤビーガングルメ祭り2012
10月14日(日) 午前10時~午後5時
鶴舞公園奏楽堂周辺
入場無料
友人の「biga」出店します!


第7回 越中八尾 おわらの夕べ
10月20日(土) 午後5時半~8時
名古屋東別院 境内(雨天決行)
運営協力費 一口500円
<プログラム>
 流し踊り(豊年踊り)
 舞台踊り(四季踊り・案山子踊り・夫婦踊り・豊年踊り)の鑑賞
 参加者対象和踊り講習会
 おわらの話アラカルト


岳見町ギャラリー
古布・織・灯 手しごと展
10月26日(金)~28日(日)午前10時~午後6時(最終日は午後5時迄)
『古布リメイクアート・美映子の部屋』・・・中森美映子
『古布創作~Coffee Time~』・・・平野則子
『ステンドグラス こもれび工房』・・・土田典子
『藍織成』・・・岡田藍


天然色手染工房 はちはち
10月30日~11月4日
常滑屋

kosode
10月31日(水)~11月6日(火) 
JR名古屋高島屋10階

☆第23回 かがりはずし展 日本刺繍 紅会工房
名古屋会場
10月23日(火)~28日(日) 午前10時~午後6時(最終日は午後4時閉場)
ノリタケの森ギャラリー

東京・大阪は、の日程は、こちらをクリック→

腹こしらえしてから、お出かけしましょう!


ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.09.26
Category: ご案内
Comments (2)Trackbacks (0)

江戸小紋つながり

久々に、男の背中シリーズ。
(勝手にシリーズ化しようと思っているのだけれども、なかなかご縁がないのです。)

2012.09.22 003

ロゴの中が、江戸小紋の柄になっています。
洒落たTシャツの主は、江戸小紋染工房 小林染芸さんです。

江戸小紋のことを語りだしたら止まらない!
時間があまりなかったので、お話が途中で失礼しました。
またの機会に熱い語りを聞かせてくださいませ。

東京友禅と江戸小紋の技法を合わせて使った柄の着物もありました。
このTシャツといい、新たな試みをされていらっしゃいます。

先日の型紙スタイル展では、藍田正雄氏と愛朗氏にお会いして、今回は小林福司氏と、江戸小紋ついています。
紬が多い私ですが、茶道部に入り、柔らかものもよいなぁと思うこの頃です。

栗を頂き、皮をむきました。
明日は栗ご飯!
秋ですなぁ~。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村






Date: 2012.09.25
Category: 着物まわり
Comments (2)Trackbacks (0)

謡曲・仕舞体験講座

観世流能楽師 吉田篤史先生による「能への誘い~お稽古体験教室~」のお誘いがあり、体験してきました。
少人数での時間制で、能舞台で謡と仕舞を習い、一曲舞えるようにとのこと。
最後の部で、着物繋がりのグージーさんとちたこさんと参加しました。

2012.09.22 001

老松(おいまつ)の四行を教えていただきました。
まずは、謡曲。微妙にズレたりしながらも、三人で地声で大きな声を出しました。

合唱でトラウマのある私ですが、
(子供の頃、カッコウの歌で、音をはずしている!そこのお前!と男の音楽の先生に怒られて歌えなくなった)
歌うというより、歌を詠むという感覚で声が出せたのが良かったです。

oimatu.jpg

能楽のすり足を、同じ能舞台の上で拝見、指導いただきました。
今回理解したのは、出した足に体重を乗せるけれども、後ろ足のかかとを上げないこと。
かかとが着いていて、指先を少し上げることでスムーズにすり足が出来ます。

一番慣れなかったのは、舞扇の扱いでした。扇の持ち方のグーとパー。
先生は、謡いながら、後ろへ、前へ、など声かけもして下さって、なんとかウロウロと終えることができました。
40分はあっという間でした。

場所:栄能楽堂
愛知県名古屋市中区栄五丁目6-4
能楽ビル東館4F

個人の能舞台が栄にあることを、今回知ることが出来ました。
貴重な体験が出来ましたが、お稽古までは余裕がなく通えません。
ご興味ある方は、お問い合わせしてみてくださいませ。

10月のお稽古は30日(火)17時~19時(時間の変更は可)
謡のみ3000円+後援会費1000円
謡と仕舞5000円+後援会費1000円
観世流能楽師 吉田篤史先生
mail-monchan☆s6.dion.ne.jp(☆を@に変えて送信して下さい)

謡曲・仕舞を「ほんの嗜みに」と言ってみたいものです。
その後は何故か、ネパール料理の店「カトマンズ」へ。

2012.09.22 009

皆で色々な種類のカレーを食べ比べして、愉しくお腹はいっぱいになりました。
食べるのが先で、最初の一皿しか撮影できませんでした。

2012.09.22 007

ナンの曲芸???技ありのちたこさん。
可愛く、色気もある、素敵な奥様のちたこさんです。

2012.09.22 008

グージーさんと私の写真がないですが、写真が頂けましたら掲載したいと思います。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.09.24
Category: 講座
Comments (2)Trackbacks (0)

はんだ山車まつりにむけて。

平成24年10月6日・7日は、5年に一度のはんだ山車まつり
31輌の山車が勢ぞろいします。

それに向けて、王番さんからのリクエスト。
ハイネックに手描きしています。
一枚のつもりが、奥様からもう一枚デザインを変えての追加リクエストを頂いて。
間に合わせないと…。

dasi.jpg

山車の運行や花火など、見所はたくさんありますが、マニアックなところでは、
「からくり工房・山車装飾品展」がアイプラザ半田2階小ホールで実演・展示があります。
「茶運び人形と弓曳き童子」のからくり人形実演は、このまつりの中ではマイナーな感じですが、
体の動きに関心のある私は、見てみたいもののひとつです。
6日(土)11時~、14時~、16時~
7日(日)13時~、15時~、

彫刻は、有馬白匠要台、祥雲、立川美術館
幕等は、(株)川島織物、(株)龍村美術織物
         ↑       ↑
着物好きな方は、ここで反応すると思います(笑)

ふるさと交流ステージでは、地元の演目以外に、6日は「こきりこ踊り」「麦屋節笠踊りなど」「道中伊勢音頭・正調伊勢音頭」も見られます。他にもありますが、これは個人的に興味のあるものをあげております。
詳しくは、第7回はんだ山車まつりの公式パンフレットをご覧くださいませ。

ものすごく偏りのある個人的なご案内となりました。
まつりですから、それぞれの楽しみ方で、足をお運びいただけました幸いに存じます。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


Date: 2012.09.23
Category: ご案内
Comments (2)Trackbacks (0)

美しい立ち方講座にご参加いただき、ありがとうございました。

9月16日、美しい立ち方講座にご参加いただき、ありがとうございました。
美意識のある方がお集まりくださり、それぞれに目的を持ち質問が飛ぶ、楽しい会となりました。

「良い姿勢をしていたら、腰が痛くなっちゃった!」衣紋の先輩の言葉が、この講座を開催するきっかけとなりました。
体のメソッドの矢田部氏の講座で、学んだ事などを軸にお伝えし、重心の決め方など、皆さんが体感していただくように進めました。

2012.9.16 001

体の重心を意識して動くことでバランスが整っていきます。

来年の2月2日の名古屋能楽堂でのイベント「着物で能舞台を歩く体験会」がありますので、今から気をつけておくと、スムーズに体験会にご参加していただけるのでは、という思いもありました。
このイベントの応募期間は、12月10日~25日なので、近くなりましたら改めてお知らせいたします。

2012.9.16 007

体を動かした後は、お茶を。
飲みながらも、下駄や草履のこと、正座の痺れない工夫、など。

2012.9.16 012

猫背の方は、肩を広げるように。

2012.9.16 008b

大笑い! 

2012.9.16 010

「道」とつくお稽古をされている方の所作は、見事でした。
お辞儀が美しい方、茶道部先輩のお茶の出し方の無駄のない動き、拝見していてとても気持ちのよいものでした。
そして、「昔の女性はできていた」ことを自然にされていた方が三名も!
女子力高い、素敵な着物姿の皆様でした。
ありがとうございました。

2012.9.16 013b

美しい着物姿の方が増えますように。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.09.22
Category: 講座
Comments (0)Trackbacks (0)

大暴れ!

雲南百薬草の花が咲きました。
小さな白い花です。

2012.9.20 003

お花だけ見ていると、可憐ですが、
今年、雲南百薬草を庭に地植えしたら、大変なことになっていました。
簡単な柵は作ったのですが、隣の南天に絡み、果ては、隣の家の赤いハナミズキの木にまで進出!
隣の奥さん!ごめんなさい!!!

2012.9.20 004

大暴れ!

葉っぱも、これから出来るムカゴも食べられるのですが…。
どうしたものか、思案中。
求む!アイデア。
とりあえず、花が終わったら絡んだ蔓をまず外しませうか。

2012.02.20 002




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.09.20
Category: 植物
Comments (4)Trackbacks (0)

「日本人の歩き方」日本舞踊山村流 VS からだのメソッド

お江戸の最後は、「日本人の歩き方」日本舞踊山村流 VS からだのメソッド の講座でした。
新高円寺アトラクターズスタジオにて、午後7時~9時まで。

第1部 レクチャー「和式と洋式の歩き方について」矢田部英正(日本身体文化研究所)

第2部 実 習 「日本舞踊と下駄の歩き方」山村若静紀(日本舞踊山村流師範)
山村師範が舞を一曲舞われた後、すり足や二枚歯の下駄での実習

第3部 対 談 「日本人の歩き方について」山村若静紀 × 矢田部英正

2012.9.12 040


新高円寺の駅に着き、着物姿の方に道を尋ねると、講座を受ける方だったのです。
そして、ブログの方ですね!と言われて、初対面でしたがお話が弾み、講座前に腹ごしらえもご一緒させていただきました。帰りもご案内いただき感謝を申し上げます。

この講座のきっかけを作ってくださった方が、司会・進行をしていらっしゃいました。
私は6月に一度講座を受けただけでしたので、今回の講座で理解が深まり、有り難かったです。

西洋化された現代生活の中で、日本伝統文化を保っている部分を伝えていきたい、無意識に行っている習慣的なものに気づきを与えて、コントロールできるように、という矢田部氏の言葉に共感を覚えました。

山村師範の「弓張月」の美しい舞姿にうっとりして、舞と踊りの違いに始まり、舞のすり足と二枚歯の下駄の歩き方実演では、体で体感したことを言葉で確かめることができ、思わず頷いていました。

膝と足で柔らかい上半身を作っていく舞は、型として身につくと体を鍛えてくれるものだったのです。
着物を着こなすこと、下駄を履きこなすことは、自身の身体を成長させるものということを自覚できた講座でした。

着物の補正や下着の話、腰紐の位置などにも話がおよびました。
着物に慣れた身体は、洋服を着ている方が疲れるという山村師範の体験に、参加されていた男性もスーツの方が疲れると大いに頷き、私も夜行バスで体験した帯を締めていた方が腰が決まり楽だったと、共通の見解でした。

日々に着物でということもなかなか出来ないことが多いと思いますが、身体の動かし方の技術を身につけて、自身を整えることに役立て、美しい姿の日本人が増えてほしいです。

着物暮らしも十年が経ち、身についたこと、知りえたこと、などをお伝えしていきたいと考えています。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

















Date: 2012.09.19
Category: 講座
Comments (2)Trackbacks (0)

新宿なか志まや&神宮前kosode

お江戸の続きが遅くなりました。
着物関係は、二つのお店に立ち寄ってきました。

夕方にお邪魔したのは、新宿なか志まやさん。
うっかり記事が遅くなり、すいません。
現在、新作展開催中!19日(水)まで!!!

新作展の案内文より
 民藝運動家・柳宗悦は「無地の美」について
「有を否定する無でなく、無限の有を抱合する無と見なければならない。
 能楽に見られる「静中の動」「動中の静」ろ同じである、、、
 無地は常に美のもっとも奥深い理念なのである」と述べ、かの白州正子は
 「着物は無地・縞・格子に極まる」と言い切った。二人の教えに学びつつも、
 なか志まやは「今の時代に引き立つ無地感覚の着物の美しさ」とは何かを模索し、
 また着物は「無地・縞・格子」と「丸」に極まると考え、現代の生活に沿いながらも、
 長く愛して頂ける着物と帯をご提案します。
 2012年後半のなか志まやの新作を是非ご覧くださいませ。

 
10月1日発売の「和楽」に掲載されたお品物もご覧いただけます。

2012.9.12 034

階段を上り店に入ると、ゴトウヒロシ画のなか志まやさんが出迎えてくれます。
ゴトウ氏は、名古屋円頓寺の出身と伺いました。なんと、まあ、最近、ご縁が深い所でございますなぁ。

2012.9.12 035

都会的な、なか志まやセレクトのお店です。
しかし、彼は東男ならず、関西は兵庫県の呉服屋の息子さんでした。
偏見を恐れずに言うと、幼少より西の好みを知った上で東で勝負している、というところが信頼できると思うのです。
新作展の案内文の中で、白州正子氏の言葉を引用されているので、
白州正子氏が、華道家の川瀬敏郎氏を、京都だから信頼できると言った感覚と重ねてみました。

2012.9.12 037

神宮前kosodeさんの店先では、満開の台湾藤の甘い香り。

2012.9.12 029

そして下を見ると、紫式部が実をつけていました。

2012.9.12 030

渦巻き柄の帯が素敵だなぁと眺めてきました。

2012.9.12 028


名古屋にも来て下さいます!
スケジュールをご確認くださいませ。

kosodeさんの秋冬のイベントスケジュール
「kosodeの世界」 2012年・秋冬
 ・10月3日(水)~8日(月)  大丸神戸店
 ・10月10日(水)~21日(日) 大阪高島屋
 ・10月31日(水)~11月6日(火) JR名古屋高島屋
 ・11月14日(水)~11月20日(火) 伊勢丹新宿店
 ・11月28日(水)~12月4日(火) 日本橋高島屋
 ・12月19日(水)~12月25日(火) 大阪高島屋

2012.9.12 032




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.09.18
Category: ご案内
Comments (0)Trackbacks (0)

円頓寺郡上踊り2012

お江戸の記事の途中ですが、こちらを優先します。
「2012円頓寺郡上踊り」無事に終了いたしました。

ご参加いただいた方からは、嬉しいお声が聞こえました。
楽しかった~♪
くせになりそう~♪
来年は郡上に行く~♪
踊り助平菌は着実に、円頓寺に住み着き、勢力を拡大している模様です。

りんご会との合同でのお出かけ企画、「浴衣の着納め、円頓寺郡上踊り」でした。
イケメン先生を囲んで。
名古屋の浴衣は、熱田まつりから円頓寺郡上踊りまで、という新たな決まり事を勝手に決めました(笑)

2012.9.15 025bb

練習会の始まる前には、郡上の物産展でお買い物とcomo houseでお茶。
郡上のお酒をお買い上げのクロベエさん。

2012.9.15 017b

郡上踊りのお免状のラベルのお酒。来年もあやかりたいです。
2012.9.15 005

como houseのマスターは、白鳥出身。
なんと私が白鳥デビューした日に、同じ会場にいたと聞いてびっくり!

2012.9.15 013
2012.9.15 012

お洒落な郷君さんは淡路しじら。
やるまいぞさんは自作の「トキとなでしこ」柄の浴衣です。

2012.9.15 015

2012.9.15 019

博多の半幅帯で、偶然にも同じ帯結びでした。

2012.9.15 014b

練習会の始まりは、まだ明るい午後五時から。

2012.9.15 022

茶道部の先輩、haniwaさんと。絞りの浴衣同士で。

2012.9.15 020

午後6時からが本番。

2012.9.15 029

蒸し暑さで、ここは名古屋だわ、と自覚して踊りました。
お顔見知りの方も増えて、昨年よりも踊りの輪が広がりました。
ふくさん、琴丸さん、エイコさんも、円頓寺郡上踊りのお免状を頂いて、笑顔です。
芸達者なanan♪さんも郡上踊りデビュー!

2012.9.15 037bb

円楽会えんじょいの会長と、なつきさん、琴丸さん、エイコさんと。

2012.9.15 041b

きつねさんも!!!

2012.9.15 040

踊り納めでした。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

2012.9.15 036




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村






Date: 2012.09.16
Category: 郡上踊り
Comments (7)Trackbacks (0)

日本民藝館と東大ランチ

日本民藝館へ。
特別展 沖縄復帰40年記念特別公開 琉球の紅型 11月24日(土)まで。

2012.9.12 018

日本民藝館で沖縄の織染が見られるというのは、なんとラッキー!

一階に展示された琉球の織物は、どれも垂涎もの。
首里、八重山、宮古、読谷山(ゆいたんざ)、それぞれの土地柄が織物から感じられて、行ったことがないけれど風や波の音などが聞こえてくるようでした。絣の柄も大きめで、ゆったりと伸びやかな印象を受けました。
芭蕉の絽織りは、初めて拝見しました。

二階に上がると紅型が目に飛び込んできます。
紺地の花織りに紅型をつけたリバーシブルの袷は、紅型だけのものより迫力でした。
紅型をよく見ていると、桐板という生地がいかにも涼しげで上等そうです。
読み方さえもわからず尋ねてみると、「桐板:トゥンビァン」は中国から輸入していた布としか答えてもらえませんでした。
そこで、手がかりがあるかしらと、民藝を二冊、特集:紅型、特集:琉球の織物を購入しました。

柳 悦孝氏の文章の中で、触れられていましたが…。
「沖縄の織物の中に桐板と呼ぶ繊維がよく出てくる。私は戦前沖縄の人から、桐板は龍舌蘭の繊維だと教えられた。白く、半透明な、いかにも涼しげで清涼感あふれるような糸、少し硬いが肌に着かず、夏の衣類としては最上のように思う。最近この桐板についていろいろ異論が出ているようだが、産地は中国福建省あたりで厦門から輸入していた。一度正確なことが知りたいと思っている。」
沖縄の美 昭和56年6月発行より抜粋。

繊維検査ぐらいすればいいじゃん!
素人だってそう思います。ましてや所蔵している方はどう思っているのでしょうか?

今どきは便利なもので、ネットだけで拾ってみましたが、

長い間龍舌蘭の一種と思われていましたが、繊維検査の結果、苧麻であることが判明しました。
苧麻繊維に精通している越後の人びとにも「麻に似たる品ながら何にてうみ(績)候や」といわしめた、清涼感のある透明度の高い布でした。
桐板布は、琉球王府用に作られ19世紀の奢侈禁止令により生産が禁止された「幻の上布」です。苧麻布でありながら耐水性と艶のある透明感を持つ上布は、他産地の苧麻布とは一線を画しています。


龍舌蘭の繊維で織った八寸帯を拝見したことがありましたが、透明感はなかったことを記憶しています。
確かに隣に展示された「苧麻」とは別物に見える「桐板」は、苧麻を使いながら何が違うのでしょうか?

仕立てのこともお尋ねしてみましたが、残念ながらお応えがなかったです。
お店と違って、こうゆうところだから安心してじっくり拝見して見聞が広げられると思ったのですが、詳しくは聞くな、ということなのでしょうか?

「昔沖縄にはこんな素晴らしい紅型という染物文化があったのです」と言うことを知らせたいがための展示なのであろうか?という感想も聞こえてきました。


今回は、西館も拝見できました。

2012.9.12 017

ゆっくり見ていたら、お昼の時間。
TVで放映されたらしい東大のお店にて、ランチ。
これに珈琲がついて千円です。

2012.9.12 022

なかなか東大には入れませんから。

2012.9.12 024

東大は東口、日本民藝館は西口を利用すると便利です。

2012.9.12 026





ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


Date: 2012.09.14
Category: お出かけ
Comments (2)Trackbacks (0)

お江戸へ、まずは明治神宮。

郡上の徹夜踊りで、朝帰りに慣れてしまった私。
講座のお知らせを受けて、行き帰り夜行バスでちょいとお江戸まで。
ええ、今朝、午前5時半に名古屋に帰ってきました。
いつものごとく、盛りだくさんな一日を過ごしてまいりました。

私のお江戸行き夜行バスとセットのようにあるのが、朝の明治神宮です。
早朝の新宿に到着しても、まだ立ち寄るところがありません。
幸い、日の出と共に参拝できるのが明治神宮。そして何より清らかな場所です。
実は私、空気の綺麗な所にしか生息できないのです(絶滅危惧種か?!)(笑)

2012.9.12 001

女心と秋の空

2012.9.12 003

2012.9.12 008

ここに来られる方は、それぞれに爽やかな朝を迎えています。

2012.9.12 009

「君が代」が、女性の合唱で聞こえてきました。
突然で、とても美しく、なんだか涙が出そうになりました。

2012.9.12 010

学生さんかしら?スカートの方が引率の先生なのかな。
君が代の歌は、歌詞がきちんと聞き取れたのですが、唱えた文言は、残念ながら言葉がはっきりせず聞こえませんでした。
今は話し言葉がとても早くなり、ゆっくりはっきりと話をするということが少なくなりましたから。
色々なことを意識して丁寧に扱うことって大切だなぁと、そのようなことをぼんやりと考えていました。

2012.9.12 011

西門へ。

2012.9.12 014

ハート!

2012.9.12 013

芝の広場では、太極拳をされているグループを見かけました。
最近教えていただいた「チベット体操」を、木陰の芝の上でひっそりとやってみました。
まだぎこちないのですが、続けることが大事かなと。
大きな風呂敷を広げて、はみ出した所は手拭いを広げて、足袋を脱いで。
木綿の着物に半幅帯ですから、何とかなるものです。

ゆったりしていると眠たくなってきました。
入り口の杜のカフェで、珈琲とクロワッサンの朝食をして、さあ出かけましょう!




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村



Date: 2012.09.13
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

円頓寺郡上踊り練習&懇親会

9月15日(土)の円頓寺郡上踊りに向けて、9日は練習会&懇親会がありました。
円楽会えんじょいさんのおかげで、郡上踊りの輪が広がっています。
モツ鍋ご馳走様でした。美味しかったです!
お顔とニックネームが結びついてご挨拶が出来たり、こちらのブログをみてますよとお声かけ頂いたり、と楽しい時間を過ごすことが出来ました。
円楽会えんじょいさん、ありがとうございました。

身軽に踊りたいのでカメラを持ち歩いてないのと、動いている人の撮影は難しいため、写真がありません。。。
(ただ単に写真のことは忘れて踊りたいだけなのですが。)

始まる前に、琴丸さんとご一緒に。

2012.9.9 005b

とんやきの上野屋さんの前の、イケメン先生。
15日の練習会も講師をしてくださいます。

2012.9.9 006

後は、本番の15日を待つばかり!
この円頓寺郡上踊りが、私の中では踊り納め、浴衣の着納めです。
皆さんで、楽しく踊って盛り上がりましょう!!!

ちょいとその前に、お江戸に行ってまいります。





ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


Date: 2012.09.11
Category: 郡上踊り
Comments (2)Trackbacks (0)

篠笛講習会~徳川美術館


「伝統の音と舞」実行委員会
の篠笛の講座に月に一回参加しています。

「伝統の音と舞」実行委員会は、文化庁「地域の文化遺産を活用した観光振興・地域活性化」事業の一つとして、長唄と民舞の各種体験講習や交流会、発表会などの事業を行い、地域の活性化、観光振興を目指しています。

気軽に邦楽の世界を体験できる講座です。
篠笛の他に、鼓、長唄、の講座もあります。

少し高い音が出るようになりつつあり、嬉しくなってきました。
しかし、高い音を出すには、腹筋、背筋をかなり使います。長い息が続かず、これはこれからの課題です。
頑張って吹いていると、クラクラ~。
一人で吹くには、まだまだ自信がありませんが、皆さんと一緒に気持ちよく吹ける様になりたいです。

ご一緒しているエイコさんの帯結びが洒落ていました。
「ふうせん太鼓」

2012.9.9 002

渋めの着物の黒に、白×赤の可愛い半幅帯、三色で纏めた格好可愛いコーディネートです。

2012.9.9 004

夜には、円頓寺郡上踊りの練習会があるので、絞りの浴衣を着物風に着ています。

201299.jpg

お昼は、肉丼とミニきしめんの日替わりランチ 680円
安くてボリューム!
篠笛のお稽古の後なので、完食。
中村公園駅近くの店「伏見」

nikudonn.jpg

練習会までの時間は、徳川美術館へ。
企画展「世界のテキスタイル」は、楽しかったです。ペルシャの絨毯が綺麗な状態で保存されていたり、更紗が可愛かったり♪
常設展から見ていくと、見ごたえがあります。

2012.9.9 005

2012.9.9 004

秋の空

2012.9.9 002

蔦の絡まる門の家

2012.9.9 001

さて、帯を半幅帯に結びなおして、円頓寺へ!




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


Date: 2012.09.10
Category: 邦楽
Comments (0)Trackbacks (0)

ボストン美術館・日本美術の至宝(前期)

やっと出かけることが出来ました。前期は9月17日まで。
迫力の雲龍にも対面してきました。

とても会場が寒くて、「ストールの貸し出し」の看板が出ているくらいでした。
ここまで冷やす必要があるのかしら?
寒いよ、と聞いていたので、ストールを持っていって大正解。

2012.9.8 004

8世紀・奈良時代の仏画を見られることは、21世紀の今、良くぞ残っていてくれたと不思議な面持ちで、拝見。
二大絵巻も後半を見るのが、楽しみになりました。
松島図屏風や、若冲の白いオウムも楽しみなので、後期の前売り券を購入しました。
後期は、9月29日から12月9日まで。






ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


Date: 2012.09.08
Category: お出かけ
Comments (2)Trackbacks (0)

夏物も体もお手入れを

足元を冷やさないように、足首のサポーターを装着。
ふくろはぎのところは、絹のサポーターを。(絹のアームカバーを無理やり付けてしまった。。。)

明日からは天気が悪くなる様子なので、洗濯日和を活かして夏物のお手入れをしました。
今年は浴衣をフル動員して、よく着ました。
そのため、お太鼓を結ぶことが少なくて、帯揚げの出番は少なかったです。
さっぱりと洗ってアイロンかけて、仕舞いましょう。

2012.9.7 001

今年は郡上で雨に降られることが多くて、博多の半幅帯を濡らしてしまいました。
水じみにならないように、帯全体を水にくぐらせて対応しました。
残念ながら、風合いが変わってしまいました。
シャキッとした締め心地が身上の博多帯が、ふんわりした感じに。
それも二本。。。
一番お気に入りのものは、郡上踊りの時は結ぶのをやめておきました。

踊り始めの「発祥祭」が雨の年は、雨が続くと言われる通り、徹夜踊りも激しい雨でした。
明日の「踊り納め」も、天気予報では雨。
郡上踊りの雨対策には、セオαの浴衣にポリエステルの帯がいいよ、と教えてくださった方がみえましたが、どちらもあまり好きでなく、ポリエステルの帯が一本あるだけで出番がないままです。
色落ちさえしなければいいかな、というくらいでおります。

8日(土)の「踊り納め」は諦めて、14日(金)「昔をどり」に行けたらいいなぁ、と思っています。
9日(日)円頓寺練習会、15日(土)円頓寺郡上踊り、と続きます。
名古屋の浴衣は、熱田まつりから、円頓寺郡上踊りまで、というのが定着しそうです。
私の勝手なルールですが、名古屋はそれくらいまでは暑いですから、良しとしましょう。

体のケアとして、シンデレラのように12時までには床に入ることを目標にします。
できるだけ…頑張ってみます。。。はい。
何事も続けることが大切ですね。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.09.07
Category: 着物まわり
Comments (2)Trackbacks (0)

池下から今池「楽布」さんへ

郡上の徹夜踊りに通っていたら、元気になった私。
秋風を感じるようになり薬もなくなったので、池下の漢方クリニックへ受診してきました。
なにげなくクロワッサンのお店を覗いていると、偶然にも着物繋がりのTさんとお会いしました。
先日の型紙スタイル展の会場でもお会いして、続けてご縁があるねーと、お勧めのお店に連れて行ってくれました。

ieksita.jpg

Tさんお気に入りのフルーツババロアを頂きました。
その後、今池の「楽布」さんへ。
お願い事を聞いてくださって、感謝です。

楽布さんの作品のタペストリー。
藍の裂織りで、優しい色合いが素敵な大作です。

2012.9.6 001

今年の八ヶ岳美館・信州の裂織展に初めて参加されるとのこと。公募展とはいえ、先着順のようですし、他の公募展に出していなければ、以前織ったものでも、良い!とのことで、展示出品されるそうです。お近くの方はぜひお出かけくださいませ。

年齢を重ねられても、ますます素敵に輝いていらっしゃる姿に刺激をもらいます。

楽布さんに、足元冷えてるね、と言われてしまいました。
「頭寒足熱」の逆になっているかも。。。
さて、足湯して、早寝しよう!12時までには床に入ろう!
ドクターにも早く寝てくださいね、と言われたのでした。
皆、お見通しみたい。。。
自分の体のことも大事にしないとね。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


Date: 2012.09.06
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

「美しい立ち方」講座&お茶会

和裁部の師匠の計らいで、「美しい立ち方」講座&お茶会を主催することが出来ました。
また、9名+お子様1名のご参加を心より感謝を申し上げます。

「体のメソット」の矢田部英正氏にも、(戦時中の)先生みたい、と言われた着物にモンペ姿で始めました。
ここでは、薙刀が要る?なんて言われてしまいましたが、キリッとしているということを言いたいのだと解釈しております。

2012.9.5 014

お盆には浴衣が間に合ったオシャマさんも、興味しんしん。
大事な床柱をお借りしております。

2012.9.5 011b

最後には、エレガントな座り方も。
密かな呪文をお伝えしました(笑)

2012.9.5 017b

表千家のお茶の先生に正客をお願いして、懐を借りるつもりで臨みました。

2012.9.5 020

ご挨拶、お菓子の食べ方、お茶の頂き方など、お茶の先生が皆様にご指導くださって、私はお茶を点てることに専念できてとても有り難かったです。

2012.9.5 024

一人前にお菓子もお茶も頂けました!
将来が楽しみですね。

2012.9.5 031

最後にお茶の先生が点ててくださったご自服を頂き、ほっとしたので、うっかり最後の詰めが甘くなりました。

よく考えたら、お盆点てのはじめの総礼もすっかり忘れて始めてしまい、あら、礼は?と、言われてしまいました。多分、流派によってタイミングが違うので、後から言われたので、私も???でした。
「お菓子をどうぞ。」のタイミングも、裏千家では「茶杓を手にしたら」ですが、茶筅通しのコツンの音を聞いてお菓子を頂かれたので、それぞれの流派の違いが話題になりました。
和裁の師匠は松尾流で、お辞儀の仕方の手の位置がまったく違いますし、お茶碗の正面を出されたら、遠慮せずにそのまま頂くとのことです。

温かく見守ってくださり、ありがとうございました。

2012.9.5 036

着物で来て下さった、アンドゥさんとfatomataさんとご一緒に。
アンドゥさんはお祖母様の着物をそのまま、fatomataさんはお祖父様の着物を仕立て直して、お召しでした。

2012.9.5 038b

日本画家のアンドゥさんの色の取り合わせ、好きです。

2012.9.5 039

fatomataさんの木の帯留めが面白くて話題に。お菓子の紐を帯び締め代わりに活用とのこと。
だれ?巣箱が二つ!という人は。確かに彼女は二人の坊やのママですが…。

2012.9.5 004

和裁部&着付け部のメンバーで。

2012.9.5 041b

お軸は、和裁の師匠の水墨画。
お花は、露草とヤブからし。

2012.9.5 002

こうゆう師匠のセンスが好きです。水墨画ができるといいですね。

2012.9.5 003

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
日々に美しくありたいです。






ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.09.05
Category: 講座
Comments (0)Trackbacks (0)

琴丸さん、郡上踊りデビュー。

昨年の円頓寺郡上踊りで、ご一緒にくじけず踊っていた琴丸さん。
本場郡上踊りデビューを果たしました!

まずは、杉本下駄屋さんにお連れして、下駄を購入。
やはり、郡上踊りは郡上の下駄でなくっちゃ!
足のサイズが22.5cmで一緒だったわ。
徹夜踊りでデビューしたエイコさんも同じくらいでしたから、「たーけの小足」組です。
「馬鹿の大足、たーけの小足、ちょうどいいのは尚たーけ♪」って聞いたことありませんか?
いきなり失礼しました。。。

9月1日(土)は、おどり変装コンクール。
工夫を凝らした変装が見られました。
変装はしていても、皆さん踊り上手な方々です。
携帯もカメラも電池切れで、自分も電池切れにならないように、ゆるゆると水分補給をしながら踊りました。
審査は「三百」でしたが、細かいところができてないのだろうなぁと自分でも思うので、ダメでした。
あれこれ考えすぎると気分よく動けないし、なんだかぎこちなくなってしまいます。
楽しく踊りたいのにね。。。
アンバランスな心と体を整えるのには、唄うことかしら?と、わかるところは唄ってみたりするこの頃です。

20120901.jpeg

やっぱり、郡上は違うわ!楽しかった~♪と、琴丸さん。
お連れして良かったです。

踊っていても、夜風が涼しく感じられました。もう九月ですものね。

09012b.jpeg

ふくさんと車中、お話が出来て楽しかったです。
4年も前からこの「着物暮らしはごろも」のブログを読んでくださっていたとのこと、ありがとうございます。
また色々とお話くださいね。
同じ血液型ということで、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

大事な奥様のお二人を送った後、やはりパーキングで仮眠して帰りました。
月が綺麗な夜でした。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村







Date: 2012.09.03
Category: 郡上踊り
Comments (6)Trackbacks (0)

型紙スタイル展&藍田正雄氏の実演

東京、京都、と巡ってきた「型紙スタイル展」。
型紙といえば、伊勢型紙。
ご当地の三重県立美術館での展示は当然でしょう!と、待ちに待っておりました。
そして、9月1日、2日は、藍田正雄氏の実演があると伺い、近鉄でGO!
津駅の近鉄駅営業所では、会期中でも割引入場券を求めることが出来ます。


三重県立美術館 企画展

同時開催の県民ギャラリー(無料)も素晴らしかったです。
「極小の宇宙 手わざの粋ー伊勢型紙の歴史と展開ー」
江戸時代の型紙から、現代は伊勢型紙保存会の型紙まで、道具も含めじっくりと拝見できます。
裃などの展示もあり、充実しておりました。

最後の今年出来上がったばかりの柔らかな色合いの「秋草にうろこ」着物(前期のみ展示・9月17日まで)を眺めておりましたら、染められたご当人が後ろに!
「着物姿がよかったので、実は後ろから付いて来たのですよ。」と嬉しいお言葉。
気さくに、展示では見られない前柄の向きを下向かないように合わせたことや、八掛けの柄のことまでお話してくださいました。

ブログ掲載のご了解を頂き、感謝いたします。

2012.9.01 011

午後2時からの実演が始まり、沢山の方に囲まれる中で、型を置いて、糊置き、染め、蒸し、水元まで、を見せてくださいました。後継者の愛朗氏との息のあったところも拝見でき、頼もしい気持ちになりました。

銀座もとじさんの姿もお見受けいたしました。
「藍田正雄 江戸小紋」で検索しますと、銀座もとじさんのページが一番にヒットします。
藍田氏の人となりが詳しく書かれておりますので、ご興味のある方はご覧くださいませ。

今回の実演で、縞と柄とでは、型紙に向かう姿勢が違うことを知りました。
反物を貼った台に対して右側に立ち、端から型紙を置いて行きます。
縞は縦に糊を置くので、体は反物に対して平行、そのため左足が前に出ます。
反対に、柄物は横に糊を置くので、体は反物に対して直角、向き合うなるため右足が出ます。
理にかなった姿勢というものが、どの世界にもあるものですね。

藍田正雄氏と愛朗氏とご一緒に。

2012.9.01 004

新しい染め技法もあるが、手技でなければ出来ないことをと、色々と工夫をされていらっしゃいます。
実演では、杢の柄を染める技もを披露。特許は取らず惜しげなく公開される藍田氏。
ここまでの染めを出来るものならやってみろ!という職人魂が感じられる姿勢です。

2012.9.01 010

型紙の対しての想いも厚く、ニューヨークの美術館に保管されたままの型紙について、これを活かすことをするのがあなたたちの仕事でしょう!と言ってやった、というエピソードを話して下さり、10年経った今、それを活かすプロジェクトが動きはじめたと、ワクワクするようなこれからの展開も、気さくにお話して下さいました。
どうぞお体に気をつけて、益々のご活躍をお祈り致します。

ティールームにて、ほっと一息。

2012.9.01 006

この日の夜は郡上踊りに行く予定があり、愛知県、三重県、岐阜県、と東海三県をまたにかけ???
とにかく体力勝負です。





ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.09.02
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)
プロフィール

Author:着物~はごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR