繕い物の日

ひとり和裁部…もとい、繕い物の日。
今年は、十月いっぱい木綿の着物がとても活躍しました。
出番が多いと、綻びも出てきます。
洗濯してから袖口や身八口などを繕いました。

katuosima.jpg

窓際でチクチク。
光が着物の上に揺れています。

2012.10.31 004

2012.10.31 001

実は、窓に吊るしている「サンキャッチャー」からの光です。
北欧等、日照時間の短い地域で、少しでも太陽の光を感じる事ができるようにと考えられた物とも言われております。

2012.10.31 003

ついこの間までは、日の光がまぶしくて暑いくらいだったのに、お日様の光が温かく感じられるようになってきました。日に干したお布団が、ほこほこして太陽の匂い(?)がします。






ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Date: 2012.10.31
Category: 和裁部
Comments (0)Trackbacks (0)

ボストン美術館と桂新堂の海老尽くし

松島図屏風と鸚鵡図が観たくて、名古屋ボストン美術館へ。
前期のような寒さではなかったので、ショールは手に持ちながら鑑賞しました。

電車を一本遅らせたので、待ち合わせに遅れてしまいました。
その間に、Yさんが気を利かせて、お昼の予約を入れてくださいました。
午前10時からお店で予約をしないと食べられない、桂新堂の海老尽くしのお昼(1050円)。
一度だけ食べたことがありましたが、もう十年以上前のことでした。
それだけ、時間の余裕とタイミングが合わないといただけないのです。
午後1時半の予約が取れました。

それまでの間に「日本美術の至宝」を鑑賞。
白い鸚鵡を友禅で帯にされた方がいましたが、レースのような白い羽を描くのは難しいなぁと、観察。

桂新堂 百福庵のお料理

2012.10.28 002

2012.10.28 003

2012.10.28 004

2012.10.28 005

表面が白くなったら、食べごろです。

2012.10.28 007

2012.10.28 011

頭から尻尾までいただけます。

2012.10.28 012

ご飯のお代わりには、そぼろが付いてきました。
量は少なめです。

2012.10.28 013

2012.10.28 014

芸術の秋、食欲の秋を堪能しました。
企画展の前期と後期を鑑賞できるのも、こうして時間があるからこそだと思うと、有り難いです。

2012.10.28 016




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.10.30
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

南蛮船の染め帯完成!

叶工房にての友禅教室。
南蛮船の帯の仕上げをして、完成!

2012.10.29 008

前柄
2012.10.29 009

午前のお茶の時間

2012.10.29 001

中津川の栗おこげ。
教室でご一緒したにこさんのレアなお土産。

2012.10.29 002

午後の珈琲タイムも。

2012.10.29 004

葛に包まれた栗きんとんも、美味しゅうございました。

2012.10.29 005

久々のお弁当。
蕪と鶏肉の煮物、ピーマン炒め醤油味、炒り卵ベーコン、蕪の軸とじゃこ炒め、ご飯、梅干。

2012.10.29 003

叶工房の美人柴犬「楽」ちゃん。

2012.10.29 006

皆が注目するので、くるっと後ろを向いてしまうシャイな女の子です。

2012.10.29 007

次は、オウムの帯の色指しに取り掛かります。
先生と相談して、暑苦しい色をやめて大人な色にしようと、検討中。
ぼちぼちですが、染め上がって形になるのが嬉しいです。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村







Date: 2012.10.29
Category: 染め織り
Comments (4)Trackbacks (0)

秋の郡上八幡

秋の郡上八幡へ。
遅めのお昼を蕎麦正まついに予約していました。
お昼の蕎麦会席2000円。
八幡城が見える個室にて頂きました。

2012.10.25 016

少し辛めのおろし蕎麦がおすすめです。
2012.10.25 015

要予約のお昼の会席

2012.10.25 014

海老と長芋の蕎麦巻き揚げ・蕎麦サラダ

2012.10.25 017

ここで蕎麦がきを頂き、ほっこり。(画像なし)
揚げ蕎麦のあんかけ

2012.10.25 018

大人のおろし蕎麦は、辛み大根おろしを少しつづ入れて頂きました。(画像なし)
蕎麦湯のゼリー黒蜜かけ・蕎麦チップ・ゆず茶
ほっと和みます。

2012.10.25 019

郡上八幡に来たら、立ち寄る「上田酒店」
あまり飲めないので、米麹を購入。
塩麹を作ると言ったら、美味しい水をペットボトルに入れて持たせてくださいました。
女将さんとご一緒に。

2012.10.25 020b

まだ紅葉には早かったです。色づいたらきれいでしょうね。
11月には紅葉まつりが始まります。

2012.10.25 028

宗祇水へ。

2012.10.25 036

2012.10.25 037

2012.10.25 040

水の流れも夏とは違って見えます。

2012.10.25 044

日が傾いてくると、冷えてきます。
コートを着るまでもない時に、活躍する羽織りもの。

2012.10.25 048

洋服なのですが、着物にも羽織れます。
着物の襟にきれいに添うのが好評。

2012.10.25 050

明かりが灯り始めました。

2012.10.25 055

帰りにも上田酒店に立ち寄り、温泉・お風呂屋さん談義。
大将の好みはマニアックで、あれこれお薦めしてくださいましたが、名前に惹かれて「美人の湯」へ。

2012.10.25 057

えー!!!なんてこと!
美人になれないわ!

2012.10.25 059

気を取り直して、やまと温泉やすらぎ館でゆっくりしてから、家路へつきました。



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村




Date: 2012.10.28
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

岐阜、染と織の匠たち 人間国宝三人展

岐阜県博物館の特別展 
「岐阜、染と織の匠たち 人間国宝三人展」は、11月4日(日)まで。
作品点数は少ないけれど、見ごたえがあります。
前期と後期で入れ替えがあったのですね。
前期の山田貢氏の透箔のり染屏風「歓」1975が見たかったです。

山田貢(友禅)

宗廣力三(紬縞織・絣織)

土屋順紀(紋紗)


同時開催の特別展
飛騨・美濃の信仰と造形ー古代・中世の遺産ーは、28日(日)まで!
思いがけずに拝見した四天王が良かったです。

2012.10.25 005


始めて訪れた岐阜博物館は、ゆっくり見ていたら一日過ぎてしまいそうです。
百年公園も広くて、小学生の遠足に遭遇。
可愛いリュックが沢山並んでいました。

2012.10.25 002

お昼を郡上八幡で予約していたので、駐車場へ歩き出したら、素敵な着物姿の女性がお一人で歩いて来ました。
お互いに意識して近づいてお顔をみると…!
着物上級者の舟橋美恵子さん!!!
お互いにびっくりしました。
先日のとても好みの羽織りものは、売れてしまったとのことでしたが、偶然お会いできるご縁は嬉しかったです。

2012.10.25 008b

仁平幸春さんの帯を結んでいらっしゃいました。

2012.10.25 010

なか志まやさんから求められたとのこと。
そうそう、岐阜の笠松にあります、きものギャラリー睦月さんにて「なか志まや展」が28日(日)まで開催中!

秋は、色々な企画が目白押しですね。
遠出したいと運転してくださったTさん、ありがとうございました。

kinoko.jpg

紅葉はこれからが本番ですね。

2012.10.25 012





ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.10.27
Category: お出かけ
Comments (2)Trackbacks (0)

ぼたんさんと岳見町ギャラリーへ

四人展の初日に岳見町ギャラリーへお出かけしました。
ステンドガラスのぱむさん。
染織の二見の藍さん。
古布リメイク、りのりのさん。
そして、お初にお目にかかりました縫姫さん。

大作が展示されていました。
先日伊勢で拝見した「西馬音内盆踊り」の布絵。

2012.10.26 018

2012.10.26 013

2012.10.26 002

オーナーの奥様は、スカーフを帯に仕立て直したものを大島に合わせていらっしゃいました。

2012.10.26 015

2012.10.26 014

ぼたんさんは、伊兵衛織の着物に浦野理一の帯。

2012.10.26 003

2012.10.26 004

コンプレックス・ビズで纏めた髪。

2012.10.26 011

2012.10.26 008

夕暮れには庭のライトアップ。

2012.10.26 022

庭から見上げるお月様。
明日は十三夜の栗名月。お天気はどうかしら。

2012.10.26 024

何やらストレッチ教室???
縫姫さんのお姉さま指導です。私は少しマッサージしていただいて楽になりました。
ありがとうございました。

2012.10.26 025

会場のお花の飾りつけもお姉さまでした。
母と同じ歳とは思えない若々しさ!
あやかりたいです。

2012.10.26 026

ぱむさんのステンドガラスに明かりが灯りました。
雰囲気がありますね。

2012.10.26 028

2012.10.26 029

2012.10.26 030

28日までです。お出かけくださいませ。

2012.10.26 031

本日会場にて、りのりのさんにはごろものロングベストの羽織りものをお尋ねくださったのに、見本をお見せできずに申し訳ございませんでした。今回はご覧いただけないため、よろしければメールにてお問い合わせくださいませ。
info☆kimono-hagoromo.com(☆を@に変えて送信してください)




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村



Date: 2012.10.26
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (2)

杜鵑草三種

茶道部「杜鵑草庵」に相応しいお花でした。
三種類の杜鵑草(ほととぎす)

2012.10.24 005

大黒天(だいこくてん)

2012.10.24 006

黄上臈(きじょうろう)

2012.10.24 007

琥珀(こはく)

2012.10.24 008

色紙は、陶淵明の詩より。
「采菊東籬下 悠然見南山」
菊を采(と)る東籬(とおり)のもと 悠然として南山を見る

十月も終わりに近づきました。
しばし馴染んできた「風炉」も終わります。
中置き(なかおき)では、細型の水差しを用いて、風炉の左側に置きます。
柄杓の置き方も形になってきましたので、次の風炉の季節まで忘れないようにしたいものです。

絞りの羽織からの、半襟と帯揚げを付けてみました。

2012.10.24 026

先輩の帯姿

2012.10.24 020

お祖母様の着物を長襦袢に仕立て直したそうです。

2012.10.24 029

大島は紅葉

2012.10.24 019

こちらは菊柄の帯

2012.10.24 021

着物も帯も光の加減で地紋が浮かび上がります。
それぞれ色は押さえたものですが、組み合わせで派手さが出ます。
「地味派手」は、究極のお洒落。
その辺りを目指したいです。

2012.10.24 022

先輩のお稽古は、茶通。
熱心に取り組んでいる姿勢は、刺激になります。
とっぷりと日が暮れて、お腹が空いてきました。





ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村



Date: 2012.10.25
Category: 茶道部
Comments (0)Trackbacks (2)

絞りの羽織を解いて

着られない着物の仕分けがなかなか出来なかったので、和裁の師匠をお呼びして(呼びつけて?)テキパキと仕分け作業が出来ました。柳行李二つ分のうちの一つは、解き・洗いのもの。
とりあえず、絞りの羽織を解いて洗いました。

sibori.jpg

和裁部にて、うそつきの袖一枚分、帯揚げ二枚、半襟五枚、襟の絞っていないところで伊達締め一枚、を切り分けました。師匠を含め皆でおそろいの絞りの半襟!
これからの季節は、絞りの半襟で襟元ふっくら!活躍します。

お直しものも沢山!
まずは裾が切れて縫い目がほつれた芥子色のウール着物から、掛かりましょう。
直したらすぐに着られるものだから、早めに頑張らないと!

kouri.jpg

今日の茶道部へ、早速、絞りの半襟と帯揚げを付けて出かけました。
なかなかいい感じ♪
これは後日に。





ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.10.24
Category: 和裁部
Comments (2)Trackbacks (0)

雨の日は、玉葱スープ

玉葱を頂いたので、コトコトと玉葱スープを作りました。
肌寒くなると、温かいものが欲しくなりますね。
頂いた玉葱は、軒下に吊るせるようになっていたので、先日拾ってきた流木に吊るしてみました。
冷蔵庫の上と棚の間を利用。
そのうち食べちゃうから、しばしの間だけですが、面白い空間になっています。

2012.10.23 002

私が出歩くことが多いので、あまりお客様は来ない家ですが、台所の椅子に座っていただくと一番に目に飛び込んでくる空間なのです。
以前にご夫婦で来て下さった方が、この笊の置き方が絶妙でいいねぇと、褒めてくださいました。
他に褒めるものも無く目に飛び込んだものをホローしてくれたと言うか、なんというか、わかりませんが。(笑)

ここのところ珍しく、お客様に家で簡単な食事をお出しして、ゆっくりお話をすることが続きました。
そんな時には、上っ張りが活躍します。
祖母が残していったお気に入りのサロンエプロンも。
今どきサロンエプロンなんて売っているのかしら?

2012.10.23 003

伊勢うどんは、手軽で便利。
南瓜の蒸したもの、アナゴの干物、デザートは蜜柑。
渋めな取り合わせですね。

伊勢うどん

今日は、鶏肉のトマトソース煮のパスタ。(さっさと食べてしまい、画像なし)
鍋に一杯作ったので、これで片付きました。協力いただきありがとうござました。
雲南百薬草のおひたし、茗荷の甘酢付け、デザートは蜜柑。

着られない着物を仕分けしたので、バッグなどのリメイク用をされる方にお渡ししました。
生地が弱いものは、裂き織りをされる方に。
断捨利といっても、簡単に捨てることはとても忍びないので、役立ててくださる方の元で形を変えて次の命を全うしてほしいと願うのです。
絹の着物一枚を作るのに約2700個の繭が必要だそうです。置き換えれば、お蚕さん2700頭の命が込められているのですもの。

今日は雨なので洗える着物でしたが、それだって石油を地球の地下から汲み上げて加工しているのだから。
地球にあるもの、自然のものから、私たちが生きるために多くのものを頂いているのです。
有り難いなぁと思うと、玉葱のスープがより身にしみて、味わい深く感じました。
感謝。



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


Date: 2012.10.23
Category: 食べもの
Comments (4)Trackbacks (0)

二見「藍織成」と相差「石神神社」

伊勢路の後半です。
二見の藍さんのお店藍織成(あいな)へ。

2012.10.15 133

haniwaさんと藍さんとをお顔あわせして、あれこれとお話が弾みました。

2012.10.15 134

藍さんとご一緒に。
10月26日から28日は、岳見町ギャラリーにて、藍さんの作品と共にご本人にお会いできますよ!

2012.10.15 140

糀ぷりんは、美味しかったです!

2012.10.15 139

お茶をいただきながらゆっくりしてしまい、あわてて相差(おうさつ)へ向いました。

2012.10.15 138

日が暮れないうちに、というより、お店が閉まらないうちに!
ここの黒松の大木は、とても元気でした。

2012.10.15 143

先日拝見した「羽衣の松」が、痛々しかったので比べてしまいました。
葉っぱも青々として、まつぼっくりもいっぱい!

2012.10.15 144

跡継ぎもいます。さりげなく、あわびの貝殻あるところが海女の町ですね。

2012.10.15 147

昇竜の松(開運の松)に、手を触れてみたくなりますね。

2012.10.15 146

午後5時で閉店。間に合いました。

2012.10.15 156

この錘石が置いてある家には、海女さんが居るという印です。
石に描かれているのが、魔物から守る魔除けのシンボルです。

星型の印は”セイマン”と呼ばれ、平安時代の有名な陰陽師であった安部清明の「せいめい」を取ったと言われています。一筆書きで必ず同じ場所に戻ってくることから、潜水してもかならず浮上できるとか、出入り口が分からないので魔物が入りにくく、その間に魔物から逃れることが出来ると信じられています。
縦5本、横4本の九字は”ドウマン”と呼ばれ、安部清明のライバル芦屋道満の「どうまん」をとったとも言われています。多くの目があることで魔物をひるませ退散させるとも言われています。
(相差の文化・歴史を知るより、引用)

2012.10.15 165

haniwaさんのお仕事関係で、相差を案内していただきました。
大和橘の実を利用したスパイス「とばすこ」。
パッケージデザインは、haniwaさんの所属「マングローブ」

2012.10.15 150

こちらも「マングローブ」のお仕事。
何でみんな、お顔を出して撮影したいのかしら?
ドライブインでは、犬用があり、驚きました。
あれば、試したい派ですか?
私は、試さない派です。

2012.10.15 148

道中に海女さんにお会いして、今から石神さんへ行くと言ったら、
こんな夕暮れに行くなんて!なんか憑いてきちゃうよ、と言われてしまいました。
朝は外宮さんに御参りしてきて、二見に寄ってから来たから遅くなってしまったの。やめたほうがいいかしら?
いつ、来れるかわからない、と困った顔をしたら、
外宮さんに御参りしてきたなら、大丈夫でしょうと。

2012.10.15 170

石神さんは、最近人気のスポットで、女性の願いをひとつ叶えてくれるという神社です。
紙にお願い事を書いて御参りします。

2012.10.15 171

日が暮れないうちに、何とか間に合いましたが、お守りは買えませんでした。
また来なさいということかしら。

2012.10.15 172

夕焼け小焼けで日が暮れて♪
明かりが灯ると、暗くなるのが早いです。

2012.10.15 175

2012.10.15 187

地元の人が行くスーパーで、伊勢うどん(うどん80円、たれ40円)を買って帰りました。
柔らかめにゆでると、もちもちして美味しかったです。
相差は、もっとゆっくり巡りたい町でした。
11月に入ると牡蠣の季節!牡蠣小屋がありこちに出るそうです。

2012.10.19 002

いつも盛り沢山!になってしまいます。
haniwaさん、藍さん、ありがとうございました。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.10.22
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

マリリンに呼ばれて

「おわらの夕べ」に行く前に、岳見町ギャラリーへ立ち寄りました。
あれ?今日はお休み???
突然、プライベートの集まりに乱入してしまいました。

しかも、お会いしたのはこれで二回目だというのに、「はごろもさん?」と憶えていてくださって嬉しかったです。
そして、オーナーの奥様のお誕生日のお祝いとのこと。
おめでとうございます!!!

ブログでは、拝見していたマリリンのワインボトルを開けるというではありませんか!
これは、マリリンに呼ばれたみたいです。
とは言っても、車なのでカメラに収めただけです。

2012.10.20 002


その日のブログ
ガーディナー、彫刻家、お向かいのカメラマンのご一家、と素敵な方々がお集まりでした。
私まで、ご相伴にあずかりまして、ありがとうございました。


2012.10.20 011



うっかりものの私を暖かく迎えてくださって、感謝いたします。
来週の26日(金)から28日(日)まで、岳見町ギャラリーにで四人展が開催されます。
三日間なので、お間違いなく!



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


Date: 2012.10.21
Category: お出かけ
Comments (2)Trackbacks (0)

名古屋東別院 おわらの夕べ

今夜は、名古屋東別院に1000人集まったそうです。
「おわらの夕べ」は、名古屋に居ながら、おわら風の盆が楽しめました。
明るいうちに到着。
ブルーシートの隅に座って観ることができました。どんどん人が増えてきます。

2012.10.20 002

出演指導協力は、越中八尾おわら道場名古屋民族舞踊研究会かすりの会
主催は、「伝統の音と舞」実行委員会 名古屋民族舞踊研究会かすりの会

2012.10.20 013

門前から境内の舞台へ、流し踊りで、始まりました。

2012.10.20 014

男踊り

2012.10.20 009

2012.10.20 018

女踊り

2012.10.20 024

2012.10.20 020

2012.10.20 025

輪踊り講習会では、手の動きを教えていただいて、輪の中へ。
指先まで意識して踊ることで、7から8歳違ってみえるとか。
郡上踊りとは、また違った楽しさがあります。
決めポーズみたいな、ひとつひとつの所作を美しくと意識する辺りは、お茶の所作にも通じるようにも感じました。


機会があったら、笠を被ってみたいです。

2012.10.20 001






ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村





Date: 2012.10.20
Category: お出かけ
Comments (2)Trackbacks (0)

明日は名古屋東別院、おわらの夕べ

img004.jpg

運営協力費 一口500円

プログラム
流し踊り(豊年踊り)
舞台踊り(四季踊り・案山子踊り・夫婦踊り・豊年踊り)の鑑賞
参加者対象輪踊り講習会
おわらの話アラカルト

名古屋にて、本場のおわらがご覧いただけます。
着物でお出かけしませんか。

午後5時頃には、東別院門前あたりに来ています。
ご要望があり、bigaよりアフリカの布「パーニャ」が5種類やってきます。
ご興味のある方は、お声かけくださいませ。
来年は、アフリカンな浴衣で郡上踊りを踊りませんか♪



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.10.19
Category: ご案内
Comments (6)Trackbacks (0)

外宮さんと伊勢のまち

伊勢のまちを歩いて外宮さんに向かいます。

2012.10.15 001

初穂曳のお車が準備されています。

2012.10.15 002

踊りが始まる前に、外宮さんに御参りしてきました。

2012.10.15 003

空気が澄んでいます。

2012.10.15 004

外宮さんで一番お気に入りの場所です。
どこかわかりますか?

2012.10.15 008

大きく深呼吸。

2012.10.15 007

阿波踊りまで観ていたら、12時を過ぎてしまいました。
Oさんと別れて、お昼ご飯へ。
haniwaさんがここの鰻は食べることが出来たのに鰻をやめてしまったというお店に連れて行ってくれました。
なんでも国産の鰻にこだわっていたそうですが、昨今の事情だそうです。

2012.10.15 121
2012.10.15 120
2012.10.15 119

私はきのこカレー。
haniwaさんは豚の紅茶煮とごはん。
すっきりと丁寧につくられたご馳走でした。

2012.10.15 118

外宮さんから駅にかけての通りに新しく赤福のお店が出来ていました。

2012.10.15 114

老舗の刃物屋さん

2012.10.15 116

「まんきんたん」ってご存知ですか?

2012.10.15 123

笑門の注連縄飾り。

2012.10.15 124

高柳商店街にて、白い靴を履いているみたいな猫。

2012.10.15 126

麹屋さんのプリンを買って、二見に向かいました。



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村






Date: 2012.10.18
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

伊勢神宮神嘗奉祝祭「祭りのまつり」

三大盆踊りといわれる、 西馬音内(にしもない)の盆踊り(秋田県羽後町)、郡上おどり、阿波踊り。
さっそく、西馬音内(にしもない)の盆踊りが始まりました。
衣装が良くて、笠を被ると皆色っぽく映えます。
手の動きが妖しく美しいです。

2012.10.15 039

女性の帯結びはお太鼓ではなく、垂らしています。

2012.10.15 043

木曾節。
波の柄の浴衣を多くみかけるなかで、木曾の方は、山の柄の浴衣でした。
そうですよね!いつも身近に見ているもの身にまといたくなるものです。
海には海の、山は山の良さがありますね。
木曾節に誘われて、木曽路にも行ってみたくなりました。

2012.10.15 048

さんさ踊りは、動きがあり、華やかでした。
飛び跳ねたりする動きもあり、足元はわらじ。踏ん張ることが出来るからですね。
踊りによって、履物が異なるのも面白い見所です。

2012.10.15 050

笛を吹きながら踊っています!!!
きちんと吹くことも難しいというのに、驚きです。

2012.10.15 055

2012.10.15 061

このひょっとこさんの手に持っているものが気になりました。
ご存知の方はいらっしゃいますか?

2012.10.15 063

見ごたえがあります。

2012.10.15 065

道中伊勢音頭

2012.10.15 066

肩脱ぎにして、手ぬぐいを吉原被り、足元は草履。
女性は、姉さま被り。

2012.10.15 068

正調伊勢音頭

2012.10.15 070

阿波踊り

2012.10.15 075

下駄が絶えず前のめり、手は上げっぱなし。
踊るのに、年齢制限あるのかしら?

2012.10.15 083

2012.10.15 080

2012.10.15 088

2012.10.15 098

2012.10.15 100

流石に全部は観きれません。
今回は、三大盆踊りに絞って楽しむことが出来ました。
また機会があったら踊りも観てみたいと思いながら、会場に集合した色とりどりの衣装を横目で眺めて、撮影のみ。

よさこい踊り「ほにゃ」(高知県高知市)

2012.10.15 012

2012.10.15 013

河内音頭

2012.10.15 014

花笠踊り

2012.10.15 015

この子達は何踊りなのかしら?

2012.10.15 017

このようなときにお伊勢さんに来れるって幸せですね。
感謝します。
続きは、外宮さん。



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.10.18
Category: お出かけ
Comments (2)Trackbacks (0)

伊勢神宮神嘗奉祝祭「祭りのまつり」 郡上踊り

haniwaさんと伊勢路へ。
二見、相差(おうさつ)も巡るプラン。
10月15日(月)は、伊勢神宮神嘗奉祝祭「祭りのまつり」 が外宮さん周辺で行われると聞き、出かけました。
交通規制もあると聞きましたが、車を高柳商店街の駐車場に入れて、外宮さんへ向いました。
郡上踊りの知ったお顔の方々とお会いしました!
なんだか嬉しいですね。
皆さん、そろいの浴衣を持っていらっしゃる方ばかり。
今日は、見る側で写真を撮ろうと思っていました。

午前10時25分、それぞれの会場で踊りが始まり、郡上踊りも輪が出来てきました。
踊ろうよと、手招きしてくれましたが、下駄を持ってきてないし…と、尻込みする私。

2012.10.15 019

「かわさき」が始まると、わー、いいなぁ~!

2012.10.15 022

きれい処の方々が前を踊っていきます。

2012.10.15 024

よく見ると洋服の方も踊っています。もう、やっぱり我慢できない!!!
草履で踊っちゃいました。

2012.10.15 027

私のような飛び入りの方たちがいらっしゃいました。血が騒ぐのね!
伊勢のOさんも踊りの輪に。

2012.10.15 038

夜と違い、午前中から踊るのはなんだか勝手が違います。日差しがまぶしく暑い~!
うなじを焼きたくないから、着物でもつばの帽子が必須です。
伊勢のOさんとご一緒に。
Oさんは、前回の伊勢路で外宮さんをお参りした時にお声をかけてくださった方です。
なんと!郡上踊りの徹夜にも行ってらっしゃると伺い、より親しみを覚えました。
次回は、来年の郡上の徹夜で会いましょう!とお約束。

2012.10.15 112b

haniwaさんは、この前の円頓寺郡上踊りに来て、来年は郡上に行きたい!と、助平菌に感染したのでした。
コバさんの瓢箪も手に入れて、来年春から、円頓寺で練習しましょうね。

2012.10.15 113

他の踊りも興味深く、一度に全国の踊りを観ることができるのは贅沢なお祭りです。
三大盆踊りといわれる、 西馬音内(にしもない)の盆踊り(秋田県羽後町)、郡上おどり、阿波踊り。
これは観ておきたいと、プログラムを確認。
12時過ぎまでには、無事に観ることが出来ました。

外宮さんのお参りと、他の踊りは、別の記事に。
続く。



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.10.17
Category: 郡上踊り
Comments (2)Trackbacks (0)

ギャラリー雅趣kujira舟橋美恵子 きもの作品展

ギャラリー雅趣kujira
再び越後へ・・
舟橋美恵子
きもの作品展
10月12日(金)~23日(火)

kotodamaさんと待ち合わせして、拝見しました。
舟橋美恵子さんには、お会いするのは久しぶりです。
初めてお会いした時と変わらず、飛び切りの着物上級者です。
ご一緒に。

2012.10.16 002b

切り継ぎのセンスと腕は抜群です。半襟もとても上手く布を活かしていらっしゃいます。

2012.10.16 004

ギャラリー雅趣kujiraの塗りの天井は一見の価値あり。
良いなと思うものは、すでに売約済み!
さすが!ここのお客様はお目が高い!!!
先立つものがあれば、買い占めたいわ。

2012.10.16 007

リバーシブルの羽織りものです。
肩から胸にかけて、とてもしっくりとなじみます。
サイズもピッタリ!
凄く好み!!!
しかし、連れて帰れないから写真に収めて画像のみ。(涙)

2012.10.16 001

お店の方の帯は、お母さまの塵除けコートの生地に黒芯を使い帯に仕立て直したもの。
とても洒落た帯に変身して、使い勝手が良さそうでした。
こうして活かされ使われることは、布も着る人も幸せですね。

2012.10.16 006

自分の知り得た着物にまつわることなどをお客様に丁寧にお伝えしていることなど、お話をしてくださいました。
素敵な環境でのお仕事で益々洗練されて、確かな目でセレクトされるオーナーとともに、訪れる人に喜びを与えてくれています。

色々羽織らせていただき、居合わせた方ともお話が弾み、近くのお店を紹介していただいて急遽ランチをご一緒することになりました。
2012.10.16 008b

お二人の方とは初対面と思っていましたが、お帽子の方が、はじめての舟橋恵美子さんの作品展でお会いしたことがあるわと、私のことを覚えていてくださったのには驚きました。
その時のブログがこちら→☆☆☆
こうゆう時はブログは便利ですね。もう6年近く前のこと!
私は、ただ素敵な着物を前に舞い上がっていたので、周りの人のことは憶えてなかったのでした。

2012.10.16 016b

ル.ラパン

2012.10.16 017

お昼のランチコース

2012.10.16 009

皆それぞれ違ったケーキでした。
真ん中の尻尾みたいなのは、ピールのショコラかけ。

2012.10.16 012
2012.10.16 011
2012.10.16 010
2012.10.16 013

kotodamaさんの帯周り

2012.10.16 015

古い大島と新しい大島を組み合わせた着物をお召しでした。
継ぎ合わせのバランスを考えて、仕立てしてもらったとお話くださいました。
こちらも幸せな出会いの着物ですね。

2012.10.16 014

kotodamaさん、お誘いくださってありがとうございました。






ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


Date: 2012.10.16
Category: お出かけ
Comments (2)Trackbacks (0)

羽衣の松

用件を終えて、せっかくなので、三保の松原「羽衣の松」へ。
今はもう秋、誰もいない海♪ではなく、人がいっぱいいる海~♪流木もいっぱい~♪
砂浜はグレー。夕日は海に沈まない~♪
そして、二代目の羽衣の松は枯れかかり、三代目が後ろで控えてる~♪
これは歌ぢゃないですけど…。

海に向って口ずさみたくなる秋。

2012.10.13 036

「羽衣の松」
その昔、天女が舞い降り、松に羽衣をかけ水浴びをしていると漁師が羽衣をみつけ持ち帰ろうとしました。
天女は羽衣がないとかえることができません。天女は「返していただけるなら天上の舞をお見せしましょう」と頼み返してもらった羽衣をまとい舞いを披露し天に昇っていきました。


一代目は数百年前に大地震で海中に沈み、二代目は1991年の台風で幹に亀裂が入ってから衰えて瀕死状態。

2012.10.13 046

30m離れた樹齢200年の松が3代目だそうです。

2012.10.13 022

まだ雪は積もっていない富士山はうすぼんやり。
天気の良い冬は、絶景ポイントなのでしょうね。
海の写真と、この写真の影って?レンズの汚れ???
どうしたらよいのでしょう?

2012.10.13 032

石でハートが作られています。きっと幸せなカップルが石を置いたのかしら。

2012.10.13 048

風が強いので、ここの松の枝はあちこちに伸びるのでしょうか?

2012.10.13 062

もうすぐに日が沈みます。

2012.10.13 041

この前の台風の影響で、流木がたくさん流れ着いていました。
しばし、何か使えそうな流木探し。

2012.10.13 044

犬も歩けば、木に登る???
ここの松は、だれからも愛されているのだと思いました。

2012.10.13 019

日が暮れてきましたが、「天女の羽衣の切れ端」があるという御穂神社へ。
ところどころに休憩できる腰掛がある参道を歩きます。

2012.10.13 076

長いランウェイと思って、ポージングするキコさん。

2012.10.13 080b

御穂神社では、宮大工さんがお社を造っていて、まだ明かりがついていました。

2012.10.13 084

日が落ちて、虫の音が聞こえだしました。

2012.10.13 086

帰りは、牧の原のドライブインにて。
駿河湾は深海なので桜海老が捕れるのよ、とのこと。
伊勢湾の遠浅の海とは違いますね。
なんだか桜海老が食べたくなりました。

2012.10.13 090

「はごろも」とご縁のある土地に出かけることが出来て、感謝します。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
Date: 2012.10.15
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

「身にまとうよろこび」 芹沢銈介美術館

浜松のお薦めの天丼をさくっと開店と同時に頂きました。
ご飯が少なめかと思いましたが、卵の黄身を揚げてあるも入っていて、十分満足な天丼でした。

2012.10.13 004

「喰べるたのしみ 生きるよろこび」と箸袋にある「天錦」さん。
お昼の天丼は1000円で、長年変わらずに続けていらっしゃるお店です。
夜はコースでゆっくり頂くと、常連のキコさんから伺いました。

登呂遺跡と静岡市立芹沢銈介美術館へ。
2012.10.13 009

2012.10.13 008

企画展「身にまとうよろこび」では、テンション上がりまくり!!!
第一部として芹沢銈介氏の着物15点、第二部として芹沢銈介氏があつめた、日本、アジア各国、アフリカ、南北アメリカの衣装100点は、見ごたえありです。

2012.10.13 010

展示してある着物や帯をみんな身にまといたい~!!!
沖縄紅型の色とは違い、芹沢銈介氏の色がとても好きなのです。
見たかった「鯛泳ぐ文着物」は残念ながら、巡回していて展示されていませんでした。
またの機会に来て下さいということかしら?

コレクションも膨大で素晴らしかったです。

アフリカの「頭髪付貫頭衣」にはギョとして、「鳥龍文切伏魚皮衣」って魚の皮の衣なのよね~と感心して眺めながら、ロシア・アムール川下流域あたりのものだったので、アイヌにもあったのかしら?と北の国に繋がりに思いを寄せてみたり、北アメリカ先住民の「鹿革製ビーズワーク衣裳」の前では、平和に暮らしていた先住民を殺略して、今の繁栄を築いているアメリカのことを考えてみたり、とゆっくり見ていると時間が足りないです。
ペルーのインカ文化の貫頭衣、エジプトのコプト織裂という時代のものから、インドネシア、タイ、台湾、インド、ギリシャ、イラン、シリア、アフガニスタン、アフリカの色々な部族のものまで!!!

日本のものも、北から南まで、厚司(アットゥシ)、刺し子、桐板、芭蕉布、など。
ぽっと温かみのある赤い絞りの着物は、やはり山形庄内のもので、紅花のなんともいえない愛らしい色でした。
革の羽織は、今なら皮ジャンや革のコートの感覚で着ていたのかしら?格好いいなぁと、ため息。

お腹いっぱい、胸いっぱい、でした。
隣接している登呂遺跡は、遠くから眺めるだけ。

2012.10.13 011

マンションや鉄塔と共にある登呂遺跡が、とても不思議な感覚でした。
でも脈々と太古からつながっている日本人の時間があるのですね。
インカ文化や、アメリカ先住民、のことを考えると、すごく有り難いことだと思うのです。
今、日本人でいることに感謝します。

2012.10.13 014

この後は、清水まで足をのばします。
続く。



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村



Date: 2012.10.14
Category: お出かけ
Comments (4)Trackbacks (0)

ガロンレース付け

明日は、袷でも大丈夫かなぁと思いながら、大島にガロンレースを縫い付けました。
八掛けの色に合わせたつもりが、ちと派手めでした。
重ねの色目風ということにしておきましょう。

garon.jpg

昨日は袷を着たら、まだ暑かったです。洗える着物だったからかしら。
昨日出かけた浜潮のランチは1050円で、煮魚定食は、季節の美味しい煮魚がいただけます。
中おち丼の他にもお昼の定食が同じ価格であります。

2012.10.12 002

十年ぶりでしたが、味もお店の人たちも全く変わっていなくてほっとして、嬉しかったのです。



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村



Date: 2012.10.12
Category: 和裁部
Comments (0)Trackbacks (0)

ぼたんさんと日本伝統工芸展へ

第五十九回 日本伝統工芸展 名古屋展 (2012年10月3日(水)~10月8日(月))
5日に名古屋栄三越に出かけました。今は京都で開催中ですね。
会場でぼたんさんと合流。

10月5日は午前11時から、土屋順紀氏のよる解説がありました。
お話もよどみなくスマートで、スーツ姿もお洒落で、お肌もきれい!
美意識のある綺麗な方(見た目だけで無く)だから、このような綺麗な布が織れるのだろうと、眺めておりました。

風通織木綿着物を織られる 小林佐智子氏も会場におみえになり、柿渋で染めた風通織木綿着物をお召しでした。
知多半島繋がりで、少しお話が出来て、着ていらっしゃる着物も触らせていただきました。
柿渋で染めたものは、少し硬めで張りが出るため、単衣で着るには具合よさそうです。

眼福後は、お腹も空いたので、親子丼を頂きました。

2012.10.5 001

ぼたんさんは、ラオス生地の単衣に品川恭子氏の紬地の染め帯。

2012.10.5 006

シックな色合いながらも華があるコーディネートをされるぼたんさんです。
最近は、簪などのアンティークに髪飾りに凝っているそうで、写真を撮り忘れましたが、さりげなく小さめの髪飾りをつけていらっしゃいました。凝り性ですからねぇ、ぼたんさんは。

2012.10.5 007

ついでに、妙香園ギャラリーの北村武、品川恭子展を覗いてきました。
私は、メイさんの木綿着物に柿渋染め裂織りの帯。
2012.10.5 009

上の階では、茶道具など骨董展があり、樺細工の茶箱が素敵でした。
オークションで一万円から出ていましたが、落札額はいくらになったのかしら。
ポットで盆手前をする横着者ですから、お道具は拝見するのみです。
これも着物同様に、降ってくるものを待つのみです。

2012.10.5 010
名古屋テレビ等と秋の空

券を頂いたので、松坂屋美術館にてシャガール展を観て帰りました。
これは思っていた以上に、タペストリーが凄かった!です。
忠実にシャガールの画の雰囲気そのままを大きく織り出したタペストリーは迫力ありました。

眼福の一日でした。ありがとうございます。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村





Date: 2012.10.11
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

前結びのお太鼓レッスン

久しぶりの着付けレッスンでした。
Aさんは、引越しや個展などでお忙しく、夏は暑かったので、この季節になりました。
前回の様子は、こちら→☆☆☆

Aさんの引っ越された素敵なお家は、中古住宅ですが、お庭には茶花があちこちに植えられていて、しつらえをみても前の持ち主は、お茶の心得がある方に違いないと思われる心地よいお部屋でした。
了解を得て撮影しました。

2012.10.10 007

器好きなAさんのセンスが光ります。

2012.10.10 009

すっきり綺麗に暮らしたいと、思わせてくれます。

2012.10.10 006

チャコールグレーの雄ウサギの「チャコ」。

2012.10.10 002

ウサギ好きなのかな。

2012.10.10 001

この貝を知っていますか?
海に側の住んでいるか、海好きな人は、きっと知っていますよね。
アサリの天敵だから、嫌われもなのだけれど、食べると意外と美味しいのです。

2012.10.10 005

なぜかこのメンバーの着付けレッスンには、美味しいものが集まるのです。
私は寒天を持参しました。皆さん、技ありです。

2012.10.10 003

フランスで人気の南部鉄器。
お洒落なAさんは、すでにお使いでした。

2012.10.10 004

はじめての前結びのお太鼓です。
Aさんは、名古屋帯。

2012.10.10 011

Mさんは、はじめての袋帯の二重太鼓。
いきなり礼装用、しかも着物は縮緬の色無地と、ハイレベル。

2012.10.10 012

しかも、平組の帯締め。

2012.10.10 013

やっとこの時点で、縮緬の着物は手ごわいと気がつくMさん。
Aさんは、柔らかものとはMさんの着物のことなんだと、実物をみて納得。
それでもなんとか形になっています。
ここで休憩。
Aさんお手製のモンブラン!

monnburan.jpg

もう一度、袋帯、最後は、名古屋帯で終了。
Mさんは草履を持参したので、着物のまま車で帰りました。
Aさんには、襷掛けを伝授。
そして、帯を汚さないように、前掛けもしくは手ぬぐいで、家事をするようにと。
着物姿でご主人をお迎えしようと、嬉しそうでした。

日本家屋には、着物姿が似合いますね。
いきなり袋帯と名古屋帯のお太鼓をこなす、一発着付けレッスンでした。
着物処はごろもでは、ご要望にあわせた着付けレッスンを承ります。
お問い合わせにてご相談くださいませ。
info☆kimono-hagoromo.com(☆を@に変えて送信ください)


ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.10.10
Category: 着付け
Comments (0)Trackbacks (0)

「ツキを呼ぶ魔法の言葉」講演会

学生時代のイスラエル旅行の体験などを語った講演録「ツキを呼ぶ魔法の言葉」を先日読みました。
お話をされた五日市剛氏に会ってみたいと思ったら、一宮で後援会があると知り、お会いすることが出来ました!
みっちゃん夫妻のご縁です。ありがとうございます。

2012.10.8 005

その日は、声のトーンが下がり少し咳がでるような体調でしたので、マスクに眼鏡の着物姿で一番前で聞いている、あやしい受講者でした。
綾小路公麻呂ネタから始まったサービス精神旺盛な講演は、笑いあり、涙あり。
「落研」とおっしゃられていたので、話のオチにこだわる、とてもチャーミングな五日市剛氏。

お話はシンプルですが、奥深いものでした。

幸せになりたいのなら、怒らないこと。
いやなことがあったら、自分にありがとうと言いなさい。
こうなりたいと思うことは、こうなりました、感謝します、と言葉にすること。
言葉によって、こうなりたいものが実現します。
感謝神経を鍛えましょう。

2012.10.8 004

会場する前に、着物姿をお褒め下さった方の「座敷わらびーちゃん」
メイさんの着物を着ていると、よく声をかけられます。
メイさんと出会ったのは、2007年の隠れ家ギャラリーえんにて。彼女の初の個展でした。
もう五年、経つのですね。
どんどん着るから、風合いの変化していくところを見届けてね、と手に入れたのでした。
彼女の着物に袖を通すとその時の事が思い出されて、身を包んでくれてありがとう、と嬉しい気持ちになります。


「ありがとう は 人に言うと 感謝の言葉 となり
         自分に言うと 魔法の言葉と なります」


なんだか、いっぱい、涙が出て、嫌なものを洗い流してくれたみたいです。
ありがとうございます。



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


Date: 2012.10.08
Category: お出かけ
Comments (2)Trackbacks (0)

きれいの秘密は、蒸留水

この夏に、蒸留水をつくる機械が壊れてしまい、慌てました。
以前購入した時は、五万円以上していたものが、半額ですぐに手に入ったので有り難かったです。
ちなみに、以前のものは壊れたところを修理してもらったので、実家の両親のところで使われることになりました。



2007年から毎日造って飲み続けている「蒸留水」
ブラウン・ランドーン博士の事を知ってからです。
まずは良いものを取り入れる前に、体に悪いものは出すことが大事だという基本的な考えを教えてくれました。
血管の中で「有害ミネラル」が蓄積すると動脈硬化が起こります。
動脈硬化、肝硬変や、腎臓と膀胱の結石は、石灰塩とそのほかの過剰な老廃物が原因です。
蒸留水は物質を溶かす力がとても大きく、血管や組織・器官に蓄積した有害ミネラルや老廃物などを効率よく溶かし、身体の外に排泄していくことができます。

これは蒸留水を飲まなくっちゃ!と思いました。
今はおかげさまで元気でいる父は心筋梗塞で入院したことがありますし、母方の祖母は脳梗塞、と詰まりやすい家系だからです。

着物暮らしをする前は、よく風邪を引き、パワーがなくて、すぐにへばってしまう私でした。
パワフルだねと、言われるように動けるようになったのは、着物の効果と蒸留水とマカのおかげです。



先日の観音霊水を汲みに行った友人や、海外の硬水ミネラルウォーターを買っている友人、その他の方にも知ってほしいと思い「硬水について」のことが詳しく書いてあるページをリンクします。→硬水と老化

飲むだけでない「蒸留水」の使い方があります。
朝は、蒸留水を美容用コットンにつけて軽く絞り、目の周りから、顔、デコルテ、うなじから背中にかけて拭き、最後は手首も拭きます。
美容のためだけでなく、背中によく汗をかく私は、襦袢を汚さない工夫として役立てています。
拭く目的だけでしたら、コンタクトレンズの洗浄用のものを薬局で求めて、お試しくださいませ。

「着物と蒸留水とマカ」、この三つのどれか欠けても、今のように動けないと思います。
「パワフルだね」「肌きれいね」とお声かけ頂くことがありますので、ここで、きれいな秘密を公開しました。
ご参考にしていただけましたら、幸いです。

美しい着物姿でいるためには、元気でなくっちゃ!
季節の変わり目は、体調を崩しやすいですから、自分の体と向き合う時間を持つことも大切です。
どうぞ、くれぐれもご自愛くださいませ。



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.10.08
Category: 健康・美容
Comments (4)Trackbacks (0)

ふるさと交流ステージ

はんだ山車まつりのイベントで、「ふるさと交流ステージ」がありました。
伊勢音頭、こきりこ、などの他の地区の踊りが観られるので、お得な気分です。

郡上踊りの「かわさき」は、伊勢の古市の里で唄われた「川崎音頭」が伊勢神宮の参宮道者により郡上の地に伝承されたものと聞いています。
一度、伊勢音頭がみたいものだと思っていたので、ラッキー!

道中伊勢音頭
2012.10.6 032

正調伊勢音頭
2012.10.6 033

手の動きなどの違いはあれど、大雑把な流れは、郡上おどりの「かわさき」に通じます。
2012.10.6 036

お囃子・出役(足助山車祭り保存会)
2012.10.6 038

思った以上に受けたのが、若い衆の踊りでした。
えんえんと続くので、体力が要ります。
理屈ぬきに、会場から拍手がおこりました。
2012.10.6 044
2012.10.6 045

足助の山車祭りは、10月13日・14日です。
実際には、山車の上に乗り、踊られます。
2012.10.6 046
おっ!一番左側のモヒカンの彼は、エアーの地下足袋を履いています。
足への衝撃を和らげて、疲れにくいのでしょうね。

篠笛で練習している「こきりこ」
こちらも見てみたいと思っていたのでした。

こきりこ踊り(越中五箇山こきりこ保存会)
2012.10.6 056
2012.10.6 074
2012.10.6 075

女踊りもあるのですね。
麻を京都で染めさせた着物は五つ紋が入っています。白の鉢巻と帯結びがキリッとしています。
2012.10.6 061
2012.10.6 062
2012.10.6 071
2012.10.6 091

麦屋節笠踊りは、初めて観ました。
踊りながら笠をくるくる回すのは面白く拝見しましたが、実際に踊るとなると難しいのでしょうね。
2012.10.6 107
2012.10.6 104
2012.10.6 129

早麦屋
2012.10.6 116
2012.10.6 117

越中五箇山麦屋節保存会の方が、後継者不足を話してみえました。
子供たちには学校で教えているのですが、学校を出て地元に残る人が少ないとのこと。
できるだけ伝え続けてほしいものです。

半田市乙川地区
とびつき太鼓
衣装が可愛らしく、頭の花飾りが動くと、くるくる回り華やかです。
2012.10.6 143
2012.10.6 150

本神楽剣の舞(向山神楽獅子保存会)
よく似た渦巻き柄の帯を染めたので、なんだか親しみをもってしまいました。
2012.10.6 170

見ごたえがありましたが、もっと凄いお祭りがお伊勢さんでありますよ。
全国からは、まつりが集結!
神嘗奉祝祭(かんなめしゅくほうさい)祭りのまつり

伊勢神宮で行われる神嘗祭を奉祝する市民祭り。
その年のお米を神様に奉り、収穫の喜びと感謝を分かち合います。
みどころは全国から集まる有名なお祭り連。徳島の阿波踊り、山形の花笠踊り、沖縄のエイサー、岐阜の郡上おどりなど、総勢22の団体が市内を練り歩き、伊勢神宮外宮へ新穀と踊りを奉納します。
神嘗祭は、伊勢神宮で年間1600余りある祭儀の中でも最も重要とされ、神嘗祭が20年の時を刻むと「大神嘗祭」となり、「式年遷宮」となります。


10月15日(月) 伊勢市駅前~外宮周辺
◆初穂曳・外宮領陸曳◆
10:00~12:15

◆祭りのまつり◆
伊勢市観光文化会館 10:25~16:30
外宮周辺 10:25~15:30

10月16日(火) 内宮周辺
◆初穂曳・内宮領川曳◆
10:00~15:00


~お問い合わせ~
伊勢商工会議所
TEL(0596)25-5151



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.10.08
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

はんだ山車まつり

2012.10.6 004


今日は、はんだ山車まつりに、同級生のYさんと午後から出かけました。
Yさんは、明日お客様をお連れするので、その下見を兼ねて。
このいい天気に、日傘&帽子を忘れるとは、Yさん、女子力低下ですぞ!
すかさず、折りたたみの日傘をお貸ししました。

私は、久留米絣に米織りの名古屋帯、いつもの帽子を被って。
人ごみでお太鼓をひっかけられそうでした。
どれくらいの人出だったのでしょう?

2012.10.6 007

kotodamaさんは着物で20名ほどお出かけされたそうです。
数名の着物の方はお見かけしたのですが、残念ながら、お会いできませんでした。

2012.10.6 011

笠 智衆(りゅう ちしゅう)さんのような着物のおじいちゃん。
着慣れていて、帯の上にウエストポーチしてました。やるね!
まつりでは、着物姿の男性が多くて嬉しいです。
皆、数段、男っぷりが上がりますね。

2012.10.6 010

元締は一人ではなく数人いらっしゃいました。

2012.10.6 014


山車の勢ぞろいの会場ではなく、からくり人形や、幕、彫刻、の展示、ふるさと交流ステージを観るために、アイプラザに向かいました。ここも沢山の人出。
午後2時からのからくり人形実演の小さいホールは人でいっぱいで、残念ながらお茶運び人形の動いているところは見ることが出来ませんでした。

2012.10.6 029

親切なおばちゃんが途中から場所を変わってくれて、弓曳き童子は見せていただきました。ありがとうございます。

2012.10.6 030

山車まつりのブルーの法被の女性が一番前で立ってみているのは、いかがかと思いました。
ご本人はなんとも思っていないようでしたが、業務から離れて見る場合は法被を脱くことが基本です。
それでないと、はんだ山車まつりのスタッフのあり方が疑われてしまいます。
他の方が一生懸命に努めていることを、一人のひとの姿勢で台無しにしてしまうこともあるのですから。(辛口)
珍しく辛口なのは、それだけ祭りを支えている方々が一生懸命にしている姿をあちこちで見かけたからなのです。
公式パンフレットを見ても気合が入っていますもの。
明日も山車まつりが、滞りなく無事に運びますようにと願います。

2012.10.6 028

山車の幕の刺繍は、川島織物セルコンが多くの祭りのものを引き受けています。
はんだをはじめこの辺りの幕は、織物より刺繍が多く見受けられます。土地柄もあるようです。
刺繍の職人さんが実演しておりました。

2012.10.6 024

もう少し近づいて。

2012.10.6 025

立川流彫刻

2012.10.6 026

ふるさと交流ステージは、別記事に。

午後5時過ぎに会場から出ると、日が暮れ始めて山車に明かりが灯りはじめました。

2012.10.6 178

はんだの山車の堤燈は、ろうそくを使います。
堤燈の明かりが、ぽっぽっぽっと瞬いてみえるのは、和ろうそくを使って、お金かけてる山車ですよ。
ぽーーーーと明るめの堤燈は、洋ろうそくを使用なので、見比べてみてください。
これからの山車の見所として、親切に教えてくださいました。

2012.10.6 187

若干一名、コスプレ系の方もいるのですね。

2012.10.6 194

屋台の店は沢山でていますが、気になったお店をご紹介します。
名鉄半田駅から東に向う通りにある御茶屋「得月」
濃厚なお茶屋ならではの抹茶ソフトは、美味しかったです。

2012.10.6 196

明日も大勢の人でにぎわうと思われますが、五年に一度の山車まつりに、是非足を運んでみてくださいませ。

2012.10.6 190b


ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


Date: 2012.10.06
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

水汲みのお供に。

先日、ご一緒したMちゃん夫妻が、南信州まで水を汲みに行くというので、ドライブがてらに連れて行ってもらうことになりました。
行き先は、龍淵寺
こちらを午前7時に出発して、飯田方面へ。

2012.10.4 006

天竜川を眺めながら、休憩。

2012.10.4 010

2012.10.4 009

遠山の和田宿を通り、龍淵寺に到着。
まずは、お参りを。

2012.10.4 012
2012.10.4 013

大きな杉の木が四本ありました。

2012.10.4 027

2012.10.4 020

抱きついてみましたが、とても大きいです。

2012.10.4 015

見上げると、途中から二つに分かれています。
夫婦杉と名前が付けられていました。

2012.10.4 023

まだ新しい欅のお堂。

2012.10.4 030

目的の名水。

2012.10.4 040

日本では珍しく、硬水なのですね。
飲んでみたら、硬いので少ししか飲めません。グビグビとはいかないです。

2012.10.4 043

金木犀の匂いが漂ってきました。
住職さまが、銀木犀もあるのですよと、話してくださいました。
彼岸花と金木犀が一緒に咲いているのは、信州だからでしょうか。

2012.10.4 047

もうすぐに、紅葉ですね。

2012.10.4 044

水汲み終了。
いつも立ち寄るというお饅頭の茶屋。

2012.10.4 049

近くのかぐらの湯がお休みだったので、昼神温泉へ。

2012.10.4 054

洗い髪で、すっぴん!
お昼間から温泉なんて、贅沢な気分です。

2012.10.4 053

ゆっくりしていたので、お蕎麦屋さんには間に合わず、Mちゃんおすすめの喫茶店へ。
十字屋可否茶館にて、ポークカレーを頂きました。

2012.10.4 063

なかなか自分では行けない所に連れて行ってもらえて、楽しいドライブでした。
感謝します。

お水に関しては、私もこだわりがあるので、後日に記事にしたいと思います。



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村





Date: 2012.10.05
Category: お出かけ
Comments (4)Trackbacks (0)

響き合う会

同級生のみっちゃん夫妻に連れて行ってもらった、講演とチェロ演奏の会。
「意識を変えてガンを癒そう」
ガンは自らが作ったものである。ガンに愛を送ることで意識が変わり、ガンは自然に治癒していった
講師は、寺山心一翁氏。

主催者は、ガンを癒した着物姿でテキパキと動き回られるNさん。
落ち着いた染めの牛首紬をお召しでした。

2012.09.28 006

録音、撮影は不可ですが、始まる前に店内の様子を撮影しました。
「天下布武」から取られた「布武」という店名。
そう、ここは岐阜です。

2012.09.28 005

古いテニスラケットが台代わりに使われていました。
ガットが貼ってあり、懐かしい~!
中学時代は軟式テニス部でしたので。

2012.09.28 010

「和顔愛語(わげんあいご)」
このようにありたいと常々想う言葉が、ここにありました。

2012.09.28 012

竹?煤竹がカーテンレールに吊り下げられて、仕切りに使われています。
篠笛にはならないのかしら?茶杓には?などど、余分なことを思ってしまいます。

2012.09.28 011

高い天井の古民家。
大きな堤燈は、美濃和紙かしら。

2012.09.28 018

夢に向かう龍が描かれた凧が飾られていました。

2012.09.28 017

布武の隣には、同系列のお茶が飲めるお店があり、こちらも木材がふんだんに使われていて、良い感じ。
店先の棚の葡萄が実っていました。
始まる前からあちこちが気になる場所です。

2012.09.28 004

寺山心一翁氏と、みっちゃん夫妻。

2012.09.28 019




1984年、47歳という働き盛りに、寺山氏は末期がんと診断され、抗がん剤、放射線治療を受けていたが、ある日、幽体離脱の夢をみてから、嗅覚が鋭くなり、病室の臭いに耐えられなくなり、屋上で寝ていた。あのまま病院にいたら、今の自分はなかった、と笑って話を始められました。

痛みに対しては、ごめんね、愛しているよ、気づかせてくれてありがとう、自分の体に語りかけ、愛情ある言葉をかけることで癒していかれたこと。

日の出と共に、深い呼吸をすることを実践。
なぜ日の出と共にがよいのか?
時計を持って、日の出の45分前に鳥が鳴きだすことを調べ、それは木々が酸素を出し始める時間と一致していると知ると、飼っているインコの部屋で夜中に酸素をスプレーして鳴きだすことを、自ら実験して確かめられたこと。

寺山氏の人となりが感じられ、その時の情景が浮かぶようでした。

二年前に、寺山氏を診断した医師がガンになり、どうしたらよいのか尋ねられ体験を伝えたそうですが、意識は変わらず、自分の医師としてのやり方を選び、亡くなられたそうです。

この他にもお話は続くのですが、にこやかなお顔でのお話とチェロの演奏に、心和ませていただきました。

偶然にも、十年近く前に知り合った方とも再会。
変わっていないね、むしろ若くなったみたい!なんて嬉しいことを言っていただいて。
着物暮らしの効果かな!

この場所に呼ばれたように、ピアノとチェロとハーモニカにのセッションが前日の夜に行われたそうで、そのメンバーで「ふるさと」を演奏してくださいました。

色々な想いが響きあう会。

素敵な場所に誘ってくれた、みっちゃん夫妻に感謝です。





ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


Date: 2012.10.04
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

薄物のロングベスト

先日、りのりのさんとお会いした目的は「薄物のロングベスト」。
彼岸花やダフネ珈琲は、そのついで。
その割りに、こちらの方がついでみたいに、車庫で撮影してしまいました。

単衣の着物の上に羽織っていると、よくお声をかけていただける一枚です。
私のロングベストは、見本に貸してと言われて、お江戸行き。
そこで、トンボ柄の古い着物を解いて、りのりのさんに作ってもらったのです。
とはいっても、生地を解くときに生地を傷めてしまったので、見本にしかならないよ、と言われてしまいました。
古い着物を解くときは、慎重に生地を傷めないようにすることは大事ですね。

2012.10.1 030

この写真くらいなら、生地の傷みはわからないのですが…。

2012.10.1 034

着物だけでなく、洋服でも着られます。
Tシャツにパンツスタイルでも、このロングベストを羽織るとお洒落着に変身。
前も閉じられますので、お腹周りが気になる方でも大丈夫です。

2012.10.1 029

ただし、襟元は正面で結ぶだけでなく、横で引っ掛けることもできるように通すところをお願いしました。

2012.10.1 033


りのりのさんは、先日発売の「古布に魅せられた暮らし」p72に掲載されている実力の持ち主なのです。
彼女のブログは、Coffee Time~着物リメイクの合間に~
コメントの多さに人柄を感じます。

そして、りのりのさんの作品が名古屋市瑞穂区の岳見町ギャラリーでご覧いただけます!
手作り仲間の四人展です。
四人展のタイトルは『古布・織・灯  手しごと展』
10月26日(金)~28日(日) 午前10時~午後6時(最終日は午後5時まで)
他のメンバーは、藍さんパムさん縫姫さん、です。
皆さんにお会いできることを楽しみにしております!
ぜひ、お出かけしてくださいませ。

このロングベストは、お手持ちの布や古い着物を解いて、りのりのさんに作っていただくことが出来ます。
生地がない場合にもご相談に応じますので、お問い合わせくださいませ。
info☆kimono-hagoromo.com(☆を@に変えて送信してください。)

日が暮れるのが早くなりました。
秋の夕暮れまじかな空。

2012.10.1 035

ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


Date: 2012.10.03
Category: 着物まわり
Comments (2)Trackbacks (0)

はんだ彼岸花情報

半田市の矢勝川沿いの彼岸花が有名で、どんな状況?と聞かれておりました。
昨日、りのりのさんと近くまで来たので、撮影してきましたよ。
日差しが眩しい午後。

2012.10.1 009

今年は、出遅れてまだ蕾のものもあります。場所によるのでしょうね。

2012.10.1 015

こちらは、満開。

2012.10.1 022

土手も真っ赤というより、所々赤いという感じです。

2012.10.1 024

野分け後、咲き乱れておりました。

2012.10.1 021

お昼は、近くのダフネ珈琲にて。
有名なコメダ珈琲はあちこちに進出して、先日は郡上八幡にもお店ができたそう。
へそ曲がりな私は、コメダよりダフネがお気に入りです。
なぜか、お店の外観などは良く似た作りなのですがね。

2012.10.1 006

りのりのさんは、懐かしの鉄板に卵、赤ウインナーのナポリタン。
ジュー!という音があったら、ベストなのですが、静かでした。

2012.10.1 002

私は、あんかけスパゲティ。こちらも見た目を上品にまとめました感あり。
ちょっとした話題には良いかな。

2012.10.1 003

出遅れついでに、週末のはんだ山車まつりの頃までは、彼岸花はもたないかしら?



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村




Date: 2012.10.02
Category: 植物
Comments (0)Trackbacks (0)
プロフィール

Author:着物~はごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR