名古屋城のお堀沿い

ペアディナー券を頂きました。
お誘いを受けたのではなく、まるまる頂いたのでした。
いただきもの暮らしのはごろもです。
先日、お世話になった方をご招待?しての会食に活用させていただきました。
感謝を致します。

ウェスティンナゴヤキャッスルの日本料理「西の丸」にて。

2012.11.19 035

その前に、紅型展をみて、地下鉄「市役所」から、サクサクと街の紅葉を眺めながら歩きました。
愛知県体育館や、名古屋城のお堀沿いを歩くのは、どれくらいぶりなのだろう。

丸く見えるイチョウは、何本かが寄せ植えされていました。

2012.11.19 003

日当たりの良い、桜の紅葉は見事でした。

2012.11.19 012

お城が真正面に見えます。

2012.11.19 017

お城の左手、イチョウが彩りを添えていました。

2012.11.19 018

ウェスティンナゴヤキャッスルの中は、クリスマスの飾りつけ!
押さえた色合いですが、華やかな気分になります。

2012.11.19 019

美味しそうなドーナツにも見えたリースたち。(お腹を空かせていたから。)

2012.11.19 020

ホテルのツリーやクリスマスの飾りは、品が良くて華やかなので、眺めるには良いですね。
自分で飾らなくなってどのくらい経つのだろうか。
お店の飾りをしたのが最後かしら。

2012.11.19 022

尾張名古屋は城で持つ。

2012.11.19 023

大山パールの真珠鯱。

2012.11.19 024

日本料理「西の丸」
器からも秋を感じさせてくれます。

2012.11.19 028

椀ものをいただくと、ほっとして気持ちが緩やかになります。

2012.11.19 025

百年梅酒で乾杯。
これ一杯で酔ってしまうのだから、可愛いものです。
天然の鯛が歯ごたえあり。

2012.11.19 029

焼き物にも秋。

2012.11.19 030

海老芋が美味。

2012.11.19 031

揚げたて、熱々。

2012.11.19 032

栗ご飯と赤だし。
赤味噌圏ですからね。
きちんと発酵させた大豆と麹菌だけで作られている豆味噌は、解毒作用が優れているそうです。
大豆を発酵・熟成させた味噌には、強力な抗酸化力を持つ褐色の成分があるという話をしながら、お味噌汁を頂きました。

2012.11.19 033

ウサギりんごも久しぶりかも。

2012.11.19 034

ゆっくりと和やかな会食でした。
感謝いたします。

外に出ると、とっぷりと暮れていました。

2012.11.19 043

金の鯱が輝いていました。

2012.11.19 040

帰りは、シャトルバスで、名古屋駅へ。
名古屋駅「成常石井」のところで乗り降りできます。

2012.11.19 041

深まる秋とクリスマスを楽しみました。



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Date: 2012.11.30
Category: お出かけ
Comments (2)Trackbacks (0)

豊川のギャラリー炭焼

りのりのさんにお誘いを受けて、縫姫さんと金ちゃんと乗り合わせて、豊川のギャラリー炭焼き「こだわり創作展」へ。
うっかりカメラを忘れたので、りのりのさんのブログで会場風景をご覧ください。→☆☆☆

すぐに電源が切れてしまうスマホを充電しつつ、会場入り口からの撮影。
ケヤキのオブジェと筒描きの鳳凰が目に飛び込んできました。

DSC_0246.jpg

2013年の東京国際キルトフェスティバルにて、大作『柿』が入選したキルちゃんさんの作品。
大作『柿』は、東京ドームのキルトフェスティバルでご覧ください。
キルちゃんさんは、独自のスラッシュキルトをあみ出した方です。

DSC_0248.jpg

新作バッグ「風神雷神」

DSC_0247b.jpg

私の羽織っていたポンチョをみて、スラッシュキルトでできないか、と眺めるキルちゃんさん。
夢を持ってキルトに熱く取り組んでいらっしゃいます。

お昼は、カフェTomatoにてランチ。
ミニトマトが無料で試食できます。
ミニトマトをあまり食べない縫姫さんが、食べてしまうくらい美味しいです。
ランチと珈琲を頼んで、千円でおつりがきました!
連れて行ってもらわないと、自分ひとりでは気楽に行けれませんが…。
機会があれば、ぜひお出かけてしてみてくださいませ。

「こだわり創作展」は、12月2日(日)まで。
りのりのさん、縫姫さん、匠親分、サエさん、キルちゃんことタエさん、ヤエさん、それぞれの個性ある作品がご覧いただけます。
週末のドライブにいかがですか?

そうそう、お初にお目にかかったりのりのさんのお友達の金ちゃんさんと、誕生日と血液型が一緒だったのには驚きました~!
お肌が綺麗で、若く見られる金ちゃんさんは、少しお姉さん。
作品以外でも、色々な話で盛り上がった個性的な集まりでした。

お誘いただき、ありがとうございました。



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村








Date: 2012.11.29
Category: お出かけ
Comments (6)Trackbacks (0)

コンパル大須本店

ブログ、または直接に、お誘いをした23日、24日25日のイベントにお越しいただきまして、誠にありがとうございました。レポを優先してしまい、御礼が遅くなりました。
心より感謝を申し上げます。

さて、番外編として、コンパル大須本店をご紹介します。
名古屋に来たら、外してはならない?名古屋めしのお店のひとつだと思っています。
曜日替わりで、サンドイッチがお値打ちになるのも嬉しいサービスです。
大須万松寺すぐ隣にある、コンパル本店。
23日金曜日は、エビフライサンドがお値打ちでした!
890円→740円!!!

2012.11.23 005

2012.11.23 002

エビフライ三本、ふんわりした玉子焼き、千切りキャベツ、が特製タルタルソースでまとめられて、こんがりトーストに挟まれています。
こぼれんばかりのサンドイッチです。
2012.11.23 003

どこかのブログで、名古屋の人はこぼさずに食べるらしいと、書かれていました。
それでは試してみましょう!
ご一緒したM美さんが、綺麗に食べてる~!と驚いてくれました。

2012.11.23 001

着物でパクついていたのですが、お皿を汚さない秘訣があるのです。
まずボリュームがある方から食べ始め、お皿に残っているサンドイッチの上にこぼれるように頂きます。
ひとつ食べると要領がわかるので、二つめは割りとこぼさずに食べられました。
一度、お試しあれ。

2012.11.23 006

今日は、同じ誕生日で、同じ血液型の女性にお会いしました!
お互いにびっくり~!!!
これは、また後日に。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.11.28
Category: 食べもの
Comments (0)Trackbacks (1)

大なごや和文化祭

23日は、大須万松寺二階大広間にて「大なごや和文化祭」が開かれ、ボランティアスタッフとして参加。
合間を見て撮影したレポートです。

775271_1832334512_145large.jpg

司会の古池鱗林さん。

2012.11.23 023

篠笛は、長田芳裕氏。

2012.11.23 026

篠笛二重奏

2012.11.23 027

踊りは「岩手鬼剣舞」

2012.11.23 029
2012.11.23 032

正調名古屋甚句の会による「名古屋甚句」

2012.11.23 041

雷門福三さんの落語。
役者+落語家として大須演芸場を中心に活躍中。
夜は大須で駄菓子屋バー「チャーリーズ」を経営。

2012.11.23 044

大正琴は、指導者演奏チームJoinus(ジョイナス)の演奏。
名古屋大須発祥の楽器で、今年は誕生100年!
初めて知りました。

2012.11.23 050

能楽入門
能楽師 観世流シテ方 井戸良祐氏
始めはビデオの予定でしたが、急遽大阪から駆けつけてくださり、装束付けを見ることが出来ました。

2012.11.23 063
2012.11.23 064
2012.11.23 070

能楽師 観世流師範 日下すみ子氏の仕舞

2012.11.23 071
2012.11.23 079

三味線は、六杵庵やそ師匠
端唄は、平松千恵子氏 端唄名は、六杵屋ちえ。

2012.11.23 077

お座敷遊び入門
名妓連
2012.11.23 104
2012.11.23 105
2012.11.23 094

「金毘羅船々」は、まずは殿が見本。
希望者が参加して盛り上がりました。

2012.11.23 107

私もやってみたい!と参加のお嬢ちゃん。

2012.11.23 111

伝統芸「金の鯱」
舞妓のひこ乃さんと、殿。
名古屋では、この「金の鯱」の取得は必須。

2012.11.23 120

綺麗どころに囲まれて、嬉しそうな殿。

2012.11.23 132

あらためて、芸どころ名古屋の「和の力」を感じました。
東日本大震災復興支援チャリティーイベント「大なごや和文化祭」。
ご来場者150名という大盛会となりました。
ありがとうございました。



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.11.27
Category: 邦楽
Comments (0)Trackbacks (0)

大なごや和文化祭・男子着物まわり

うっかり、主催のイマジンさんを撮影し忘れてしまいました。。。
きものde大須を主催されています。

いつもお洒落な郷君さん。
そろばん玉を集めるのに、三つそろばんを潰したとか。
手作りの羽織紐。

2012.11.23 011

篠笛のO先生、出演前に撮影させていただきました。

2012.11.23 013

お洒落な半襟は、きものギャラリー睦月さんにて購入されたそうです。

2012.11.23 014

噺家の雷門福三さんの扇子。

2012.11.23 017

「大須の殿」の松平氏。

2012.11.23 060

後姿の殿。御紋は、やはり「葵」ですね。

2012.11.23 084

全部自前の衣装、もちろん鬘も。

2012.11.23 059

今日は、右の眉がしっくり描けなかったとご不満そうでした。

2012.11.23 058

とびきり格好いい!!!六杵庵やそ師匠。

2012.11.23 091

老いも若きも、着物男子はいいねぇ!



綺麗どころの名妓連さんとスタッフ。
真ん中が、主催のイマジンさんとチヒロさん。

775271_1832334494_148largeb.jpg





ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


Date: 2012.11.26
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

大なごや和文化祭・女子着物まわり

23日は、大須万松寺二階大広間にて「大なごや和文化祭」が開かれました。
ボランティアスタッフとして参加。
大盛況でした!
はじめに内容をお伝えするところですが、今回は着物まわりから。

主催のチヒロさんと。
割烹着、エプロン姿です。

2012.11.23 018b

襷掛けに手ぬぐいを前掛けにした、厨房担当の薫さんと紅菊さん。

2012.11.23 015b

薫さんの手ぬぐいの柄は、双葉にてんとう虫。

2012.11.23 022

赤い襷がりりしい、紅菊さん。

2012.11.23 021

絞りの兎と亀の柄の小紋をお召しです。

2012.11.23 020

2012.11.23 019

販売担当のクロベエさん。

2012.11.23 010b

ミンサー八寸。

2012.11.23 052

受付担当のaichanさんは、絞り青海波の帯。

2012.11.23 126

縞の着物に合わせて。

2012.11.23 122

孔雀の着物は、千夏さん。

2012.11.23 125

菊の帯留め

2012.11.23 123

黒繻子に刺繍の帯のanan♪さん。

2012.11.23 114

鼓の帯留め

2012.11.23 113

紅葉の柄の着物に刺繍半襟

2012.11.23 115

スマホを帯に挿しているのは、ちたこさん。

2012.11.23 049

ちたこさんも販売担当でした。

2012.11.23 056

紫野さんの蔦の柄の帯。

2012.11.23 054

紅葉の帯留め。

2012.11.23 045

半襟は小花柄なのね。

2012.11.23 055

Cさんはヤモリ?トカゲ?の帯留め。

2012.11.23 047

2012.11.23 046

黒地にランプの柄が可愛い。

2012.11.23 051

半襟は手ぬぐいで。

2012.11.23 053

着物女子もたくさんでした。
今日は、ここまで。
明日は男子も。


ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.11.25
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

岳見町ギャラリー「和もの市」と草履屋ちぐさin大須

この連休はイベント多し!
はごろもは、24日、25日と岳見町ギャラリーに出ております。
「和もの市」は、掘り出し物多し!!!
岳見町マダムが放出する着物、帯、小物、食器類、などなど。

2012.11.24 001

バカラのグラス、ウエッジウッド、象彦の塗り物、などがあり、びっくり!
流石に売れてしまいました(笑)
手作りのポーチや袱紗入れ、陶器もあります。

2012.11.24 004

そこにまじって「はごろも」は、シルクウールのポンチョ、bigaシアバター、bigaバスケット、などを持ってきています。

strip eggの美味しそうなアクセサリーも!

2012.11.24 007

カフェも営業しています。

2012.11.22 013

庭のお花も素敵です。

2012.11.22 001

カフェのカウンターに置いてあります、彫刻家・高野真悟さんの作品。
今回の日展彫刻部門で特選を受賞された作家さんです。

2012.11.22 017

マリリンも彼の作品です。
どの角度で撮影したらよいのかが、意外に難しいのです。
不思議と見飽きない、見れば見るほど愛着が増すようです。

2012.11.22 014

25日(日)は午後6時まで。
ぜひお出かけくださいませ。

2012.11.22 018

今日は、午後7時までやっている大須ギャラリー二階へ走りました。
草履屋ちぐさin大須。
大阪船場から、ちぐさのおじちゃんが大須に来てくれています!

2012.11.24 001

今年の冬は寒くなりそう?
防寒草履も揃っています。

2012.11.24 002

ホースヘアのアイドル下駄、いいなぁ~!
画像に納めるだけ。。。

2012.11.24 004

バッグもたくさん揃えてありましたよ!

2012.11.24 003

こちらも併せてお出かけくださいませ。

それから、もうひとつ。
☆昔きもの展
 11月24日(土)~26日(月) 午前11時~午後7時(最終日は午後4時まで)
 アトリエ るびーぶる
 名古屋市東区主税町4-77
 お問い合わせ 052-931-1555(水野さま)

昔きもの展 るびーぶるは、26日(月)午後4時まで開催しています。
11月は駆け足で過ぎて行きますね。





ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村



Date: 2012.11.24
Category: ご案内
Comments (2)Trackbacks (0)

23日は、大須万松寺へ!

イベントが盛り沢山な秋です。
23日は、大須万松寺へGO!大なごや和文化祭ですよ!
はごろもは、ボランティアスタッフで、参加しております。
ぜひ、お出かけくださいませ。

omote-580x819.jpg


■開催日時:2012年11月23日 12:30開場 13:00開演
■開場:大須万正寺 二階大広間
■入場料:1000円(中学生以下無料)
■演目
・篠笛二重奏、岩手鬼剣舞(笛/長田芳裕、笛・太鼓/別所裕也、踊り/榊原進矢・榊原未来)
・名古屋甚句(正調名古屋甚句の会)
・落語(雷門福三)
・大正琴(社団法人 大正琴協会所属 琴修会 指導者演奏チームJoin us)
・能楽入門(能楽師観世流シテ方/井戸良祐、能楽師観世流師範/日下すみ子)
・三味線、端唄(三味線/六柳庵やそ、端唄/平松千恵子)
・お座敷遊び入門(名妓連/ひこ乃、豆香、桃太郎、玉龍、千代江)

あの東日本大震災から一年八ヶ月。
復興はなかなか進まず、被災地では未だ厳しい状況が続いています。
本当の復興はまだこれから。私たちも息の長い支援をしていきたいとの想いから、
この度、和文化を愛する仲間達とチャリティーイベント「大なごや和文化祭」を企画しました。
日本の伝統芸能や舞妓さん・芸妓さんのお座敷遊びなどをお楽しみいただきながら、
芸どころ名古屋の「和の力」で被災地支援ができれば嬉しく思います。

主催:きものde大須/名古屋きもの倶楽部(NPO法人きものを着る習慣をつくる協議会)



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.11.22
Category: ご案内
Comments (0)Trackbacks (0)

24日、25日は岳見町ギャラリーへ。

岳見町ギャラリーにて、 24日(土)25日(日)の二日間、和もの市 その弐が、開催されます。
着物大好き7人のきまぐれ和もの市場
はごろもも二日間、出ております!ぜひお出かけくださいませ。

今日は、打ち合わせを兼ねて、岳見町ギャラリーへ出かけました。
開催中の、Sei 自分を織る展
水野青衣さん「さをり織り」のインクルーシブな世界

2012.11.22 003

2012.11.22 007

2012.11.22 004

見ていたら、賑わってきました。

2012.11.22 005B

会場でご一緒した着物姿の方から、ブログ見ていますよ、とお声かけいただきました。
写真より実物の方が若く見える!と。ありがとうございます。
着物の上にポンチョを羽織っていただきました。お連れの洋服の方にも。
和にも洋にもいいわ!
ただいま、染めたてをご覧いただけるように準備しております。


会場で「さをり織り」の機織りもご覧いただけます。
こちらは、25日(日)まで、最終日は午後4時まで。

2012.11.22 009


着物大好き7人のきまぐれ和もの市場は、24日(土)25日(日)午前10時から午後6時まで。
ただし、24日(土)は午後5時半までは会場におりますが、
その後、大須ギャラリー二階、草履屋ちぐさ展に走りますので、お早めに!
お待ちしております~♪

2012.11.22 018




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.11.22
Category: ご案内
Comments (0)Trackbacks (0)

岡本太郎展

岡本太郎展が開催されていたとは知らず、25日(日)までなので、急いで出かけてきました。
碧南藤井達吉現代美術館

2012.11.20 002

平日ですが、賑わっていました。

1970年代の作品は、子供心に感じていた時代の雰囲気がそこにあり、色合いなどに懐かしさを憶えました。
お子様カレーしか食べたことがないのに、大阪万博の太陽の塔の側で食べたカレーが、大人の味で辛かったことが思い出されました。

岡本太郎の本も置いてあり、「強く生きる言葉」をパラパラと読んでみました。
面白かったところをひとつご紹介します。

「音痴」
みんなから歌がうまいと言われるヤツだって、自分はうまいけどやはりあの人には劣っていると思っているものだ。
そうゆう人の前で平気で下手に明るく歌を歌ってやれば、きっとうらやましがられる。
ひとつ、いい提案をしようか。
音痴同士の会を作って、そこでふんぞりかえって歌うんだよ。それも音痴同士がいたわりあって集うんじゃだめ。得意になってさ。しまいには音痴でないものが、頭をさげて音痴同好会に入れてくれといってくるくらい堂々と歌いあげるんだ。


なんだか、楽しくなってきませんか?
調子に乗って、もうひとつ。

「自分の歌」
他人が笑おうが笑うまいが、自分で自分の歌を歌えばいいんだよ。
歌にかぎらず他人の判断ばかりを気にしていては、本当の人間としても責任がもてない。
もし自分がヘマだったら、”ああ、おれはヘマだな”と思えばいい。
もし弱い人間だったら、”ああ、弱いんだなぁ”でいいじゃないか。


喫茶むぎの家にて、合流したWさんと。
豆腐のケーキセット、と、おはぎのセット。美味しかったです。緑色はずんだ餡でした。
ご馳走様でした。

2012.11.20 001

記念に。

2012.11.20 003

喫茶や常設展は、無料で入れるので、ふらりとお茶を飲みに立ち寄れる気軽さがあります。
はじめて、藤井達吉氏の仕事を知りました。七宝に始まり、小原和紙など、多才です。
また展示替え後に、出かけてみたいです。

日が暮れるのが早いです。帰る頃にはライトが灯り始めました。

2012.11.20 004




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


Date: 2012.11.22
Category: お出かけ
Comments (2)Trackbacks (0)

ハイネックセーターの上に着物を着る&最後のイチジク。

昨夜は、温泉で温まってきました。
夜は、ストーブも欠かせなくなってきましたね。
温泉にポンチョを羽織っていったら、声をかけられました。
仕立て屋うさんのお知り合いでした。地元だから、どこかで繋がりがあるものですね。

日本髪から一変して、ハイネックのセーターの上に着物を着ました。
頂きものの着物は、裄が短くて、手首が暖かい方がよいかなと、今日はセーターの気分でした。
身丈も短かったであろうこの着物は、私にくださる前に胴で布を継いでくれたのでした。。。
しかし、おはしょりの中には納まらない継いだ布は、帯の中に入れて隠すようにしないといけません。
あー、そのままだったら、対丈で着れたかも。。。

2012.11.21 001

微妙に残るおはしょりと、細帯風に結んだ帯位置が下げられなくて、ジャストウエストでベルトの気分です。

2012.11.21 007

まあ、そのような日もあっていいかな。
たまに変わったことをしたくなります。そのようなことってありませんか?

詰め込んだお弁当は、緑がなかったのでキーウイを真ん中に詰め込みました。
頂いた「海老芋」の煮物と、アナゴの干物。

2012.11.20 002

最後のイチジクを頂きました。

2012.11.20 001

お昼には、そのままで食べて、家に帰ってから、コンポートへ。

2012.11.20 003

先日は、頂きもので、少しリッチな気分を味わってきました。
頂きもの暮らしです。感謝しています。
あ、着物暮らしもです。
詳しくは、後日。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.11.21
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

髪結い茶会 帯姿

髪結い茶会それぞれの帯結びを担当させていただきました。
この帯はどうしたらいいの?とご質問があった逆柄の丸帯のWさん。
はい。鳥も上を向いています。

2012.11.18 120

小柄なWさんは、小さめなお太鼓に。前帯幅も半分で。

2012.11.18 119

遠山の綴れ帯。
背の高いAさんは大きめなお太鼓で、前帯び幅は広めにしてバランスをとりました。

2012.11.18 121

おはしょりはギリギリでしたが、こうして着れるものですね。
フランス人のAさんは、大須で上手に手に入れてきた小紋と帯。
良い生地を見る目をお持ちです。
なぜかAさんは、鼻が利くのです。
鬢付け油の匂いにも敏感に反応していました。

2012.11.18 118

作品のお茶碗で頂きました。

2012.11.18 061b

文庫結びに抱え帯。

2012.11.18 105

小物も武家風に、懐剣を忍ばせて。

2012.11.18 124

筥迫(はこせこ)に、丸ぐけの帯締め。

2012.11.18 122

年賀状用?

2012.11.18 089

どうぞ、御贔屓に。

2012.11.18 094

三人、それぞれの装い。

2012.11.18 081

華やいだ楽しい茶会となりました。
感謝。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.11.20
Category: 茶道部
Comments (0)Trackbacks (0)

髪結い茶会(炉開き)

夏に髪を結っていただいたお話をしたら、茶道部の先輩方が、私たちも結いたい!!!と。
本当は、お月見茶会で、と計画していましたが、台風で中止となり、今回の炉開きに、髪結い茶会となりました。

夏にもお世話になった、チヒロさんにお願いいたしました。
カイユさんは中島田髷(ちゅうしまだまげ)、はにわさんはつぶし島田髷、私は夫婦髷。
前もって着物や髪の打ち合わせをして、午前中は髪、着付けのお支度。
午後から、少し時間が遅くなりましたが、お弁当をいただき、炉開きの茶会。
その後は、撮影会、解体ショー?で、お開きとなりました。

カイユさん、はにわさんの連れ合いの方々は、なんでそんなことがやりたいんだ???
だって、髪を結ってみたいんだもん!!!
そのような会話があったとか…。

当日、仕度が整っていくと、いつも見慣れた空間に、タイムスリップした人たちがウロウロ。
何か違うぞー!、と、新鮮な空気感が漂います。
髪型が変わるだけでこれだけ印象が変わるのは、日本髪の極めた美しさの成せる技なのでしょう。

武家の奥方風のカイユさんは、加賀友禅の色留袖に文庫結び。美しい!

2012.11.18 012

八百彦のお弁当は、名古屋好み。
見た目よりしっかりとボリュームがあり、京都の薄味と比べるとお味もしっかりめです。

2012.11.18 004

落花生豆腐椀には、季節の彩りが添えられて美味しゅうございました。

2012.11.18 005

お善哉は、黒文字で頂きます。

2012.11.18 014

Wさんのお善哉。小豆が一粒ずつしっかりとした、すっきりとしたお味でした。
古式原糖を使用したと伺いました。

2012.11.18 015

茶道部の先輩が、信楽で作ったお茶碗、香合、蓋置き、などのお披露目も。

個性的な香合が飾られていました。
はにわさん作 「くじら」

2012.11.18 018

カイユさん作 「マンゴスチン」

2012.11.18 022

濃茶もそれぞれの作られたお茶碗で、頂きました。

2012.11.18 040

コントラストが美しく、美味しく頂きました。

2012.11.18 043

薄茶に続きます。

2012.11.18 046

薄茶点前のはにわさん、妹さんの訪問着に黒地の花丸の帯を合わせて、若々しく。

2012.11.18 049

お茶を始められたMさん、先輩に見守られて。

2012.11.18 071

きれいに結い上げられた髪は、襟足が際立ちます。

2012.11.18 092

今回も記録係りとして撮影をいたしました。
皆様の装いは、後日に。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.11.19
Category: 茶道部
Comments (4)Trackbacks (0)

日本髪にもシルクウールのポンチョ♪

盛り沢山な一日の、髪結い茶会でした。
こちらは、後日に。

お気に入りのシルクウールのポンチョ。
気に入ると、こればっかり!な私。

ふふふ、日本髪にも♪

2012.11.18 150




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.11.19
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

逆柄の丸帯

昔の丸帯を結んでほしいとの依頼がありました。
これ、柄が逆さまなのだけど…、どうするの???

はい。お太鼓の柄が上を向くように結びますよ。
ひと結びするときに、全部引き抜くのではなく垂れ先を残して結ぶと、お太鼓の柄が上を向きます。
しかし、古い丸帯は生地が弱っていて、結んだときに引けてしまう可能性があります。
祖母の丸帯も、まさにひと結びしたら、ビッと生地が裂けてしまいました。
   ↓
最初でさいごの祖母の丸帯

依頼された方の亡きお義母さまの丸帯なので、後ろが重くなりますが、結ばない方法でと考えました。
先にお太鼓を作ってクリップで留めて、背中に背負う方法です。
参考までに、私の頂いた丸帯で試してみます。

柄が逆さまです。
2012.11.15 001

帯幅三つ分(90cm)を測り、垂れ先の方に折り返します。
2012.11.15 002

垂れ先10cm手前で三角に折り、胴に巻くため半分に折ります。
2012.11.15 003

折った三角の底辺の上に帯揚げをかけた帯枕を置きます。
2012.11.15 005

枕を押さえながら、二重太鼓を作りピンチで留め、仮紐をお太鼓の下線に通しておきます。
2012.11.15 006

背中に作ったお太鼓をのせ、帯揚げ、帯枕の紐を胸のふくらみの上で仮結びし、仮紐も前で結びます。
前板を入れて巻いていきます。
2012.11.15 008

手先の長さをはかり、あまりを折りたたみ、仮紐が通っているところに入れます。
2012.11.15 009

輪に左の指を入れて引きながら、右手で前帯をなでながら空気を抜くようにして、しっかり締めます。
2012.11.15 010

お太鼓から出たあまりを内側に折ります。
2012.11.15 012

帯締めを通して結びます。
2012.11.15 013

後ろは、二重太鼓が完成。
2012.11.15 014

帯枕の紐、帯揚げを結び、整えて、仮紐をはずします。
2012.11.15 015

完成。前帯は二巻きしないため、すっきりしています。
2012.11.15 017

大切に扱いたいですが、帯にも寿命があります。
ちなみに、裂けた祖母の丸帯は、良いところを選んで裏を付けて二部式の作り帯にしてもらいました。



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.11.17
Category: 着付け
Comments (1)Trackbacks (0)

古布の梅

スイス会に飛び入り参加してきました。
スイス会とは、スイスの登山旅行で知り合った方々の定期的な集まりです。
色々と芸達者な人生の先輩に刺激されます。
もちろん、私も刺激してきましたけれど(笑)
年齢に関係なく、お互いに刺激しあえるというのは、嬉しい関係だと思います。

スイス会には、和裁部もあり、古布の梅を作りました。
小豆を三粒包める布は捨ててはならないと言われ、小さな細工物をこしらえて布を大事にしてきた日本の文化があります。

直径4cmの円のところをチクチク縫い、綿を入れて丸く縮めます。
太めの糸または二本取りの糸で、中心から五つに分け縫いとめます。
真ん中にビーズを留めて、出来上がり。

2012.11.16 007

手袋を出してきたら、ちょうど指輪の位置が虫に喰われていたからと、古布の梅で飾り、穴を隠しました。
ナイスなアイデア!

2012.11.16 005

薬指の小さな虫食いには、小さなパールビーズを縫い付けて。
遊び心で、この冬も楽しく暖かく過ごせそうですね。
絞りの位置も考慮して、花びらのよう!流石です。

2012.11.16 006

バルト三国へ旅行に行かれた方は、いつも手早くスケッチをされるのです。
旅の様子はもちろん、道端のお花も、目に留まったものは、なんでもスケッチ。
長年のスケッチ帳は、積み上げると背の高さを超えたそうです。

2012.11.16 001

ささっと描けるなんて、素敵です!

2012.11.16 002

またお似合いの色目のポンチョをみつけていただきました。
身長170cmの方でも、すっぽりと包み込まれます。

2012.11.16 002

アクセントのお花を下にしてみました。

2012.11.16 003

昨日リクエストした大きめのものを染めて、今日は乾燥しているとのことでした。
実は、まだ私のポンチョがないのです。。。

単衣着物の裾を短くして作り直した道中着を着ております。
果たして、何色のポンチョが私の手元にきてくれるのでしょう。

2012.11.16 003




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.11.16
Category: 和裁部
Comments (0)Trackbacks (0)

祖父江のぎんなん

愛知県稲沢市祖父江町にご実家がある方から、ぎんなんのお福分けがありました。
ありがとうございます。
2012.11.15 001

茶封筒に入れて、電子レンジでチン!して殻と薄皮を取りました。
もちもちの翡翠色のぎんなんは、塩で頂くのも美味。
今日は、昆布だしとお酒で炊いたご飯に、半分に切り塩をまぶしたぎんなんを入れて、ぎんなんご飯にしました。

2012.11.15 002

一粒一粒、輝いているぎんなん。
祖父江町育ちの女性のお嫁入り仕度には、ぎんなん殻割り器と茶封筒は、必須とか。

2012.11.15 004

第15回そぶえイチョウ黄葉まつりが行われる頃が、見事なのでしょうね。

ぎんなんが頂けるとは思ってもみなかったので、うまこさんのおろしレンコン揚げを作ったときに、オリーブの砂糖漬けを入れてしまいました。

2012.11.14 001

つなぎに入れる卵が、お弁当の玉子焼きで使ってしまい、残っていなかったので、固めのおろしレンコン揚げになってしまいました。

2012.11.14 002

お弁当を持って出かけた着付けのお稽古の帰り、とあるところで、ゆきうさぎさんにばったりお会いしました。
昨夜、どうしているかしら、と思っていたところでした。

ある時は極妻、ある時はキュート、七変化のゆきうさぎさん。
髪型と化粧で、印象がずいぶん変わります。
今日の髪型と化粧は、ナチュラルでしたが、紅葉を意識した色の取り合わせのコーディネートに、黒羽織と紫の羽織紐が効かせてあるあたりが、ゆきうさぎさんだなぁと、思うのです。

yukiusagi.jpg

私には出来ない組み合わせをされる、ゆきうさぎさん着こなしは、いつも楽しみなのです。
偶然にお会いできて、嬉しかったです。
感謝。



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.11.16
Category: 食べもの
Comments (2)Trackbacks (0)

着付けレッスン&洋服にもシルクウールのポンチョ!

着付けレッスンにお越しのYさん。
着付けコンテストでNHKホールにも立ったことがある方ですが、数年のブランクがあり、カンを取り戻すべく個人レッスンをご希望されました。
手持ち着物のコーディネートも相談されて、結城紬に名古屋帯の着付けの各ポイントを確認しながらのレッスンでした。手を動かしていくうちに、ああ、そうだった!と蘇ってくるものですね。
過去にやっていたことは、無駄にはなっておりません。
こちらの言うポイントも、すぐに理解できるあたりが経験者です。

洋服姿を拝見してもお洒落なYさんなので、着物や帯も好みのものを、そのつど手に入れています。
しかし、組み合わせが難しいとのことでした。
両面使える洒落袋帯などもお持ちで、結城紬にも雰囲気をかえて使えることなどもアドバイス。
組み合わせることに、まだ慣れていないだけのことなのだと思われました。
季節に合わせて、着物と帯と小物合わせの組み合わせを楽しめるようになったら、着物の悦びが増すと思います。
お手持ちの組み合わせコーディネートのレッスンも承りますよ。

あれこれと目に付くものを買う前に、じっくりとお手持ちのものを組み合わせてみて、どのようなイメージの着姿になりたいのかを考えてみると、これから欲しいものが見えてくると思います。

昨年から、Yさんよりポンチョが欲しいとの相談を受けておりましたので、ベストタイミングでした。
青みのある洒落た色目をお選びいただきました。

洋服にもシルクウールのポンチョ。

2012.11.14 002b

大きめなので、すっぽりと身体を包んでくれます。
ありがとうございます。

2012.11.14 003

着物処はごろもでは、着付けレッスンだけでなく、着物のコーディネートのご相談や、箪笥の中身の整理、染め替え・仕立ての承りも致します。お気軽にご相談くださいませ。

それから、無事に年越しができるように、12月半ばから来年の2月半ばまで、街(名古屋 栄)に出稼ぎにまいります。今年も残すところ一ヶ月半!
ふと、笠地蔵さんのお話が思い浮かびました。無事に歳が越せますように。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


Date: 2012.11.14
Category: 着付け
Comments (0)Trackbacks (0)

シルクウールのポンチョのご案内

冷え込んでくると、暖かい羽織りものが手放せませんね。
良いご縁があり、シルクウールのポンチョを扱うこととなりました!
毛75%、絹25%を丁寧に縮繊して、一点ずつ手染めたものです。
洋服はもちろん、着物の上に羽織れる優れもの!
留めるための大きなピンもついています。

今日は、私用にと羽織っていた紫色のポンチョを、イイ色!これがイイわ!と、お選びいただきました。
ありがとうございました。
でも、帰りが寒いから今度持ってきて、との優しいお言葉。
はい。私のぬくもり付きでお届けに上がりますね。

2012.11.10 001

寒い時には、首まで包み込むと襟巻き要らず!その分袖口が短くなるので手袋は要りますね。

2012.11.10 007

一番初めにお選びいただいた青墨色。

2012.11.08 006

地味目お色目から、派手目なものまで。

2012.11.08 002

紫色に比べると、こちらは小さめです。

2012.11.08 003

着物の上に羽織る場合は、大きめをお薦めします。
袖口や振りが落ち着いて羽織ることが出来ます。

2012.11.10 005

お花の飾りが気になる場合は、上下を逆さにして。

2012.11.08 005

どうしてもお花が嫌いな場合は、裏返しても着られます。
色々な羽織方が出来ますので、半分にたたんでショール風にも出来ます。
二枚重なると暖かさが増しますね。
これはコートに合わせて、お使いください。

2012.11.08 008

一点ずつ手加工のため、仕上がりのサイズ、色合いに違いがありますので、ご了解くださいませ。
気になる価格は、税込み19950円。

実物が見てみたい!という方へ。

11月24日(土)25日(日) 午前10時~午後6時
〒467-0043 名古屋市瑞穂区岳見町2-3
TEL+FAX 052-832-6570

岳見町ギャラリーの和もの市でお待ちしております~!
イベントが多い週末ですが、是非、お出かけくださいませ。

前日の11月23日(金)は、大須万松寺 二階大広間 にて、大なごや和文化祭ですよ~!
私は受付にいます!!!
違う担当になりました。喫茶部か、販売部か、まだわかりません。。。

こちらも是非、お出かけください!
開場12時半 開演午後1時~午後5時
入場料1000円

最後に、こころさん好みのお色目も入りましたよ。
うーん、実物はもう少し深い色目なんですけれど…。
画面ではすべての色目が違って見えますので、実物をご覧頂き、羽織り心地を確かめていただきたく存じます。

2012.11.13 001




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.11.13
Category: ご案内
Comments (6)Trackbacks (0)

11月の茶道部

11月に入りはじめての茶道部へ。炉のお稽古でした。
先輩は、貴人薄茶点前のお稽古で、お茶を頂く私は貴人さん。
恭しく扱われるのは、嬉しい気分です。

2012.11.10 007

お花は、ネリネと萩の葉。
ネリネの小型のものもあるのですね。
アフリカ原産のヒガンバナ科のダイヤモンドリリーは、華やかで茶花向きではないのですが、こちらの小型種のネリネは、控えめな感じが良いですね。
お庭の鉢植えで、細い葉を伸ばしピンクの花を咲かせていました。
帰りに所望してお花を頂いてきました。
ありがとうございます。

2012.11.10 006

久々の炉にあわせて、新しい袱紗でお稽古をしました。
少し地厚の袱紗を使うことで、課題の袱紗捌きが良くなるようにとのアドバイスがあったので、生地を触り比べて購入してきました。初釜で新しい袱紗を使われることが多いかと思いますが、多分初釜には参加でいないと思い、炉開きに合わせておろすことにしました。
袱紗捌きも意識してやり続けることで、体に少しずつ沁みこんでいけたらいいなぁと思いながらお稽古しました。

その日は、書道教室もあり、他の先輩方は年賀状の字をお稽古されていました。
色々やりたいことはありますが、限りがあるので横目で見つつ、いつかは朝露を採ってきて墨をすり書をしたためたいものです。あ、今は大気汚染もあるので、朝露といえどもどうなのでしょう。。。
そんなことを気にしないといけない日本になってしまったのですね。
空気も水も、そして私たちも、清らかでありたいと願います。

それから、前からの課題であった髪型も時間のあるうちに訓練しておこうと取り組み、一時間かけてなんとか。

2012.11.10 003

帰ってきてから撮影しましたが、毛先が乱れていました。。。
少し髪を切った方が良いかしら、と検討中。。。

2012.11.10 001

今度の日曜日は、炉開きの茶会です。
良いお天気にありますように。



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


小型のネリネを見つけました!頂いてきたものより大人しい花。



Date: 2012.11.12
Category: 茶道部
Comments (4)Trackbacks (0)

篠笛講習会はウール着物で。

篠笛のお稽古は、高い音が出るようにはなってきましたが、まだまだ気持ちよく吹けるようには至っておりません。
背筋と腹筋を使い、長く息をすることは、結構体力を使います。
くらくらするのです。修行が足りませぬなぁ。。。
「とおりゃんせ」「セリの合い方」「こきりこ」をお稽古しました。

先日裾直しをしたウール着物に半幅帯。
今日も柿の帯留めにしました。この時期しか使えないですからねぇ。

2012.11.11 007

会場が、中学校なので、足元はスリッパなの。

2012.11.11 003

頂きもののウールなので、裄は短めですが、許容範囲。

2012.11.11 004

今年の風邪は、長引くよ~と、エイコさんもウール着物。

2012.11.11 001

風邪菌も進化しているようで、薬の効き目が悪いそうです。
手洗い、うがい、マスクの予防が大事ですね。

2012.11.11 002

ジュサブローの箸置きを帯留めに。

2012.11.11 005

そうそう、先月は記事が多すぎて、篠笛お稽古のことは載せていませんでした。
先月のエイコさんは、紅葉の帯で季節柄先取りで、ドンピシャのコーディネートだったのに!
全国のエイコさんファンの皆様、申し訳ないです(笑)

帯留めと三部紐は変わらないけれど、着物と帯が変わると全く印象が変わりますね。
紅葉コーディネート。

DSC_0223.jpg

篠笛講習会の後は、激安スーパー「ウオダイ」でお買い物が、最近のお決まりコース。
バナナ1袋19円、クラフトカマンベール99円、豚ひれ肉360円、などなど。
朝は行列ができ、軍艦マーチが鳴り響く店内。
フードパーク ウオダイ瑞穂店
年中無休夜8時まで営業、日曜日のみ9時オープン。
あ、まわしものではありませんが、財布に優しい店です。
ありがとうございます。



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.11.11
Category: 邦楽
Comments (0)Trackbacks (0)

柿の帯留めで、ミリオン座へ。「天のしずく」

柿の帯留めを頂いたので、柿色の帯に合わせました。
同系にしたのは、柿の色だけが悪目立ちしてしまわないようにと、考えたからです。

2012.11.08 003

ざざんさ織りに三橋工房さんの半幅帯。

2012.11.08 004

先日、ドキュメンタリー映画「天のしずく」を名古屋伏見のミリオン座に観に出かけました。
木曜日はレディースディで千円。
午後2時からの上映は満席でした。
11月16日(金)までの上映予定です。

2012.11.08 001

人間の営みも自然の中の一部だと、淡々と教えてくれる映画でした。
子供の書いた天という文字と、全国の並べられた色とりどりの土。
スープを通しての広がりと、繋がり、支える人たち。

2012.11.08 002

辰巳芳子さんが、結婚生活三週間で、夫が出兵して南の島で戦死したことを語ったときに、亡くなった祖母のことを思い出していました。
私はある時まで、戦争未亡人の祖母は可愛そうな人だと思っていましたが、それは違うんだなと気だついたのです。可愛そうな人というのは、被害者意識があるからそのように思えるのであって、ただ事実があるだけ。その現実をどのように捉えて生きていくかが、問題なのだと。
私は、普段着の着物姿で、庭の花の手入れをしている祖母が、好きでした。
辰巳芳子さんが、幸せでしたと語られたように、80歳まで生きた祖母も幸せだったのだと思います。

思っている以上に、もっとより良くあることを望んでいる「いのち」。
それは、自分のものであって、自分のものではない、賜りもの。
それに応えていかないと、幸せになれない。
生きてきてよかったという答えを死ぬ時に出さないといけないから。

テレビのインタビューで、辰巳芳子さんが「いのちをなめている」と上記のことをお話してみえました。

このまま死んでしまってもいいや、とかつて思ったことがありました。
今思うと、いのちをなめていましたね。
幸せになろうと常に思うこと。その想いが生き方に表れてきます。
丁寧に生きることをあらためて気づかせてくれる映画でした。
感謝。





ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村




Date: 2012.11.10
Category: お出かけ
Comments (2)Trackbacks (0)

ウールの季節

立冬を迎えて、ウールの季節となりました。
頂き物の丈が少なめの反物で、ギリギリ作ったウールの着物を引っ張りでしてきました。
家事をするには、小さめの着物が着易くていいな、と改めて実感。
余分な布がない方が、しわも出来ないし、着崩れもしません。
最近は、衿芯、前板なしが、気に入っています。

2012.11.05 001b

今の時代の私たちが洋服を着分けるように、ついひと昔前の日本人は、普段の着物、晴れ着、お出かけの洒落着、と着物を着分けていたのです。
ウール全盛期の頃は、家で着物を着て、家事や子育てをしていたと話には聞きます。
そして、着物はあったかいと口をそろえます。
今のように冷暖房完備の環境ではなかったし、火鉢があった気密性の低い住宅の頃のこと。
割烹着やねんねこも、実用性と暖かさを身につけていたのです。

2012.11.05 002

普段着物の木綿は、とても活躍するのですが、真冬に木綿着物だけでは、見ていて寒々しく感じるのです。
もちろん下にはヒートテックを着ているのですが、歩くたびに黒いレギンスがみえるのも、どうも興ざめで、残念な感じが否めません。単衣の木綿は10月まででしょう。
どうしても冬に木綿着物が着たかったら、重ね着されると温かでよいのではと思うのです。
どう重ねるかもお洒落の腕の見せ所。
そんな楽しみもよいかと思います。
私は手持ちの木綿着物が少ないので、思うだけなのですが、若い方なら、寒々しく静電気が起きるポリエステルの着物より、洒落た着こなしをしていただけそうで、ぜひ流行らせてほしいものです。

そんなことを言いながらも、寒がりの私は、ウールが好き。
長じゅばんもモスを着ます。
男物のモスの長襦袢は、女性が着ても意外に洒落感があり、色気があるのか、ないのだか…と言われるところです。モスの長襦袢は、裾捌きが悪いのが玉に瑕ですが、絹の裾除けをその上につけて着物を着ると調子が良いので、着物を選ばず、ウール、ポリエステル、紬に暖かく合わせています。
衿は、絞りのハギレなどでふっくらとするのが、冬向きで好きです。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.11.08
Category: 着物まわり
Comments (4)Trackbacks (0)

お出かけ後の着物お手入れ

秋はイベントが多く、お出かけ後、着物のお手入れも欠かせません。
シーズンオフにはお手入れに出すとしても、まだ袷に入ったばかりですから、セルフメンテナンスは大事です。

2012.11.05 001

柔らかものの着汚れ、しわを取ります。
一晩吊るしておいてから、スーツのしわをとるハンディスチーマーを使用。

2012.11.05 002

生地を伸ばさないように、軽く浮かしてなぞる程度の力加減で、縦のしわに対しては横に、横のしわに対しては縦にスチーマーを動かして、しわをとります。
これ、プロの方からの直伝。
パールトーン社に見学に行ったときにも、同じことをしているのを見逃しませんでした。
おもに着物や長じゅばんの紐のしわをとります。
ただし、スチーマーによっては、水滴が着物について水じみをつくることがありますので、自信のない方は、プロにお願いすることをお薦めします。これは自己責任でお願いいたします。

これなら、今度着るときも、気持ちよく袖が通せます。

2012.11.05 003

衿汚れには、業務用ベンジンを使います。
こちらは、輪じみが出来やすいので、やはり、自信のない方はプロにお願いすることをお薦めします。
あくまでも自己責任で。
掛け衿にうっすらファンデーションがついています。

2012.11.05 009b

ベンジンをたっぷりつけて、汚れをふき取ります。
輪じみを作らないように、キワをぼかして。

2012.11.05 011

ドライヤーで手早く乾かします。

2012.11.05 012

素人なので、万が一、輪じみを作ってしまった場合は、衿に関してのみですが、対処方法を知っていると安心です。
濡れたキワに出来るのが輪じみなので、あわてずに身頃にはみださないように、掛け衿のみを全部ベンジンで拭いてしまいます。

2012.11.05 010

晴れ着と普段着を使い分けて、そのぞれの着物をお手入れも含めて、楽しんでおります。
着物を常に着ていられることに感謝します。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.11.07
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

おめかし着物会2

振袖に続きましては、訪問着、無地など、それぞれの装いを。

うまこさんは、紬の訪問着に箔屋清兵衛の袋帯。

2012.11.03 032b

薫さんは、梅の地紋(付け下げ)の色無地。

2012.11.03 035b

蝉丸さんで手に入れた訪問着をお召しの方。

2012.11.03 043b

2012.11.03 044

小紋にうろこ柄の帯の長岡さん。

2012.11.03 055b

2012.11.03 059

子供着物から作り直した長じゅばん。

2012.11.03 060

とても器用な方で、半襟にビーズを刺して、帯留めもビーズの指輪をアレンジしたもの上手くお使いでした。

2012.11.03 058

袴で自転車に乗り、活動的な九十九院さん。

2012.11.03 062b

2012.11.03 065

足元は、白足袋の上に重ねた黒のレース。実は汚れが目立たないのですよね。
私は、白足袋に白のレースを重ねることがあります。

2012.11.03 063

アンティークの五つ紋の色留袖のマキさん。

2012.11.03 066b

2012.11.03 022b

2012.11.03 071

たっぷりの刺繍半襟。

2012.11.03 075

長じゅばんが、黒地にわんこ!

2012.11.03 073

猫好きなずずさんは、着物も帯も猫!
紬にも小さな猫が織り出されています。

2012.11.03 079b

絞りに伸びやかな猫が墨で描かれている帯は、アトリエ・Kinami。

18622743_1818514951_218large.jpg

2012.11.03 083

赤い長じゅばんの柄は、四十八手!

2012.11.03 081

凝った着物をお召しのカサブランカさん。

2012.11.03 085b

2012.11.03 088

小物もこだわりがあります。
帯締めは、「道明」の冠組。

2012.11.03 090

お草履は、京都の「内藤」。

2012.11.03 089

黒地にチューリップの柄は、りんごさん。

2012.11.03 094b

カサブランカさんから、頂いた反物を娘さんではなく自分用に仕立てしてもらったもの。
いずれは娘さんも着られるから、まずは自分が着て楽しむことって大事かも。

2012.11.03 093

リサイクルの達人、きみちゃんさん。
なかなかぴったりのサイズを見つけることが難しいリサイクル。
その中でも、格安でジャストサイズを探し出す達人です。
一番高いのが半襟ですって!
暈しがきれいな絞りの着物、袋帯、アンティークのコートまで披露してくださいました。

2012.11.03 102b

2012.11.03 107

2012.11.03 111b

美意識過剰さんは、蔦柄の作家もの。

2012.11.03 113b

2012.11.03 116

羽ばたけるようにと羽飾りを。

2012.11.03 005

いつも美しいチヒロさん。

2012.11.03 120b

2012.11.03 118

皆に囲まれています。

2012.11.03 122b

洒落た帯結びを色無地に合わせた方。

2012.11.03 140

2012.11.03 139b

羽織りからショールを作られたと披露してくださいました。

2012.11.03 141

カメラマンも忙しい!
おめかし着物の会でした。

2012.11.03 131b

イベントが多く開催された11月3日。
閉会後は、それぞれ次のイベントへ。
私は連れ立って、吹上の着物カーニバルへ向いました。

今回は、皆様の装いを語る時間を多くとるために、お食事はお弁当で早めに頂きましょうという主催のご配慮。
一応、そのお弁当です。デザートは撮影の合間にアイスクリームが溶けないうちに頂ました。

2012.11.03 024


ブログで着物でお出かけしませんか?とお声掛けした時に、メールで初めて参加してくださったのが、
かづらさんとずずさんでした。(ずずさんがおめかし着物会が今回初参加とは!)
二回目に参加したおめかし着物会で知り合った方とは、今でもずっとお付き合いがあり、良い出会いの場として下さったことに感謝いたします。
かづらさんのお人柄ですね。

自分の写真は、なかなか撮れず、クロベエさんから頂きました。
ありがとうございます。

18622743_1818514624_240large1.jpg

お決まりのように、八掛けをちらり。

18622743_1818514614_218large3.jpg



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.11.06
Category: お出かけ
Comments (4)Trackbacks (0)

おめかし着物会

かづらさん主催の「おめかし着物会」第10回最終回
華やかな会となりました。
かづらさん、ありがとうございました!!!
このような会がなければ、盛装する機会がありません。
また、皆様のこだわりの装いを楽しむ趣向は、ゆっくりお話しする暇もないほどでした。

2012.11.03 008


自作の友禅「宝尽くし」の付け下げに、「松竹梅」の袋帯、海老と蟹の黒絵羽の羽織り、という最終回に相応しくお目立て尽くしの装いで、出かけました。
会場に着くと、すでに撮影会状態!
さあ、皆様の装いをご紹介してまいりましょう!
はじめは、振袖を中心に。

ご自分の結納の時にお召しになられた二枚目(成人式は別のもの!)の振袖の桂さん。

2012.11.03 011b

自装で道具を使い、福良雀を背負ってきました!と。

2012.11.03 014

アンティークの五つ紋の振袖が良くお似合い!ショートヘアーも新鮮でいいですね。

2012.11.03 048b

2012.11.03 049

帯留めも素敵です。

2012.11.03 015

ご自分の振袖の袖を短くされたのをお召しのクロベエさん。
切ったお袖で作られたバッグを持って。

2012.11.03 052b

2012.11.03 013



このような会を開催するきっかけとなられた会長さんは、広島から新幹線で名古屋入り。
そのための工夫もお話くださいました。
(写真掲載不可のため、描写のみ)
薄いクリーム地に青緑系で御所解きが描かれた上品なお振袖。
紺地に金の葵立涌(たてわく)模様を二重太鼓。
白地の三部紐に合わせた帯留めは、金工の末広のよう(近くで拝見できませんでした。)
柄の一色からとった青磁色(せいじいろ)の重ね襟に、かづらさんと同じく総絞りの重ね衿を薄くした色目を結びきりに。半襟は白地に小さな刺繍。畳表のお草履で、抑えた赤の鼻緒が足元を締めています。
帯揚げの下に隠したゴムひもに、長い袖を引っ掛けて、紫のコートを羽織れば、だれも振袖を着ているとは思われない装いです。

aichanさんは、黒地総絞りに松の金刺繍の振袖。八掛けをはじめ赤が効いたコーディネート。

2012.11.03 096b

黒ぶち眼鏡もコーディネートのポイントの一つ。

2012.11.03 098

すらりとした紫野さんは、紫が良くお似合いでした。

2012.11.03 124b

黒地の帯を三重紐を使い、前結び。
この春には、赤い振袖同士でご一緒したのでした。

2012.11.03 127b

おめかし着物会に9回出席のまりあさんは、総絞りに刺繍の振袖。

2012.11.03 135

帯は結んでもらったの!と、帯飾りも華やかな装い。

2012.11.03 133

四年前のおめかし着物会には、ご一緒に髪を新日本髪に結って参加したことが思い出されました。そのときの美容室の方はもう仕事をされていないとのことでした。

2012.11.03 132

この会は、一般の方に誤解がなきようにと、個室で、コートが着られる時期に開催。
まずは、華やかな振袖の方々をご紹介しました。
訪問着などは後日に。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


Date: 2012.11.05
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

イベント予定あれこれ・追加訂正あり

11月始めの連休もイベントが盛り沢山でした。
引き続き開催しているものからご案内します。

☆日本髪展示会(大奥百花繚乱)
 11月5日(月) 午前10時~午後4時まで
 朝日カルチャーセンター名古屋
 名古屋市中区栄3-4-5
 スカイル10階 センター内ロビー

☆「kosodeの世界」2012年秋冬
 11月6日(火)まで
 ジェイアール名古屋タカシマヤ10階 中央エスカレーター横特設開場

沖縄復帰40周年記念 紅型 BINGATA 琉球王朝のいろとかたち
11月25日(日)まで
松坂屋美術館 名古屋店 南館7階
 入館料 一般1000円

☆普段着と少しハレの日
 11月10日(土)~20日(火) 午前11時~午後7時
 月日荘

安藤陽子展
 11月16日(金)~12月20日(木) 午前11時~午後7時
 ノダコンテンポラリー
 名古屋市中区栄3-32-9 アークロック栄ビル3階

☆さおり織り
 11月18日(日)~25日(日)
 岳見町ギャラリー

☆髪結い茶会
 11月18日(日)
 杜鵑草庵

☆チャリティーイベント「大なごや和文化祭」
11月23日(金) 12時半開場 午後1時開演
 大須万松寺 2階大広間
 入場料1000円(中学生以下無料)
 演目
・篠笛二重奏、岩手鬼剣舞(笛/長田芳裕、笛・太鼓/別所裕也、踊り/榊原進矢・榊原未来)
・名古屋甚句(正調名古屋甚句の会)
・落語(雷門福三)
・大正琴(社団法人 大正琴協会所属 琴修会 指導者演奏チームJoin us)
・能楽入門(能楽師観世流シテ方/井戸良祐、能楽師観世流師範/日下すみ子)
・三味線、端唄(三味線/六柳庵やそ、端唄/平松千恵子)
・お座敷遊び入門(名妓連/ひこ乃、豆香、桃太郎、玉龍、千代江)

入場チケットのお求め・お問合せは、きものde大須 代表ヒワタシさま)

イベントの収益は、和文化を通じて積極的な被災地支援活動を展開している「NPO法人きものを着る習慣をつくる協議会」を通じて被災地に送らせていただきます。

主催:きものde大須(代表 樋渡昌寛)/名古屋きもの倶楽部(代表 野村千洋)
お手伝いで参加します。

草履屋ちぐさin大須
 11月24日(土) 12時~19時 (修理や挿げの受付は18時まで)
 11月25日(日) 11時30分~17時
名古屋市中区大須2-30-10 ギャルリー大須2階

☆昔きもの展
 11月24日(土)~26日(月) 午前11時~午後7時(最終日は午後4時まで)
 アトリエ るびーぶる
 名古屋市東区主税町4-77
 お問い合わせ 052-931-1555(水野さま)

img008.jpg


☆和もの市
 11月24日(土)~25日(日) 午前10時~午後6時
 岳見町ギャラリー
 「はごろも」も参加します。
 遊びにお越しくださいませ。


キモノでジャック愛知
 11月25日(日)12時半 ミツカン 「酢の里」前集合!

☆伊兵衛の会
 11月30日(金) 午後1時~
 日本料理 和楽
 伊兵衛織を着ての集まり

☆青少年のための「長唄まつり」
 12月2日(日) 12時半開場 午後1時開演 
 名古屋市芸術創造センター
 入場料500円
 主催 「伝統の音と舞」実行委員会

☆新春長唄コンサート&和楽器体験 邦楽地域交流会 
 平成25音1月12日(土) 12時~15時
 愛知芸術文化センター地下2階 アートプラザ前フロア
 和楽器体験はビデオルームにて
 無料

☆寛輔の会in名古屋
 平成25年1月26日(日) 午後2時開場 午後2時半開演
 今池ガスホール
 入場料3000円 (全席自)
 お問い合わせ 090-3832-1298(加藤さま)
 主催 「伝統の音と舞」実行委員会

☆笛・鼓交流会
 平成25年2月2日(土) 
 第一部 着物で能舞台を歩く会 午前11時~
 第二部 笛・鼓交流発表会
 名古屋能楽堂
 お問い合わせ 090-3832-1298 (加藤さま)

 第一部 着物で能舞台を歩く会 参加申し込み方法
 応募期間 平成24年12月10日(月)~12月25日(火)
 定員 20名
 参加費1000円
 お問い合わせは、「伝統の音と舞」実行委員会
 メールでのお申し込みは、
・タイトル「着物で能舞台参加希望」
・本文では、参加人数と氏名、住所、電話番号、年齢、を明記してください。

「美しい立ち方講座」にてお渡しいたパンフレット「伝統の音と舞」のお問い合わせEメールが変更されています。
 お問い合わせのは、こちらのページに掲載されているEメールにてお願いいたします。

             ↓
 「伝統の音と舞」実行委員会




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.11.05
Category: ご案内
Comments (2)Trackbacks (0)

着物カーニバル

11月はイベントが盛り沢山!
おめかし着物の会の後に、吹上の着物カーニバルをのぞいてきました。
(おめかし着物の会のことは後日に)

会場についたら、帰るところの萩先生にばったりお会いしました。
いろいろな方に引き合う今日この頃です。
受付を通り、着物でジャックのカメラマンの方が撮影してくださいました。
羽織をみるなり、あ、と思い出してくださったようでした。
そう、名古屋城での着物でジャックに初参加したときに羽織っていたので。

ちょうど、帯結びの実演をされていて、長岡さんとしばし見学。
各ブースを見学しようと歩き出したら、はごろもさん!とお声かけくださる方が。
お初におめにかかりました「だるま呉服店」さんでした。
BIGLOBEの着物ブログでご一緒の時に、ランキング1位、2位で並んでいたのでした。
東京の悉皆屋さんともお話ができました。

2012.11.03 146b

冬仕度に「ヒート+足袋インナー」500円を購入。

2012.11.03 151

新宿伊勢丹でお会いして以来の藤岡組みひもさん。
色々な催事会場に出かけていらっしゃるのですが、この会場は楽しいですよー!と。
販売する側が楽しく提案できるところでは、その雰囲気がお客様にも伝わりますからね。

2012.11.03 150

昨夜のテレビでみた「魚河岸シャツ」が展示されていました。
日本手ぬぐいで作り始めたのが始まりだそうです。
静岡は、遠州木綿や浴衣を作られるところですから、この様な粋なシャツもありなのですね。

2012.11.03 147

注染や抜染の魚河岸シャツ用に生地がありました。
つい郡上踊りで映える浴衣の柄と思ってみてしまうので、いけませんね。

2012.11.03 149

なんだか知っている方とお話する方が大半で、お品物は遠巻きにみるくらいでした。
4日(日)午前10時から午後6時 
吹上ホール9階



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.11.04
Category: お出かけ
Comments (2)Trackbacks (0)

出会いの空間、常滑屋

天然色手染め工房『はちはち』の個展が常滑屋であり、りのりのさんとご一緒しました。

2012.11.02 005

りのりのさんは、素敵な樺細工のブローチをつけてみえました。

2012.11.02 004

木工作家さんにオーダーされたお孫ちゃんの椅子。
その後ろのコートと同じデザインの幟のコートを持っているのですが、とても着易くて年に一回くらい袖を通します。

2012.11.02 002

十年ぶりにお会いできたIさんはフランスの方たちを案内されていて、お元気そうでなによりでした。
常滑屋では、必ずお会いできるパワフルな陶芸家T氏は、いつもながらチャーミング!
やっと、顔を覚えてくれたような感じです。人のことを憶えるのが苦手だそうですが、Iさんと同じ歳だと伺い、また90歳でガールフレンドを作るのが趣味だったご隠居のことなど、共通な人のお話ができました。
彼の前向きさを見習いたいものです。
染めをされているOさんとも十年ぶりにお会いできました。

2012.11.02 001

青紫蘇たっぷりの常滑ちらし(1260円)

tekone.jpg

夕方からは宴会があるそうで、デザイナーさんや京都、滋賀から来られた方ともお話ができて、よい刺激になりました。そこでも知っている方の名前が出て、常滑屋は色々な人の出会いの場だと改めて感じるのでした。

はちはちさんの服を覚王山のギャラリーメイクにて手に入れて、その服を着て常滑屋のEさんと店先で話していたときに、はちはちさん夫妻が歩いてきたという出会いから、十数年。
何か引き寄せるパワーがある、出会いの空間「常滑屋」さん。
今日はゆっくりさせていただき、ありがとうございました。



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


Date: 2012.11.02
Category: お出かけ
Comments (4)Trackbacks (0)

日本刺繍の半襟「唐花」

今月のぼたんさんの日本刺繍の半襟は「唐花」。
詳しくは、こちらをクリックしてくださいませ。→☆☆☆

2012112.jpg





ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2012.11.01
Category: 半襟
Comments (0)Trackbacks (0)
プロフィール

Author:着物~はごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR