三輪明神・大神神社

「ものの始まりはなんでも堺」の堺を後にして、奈良まで足をのばしました。
天の香具山を眺めながら、三輪明神・大神神社へ。

20131226 055

今年の初めに伊勢神宮正式参拝を、夏にはお白石持ち行事で外宮さんへ、とお伊勢さんにご縁が多くありました。
遷宮という年でもあり、賑わいをみせるお伊勢さん。
そして、年の終わりに元伊勢といわれる大神神社(おおみわじんじゃ)へ。
こちらは、ゆったりとした印象です。
三輪山を御神体として、大物主神を祀ります。

20131226 058

なで兎は、もう仕舞われていて触れず残念。

20131226 057

大きなご神体の杉も祭られていました。
能「三輪」で、衣が掛かっていたご神体の杉のお話を思い浮かべながら、大きな杉の木を御参りしました。
大白蛇神に卵やお酒がお供えされていました。

手水口も龍ではなく蛇でした。

元伊勢、高天原、天岩戸、は、ここのことのようです。
檜原神社(大神神社摂社)は、万葉集などに「三輪の檜原」と数多くの歌が詠まれた台地の上にある。大和国中が一望できる絶好の場所に位置し、眼下に箸墓の森が見え、二上山の姿も美しい。 かってこの付近は大和の笠縫邑と呼ばれた。そのため境内には「皇大神宮倭笠縫邑(やまとのかさぬいのむら)」と書いた大きな石碑が立っている。

檜原台地に建つ桧原神社は、大神神社付近の摂社群の中では、最も北に位置している上に社格も最も高く創建も古い。天照大神が伊勢神宮に鎮座する前に、宮中からこの地に遷され、この地で祭祀されていた時代がある。伊勢神宮へ遷されると、その神蹟を尊崇して、檜原神社として引き続き天照大神を祀ってきた。そのため、この神社は広く「元伊勢」の名で親しまれている。

寛政年間の台風によって、檜原神社は大きな被害をこうむり廃墟と化してしまった。だが廃墟のまま祭礼は行われてきた。戦後になって、現在のように整備された。三輪山の中にある磐座をご神体にしているので、檜原神社には本殿はなく、拝殿もない。だが、大神神社では見えなかった三輪特有の「三輪鳥居」とその奥にある神籬(ひもろぎ。神霊が降臨する時の臨時の宿り場所。小さめの樹木や岩石が選ばれる)などが再建されいる。



20131226 062

例年11月14日に行われる醸造安全祈願祭(酒まつり)で拝殿に杉玉が吊るされる、これが各地の造り酒屋へと伝わったとのこと。こちらでも始まりはここ。

元を辿る旅というのもいいですね。

三輪そうめんでも有名な所ですが、あら、残念。

20131226 059

なで兎も三輪そうめんも、今回はご縁がなかったです。
また、来なさいということかしら。

お正月準備の門松が立てられた、第二の鳥居の前にて。

20131226 061

今年も残りわずかとなりました。
「着物暮らし はごろも」にお付き合いくださいまして、誠にありがとうございました。
「着こなし講座」「着物教室」にご参加いただき、感謝致します。
各地での催事でも、お声かけくださって、大変嬉しく思っております。
また、来年も、どうぞよろしくお願いを申し上げます。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Date: 2013.12.31
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

利休をたずねよ。

今年のことは、今年のうちに書かないといけませんね。
タイトルで???と思われたかしら。
映画のタイトルではないのです。映画については史実と違う点の指摘がありますね。
それはそれで置いておいて、大阪は堺に行ってきました。

利休の屋敷跡、利休のお墓がある南宗寺などを巡ってきました。
「利休をたずねよ」ツアーというのもよいかも。

まずは、腹ごしらえ。
「ちく満」で、温かい蕎麦を生卵と汁と薬味で頂きました。
生卵と汁を混ぜると、すき焼きのたれのようにも思えてきました。
温かく、もちっとした蕎麦を付けて頂きます。
好き嫌いがはっきり分かれるといわれるこのお蕎麦、1斤半をペロリ。

20131226 001

大阪府堺市堺区宿院町西1-1-16
072-232-0093
10:30~21:00
月曜日(祝日の場合営業、翌日休)

20131226 009

利休屋敷跡

20131226 016

まわりは高い建物で、道挟んだ向かいも建設中でした。
この屋敷跡も売られそうになったとか。

20131226 017

南宗寺へ。拝観料400円。
ボランティアのガイドさんがいます。

20131226 021

20131226 032

利休ゆかりの茶室「実相庵」

20131226 027

紹鴎遺愛「六地蔵の燈ろう」

20131226 033

利休遺愛の「向泉寺伝来袈裟形手水鉢」

20131226 030

千家一門の墓
毎年2月27日の利休忌には全国からの一門の人々で賑わいがみられます。

20131226 039

武野紹鴎の墓
茶釜を模った墓石

20131226 040

枯山水の庭にて。
水琴窟の音色を聞き忘れました~。

20131226 035

色々な歴史が渦巻いているようです。

20131226 038

徳川家康は、駿府城にて天ぷらを食べて食あたりで亡くなられたと、疑いもしませんでした。
大阪夏の陣で討ち死伝説が!
「南宗寺史」によると、家康が大阪夏の陣で茶臼山の激戦に敗れ籠で逃げる途中、後藤又兵衛の槍に突かれ、堺まで落ち延びたが、籠を開けてみると既に事切れており、遺骸を南宗寺の開山堂下に隠し、後に埋葬した、との伝説が紹介されています。

20131226 041

仏殿の天井「八方睨みの龍」狩野信政筆
これは素晴らしかったです。
国指定重要文化財が、堺にあったのですね。

20131226 044

「かん袋」の胡桃餅で、ホッと一息。
平日の午後なのに、お客様が絶えません。
この季節でも、氷胡桃餅を食べている方もいらっしゃいました。

20131226 050

もう一軒、肉桂餅が絶品の「八百源」。
芥子餅と一緒にお土産に。
利休にちなんだお菓子もありますが、今回はこの二軒のみ。

20131226 065

貿易都市・商業都市として栄えた堺は、日本第一の文化・先進都市を誇り、なんでも堺がはじまりだというのが堺の人たちは自慢でした。
技術・文化の発信地であった中世の堺で生まれた多くのものが、堺の職人・商人が全国各地に活動の場を広げるとことに伴い全国に広がっていきました。 伝承も含めて堺が発祥の地として、「ものの始まりなんでも堺」といわれています。
私鉄、三味線、傘、金魚、線香、自転車、謡曲、堺更紗、堺段通、機械縫製足袋(福助の創業者)などなど、まだ沢山あって書ききれません。

利休をたずねて、大阪堺の旅おすすめします。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Date: 2013.12.30
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (1)

山葡萄の蔓のこと

阪急梅田にて、山形の「つる工房 鷹山」の戸田寒風さんに、私の山葡萄の籠を見せたら、
第一声、いい色になってきているけれども、惜しいねぇ!と。

どうしてかと尋ねると、腕はいい人だけれど、材料が悪いなぁ。
いい材料で編んだら、もっとよかったなと、均一に黒光りせずに所々白っぽく残っているところを指差されました。
編みたてを分けていただいたのですが、手が綺麗な籠!と喜んでいて、そこまで見極めることは出来なかったです。

材料とは、山葡萄の蔓のこと。
山に入って採る時期が、二週間と限られているのです。
六月の終わりから七月にかけて、雨が降れば山には行けれないし、出遅れればよい蔓が手に入らないのです。
ましてや、勝手に山に入って採ることは出来ませんから、半年前から下見をして、採取する一週間前に皮を少しめくって判断するそうです。
そして、許可申請をして、軽トラック7台分くらいの蔓をワンシーズンで採取するとのこと。

山葡萄の蔓といっても、70年から80年育ったものを採るのです。
山葡萄の蔓を切ると、一時間もすると葉がしおれて、二日目には葉が黄色くなり、三日目には葉が茶色になります。外皮を剥ぎ捨てて、間の皮を採取。残った幹も捨ててしまいます。
これは知りませんでした!外皮を剥いだら全部使えるのかと思っていましたから。

杉の木一本より、山葡萄の蔓一本の方が、値段が高いのです。
手入れされた民間の山では採れなくなってきているそうです。絡まる蔓は、木を傷めるますから。
国定公園には沢山あるのだけれど、採ってはいけないのでと、最近の山事情の話も伺いました。

貴重な山葡萄の蔓ですから、山葡萄の籠のお値段も高いのは、納得できます。
胡桃の籠は15年くらいが寿命ですが、山葡萄は丈夫です。
胡桃と山葡萄と組み合わせて編まれたものは、まず胡桃がダメになるので籠としては使えなくなるそうです。
私の籠が全体に綺麗に黒光りしていたら、30年もので50万円の値打ちがあるといわれました。
惜しい~!

見てもらったら、底の角がずいぶん傷んでいることが分かりました。
これ、山葡萄だからこれぐらいで済んでいるけど、他のものなら使えなくなっていたよと、修理していただくことに。
本当に私は運がいい!と思いましたよ。

硬いものを入れたでしょ。
???お弁当と共に、保温ポットを毎日入れてました。
あー、ポットで籠を傷めてしまっていたのでした。なんてこと!
布を張るか、ポットにカバーをつけるか、対応しなければ。
ちょうど良い、無地の伊勢木綿のハギレを見つけました。
内張りして、大切に使っていきたいです。

20131218-25 005

修理後、仕上げにタワシで磨いてくれています。
とても有り難かったです。
これで、無事年が越せそうです。
感謝。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2013.12.29
Category: 植物
Comments (0)Trackbacks (0)

阪急梅田、職人の技のまとめ

26日に大阪から帰ってきましたが、さすがに疲れていて更新できず…でした。
只今、年賀状を印刷中。

写真がサクサク載せられずに、溜まっておりましたので、まとめて掲載しまーす。
一緒に売り場に立った、あやさんは、渋めの伊勢木綿に、年代ものの臼井織布の半纏。

DSC_0521.jpg

伊勢木綿では、珍しい鰹縞。

DSC_0533.jpg

尼崎の和心庵のいちごさんと。
染め替えして仕立てたコートを羽織られて。

DSC_0542bb.jpg

ジャマン ピュエッシュをお持ちの方。
すみれ庵さんと刺繍の話で盛り上がっていました。

20131218-25 004

三度お会いした、hiroさんは、立ち襟のコートを、会うたびに違う布地のものを羽織られていました。
何枚お持ちなのかしら?
写真は、モヘヤ地のもの。
一衣舎さんの話題も。関西では、京都、姫路、奈良、堺、などで催事をされてみえますものね。

20131218-25 026

最終日には、昨年秋の岳見町ぎゃらりぃ・和もの市で、お会いした着物姿のご夫妻と偶然再会。
あれから海外赴任されて、休暇で帰国したところでした。
海外でも着物を着られていて、メンテナンスが楽な木綿の着物をお探しでした。

仕立ての寸法のことなどもご相談を受けたりと、着物に携わることができたおかげで、こうして輪が広がる事は幸せですね。
色々な出会いがあった阪急梅田本店。

20131218-25 020

色々なご縁を、ありがとうございました。
また、皆様にお会いできますように。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2013.12.28
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

格子の楽しさ

木綿の縞と格子は、庶民の着物の代表的な柄です。
今回の伊勢木綿の仕事で、はっきりした格子も良いものだと思うようになりました。
実は、それまで苦手意識を持っていたのです。

6伊勢木綿

この格子と同じ柄のバッグが人気です!
ミラーボウルのツリーの前で。

P1140839.jpg

夕方に、昨日見て下さったお客様が、やっぱり気になってとお越しくださって、私と色違いの「麦藁手」をお選びいただきました。ありがとうございます。

大阪もずや会でお会いしたKさまも、お稽古の帰りにお立ち寄り下さって、嬉しかったです。

そして、永遠のJガールが、素敵なクリスマスプレゼントを持ってきてくださいました。
晩御飯をご一緒にと思っていたら、なんと!Jガールさん、クリスマス・イブの夜に歯を抜くことになるなんて!
昨夜、お煎餅をかじったら、治療中の歯が割れたそうで、ご愁傷様。
そんなことで、ホテルでお弁当を食べた、はごろもです。
Jガールさん、お大事になさってください。

永遠のJガールさんからの贈り物

P1140865.jpg

日本の文様を眺めながら過ごす、クリスマス・イブもよいものです。
ありがとうございました。
皆様も楽しいクリスマスをお過ごしくださいませ。

阪急梅田本店9階催事場 職人の技 は、明日の午後6時まで。
伊勢木綿のコーナーにおります。お立ち寄りくださいませ。


↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2013.12.24
Category: 着物まわり
Comments (6)Trackbacks (0)

伊勢木綿の臼井織布社長登場!

22日日曜日は、冬至ということで、お昼にはかぼちゃのサラダをいただき、休憩に柚子茶をいただきました。
ホントは、柚子湯ですが、ほっこり温まりました。
休憩から帰ると、臼井織布の社長が!

先日は、テレビに登場され、話題になっていましたので、こちらのブログにも登場していただきましょう!
熱く語る、臼井社長。

臼井1

先日のTV画像をtomoさんより頂きました。
ありがとうございました。

臼井2

臼井3

臼井4

お客様が少し押され気味なくらい、熱い語りの社長です。

そして、お隣の京和紙屋さんの社長は、話芸が絶妙で、人だかりができていました。
京都弁の語りで、懐紙を折りたたんで、すっと渡されたら、つい一つくらいお買い物しようかなと思ってしまいます。
京都らしい薀蓄が、立て板に水の如く、です。

それぞれ、個性があり、刺激になります。


23日も引き続き、hiroさんがお立ち寄り下さいました。
着物のお話が止まらないです。
黒地の輪奈ビロードのコート姿の女性からは、はごろもさんと、お声かけいただきました。
ありがとうございます。

お話をしていると、共通な知り合いがいたりして、関西の地に来ても繋がる人は繋がっているのだなぁと、思いました。

明日は、永遠のJガールさんが来て下さるとのことです。
お会いできますことを楽しみにしています。




応援のポチッとをお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








Date: 2013.12.23
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

職人展5日目 すみれ庵さん繋がり

静かな日曜日と思いきや、すみれ庵さん繋がりの方々がお立ち寄りくださいました。
ありがとうございました。

後ろの立ち襟が洒落たウールのコート姿で現れた、hiroさん。
コートを脱いで、あやさんとご一緒に。

あやさん3

富田林からMさん。
お声かけくださってありがとうございました。
すみれ庵さんは、お顔が広いですね。

昨日、すみれ庵さんは京都へのお出かけの帰り、修理に出したアケビの籠を受け取りにお立ち寄りくださいました。

京都は、紬織りの人間国宝、志村ふくみ先生門下の作家の皆さんの作品展
「小桉会(おぐらかい)」展
12月23日まで、京都文化博物館の5階展示室で開かれています。
草木染めの美しいキモノや帯やショールやふくさなどの小物が間近で拝見できるチャンスです。
志村ふくみ先生の新作が二点、賛助出品されているそうです。
「小桉会展」は二年に一度とのこと。

門下の作家、赤松さんの着物をお召でした。

2すみれ庵

雪の結晶の帯

3すみれ庵

道明の匂袋をさりげなく身につけて。龍村美術の干支の裂地が使われています。

4すみれ庵


やっと何とか、写真が取り込めて画像処理も出来るようになってきました。
はぁ。。。新しいことに慣れるのには、いつもウロウロしてしまいます。
こんなところもプチ迷子なのかしらと、笑ってしまいます。

25日午後6時までです。
阪急梅田本店9階催事場へ、ぜひお出かけくださいませ。



応援のポチッとをお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Date: 2013.12.22
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

職人の技 3日目、4日目コーディネート

新しいノートパソコンに慣れないまま、途方に暮れている、はごろもです。
フェイスブックにはスマホから撮影して載せているのですが、ブログの更新はパソコンからしようと試みているので、ストレス溜まります。。。

3日目は、伊勢木綿らしい格子です。
後ろのバッグと同じ柄。八重山ミンサーの八寸。



2伊勢木綿

京都から和裁師のMさんが訪ねてきてくださって、インド料理をご一緒にいただきました。
舌が荒れていて少しヒリヒリしていたので、最後にラッシーをいただき落ち着きました。
カレーの後は、ラッシーですね。
お会いするのは二回目ですが、着物つながりの方とはお話が弾み、楽しい時間が持てました。
感謝。

4日目は、麦藁手と名付けた伊勢木綿に首里織りのミンサー。

3伊勢木綿

重ね着は、おはしょり周りをすっきりさせるのがポイントですが、半幅帯はごまかしがきかないので、お太鼓の方が楽ですね。
和心庵のいちごさんが来てくださいました。
木綿の重ね着に共感してくださって、普段着の着物を楽しむひとつとしてやってみようと。

冬には、木綿の重ね着のすすめを、関西の方は、目からうろこ!と素直にやってみようと何人かの方がおっしゃってくださいました。意外に暖かいのですよ。


応援のポチッとをお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Date: 2013.12.21
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

手縫いの伊勢木綿を重ね着で

580852_557490047675324_839481653_n.jpg
あさイチのテレビ効果で、伊勢木綿を知ってお声かけくださり、有り難かったです。
あの伊勢うどんは、密かにお気に入りだったのです。
知っているものが取り上げられるのは、嬉しくて、
誰かに言いたくなるものですね。

今回の仕事の話を受けてから、泥縄式で夜な夜な縫い上げた伊勢木綿に袖を通しました。
初めて星ヶ丘MONONさんで購入した大人可愛い格子と、臼井さんで見つけた麦藁手と名つけた可愛らし縞の二枚を重ね着。少し重みはありますが、暖かくて冬に木綿を着るなら、重ね着はおススメです。
おはしょりは、一重あげの要領で、下の着物もあげるとおはしょりがごろつかずに着ることができます。
昔は重ね着をしていたのですから、これはあり、でしょ。

夕方に、はごろもさんですか?と尋ねてきてくださった方があり、お話をしていたところに、
すみれ庵さんが今日も来てくださいました。

今日はアケビの籠を修理してもらうのためで、私もタイミングよく、山葡萄の籠を修理してもらい、助かりました。
山葡萄のことは、また後日に書きたいと思いますが、籠を使っていても、山葡萄の素材のことはあまり知らないでいます。
着物を着ていても、その素材の木綿のこと、絹のことやお蚕さんのことを知らないでいるのと同じです。

今回の伊勢木綿は、100年前の豊田自動織機で織られている木綿です。
豊田佐吉が、この自動織機を開発していたころは、知多半島の半田に住んでいまし
半田市在住の私が、その木綿を縫って、おすすめしていることの不思議なご縁を感じました。

はごろもさんは着物が好きだから、着物も好きな人のところに行きたくて集まってくるのよ、と言った方がみえました。
そうゆうものかもしれませんね。

25日午後6時まで、阪急梅田本店9階 職人の技 伊勢木綿のコーナーに織りますので、お声かけくださいませ。
お待ちしております。


応援のポチッとをお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Date: 2013.12.19
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

すみれ庵さん

阪急梅田本店9階催事 職人の技 伊勢木綿のコーナーに、
あやさんと出ています。

初日の夕方に、
すみれ庵さんが、来てくださいました!

すみれ庵1


伊勢木綿の反物の他、伊勢木綿のバッグや割烹着も人気です。
お出かけくださいませ。




応援のポチッとをお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Date: 2013.12.19
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

千成家と筑前琵琶、道明寺

近鉄「藤井寺」駅前の「千成家」さんに泊まりました。
朝食は、白味噌のお味噌汁、ほうれん草のおひたし、焼き鯖、玉子焼き、香のもの、味付け海苔、ご飯。

食事のお部屋には、琵琶が並んでしました。
薩摩琵琶ですか?と尋ねると、筑前と、女将さんが答えてくれました。
愛知県から来たことを伝えると、芸処名古屋というくらい、若い頃は名古屋で演奏するのは登竜門だったよと話してくださいました。今週日曜日は名古屋能楽堂へ演奏に行かれるそうです。
筑前琵琶橘流日本橘会 名曲鑑賞会は、22日 午後1時から 無料
千成家という名前からして、名古屋と縁があるのでしょうね。

DSC_0508.jpg

少し時間があったので、道明寺へ。

20131216 009

菅原道真ゆかりの尼寺で、土師氏の氏寺として創建されました。
道真作と伝えられる十一面観音菩薩立像(国宝)が本堂に安置され、毎月18日と25日に拝観できます。

20131216 012

20131216 013

さざれ石があると聞き、天満宮にも立ち寄りました。

20131216 016

土師氏(はじし)の氏神として創建されました。土師氏の子孫である菅原道真の死後、道真を主神とした天満宮に改められました。道真の遺品6点(国宝)を保存する全国でも数少ない天満宮で、境内には道真にちなんで80種800本の梅が植えられています。毎年1月25日の初天神うそかえ祭や2月25日の梅花祭には、多くの人でにぎわいます。

20131216 017

20131216 018

20131216 019

春を待つ蕾。

20131216 020

祈願の献木。

20131216 021

羽織だけだったので、だんだん冷えてきました。梅の頃に来たいです。

20131216 022

大きな楠木。

20131216 026

さざれ石。

20131216 027

撫で牛の頭を撫でてきました。

20131216 028

古墳も身近にあり、歴史がある所です。
最古の八幡宮も近くにあり、ゆっくり散策してみたいです。


今年最後の着こなし講座も終わり、明日から大阪は、阪急梅田本店です。
9階催事場にお立ち寄りくださいませ。



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2013.12.17
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

大阪もずや会・忘年会

大阪へ車を走らせました。
伊勢湾岸~東名阪~西名阪、藤井寺で降りて、羽曳野市へ。
もずや店内展に行ってきました。

20131216 004


九月に岳見町ぎゃらりぃにて「もずやの琉球染織展」をお手伝いさせていただき、もっと沖縄の染織について知りたいと伺いました。
新しく入荷した帯など、大阪もずや会の方とあれこれ、拝見いたしました。
大人可愛い帯に心ひかれるお年頃です。
はんなりではなく、こっくりした、地味派手。
作り手の立場にたったアドバイスをして、直接買い付けてくるお品物は、もずや好みです。
この道25年、好き嫌いの好みがはっきりしますが、根強いファンがいらっしゃいます。

大阪もずや会のお二人も、もちろん、もずやファン。
大阪の方の好みも知りたくて、色々学ばせていただきました。
Kさん、Tさん、ありがとうございました。

引き続き、焼肉こじまにて、忘年会。
そのために私は洗える着物にしましたが、Kさんは格好いい縞の大島を潔く着ていらっしゃいました。
もずやさんは、ピンクのセーターに着替えての参加。
その前は、緑系の結城紬に久米島の羽織、帯はもずや緞子という着こなしでした。
残念ながら、写真撮り忘れました。。。

20131216 008b

ビール一杯で、セーターと同じくらいの色に。。。
生タンも美味しく頂きました。

20131216 005

そういえば、大阪と焼肉の組み合わせは、以前にも!
ディープな大阪では、着物で七輪を囲んでましたね。

お腹一杯でしたが、女子は〆のアイスクリーム♪
カスカレーうどんも美味しそうでした。
このマツタケみたいにみえるのが、カス。
天カスではなくて、油を採った肉のことだと伺いました。
今度チャレンジしてみたい!

20131216 006

来年は、色々企画が盛りだくさん!
東海もずや会も結成されましたので、ご興味のある方は、はごろもまでお声かけくださいませ。
お問い合わせは、info@kimono-hagoromo.com
企画のご案内を致します。



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
Date: 2013.12.16
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

ガーリー茶会の帯まわり/年末の予定

楽しかったガーリー茶会の〆は、皆様の帯まわりをご紹介いたします。

レース模様の小紋に、唐花の柄の帯Mさん。

20131201 006
20131201 005

赤と黒のはっきりした組み合わせ、帯締めの色がクリスマスの雰囲気が出ていて、ガーリー?

20131201 009

カトレアだから松坂屋?とお尋ねしたら、オリエンタル中村とのこと。(わかる人は年齢層高め!現在の名古屋三越です。)お母さまの帯。

20131201 008

桐の花。カトレア帯のお姉さまです。
茶ボーイ、トラちゃんのママ。

20131201 007

こちらは、同系の組み合わせ。お互いに着せあっこしたとか。

20131201 018

茶杓作家の奥様。

20131201 004

優しい色の組み合わせですが、帯の中の一色の青を小物に取り入れで、キリっと引き締めています。
所作も美しい!

20131201 029b

MさんとAさん
ガーリーな感じ♪

20131201 013b

ヘッドドレスで、ガーリーぽさを出してみました。
半襟はお染めさんの南天。

20131201 213b

今年も残り半月となりますね。
14日は名鉄、名古屋での仕事は、今年はこれでお終いです。
15日16日は、大阪、萬代商事にて、もずや店内展
17日は、着こなし講座
18日から25日は、阪急梅田本店 9階催事場 厳選 職人の技

来年は、1月2日から6日、大丸松坂屋名古屋店 本館7階催事場 呉座の市

ふぁいと~!


ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

Date: 2013.12.13
Category: 茶道部
Comments (0)Trackbacks (0)

ガーリー茶会2

濃茶のお点前は、はにわさん。
紫の輪奈ビロードの着物が印象的です。

1465351_486243341491412_1650372556_n.jpg


マレーシアの錫のシュガーポットが、茶入れになりました。
それにあわせての茶杓が、久野 輝幸作 茶杓 「襟巻き」
さすが!アイデアですね。

581991_486246584824421_528671238_n.jpg

イギリスの陶器七宝つなぎの柄の水入れ。

1468631_486250104824069_374878684_n.jpg


リモージュのカフェオーレボウルなどなど、それぞれがみつけてきた国際色豊かなお道具たち。

1471269_486248118157601_1793521145_n.jpg


お菓子天国!!!

20131201 170
20131201 172



子供たちは夢中です。

20131201 185b


薄茶のお手前は、Mさん。

20131201 187b


茶入れと茶杓の縞々コンビ。
こちらの茶杓も、久野 輝幸作 茶杓 「羅針」
先に茶杓が出来上がっていて、茶ガールショップにて、作者が相応しい茶入れを見初めたとのこと。
出会うべきして出会った!というべきでしょう。

1452102_486249331490813_1633980989_n.jpg


茶道を極める奥様の影響で、茶杓をつくりはじめ、それが受賞!茶ガールショップに並ぶとは!!
素敵な関係ですね。

ご夫妻で家に来て下さったときに、ご主人が笊の置き方がいい、と褒めてくれました。
はぁ?と思いましたが、目の付け所が違うお方なのです。
他に褒めるところもなく、目にとまったからなのでしょうけれど。

年明けは、ご主人たち中心の「ガンダム茶会」が開かれるとか。
どんどん広がりをみせる「杜鵑草庵」です。



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
Date: 2013.12.12
Category: 茶道部
Comments (0)Trackbacks (0)

ガーリー茶会

12月1日、久しぶりに杜鵑草庵のお茶会へ。

話題の映画「利休にたずねよ」と公式タイアップし話題となった現代茶道具の公募展、
現代茶湯アワード弐〇壱参で「茶ガール部門 金賞」、
「利休にたずねよ 茶ガール賞」をダブル受賞した、
久野輝幸さんの茶杓の「Cha-girl design shop」への出品を記念しての「ガーリー茶事」でした。

実年齢ではなく、永遠のガールを自称するメンバーと、お子様2名の楽しいお茶会となりました。

待合に並ぶ、四枚の色紙を投票して、本席の掛け物が決まる趣向。
菊山書道塾のメンバーによる「関」。

20131201 001

投票の結果、左から二番目に決まりました。

20131201 019b

やまとたちばなの良い香り♪

20131201 021

着物のお母さんと子供の姿は、とってもいいなぁと思いました。
写真館のポーズではない姿は、貴重なのかもしれません。

20131201 031b

茶ガールは、お母さんの子供の時の着物です。

2013b.jpg

初炭

20131201 036b

和やかに

20131201 043b

Aさんがみつけた陶器のお弁当箱

20131201 049b

牡蠣飯、お作り、イカと菊花あえと紫芋、香の物

20131201 055b

大根おろしと柿

20131201 056

椀物

20131201 063

20131201 068

20131201 076

20131201 079

福井の日本酒、初絞り「白岳仙」は、美味しいお酒でした。
茶道部に入って、日本酒を少し、お料理と頂く楽しみを知りました。

20131201 084

玄米汁粉

20131201 100

ほんのり良い気持ちで、ご馳走うをいただき、幸せなひとときに感謝します。
さて、これから茶事が続きますが、まずはここまで。
つづく。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
Date: 2013.12.09
Category: 茶道部
Comments (0)Trackbacks (0)

あちこちの企画展

お休みは、あちこちの企画展へ。

まずは、佐藤泰子さんのグラスワーク展にて、万華鏡を覗いてきました。
久しぶりに佐藤泰子さんにもお会いできて、本当にお変わりなくて嬉しかったです。
永遠の少女のような方です。

20131203 002

杉本美術館の側で、Gallery & Tea Room 「Studio 可菜」 をされています。
毎月1日~10日 12時半~17時半
お姉さまの藍のコレクション 「手しごと あい」は、日曜日の午後のみ。
あわせて行けたらよいと思いつつ、まだ実現できないのです。

ぜひ、万華鏡を覗いて見てください。

平成25年12月10日(火)まで。
午前10時~午後7時半 (最終日は午後4時にて閉廊)

松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊


そして、12月6日(金)~8日(日)まで開催の
「手しごと展古布とステンドグラスの饗宴」は、盛況のご様子でした。

りのりのさんとご一緒に。

20131206 007b

縫姫さんは、いつも格好いい!

20131206 002b

パムさんのステンドグラス。
一つ小さいものが欲しいなぁ。
7日8日は、入賞作品も展示されるそうです。

20131206 006

縫姫さんお手製の干し柿を頂いちゃいました。
ありがとうございます。

20131206 011

服に使われていた個性的な木のぼたんをつくる匠親分。
こちらは桜の木の漆を塗ったイヤリング。
8日、京都下賀茂神社の手作り市に出られるとのこと。
見かけたら、お声かけしてください。

20131206 010

 
本山は、レディバグさんへ。
bigaの籠やパーニュで作った小物などをちらりと拝見。

WINTER GIFT SHOW at ladaybug
12月7日(土)まで 
午前10時~午後5時
名古屋市千種区本山町4-74-1 小島ビル2F
052-734-9819

20131206 002


和魂洋才in楽布2013は、明日からですが、搬入しているところへお邪魔しました。
フライング!!!ですが、一足早く作品を拝見。
見たら、行きたくなっちゃうと思うから、ちらりと写真を載せますね。

 12月7日(土)~13日(金)
 午前10時~午後6時
 楽布 名古屋市千種区今池1-28-17
 052-741-3535

フリーハンドで刺繍してしまうMさんにもお会いできました。
タイシルクにフリーハンドでフランス刺繍した半襟や、バッグ、ポーチなど。

20131206 013

来年のえとの馬もキュート。

20131206 010

ボンボンがブローチになっていて、位置が付け替えられるニット帽。

20131206 014

フエルトのマフラーは、色々アレンジが出来そうです。

20131206 005

sachiさんの織りの帯。

20131206 008

まだ展示途中。

20131206 007

カシミアのショールも気持ちよさそう。

20131206 015

ちょうどお茶の時間にお邪魔しました。
おはぎ???ならぬものが!

20131206 004

はるこさんのバッグは、色も形も可愛らしい。
起き上がりこぼしもありましたよ。

20131206 001

ぜひ、お出かけくださいませ。
私は7日8日名鉄8階で仕事です。



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
Date: 2013.12.06
Category: お出かけ
Comments (4)Trackbacks (0)

成岩教室と治郎兵衛

師走となり、気せわしくなるこの頃です。
成岩教室12月は、第一・第二の火曜日といたしました。
教室の帰りに、治郎兵衛(第二・第四の火曜日と水曜日が休み)に行きたかった!ということもありまして


20131203 003

下を向かなくなり、襟元が綺麗に決まるようになりました。
姿勢は大事です。

20131203 002

本山の蝉丸さんの二千円均一セールで、手に入れた名古屋帯。
ルミナリエぽいから、今度のパーティにお太鼓で行こうと思うの。
きっと飲んで汚すから、このウール着物に合わせてなら、安気かな。
センスの良いIさんは、難しいことは考えず、上手に組み合わせて着物を楽しまれています。

20131203 004

帯揚を綺麗に仕上げると、上級者にみられますね。
そのあたりのポイントも大切です。

20131203 005

「治郎兵衛」は、築百年の古民家を改装したお店です。

20131203 011

美味しい珈琲がいただけます。

20131203 012

離れもあり、借りることができます。

20131203 010

私もウール着物に、ラオスの生地の羽織りもので。

20131203 009


道を挟んだ家も雰囲気があり、ゆっくり散策に来たいわとIさん。
車中より撮影。

20131203 014



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
Date: 2013.12.05
Category: 着付け
Comments (0)Trackbacks (0)

12月18日から25日は、阪急梅田本店へ

厳選 職人の技  阪急梅田本店 9階催場
12月18日(水)から25日(水)
※催し最終日は午後6時終了

伊勢木綿の織り元 臼井織布さんのブースに、伊勢木綿の着物を着て、出ております!
関西方面の方、ぜひお立ち寄りくださいませ。

昨年まで、臼井織布さんのお母さまが催事に出ておみえでしたが、今年は出られず…。
そのような訳で、はごろもと、もう一人素敵な方(会場で確かめてね!)とで、皆様のお越しをお待ちしております。

このお話がきてから、伊勢木綿を縫い始めたという、「ドロ縄」な私。
一枚目は、袖がつきました!!!もう一枚は、おくみが着いたところ。

期限付きの仕立ては、マラソンのようで、息切れしそう~。
ふぁいと~!、おきばりやす!の励ましの言葉が、有り難く存じます。
仕事と予定で日程が埋まっておりますが、夜な夜な頑張ります。

20131121 034


阪急デビュー!!!
会場での、はごろもの伊勢木綿コーディネートも、お楽しみになさってくださいませ。


ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
Date: 2013.12.04
Category: ご案内
Comments (4)Trackbacks (0)

着物で舞台を歩く会 締め切り迫る!

1月18日、着物で舞台を歩く&ランチ会のお申し込みは、12月10日(火)まで、です。
検討中の方は、ぜひ、お申し込みくださいませ。
また、口頭でお申し込みいただきました方も、下記の必要事項をメールにてお知らせくださいませ。

20121211 005


1月18日土曜日、午前10時30分から
北文化小劇場にて、着物で舞台を歩く会を開催します。
愛知県名古屋市北区志賀町4丁目60−31
052-910-3366

はじめに立ち方、歩き方などのレクチャーの後に、篠笛の音と共にを花道から舞台を歩きます。
舞台で、プロのカメラマンによる写真撮影も!最後は皆で踊っちゃおうかな♪
お気に入りの着物で、ぜひご参加くださいませ。

会費1000円
※はごろもの着こなし講座にご参加の方は、無料。

その後は、午後12時30分から、バルdeリコッタ黒川店で、ランチ会です。
会費1500円


★参加の会★
一、着物で舞台を歩く&ランチ会
二、着物で舞台を歩く会のみ
三、ランチ会のみ

★お申し込みの必要事項★
①お名前(ふりがな)と、ハンドルネーム(mixiなどハンドルネームがある方)
②ご住所(写真を送付するため)
③携帯番号(当日の緊急連絡があるときのため)
④着物と帯の組み合わせ、色など、こだわりのポイント、まつわるエピソードなど、お知らせください。
 (写真撮影時の照明と、ご紹介するため)
⑤着物歴(例 着始めて3年など、簡単で可。詳しくても良いですよ♪)
⑥主宰の会、イベントなど、ご紹介してほしいことがあれば、お知らせください。

★10日までに、仕事など予定が立たずに、検討中の方へ★
前向きに検討していただけるなら、上記の必要事項と、いつ頃に参加のお返事がいただけるかをお知らせください。

★着付けに自信がなく、手直しをご希望の方は、申し込み時にお知らせくださいませ。

お問い合わせ・お申し込みは
info☆kimono-hagoromo.com(☆を@にかえて送信してください。)までお願いいたします。
090-8183-2563(野村)(出られないことがありますので、留守電にメッセージを入れてください。)

まずは、参加申し込みをしていただいてから、後日、着物の組み合わせを考えてお知らせくださっても大丈夫です。

皆様のご参加をお待ちしております。



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
Date: 2013.12.03
Category: ご案内
Comments (0)Trackbacks (0)

一衣舎・楽艸 二人展3

楽艸さんの唐草柄の着物を拝見するために、最終日も通ってしまいました。
お肌つやつやの美しい方です。

20131201 001b

ちょうど入ってきたのが、りのりのさん。
ガーリー茶会の前に立ち寄ろうかな、と書いたのを見逃しませんでしたね(笑)

なんと!帯を一衣舎の木村先生に直してもらってる!
そんなレアな一コマも。

20131201 002

ガーリー仕様のはごろもと、キリリ系のりのりのさんです。

20131201 003b

ガーリーならばと、このような草履をすすめられましたよ。
いかがでしょうか?

20131201 010

ひとりで漫談できる楽艸さんですが、
コンビ組んでデビューする???

20131201 008b

さて、時間が迫ってきました。ガーリー茶会ならぬ、茶ガール茶会へ!




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
Date: 2013.12.02
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)
プロフィール

Author:着物~はごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR