七月の成岩教室

風は涼しいのですが、暑い日々です。
この風の涼しさが、なぜか苦手で、夏風邪を引きかけたようです。

さて、成岩教室は3名。
それぞれのコーディネートを、お互いに楽しんでいます。

CIMG9981.jpg

カルタ結びに、帯留をして。

CIMG9980.jpg

ゼブラ柄に、風船結び。
この柄をみて、ゲランの香水のパッケージを思い浮かべてしまいました。
「ミツコ」だったか、「夜間飛行」だったかしら?

CIMG9984bb.jpg

セオアルファの生地は、さらりとして裾さばきよいですが、細身の方は胸回りの着付けを丁寧にしないと着崩れやすいです。
少し苦戦していました。

CIMG9985.jpg

ルミロックのクロコダイル柄の浴衣です。

CIMG9990bb.jpg

格好イイのがお好みです。

CIMG9989bb.jpg

こちらは、しっとり女らしく。
首里織の半幅帯が、締めやすいと絶賛!
今度は、白っぽい色を手に入れたいなぁと。

CIMG9993bb.jpg

前回ステテコのお話をしていたので、ユニクロのステテコを見せてくれました。
ムーミン・シリーズのスナフキン。
このスナフキンは、ふっくらしていますね。

CIMG9979.jpg

宮古上布に羅の袋なごや帯。

CIMG9987.jpg

珍しく、帯締めを帯に溶け込む色目で、合わせてみました。
大人しいですね。

CIMG9988.jpg

大人しいコーディネートを選ぶときは、少ししんどいのかもしれません。
今日は、夜の自分のお稽古は休んで、早く休むことにします。
夏風邪にご注意を。


↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Date: 2014.07.29
Category: 着付け
Comments (0)Trackbacks (0)

思い出のマーニー

久々のレイトショー。
思い出のマーニーを、観てきました。

癒されて、ちょっと泣いてきました。






↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2014.07.28
Category: 出来事
Comments (0)Trackbacks (0)

面白い帯留たち

いつもで着物でお出かけされる二人が、それぞれに、面白い帯留をされていたので、撮影させていだきましたよ。

思わず、「ワニ???」とお尋ねしたら、どうも「トカゲ」らしいのです。
ボタンを帯留にされているようです。

CIMG9967.jpg

帯まわりも、色味は抑えてあるものの、キュートです。

CIMG9966.jpg

こちらは、イソギンチャクのような、お花のような、はたまた、ウニのような、帯留です。
実は、指輪だよーん、と、種明かししてくださいました。
何でも楽しんでしまうところが、いいですね。

CIMG9968.jpg

自分の帯まわりは、撮影出来ず、帯の上に置いてみました。
珊瑚のウミガメの帯留です。

CIMG9976.jpg

暑い日が続きますね。
家に帰ると、汗でビッタンコです。
仕事は一日冷房のところなので、家に帰ると着物を脱いで、しっかり汗をかくようにしています。
今のところ、梅酵素ジュースで、夏バテ知らず、です。
どうぞ、ご自愛くださいませ。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2014.07.27
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

ふで工房 椛(もみじ)

ふで工房 椛さんに、二年ぶりにお会いしました。
仕事帰りに寄ったので、短い時間でしたが、お元気そうで、作品も進化し続けておりました。
あ、写真を撮り忘れました。。。あしからず。

平成26年7月23日(水)~29日(火)
ジェイアール名古屋タカシマヤ 10階催会場
下駄アーティスト すずきちえさんのご一緒に出品されています。

そのお隣では、Berry工房さんも出店しておりました。

あちこちで、浴衣もバーゲンに突入!、お値打ちになったものを上手に手に入れるのも、楽しみの一つですね。
今日も、お店でお会いした方に、着物熱が上がったみたいだわと、言われました。
確かに、気温も上昇した名古屋ですが。

そうそう、ふで工房 椛さんから、お豆のお話をいただきました。

CIMG9969.jpg

豆、それは新しい命。次の息吹のための種。
この豆が芽を出すためには、風や動物たちの力を借りながら、新しい土地で土に落ちることから始まります。
たくさんの日光にあたる、雨に潤され、さまざまな力を借りながら成長していきます。
これは人間も同じ。
自分ひとりでは、生きてはいけません。たくさんの人の手を借りて育っていくのです。
そんな豆たちに、ひとつづつ、心を込めて描きました。
どうぞ、天然素材の豆たちの優しい風合いや、自然の恵みを感じてください。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2014.07.26
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

このところ、浴衣暮らしです。

暑中お見舞い申し上げます。
いかがお過ごしでしょうか。

はごろもは、毎日、しっかりと汗をかいております。
暑くても汗がかけないって、とても苦しいんだよと、そのような病気に罹った方が話してくれました。
そう思うと、汗がかけることも、健康な証拠で、有り難いことですね。

このところ、着物暮らし、ならぬ、浴衣暮らしをしております。
仕事の時は、襦袢、足袋、名古屋帯をして、着物風に。
休みの時は、襦袢なしで、半幅帯をしています。
自分で洗えるから、気兼ねなく、夏を過ごせます。

うちわ柄の綿絽に、変わり絽の染帯。

CIMG9965.jpg

うちわといえば、「左うちわ」という言葉が、浮かびます。
「左うちわ」とは、利き手でない左手でゆうゆうと団扇を使って涼を取るさまが、ゆったりした生活を送っているように見えることから、安楽に暮らすことをいいます。

額に汗して働く人は、「右うちわ」になってしまうんでしょうかねぇ。
こんなにうちわが、わらわらあったら、あおぐだけで疲れちゃいそうです。
あ、これだけの数のうちわを、皆であおげは涼しい風が、お互いに届きそうですね。

どうぞ、ご自愛くださいませ。


↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




Date: 2014.07.25
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

言葉のセンスと着物

先日、雷で目が覚めた朝、あわてて夜干した洗濯物を取り込んで、コンセントを抜いて、再び蚊帳の中へ滑り込みました。

「足早に 雷去りぬ 蚊帳のなか」

10534490_672177652873229_5912332150940999150_n.jpg

「蚊帳のなか」というと、蚊帳には一人なのか、それとも二人なのか、気になるところです。
もし、二人なら、その仲は、親子なのか、夫婦なのか、などど関係を、思いめぐらせます。

それとも、「蚊帳のうち」ならば、蚊帳を結界ととらえて、内と外と考えるのもよいかしら。
小さい頃、雷嫌いな祖母が、蚊帳の中で「くわばら、くわばら」と唱えていたことを思い出しながら、言葉をつぶやいてみました。

「足早に 雷去りぬ 蚊帳のうち」

些細なことなのですが、自分にしっくりくる言葉を探してみることも、大切だと思うのです。
センスとは、物事の微妙な感じよさを知る心の働き。

着物暮らしの日々のなかで、その日の自分にしっくりくる着物と帯、帯揚げ、帯締めを選ぶことと、似ていると思うのです。
例えば、同じ着物と帯でも、帯締めを、水あさぎ色の冠組にするのか、市松の三分紐にアワビの帯留にするのかで、印象が違ってきます。
何気なく選んでいるのですが、こうして意識してみますと、日々に着物を着るということは、自分の心のうちを身に纏うもので表しているとも言えます。
洋服よりも着物の方が、より、その人となりが出るといわれるのは、形が決まっているからこそ、何を選び、どう合わせたかが、わかりやすいのでしょう。

着こなしを磨くのと同じく、言葉のセンスも磨いていきたいと、こうして、書くたびに常に願うことです。
日々、何事も修行かな。

そうそう、覚書として、雷の一週間前に、リアルな夢をみました。
夢占いによると、幸運の訪れを暗示するとてもラッキーな夢らしいのです。
どんな夢なのかは、ひ・み・つ・。


↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Date: 2014.07.24
Category: 出来事
Comments (0)Trackbacks (0)

ご案内予定をお知らせします。

最近、すっとぼけ力が付いてきたと自覚する日々です。
細かいことを挙げるとキリがないのですが、先日の浴衣パーティーに案内のフライヤーを持っていくのを忘れてしまいました。
まずは、そのご案内から。

★青少年長唄まつり&レクチャーコンサート
 8月9日(土)開場12時半・開演13時
 中電ホール
 入場料1000円

スキャン_20140721 (3)

スキャン_20140721 (2)

★郡上踊り特別練習会
 8月3日(日)19時~20時半
 円頓寺本町商店街・マルゼン横交差点
 参加費 無料

スキャン_20140614

★「ブルキナのかごと布展」〜西アフリカ、ブルキナファソの手編みカゴ、布など〜
8月1日(金)~5日(火 )9:00〜17:00 ※最終日は15:00まで
場所/日本茶カフェ 入口屋
愛知県半田市岩滑東町1-92-2
tel.0569-23-7100 水曜定休
入口屋

10469172_648526191891820_7638319113642795389_n.jpg


★アート展 『Dream...Dream...Dream...』 夢のまにまに
 8月2日(土)~10日(日) 11:00~17:00
翔風館
 入場無料
 15名の作家さんが館内に作品を展示。

<3日間限定 スペシャルランチ>をご用意!!
~夏に爽やかな美食 夢のコース料理~
■8月8日(金)・9日(土)・10日(日)
時間:12時~
要予約¥3,500(税別途)
翔風館グランシェフ 木下秀敏
各日定員 25名様

残席わずかですので、お急ぎ下さい!!
ご予約の方は ご希望のお日にちをお伝えください。

詳しくは、こちら→翔風館HPブログをごらんください。

ご予約:0568・26・7735
 ウエディングサロン セントゾーン迄

10409666_541867052602566_1331783190333258033_n.jpg
10492178_541867799269158_7552458963585771265_n.jpg

★郡上徹夜おどり
 8月13日~16日
 詳しくはこちら→郡上踊り日程表

 はごろもは、13日の夜中から明け方に参加予定。

五山送り火
  8月16日
 京都の親戚が亡くなりまして、初盆は京都で見送ることにいたします。


★もずやの琉球染織展
 9月19日(金) 11時から18時
 9月20日(土) 11時から17時
 岳見町ぎゃらりぃ
 もずやさんはもちろん、はごろもも、2日間とも在中しておりますので、お気軽にお出かけ下さいませ。

かつて、琉球王国として輝かしい王朝文明を誇った沖縄。
私たちの願いは、その素晴らしい文化を染織工芸を通してみなさまにお伝えすることです。
沖縄染織の素晴らしさはそのおおらかさと力強さにあります。
特に首里織・紅型は身分の高い人々の手で貴族以上の人たちの衣装として造られたもので日本の他の染織と違う歴史を持っています。沖縄染織を形作っているのは歴史・文化・自然・風土であり、そこから生まれる沖縄の人たちの持つ独特の『美意識』です。いま、その素晴らしい物が特色を失いつつあります。
私たちはそこに問題意識をもち、沖縄染織本来のすばらしさを多くの方々に理解して頂きたいとおもっております。

 もずや民藝館HP
 もずや民藝館EC (会員制)

9月19日(金)の夜は、東海もずや会の親睦会を予定しております。
詳細は、後日にお知らせしますので、よろしくお願いいたします。

スキャン_20140722 (2)
 

★手しごと展・古布とステンドグラスで「四季の暮らしを彩る」
 10月17日(金)~19日(日)
 岳見町ぎゃらりぃ
 
 「甦る布展」ふぁっしょんしょーの主催された縫姫さん、その時の留袖ドレスなど製作されたりのりのさん、そして、ステンドグラスこもれび工房のぱむさん、三名による手しごとの作品展です。


秋は色々イベントがありそうですね。
まずは、参加予定のものに絞って、ご案内いたしました。
ぜひ、お出かけ下さいませ。


↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Date: 2014.07.21
Category: ご案内
Comments (0)Trackbacks (0)

トワイライト・ハイティー浴衣パーティ

19日、テーブルコーディネーターの片桐操さん主催の「トワイライト・ハイティー浴衣パーティ」が、ヒルトンのプライベートルームにて、開催されました。
まずは、ハイティーのお話を伺いました。

ハイティーは、アフタヌーンティーよりもさらに遅い時間に行う食習慣で、労働者階級・農民の生活環境から始まったものです。その為、上流階級の人々は自分たちのお茶の時間を絶対にハイティーと呼びませんでした。
事実上の夕食であった為、サンドイッチなどの軽食やお菓子類だけではなく、肉料理や魚料理がメインとしても並びます。
今回は、ドレスコードが「浴衣」ということで、食べやすいフィンガーチョイスを用意してくださってました。

CIMG9916.jpg

CIMG9918.jpg

CIMG9917.jpg

司会進行も、チャーミングにこなす、片桐操さん。

CIMG9919.jpg

「ヒルトンスカイ」で、乾杯!
グレープフルーツベースのカクテルです。

CIMG9920.jpg

華やかですね。

10421641_672314916192836_8189478788019705016_n.jpg

今回は、ゲストスピーカーということで、主催の片桐操さんとトーク形式で、「大人の浴衣の着こなし」についてお話させていただきました。皆様、熱心に聞いてくださって、ありがとうございました。

少しだけ、皆様の帯まわりをご紹介いたします。

偶然にも私と同じようなハート形の石の根付を、されていらっしゃいました。
ジャスパーの碧石は、大地の自然のエネルギーを体内に満たして、心身をバランスのとれた良い状態に保つよう働きかけるとされています。帯留は翡翠。
珊瑚の指輪は、帯の挿し色に合わせて、血色が効いています。

CIMG9930.jpg

リバーシブルの帯は、ひねりを入れると、飾りを付けなくてもボリュームが出ますね。

CIMG9925.jpg

CIMG9924.jpg

トランプ柄が個性的な浴衣の方。

CIMG9928.jpg

うなじの白さが際立つ、艶ぽい色合いです。

CIMG9923.jpg

破れ麻の葉柄の浴衣が、涼やか。

CIMG9926.jpg

赤いお花の髪飾りがお似合いでした。夜空の花火のようにもみえる菊柄が映えます。
二次会でお話をしたら、なんと知多半島繋がり!お隣の町の方でした。

CIMG9934.jpg

まだまだ、素敵な方が沢山いらっしゃいましたが、近くにいらした方のみ撮影させていただきました。
男性の浴衣姿も格好よかったです。

二次会のお店も感じがよくて、楽しい会となりました。
主催の片桐操さんのお人柄で、素敵な方々との出会いがあり、感謝いたします。

皆さまとご一緒に、着物を通じてのお話が出来ると嬉しいです。
また、お声かけをくださいませ。
ありがとうございました。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2014.07.20
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

夏は水玉。

最近のお気に入り、水玉の綿麻浴衣です。
この春の、岳見町ぎゃらりぃ和物市で、手に入れたものです。
ぼたんさん、出品ありがとうございました。大活躍しています。

水玉つながりのNさんと。

1405686162050.jpg

夏は水玉、とくれば、カルピスを思い出します。
久しく飲んでいないけれど、カルピスウォーターのCMも水玉浴衣ですね。

CIMG9869.jpg

庭の百日紅の花が、咲きだしました。

明日からは、夏のイベント多し!
素敵な夏を、お過ごしくださいませ。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2014.07.18
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

茅輪神事と巫女舞

城山八幡宮の巫女舞と茅輪神事に出かけて、半年分の穢れを祓っていただきました。

CIMG9903b.jpg

ananさんの巫女舞。

CIMG9891b.jpg

だんだんと日が落ちて灯りが燈ります。

CIMG9898.jpg

浦安の舞。

CIMG9897b.jpg

鈴祓い。

CIMG9901b.jpg

大茅輪くぐり。
スサノヲノ命の故事に習い、祓芦(はらえよし)を持って、三度、茅の輪をくぐり、茅(ち・ちがや)の働きによって無病息災・諸難消除・健康長寿を御護り戴く夏の神事です。
この祓芦は諸難消除・無病息災・厄除開運の御守りとして、1人1本受け、正月まで自宅に置きます。

CIMG9906.jpg

郷さんと、たろうさんも、ananさんの巫女舞と、懇親会におみえでした。
私は、懇親会には参加せず、この後に帰りました。
ananさん、お誘いをありがとうございました。
とても暑くて、帯締めまでだらけてましたね。。。

CIMG9910bb.jpg

盆踊りもあり、子供たちも沢山いて、賑やかでした。
「名古屋ばやし」なら踊れるわ!あ、思い出せたらね。。。

♪名古屋ばやしでヨッサヨサ 踊れ~や踊~れ~♪

CIMG9912.jpg

ところで、藤が丘の盆踊り(8月2日・3日)では、「ダンシング・ヒーロー」が人気だとか。
これも盆踊り???
老若男女、皆で踊るのが盆踊りのよいところです。
これは一度体験してこないとね。
2日に行ってみようかな。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Date: 2014.07.17
Category: 日本文化
Comments (0)Trackbacks (0)

7月の着こなし講座も熱かった。

はごろもの着こなし講座は、来月は夏休みということもあり、熱かったです。

昼の部は、海外旅行で着物を着る!という方も飛び入りで、何とか頑張りました。
本当は、もう一回ぐらい出来るとよかったのですが、一緒に行かれる方も着付けを習って見えるので、助け合えるから大丈夫かな。そうゆうことにしておこう。。。

他の昼の部メンバーは、浴衣に半幅帯でした。

10492258_670817726342555_8025684031250401435_n.jpg

真ん中の短い帯の方は、カルタ結び。
帯を切ってお仕覆を作ってしまったそうですが、そんな短い帯でも結べる方法で。
両側のお二人は、長い帯で、風船結び。
ボリュームがあるので、お尻の大きさがカバーできるのが嬉しいですね。

大きいサイズのプレタ浴衣を上手く着付ける方法も伝授。
色々と皆様、チャレンジャーです。

そして、夜の部は、夏着物あり、浴衣あり、でした。
浴衣の帯は、カルタ結びの他に、リボン返しを若い方に覚えていただき、やるまいぞさんおすすめの貝ノ口バリエーションを教えて貰ったり、わいわいと皆さんの気心も知れてきて、時間があっという間に過ぎてしまいます。

10489788_670817743009220_6333762741511163853_n.jpg

次回の名古屋植田、千種の着こなし講座は、9月16日(火)です。
成岩教室は、7月29日(火)、その次は、9月30日(火)になります。
8月は暑いので夏休みです。

今日はスイカが美味しかった~。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2014.07.16
Category: 着付け
Comments (0)Trackbacks (0)

郡上踊り2014、帯まわり

浴衣に半幅帯では、帯留はなくてもよいのですが、無地系の帯には、実用を兼ねた飾りがあっても、着姿が引き締まるのではと思います。

CIMG9812b.jpg

ホットな夏にぴったりな、本物の唐辛子が加工された帯留だと伺いました。
おニューの綿絽の浴衣のケイちゃんは、いつもお洒落です。

CIMG9818.jpg

白蝶貝の薔薇のブローチを帯留にしたエイコさん。
残念ながら、すてきな薔薇を落としてしまったのです。
ブローチを帯留にする金具があるのですが、力が入ると外れて落としてしまうことがあります。
私も落としたことがあるので、ブローチを代用するのはやめることにしました。
無事に出てくることをお祈りします。

CIMG9819.jpg

自分の腹回りならぬ、帯まわりを撮ってもらいました。
祖母のアワビの帯留は、夏によく使います。
こちらも白蝶貝です。
祖母も海のものが好きだったのかしら。

CIMG9820.jpg

♪郡上の八幡 出ていく時は 雨も降らぬに 袖しぼる♪

CIMG9822.jpg

そうそう、7月19日(土)は、浴衣でトワイライト・ハイティーパーティー@ヒルトン名古屋が、開催されます。
詳しくは、こちらをクリック→浴衣パーティのご案内
はごろもは、ゲストスピーカーとして参加します。
「大人の浴衣の着こなし」を、主催の方とトークショー形式でお伝えします。
プロのカメラマンさんに撮影もしていただけますよ。
浴衣でお出かけ下さいませ。

↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Date: 2014.07.15
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

郡上踊り2014スーパームーンの発祥祭

今日のお宿と、言ってみたいわ、ポーズのみ。

CIMG9807bb.jpg

旅館「備前屋」さんは、郡上藩の学校の跡なのですね。

CIMG9805.jpg

瓢箪発見。

CIMG9806.jpg

今年の手拭いを買い、旧庁舎前へ。

CIMG9804b.jpg

発祥祭2014始まりました。

CIMG9821.jpg

切子灯篭の真下から。

CIMG9827bb.jpg

流し踊り。

CIMG9842bb.jpg

屋台も引っ張られて、踊りの会場へ向かいます。

CIMG9856.jpg

二年雨が続いた発祥祭でしたが、今年は満月。
スーパームーンの幸先の良い始まりでした。
何回行けるかな。

CIMG9864bb.jpg




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2014.07.15
Category: 郡上踊り
Comments (2)Trackbacks (0)

郡上八幡本町の蕎麦、味噌、酒

まずは、腹ごしらえということで、初めて「平甚」へ、行ってみました。

CIMG9789.jpg

これでは足りなかったです。。。牛丼も付いたセットにすればよかったな。。。

CIMG9790.jpg

円頓寺でお会いする方々と、遭遇します。皆、踊り助平さんですね。
平甚さんでも、ガッツリ牛丼を頼んでいらっしゃいましたよ。
川を眺めるエイコさん。

CIMG9788.jpg

「大黒屋」さん。

CIMG9796.jpg

ここの味噌がとても美味しくて、呑み助さんはお酒のアテにされます。
上手く言えないのだけれど、爽やかさがある味噌なのです。
上田酒店で教えてもらい、味噌の中では一番好きです。

CIMG9795.jpg

いつも立ち寄る「上田酒店」。
大将も女将さんも、気さくに美味しいお酒をすすめてくださいます。
とは言っても、私は杏仁ソフトクリームです。

CIMG9798.jpg

最後の一瓶を、じゃんけんして手に入れたエイコさん。
55度って!
舐めたら倒れると思います。。。

CIMG9797.jpg

宗祇水にて。

CIMG9791bb.jpg

水の流れは勢いがありました。

CIMG9793bb.jpg

明るいうちに撮影。
可愛いお顔です。誰かモデルがいたのかしら。

CIMG9799.jpg

さあ、発祥祭へ!
まだ続きます。


↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2014.07.14
Category: 食べもの
Comments (0)Trackbacks (0)

郡上踊り2014、まずは下駄から

今年も郡上踊りの、熱い夏がやってきました。
7月12日の発祥祭に!
この前の円頓寺練習会でお会いした方が、偶然にも近所だということがわかり、ご一緒することになりました。
伏見でエイコさんを拾って、郡上八幡へGO!

CIMG9773.jpg

良いお天気で、お城も綺麗に見えます。
安養寺の駐車場に入れて、まずは「糸カフェ」に向かいました。
店内で、パチリ☆

CIMG9774b.jpg

早速、ひのきの下駄に鼻緒を挿げて貰いました。

CIMG9776.jpg

鼻緒が見やすく、選べます。

CIMG9777.jpg

ガラス越しに挿げているところを撮りましたら、自分が写ってしまいました。
職人さんは、エイコさんと同郷だと判明!
何だか偶然が重なります。

CIMG9780.jpg

やなかのこみちにて。

CIMG9785b.jpg

よくみると、正目の下駄ではありません。
郡上のひのきを使い、一塊の木から削り出しています。
中心に向かうほど硬いので、そちらを下駄の歯の部分にして左右均等な強度になるようにしていると、教えてくださいました。
歯のところを見ると、真ん中が木の中心になっています。
片側だけが減るを、防ぎやすいですね。

CIMG9865.jpg

踊り下駄の上手な履き方としては、一晩のうち途中で左右を履き替えて、均等に減るようにするとよいです。
どうしても足の癖で偏りが出てきますから、修正しながら履いていきます。
そのために真ん中に鼻緒が挿げてあるのです。

中国製の下駄で、真ん中に鼻緒が挿げてないのをみて驚きました。
下駄を履く文化がないところで挿げさせては、形を真似ることはできても、微妙な加減ができるわけがないのです。
10年前くらいに、あれこれ足を入れてみて、鼻緒の挿げ具合がしっくりきませんでした。下駄が合わないというより、足を見て挿げてくれるものでないと、足にしっくりくる下駄は、選べませんね。

一昔前までは、一般の人が自分で鼻緒挿げができるのが、当たり前でした。やり方を知っているからこそ、鼻緒が切れても布を裂いて応急処置が出来たのです。
それくらいは、出来るようになりたいものです。

今日はここまで。
発祥祭の記事は続きます。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Date: 2014.07.13
Category: 郡上踊り
Comments (0)Trackbacks (0)

布ナプ~Ena~販売終了いたします。

着物~はごろもにて、ご紹介してまいりました、ひらやませいこさんの「布ナプ~Ena~」は、販売を終了いたしますので、ご了解くださいませ。

ひらやませいこさんのブログ→あるがままに…

昔の女性はできていた、月経血コントロール。
お話会をしてみると、意外や意外、現代の女性も言わないだけで、あたりまえにコントロールしている女子力が高い方もいらっしゃいました。
年齢に関係なく、知らない方は一応に驚きます。
本の知識だけではなく、お話会という形で、参加された方が自分自身を振り返ってみる、良い機会となりました。

ただ布ナプを販売するだけではなく、自分でコントロールできるように意識づけするお話が聞けたことが有意義でした。
布ナプに関しては、経血の処理で、感染症の方の場合には問題があることも指摘されております。

上手に活用していただけますと、コントロールがしやすく、体を冷やすことなく、健やかな日々を過ごして頂けると、はごろものネットショップにてお取り扱をしておりましたが、ひらやませいこさんのご都合で、販売を終了いたします。
 ご愛用下さった方々、熱く御礼を申し上げます。

CIMG9531.jpg




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Date: 2014.07.10
Category: ご案内
Comments (0)Trackbacks (0)

ラベンダーとひまわり

先日、刈谷に行く前に、Mariko-Style 花教室の「フレッシュラベンダー教室」へ参加してきました。
北海道海から送られてきた、ラベンダーを使って、ラベンダーバンドルズを作りました。
ラベンダーを整えて、リボンで編んでいくものですが、数を数えるのが思ったより難しくて、なかなか進みませんでした。
上、下、上、下、と進めていくのですが、見けられずに迷子になったり。。。
うーん、こんなところでも迷子かいな。。。
満里子先生に助けてもらい、苦労して編んだラベンダーバンドルズでした。

CIMG9741.jpg

これからの10年間、香りの握手で、あなたのココロを癒してくれることでしよう、と教えてくださいました。
香りの握手とは、ラベンダーなど、香りのあるハーブをそっと握りしめ、手のひらに移ったその香りを楽しむことです。

ラベンダーは、花だけでなく、茎も皆、香りがあるので、切った茎も持ち帰りました。
テーブルの下に落ちたラベンダーも、しばらくそのままにしておくのが、Mariko-Style。
どこの国か聞き忘れましたが、殺菌効果があるので、玄関マットにラベンダーを入れ込んで、まずは靴で踏んで殺菌するところもあると伺いました。

残りは、束ねてドライにして楽しみます。
満里子先生、ありがとうございました。

そして、久しぶりに、南知多花ひろばへ行ってきました。

CIMG9754b.jpg

梅雨はあけないけれど、一足早く夏休み気分です。
私の顔くらいある向日葵を見つけて、並んでみました。

CIMG9765bjpg.jpg

こんなお茶目ないたずらしたのは、だあれ?

CIMG9767b.jpg

台風の進路が心配です。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2014.07.09
Category: 植物
Comments (0)Trackbacks (0)

山葡萄の籠デビュー!

先日の山葡萄の籠の記事に触発されて?
エイッ!と買っちゃいました!と、お店にお立ちより下さいました。

CIMG9744.jpg

まだ、ゴツゴツしているので、たわしで磨くといいと言われたそうで、亀の子タワシも入手されました。
今は、亀の子タワシも探さないと手に入らない世の中となりましたので、この職人展は、欲しいものだらけで危ないです。
栃の実の飾りつきですね。

CIMG9745.jpg

三年前からブログを読んでいて下さる、蘭ママさん。
いつかは山葡萄の籠を手に入れたいと思いつつ、眺めているうちに値段も上がっていき、また値が上がると聞き、思い切ったとのこと。背中を押してもらえたから、手に入れることが出来たと、めでたく山葡萄の籠デビュー!

おめでとうございます。

この次は、浴衣デビュー! そして、着物デビュー!と参りませう。
蘭ママさん、お手伝いできることがありましたら、お気軽にご相談くださいませね。

打てば響く、そのような関わり合いができるといいなぁと、鼓の柄の綿絽を着た日の出来事でした。

CIMG9749.jpg

感謝。


↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2014.07.08
Category: 出来事
Comments (0)Trackbacks (0)

雨の刈谷ハイウエイオアシス

郡上踊りと雨は、どうしてセットのようになるのでしょうね。
そして、どうも晴れ女は通用しないようです。

10454534_665102786914049_5714522351607782847_n.jpg

遅れて、刈谷ハイウエイオアシスに到着しました。
ポリエステルの半幅帯なので、雨でも大丈夫です。
博多の半幅帯を雨に降られて、二本ふかふかにしてしまった苦い経験から、郡上踊り用にポリエステルの半幅帯を用意しました。
風船結びを長めの帯で結んだのですが、全く画像なし。。。
風船太鼓より、ボリュームが出るので、若い方にいいかも、です。

「やっちく」を傘をさして眺めておりましたが、「げんげんばらばら」から「まつさか」まで踊っちゃいました。

雨の時には、手拭いを頭に被って踊ります。
女性は、色っぽくみえますね。
頬被りの男性もみえました。浴衣に下駄は必須ですが、皆さん思い思いのスタイルです。
今日は、池下のクロワッサンのお店で買った、帽子を被って踊りました。

雨なので、好きな人しか踊りませんから、程よい加減で、楽しく踊ることが出来ました。
いよいよ、始まりますね。
発祥祭は、7月12日(土)です。

糸カフェが7月5日にオープンしました。檜木の下駄が並んでいます。鼻緒をすげてくれるので、立ち寄ってみようと思います。発祥祭りは、雨が降らないでほしいですね。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2014.07.06
Category: 郡上踊り
Comments (0)Trackbacks (0)

日本の職人展・山葡萄とつげ櫛

日本の職人展は、松坂屋名古屋店にて、14日まで開催しています。

山形の山葡萄の籠と、大阪泉州のつげ櫛を拝見しました。(こちらは、8日まで。)
ついつい、お話を伺っているとあっという間に時間が経ってしまいます。

山葡萄の鷹山さんには、昨年末、阪急でお世話になり、蔓のことを色々と教えてもらいました。
今年の分はもう採取されたのですが、雨が少なかったので、いつもより早く、期間も短かったとのこと。
数が採れなくなってきているそうです。
国定公園には沢山あっても採取できないのでねと、なんとも、もどかしいことを今回も伺いました。

樹齢80年から100年くらいの山葡萄の蔓を採り、水につけて柔らかくして編んでいきます。

CIMG9731.jpg

「ゆずりは」で初めて山葡萄の籠を買った話から、青森の弘前を訪れたときに立ち寄った「みかみ工芸」の話題になりました。
検索してみると、話題の通りでした。
「みかみ工芸」は近年までは青森県内のカゴ製造販売では中心的な役割を果たした卸会社でしたが、優れたお抱えのつくり手が亡くなられ、あるいは去った人もあり、現在では「宮本工芸」が主流となっています。
その道はその道で、網羅されていますから、情報が聞けてよかったです。
「みかみ工芸」で購入した、姫アケビの蔓で編んだ下駄を履いていますが、より大事にしなくっちゃ!です。

ふと気になって立ち止まった、大阪貝塚のつげ櫛の西出櫛工業さん。
日本のつげ櫛は、欽明天皇(6世紀後半)のころに、この地方で作られていたと書物に書かれているそうです。
大阪貝塚市は日本最古の櫛産地で、江戸時代に木曽や薩摩に広まったのでした。
名古屋には、創業明治36年の櫛留商店がありますが、歴史が違います。

それから、私の持っている携帯用の櫛は、木曽のつげだと思っていたら、ミネバリの木だと判明。、カバノキ科の落葉高木で、1ミリ太るのに3年かかると言われて、 それだけに目の詰まった木質のもの。木曽の藪原では豊富にある木でした。

国産の薩摩柘植(さつまつげ)を使っているものは、薩摩柘植と櫛に明記されています。
明記されていないものは、国産の柘植ではないとのこと。何が違うのかというと、粘りが違うので長持ちするとのこと。
ああ、これは柘植だけでなく、山葡萄の蔓も、同じですね。
ガサガサになった山葡萄の籠を見たことがありましたから、蔓の粘りが違うと聞いたことがありました。

国産のつげ櫛は、土産物屋には売っていないよ、と言われました。お値段が違うからですね。

一番興味深かったのは、つげ櫛と椿油の使い方を、教えていただいたことでした。
椿油は、不乾性油なのですので、付け過ぎに注意が必要です。
椿油の瓶の口に、人差し指を置いて逆さにして、少量の油を指の腹に移します。
その指についた油を、つげ櫛の歯に塗ります。そして髪を梳きます。
そうすることで、椿油を付け過ぎることなく、髪を艶やかに保つことが出来ますし、つげ櫛も汚れにくいのです。

今は何でもネット検索で調べることが出来ますが、さらりと見たところ、このやり方は出てなかったようです。
椿油とつげ櫛は、昔から愛用されてきたものですし、髪に良いと言われていますが、どのように使ったらよいのかは、当たり前すぎて、伝えられることすらなかったのだと思われます。
でも、この当たり前すぎといわれるところが、一番大切なことで、これが抜けてしまうと、可笑しなことになってしまうことがあります。

ある時代までは、皆が当たり前の見識だったことが、当たり前のことは、当たり前すぎてどこにも書かれることなく過ぎ、その見識を持った人たちがいなくなると、知られなくなってしまうということがあります。

<ピラミッドはあるが、エジプトの人はピラミッドの作り方を知らない>

日本の美しいものや、事柄が、エジプトのピラミッドにならないように、日々の中から、やまとこころに触れる暮らしをしていきたいと、古くから日本人に愛され続けてきた「つげ櫛と椿油」から、改めて想わせていただきました。

薩摩柘植のつげ櫛が、とても欲しくなりました。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Date: 2014.07.04
Category: 日本文化
Comments (4)Trackbacks (0)

水、波、千鳥の帯留

好評な、ぼたんコレクションの帯留は、波シリーズです。
詳しくは、こちら→着物はごろも

201407.jpg



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2014.07.02
Category: 帯留
Comments (0)Trackbacks (0)
プロフィール

Author:着物~はごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR