手前味噌

日本の発酵食品は、粗食で元気でいられる元だと思います。
手前味噌という言葉どおり、昔は自宅で味噌も作っていたのです。
食や健康にこだわりを持つ方の中には、手前味噌を作っていらっしゃる方も少なくありません。

今年は、りんごさんとクロベエさんと味噌作りをしました。こちらをクリック→☆☆☆
すっかり忘れて眠らせておいたら、出来てました!

赤味噌に慣れている私の好みからすると、甘めですが、これはこれで美味しいです。
だって、手前味噌だもん!

CIMG0307.jpg

麦みそと、米みそ。
その重石にしていた塩は、炒って、料理に使います。

CIMG0305.jpg

今日は、栗のおはぎを頂きました。
何だか茶色の写真ばかりになってしまいました。

CIMG0315.jpg

食欲の秋ですね。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Date: 2014.09.29
Category: 食べもの
Comments (0)Trackbacks (0)

やるまいぞさんの狂言

着付けをした後に、名古屋能楽堂へ向かいました。
「和泉流狂言大会」

CIMG0276.jpg

ちょうど5分間の休憩に入ったところへ到着!間に合いました。
うまこさんを発見!隣に座らせていただきました。

やるまいぞさんの演目は「飛越」(とびこえ)、新発意(しんぽち)の役。
川を飛び越えようとして、あっ、あぶない!小坊さん。

10295799_656122737818206_1516084537686525264_n.jpg

最後は、相撲を取ることに。

CIMG0296.jpg

前後の演目も楽しませて頂きました。
創作狂言「詣男」(もうでおとこ)

CIMG0279.jpg

「附子」(ぶす)には、中学二年生、二人が出演。

CIMG0298.jpg

着こなし講座の夜の部のTさんが、着物で来てみえました。
お声をかけてくださって、気が付きました。
「習うより慣れろ」を実践されていらっしゃいます。

先日の岳見町ぎゃらりぃでお会いしてご案内をしたご夫妻も前の席にいらして、やるまいぞさんをご紹介できました。

もっとびっくりしたのは、着こなし講座昼の部のMさんと、日本語教師tamadoさんは、やるまいぞさんの相方さんとお知り合いで、舞台を観に来られたのでした。
色々繋がりますね~。

そんな、芸どころ名古屋では、今年も、「やっとかめ文化祭」が開催されます。
オープニングは、10月31日です。
辻狂言など、気軽に名古屋の文化に触れられるお祭りです。
この機会に、名古屋めしだけでなく、芸どころ名古屋を楽しんで頂きたいです。

th_11.jpg

何だかエネルギー切れだわと思ったら、お昼を食べてなかったのでした。
久しぶりに「王番」さんで、しっかり晩御飯を頂きました。

この日は、長良川で郡上踊り、白鳥踊りは仮装大会でした。
流石に、行く体力はなかったです。。。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Date: 2014.09.28
Category: 日本文化
Comments (0)Trackbacks (0)

振袖着付け

友人の御子息様の結婚式でした。
ご結婚おめでとうございます。
準主役となる新郎と新婦のお母様の黒留着付けと、新婦のお友達の振袖着付けをさせていただきました。

振袖姿がとても着映えして素敵でしたから、写真を撮らせてもらいブログ掲載も許可いただきました。
振袖は着納めになると言われるので、お尋ねしたら、結納を済ませたとのこと。
次は、美しい花嫁さんになられるのですね。おめでとうございます。
ドレスのお友達は、募集中です。
お二人で、祝辞を述べられるお役目で、緊張する~!と話している姿が、初々しかったです。
記念に、ご一緒させていただきました。

CIMG0274.jpg

古典の柄の振袖は、ひとめ惚れして買ってもらったそうです。
大事にして、女の子が生まれたら、着せてあげられるね、なんて言ってしまいました。
友人に出産祝いを持って行ったのが、ついこの前のような気もして、黒留袖を着せていて、そうゆう年頃になったのねぇと、時の移り変わりの速さに驚くばかりです。

披露宴では、椅子に座っても崩れにくい、四枚羽のお太鼓系を結びました。
シンプルで帯の良さが引き立つ帯結びが好きです。

CIMG0273.jpg

良いお天気でよかったですね、と言っていたら、御嶽山が噴火して驚きました。
被害の状況が心配されます。

参列の方が全国から集まるので、午後からのお式でした。
着付け終了後、名古屋能楽堂へ。
やるまいぞさんの狂言の舞台に間に合いました。
こちらの記事は、後日に。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2014.09.27
Category: 着付け
Comments (0)Trackbacks (0)

健康診断の結果

どこからともなく、金木犀の香りが漂って、大きく息を吸い込みたくなる朝でした。

食べ物も温かいものが、欲しくなるようになり、冬瓜をシイタケと小エビで煮てみました。
すりおろした生姜も入れて。
温かいものを頂くと、ほっとしますね。

CIMG0260.jpg

ここのところ、食後に眠たくなって仕方がないです。
変わり目に体が付いていけないのか、夏の疲れが今頃に出てきたのかわかりません。
こんな時は、無理せずに早く寝るのが一番かしら。

夏の終わりに、健康診断を受けまして、なぜか、今までのなかで結果が一番良いのです。
血圧が低いのがBだけで、後はA。婦人科系もA。
胃下垂だといわれていたのは、どうしちゃったのかしら?
色々と変わり目のお年頃です。

それから、着物暮しになってから身長が1cm伸びました。
洋服の頃は、157cmでしたが、ここ数年は、ずっと158cmです。
一緒に仕事をしている方も、着物を着ていたころは、1cm伸びたわと、同じことを言われていました。
最近は洋服だから、縮んでしまうかしらと、笑ってましたが。
背筋が伸びるからでしょうか。

今回受けたところでは、健康診断が終わった後に食事が頂けるサービスがありました。
うどんとおかゆが選べて、お腹が空いているときに頂けるのは嬉しかったです。
来年はおかゆにしてみようと、密かに決めているの(笑)。

1604492_694594920631502_4255231097602269760_n.jpg

そろそろ、袷の着物の準備もしないとね。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Date: 2014.09.26
Category: 健康・美容
Comments (2)Trackbacks (0)

84歳、着物で出かける理由

夏に着物姿でお店に立ち寄ってくださった、Tさんは、御年84歳。
ご自身で着物を縫い、お出かけなどに着ていらっしゃいます。

久しぶりにお会いしたら、この歳で着物を着て、名古屋まで髪結いさんへ(美容院)いくのは、私くらいなもんだと、お話をしてくださいました。これが楽しいからだと思うのよ、と。

電車に乗れば、着物着て、いいねぇ、と声をかけられるそうです。
それから話が弾み、あッという間に目的地についてしまうとのこと。
着物で自転車に乗られるTさんは、駅の自転車置き場へ行くと、係りのおじさんに、イイ絞りの羽織着てるね~と声をかけられ、そのおじさんの奥様が絞りのくくりをやっていたお話になったとか。
成人式の振袖姿の方とも、電車のなかで、着物姿同士で、お互いに素敵ね~と、楽しい会話だったそうです。

あげればキリがないくらい、楽しいTさんの着物姿の情景が浮かぶお話でした。

着物を着ているからこそだね。

Tさんのお人柄もありますが、着物を着ているからこそ、というのは頷けます。
お元気でいらっしゃるからこそ、というのもあります。
88歳のご主人様も、冬は紬の着物をお召になられ、やっぱり着物はいいねぇ、と仰られます。

そう言えば、担ぎの着物屋さん(店舗を構えずに商売する)を教えてくれたのもの、Tさんでした。
今では、そうゆうおばちゃんもいなくなりましたが、この辺では最後の担ぎの方だったと記憶しています。
やりくり上手で、手も口も動かす、Tさん。

お琴をされていた娘さんの振袖を、私にくださいました。
ながもち屋へ預けることも話題に出ましたが、裏地や表もシミがあり、お稽古にするならと使ってと。
ありがとうございます。
今日は、振袖のお稽古をしてみました。

CIMG0262.jpg

四枚羽のシンプルなお太鼓系にしてみました。
帯は、自分の振袖用で。

CIMG0266.jpg

Tさんとの出会いも、お互いに着物を着ていたからこそでした。
改めて、着物によるご縁で生かされているなぁと、しみじみ、感謝します。
お元気でいてくださいね。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Date: 2014.09.24
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

着物をみるときの心得

デパートの呉服売り場でも、展示会でも、やたらに触りまくる方がいらっしゃいます。
あなたの手は綺麗ですか?
ランチやお茶の後で、手を洗ってますか?

はごろもの着こなし講座では、着付けをする前に、まずは手を洗うことから、お伝えしております。
それと同じです。

見る側は、何の気なしに手を出して確かめているつもりかもしれませんが、柄の大事な部分を撫でるようにするなどは、もっての外です。生地の風合いを確かめたいのであれば、仕立てをする時に影響のない端の部分でわかります。

山岸幸一氏の作品展示会で、反物の端に、お手を触れる部分がつくってありました。
確かに触ってみたい気持ちはとてもわかります。わかりますから、触るならここにしてね、という苦肉の策でした。

展示してあるものもそうですが、気になる着物姿の方に対しても、決して、その方の袂を鷲掴みするようなことはご法度です。一対一では、手を出す方はそうはいらっしゃらないと思いますが、着物の集まりで数人でお出かけされた時などは、気をつけて頂きたいと願います。

自分がされてどうかを考えればわかることです。

もし、どうしても知りたい場合は、お声をかけてお尋ねになられますように。
それで、わかればよいですし、確かめてみたい場合は、お断りしてから、軽く触らせていただくと良いと思います。
そして、ありがとうございますと、お礼の言葉を忘れずに言いましょう。
数人で寄ってたかって触るのは、心地よいものではありません。

老婆心ながら、心得ておかれるとよいかと存じます。

久しぶりに、K先輩にお会いしました。
久留米絣に、丹波布の帯。

CIMG0234.jpg

それぞれ、力強い布味のある組み合わせは、流石です。

CIMG0236.jpg

それから、今の時代、若い方は畳に慣れてないこともあるかと思いますが、茶道の心得のある方でしたらお判りでしょう。
素足のままではなく、カバーなり靴下を持参して、畳に上がる前に履かれることをおすすめします。
特に、展示会などでは、反物を広げてみられますから、お客様であっても、そこは気を配りたいものです。


山形の山葡萄籠の三兄弟。
久しぶりの再会でした。

CIMG0238.jpg




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2014.09.23
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

頂きものの帯たち

着物暮らしをしていると、有り難いことに、着物や帯をいただくことがあります。
頂きもの暮らしです。
先日、帯が出てきたからとお声かけ頂き、頂いてきました。

CIMG0261.jpg

お嫁入りに持っていったものではなく、年齢を重ねてから誂えたものだと思われます。
組帯の半幅帯、法事用とたとう紙に書かれていた薄鼠色の有栖川錦、更紗柄の織の名古屋帯、など。
ありがとうございます。

ようこそ、私のところに来てくれて、これからよろしくね。
ご挨拶してから、使わせていただくのが、私の流儀です。

もう少しで袷の季節になりますね。
どの着物に合わせましょうか。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Date: 2014.09.22
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

もずやの琉球染織展終了しました。

爽やかな秋日和の二日間、おかげさまで「もずやの琉球染織展」は、無事終了いたしました。
お越しいただきまして、誠にありがとうございました。

CIMG0241bb.jpg

厳選された琉球染織が、豊富にみられる貴重な二日間。
もずやさんは、赤い足袋で!

CIMG0232bb.jpg

メリメロ亭での「東海もずや会」初の親睦会も楽しかったです。

CIMG0237.jpg

10月は、大阪難波の日本工芸館にて、2日(木)~5日(日)です。
関西地区の方は、ぜひお出かけ下さいませ。

岳見町ぎゃらりぃのお庭も秋色でした。

CIMG0248bb.jpg

最近、自分の着物姿をうっかり撮り忘れることが多くて、いけませんねぇ。
首里織ミンサーをカルタ結びしておりました。
気軽に結べる半幅帯の中でも、緩まず締めやすいので好評でした。

カルタ結びなどの簡単な半幅帯の結び方を教えてほしいというお声もありました。
企画の日時などが合えば、お伝えしたいです。
多くの方に、楽しく着物を着ていただきたいと願っています。

このような機会も持つことが出来て、感謝します。
来年はあるかしら?



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Date: 2014.09.20
Category: もずや会
Comments (0)Trackbacks (0)

彼岸花とモーニング

今年の彼岸花は、少し早いのかも。
矢勝川を少し散策しました。

10614376_703510856406575_998493056304173607_n.jpg


その後、ログ・カフェ 空にて、モーニング♪
ドリンク代+100円で、トースト、卵、ポテトサラダ、ヨーグルトが付きます。
ブレンドコーヒーは、350円でしたから、450円也。
ここは厚切りのパンでした。

10476262_703518139739180_6100676688163219738_n.jpg

新美南吉の絵本が並んでいました。
ゆっくり、まったり、珈琲をいただきながら、読みたいと思いました。
検索して知りましたが、鉄板のナポリタンがあるのです!
近くなのに、知らなかったわぁ~!

お店が出来たころに一度行ったことがあったのですが、それからは行くことがなかったのです。
お店の方に、彼岸花の画像をみせてお話したりして、良い感じでした。
帰りには、よいお彼岸をお過ごしくださいと。
こうゆう一言が嬉しいものです。
うちの近所は、モーニング出来る店がたくさんありますが、ここはお気に入りに登録決定!

今度は、鉄板のナポリタンを食べに行きます~。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Date: 2014.09.17
Category:
Comments (0)Trackbacks (0)

九月の着こなし講座

毎月第三火曜は、「着こなし講座」を開催しております。
八月は夏休みでしたから、久しぶりです。

九月は、長襦袢の着方をしっかりとお伝えしました。
着物を着る上で、土台となる長襦袢の衿元がきれいに決まることは大切です。

昼の部の生徒さんが、ブログに書いてくださいました。
日本語教師tamadoのブログ

夜の部では、黒留袖の帯合わせを兼ねて、着付けさせてもらいました。
御子息様の結婚が決まり、秋に着られる予定です。
派手かしら?と気にされてましたが、銀の帯を合わせることで落ち着いた印象になりました。
(あ、その方の携帯で写真撮影しましたが、自分のカメラに納めてなかった。。。)
ご自分の寸法でお誂えした黒留袖でしたから、着せやすかったです。

レンタルの留袖の場合は、寸法が合わない場合も多々あります。
それも承知で着付けが出来るのが、着付け師です。
月末に、レンタルの留袖、二名の着付けを受けたので、やるまいぞさんにモデルをしてもらいました。
たまたま、お稽古に持ってきた着物の背縫いがほつれてしまい、長襦袢までで、しばし、モデルに。
何事も前向きなので、装束付けの稽古だと思って立っていてくださいました。

黒留袖は身幅が広めなものを、着付け師の先輩が貸してくださいました。

10304336_717676728279958_2678299365983100674_n.jpg

私の振袖に合わせた帯を、二重太鼓に結びました。
和綴本の柄です。
意外に使える袋帯です。

10628314_717676718279959_3884260651881796259_n.jpg


やるまいぞさんは、狂言を習ってみえます。
9月27日28日「和泉流狂言大会」では、装束をつけて、名古屋能楽堂の舞台に出られます。
無料ですし、お時間のある方は、ぜひお出かけ下さいませ。

10635957_649166611847152_3967879805854321447_n.jpg

10687186_649166698513810_4514084916280766482_n.jpg

今年は、結婚や出産のおめでたい話題をよく耳にします。
お祝いする、ご披露する、ご挨拶する、改まった行事には、ハレの日の着物をお召になっていただきたいです。

黒留袖の姿をみて、夜の部の方からは、やっぱりいいわねぇ~!立派!という声が上がりました。
女っぷりも上がりますね。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Date: 2014.09.17
Category: 着付け
Comments (0)Trackbacks (0)

近づいてきました!もずやの琉球染織展。

秋の予定のご案内で、19日、20日の「もずやの琉球染織展」の曜日を、間違えて掲載してしまいました。
大変申し訳ございませんでした。
19日の金曜日と、20日の土曜日です。

ぬか喜びしちゃったわ!と、ご指摘いただきました。
金曜日は6時まででしょ、土曜日は仕事なので、あ!日曜日???違うでしょー。がっかり。。。
ブログみながら、呟いて下さったのですね。
ごめんなさい。

そして、ご親切に、腕は大丈夫ですか?と、お気使いもいただきました。
ありがとうございました。
おかげさまで、治りかけのムズ痒さがあるくらいで、後は傷痕が癒えていくのをケアするくらいになりました。
あ、でも今日は、子供のように一番大きい瘡蓋をめくってしまいました。。。
あかんでしょ。

少し涼しくなると、着物を着てみようか、着物を触ってみようか、と思い出されるようですね。
暑さ寒さも彼岸まで、と言われるように、過ごしやすくなってきました。
今年も、彼岸花が一斉に立ち上がって、咲く準備を始めていました。

ゴンキツネの里、彼岸花が咲く矢勝川堤の開花情報は、こちら→☆☆☆
ゴンの秋まつりも19日(金)からです。お問い合わせは、半田市観光協会 0569-32-3264へ。

2013higanbana.jpg


それから、19日(金)午後6時半からの、東海もずや会の親睦会は、締め切りとさせていただきました。
気になる「メリメロ亭」での記事をお楽しみに~♪どんな親睦会になりますやら。

☆もずやの琉球染織展2
日時:9月19日(金)20日(土)
    午前10時~午後6時
※20日は、午後5時くらいから片づけ始めますのでお早めにお越しくださいませ。
場所:岳見町ぎゃらりぃ
    名古屋市瑞穂区岳見町2-3
    TEL+FAX 052-832-6570

はごろもは、二日間会場におりますので、お気軽にお出かけ下さいませ。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Date: 2014.09.14
Category: ご案内
Comments (0)Trackbacks (0)

円頓寺郡上踊り納め2014

今年は早々と、全部の浴衣を洗ってしまいました。
円頓寺郡上踊りを、いつも浴衣の着納めにしていましたが、今年は伊勢木綿で踊ってきました。
なんせ、仕事帰りです。

第四回目の円頓寺郡上踊り、えんじょい祭は、盛況でした。
お囃子も自慢の喉を披露、高速の春駒も楽しかったですね~♪

研先生の後ろを、子どもたちが付いて踊っていくのが微笑ましかったです。


やるまいぞさんは、鳥獣戯画の浴衣。
エイコさんは、阿波しじら。
はごろもは、伊勢木綿。
皆、自分で手縫いしたものです。

10660138_716452901735674_1174304361644873778_n.jpg

踊りの時の画像はないです。身軽で踊ることにしていますので、あしからず。

明日の刈谷は行くの?
いや、行かない。東京へ帰る。

踊りながら、そんな会話が聞こえてきました。
へぇ、隣で踊っている人は、東京から来てたのね~と。
皆、踊り助平ですな。

郡上八幡の物産展もあり、踊り終わってからでもお買い物が出来ました。
郡上地みそは、最後のひとつが残っていました。ラッキー!おすすめのお酢も試してみます。


CIMG0219.jpg

秋風が涼しく感じられます。
また来年も楽しく踊れますように♪



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Date: 2014.09.13
Category: 郡上踊り
Comments (2)Trackbacks (0)

悪い虫に。。。

気が付いたら、右腕が熱をもって地腫れしていました。
かゆみも少しありますが、何の虫に刺されたのかがわかりません。
お見苦しいですが、腫れています。

CIMG0212.jpg


湿疹、かぶれなどには、ドクダミの生葉をすり潰したものを貼り付けるとよい、ということは聞きますが、庭から採ってきたドクダミの葉を洗い、ちぎって、少しの水とともに鍋に入れて、ドロドロになるまで煮てみました。
畳んだガーゼに載せて、冷まします。
火を通したせいか、思ったほど臭いはないです。
これまた、気持ち悪げな画像で失礼します。

CIMG0213.jpg

患部に貼りつけましたが、油紙がありませんし、包帯のネットで患部を押さえるものもありません。
台所を見渡すと、クッキングシートを発見。一度くちゃくちゃと揉んでドクダミガーゼの上に巻いてみました。
これで滲みてくることがなく、押さえに髪ゴムで止めて、しばらく様子をみました。

CIMG0217.jpg

腫れが引いて、刺された跡が小さな瘡蓋になっていました。
ホントに小さいのまで数えると40箇所も!
どんな悪い虫でしょか?

昨日は、和裁部には参加できませんでしたが、お届け物があり、おにぎりを持ってお昼だけご一緒しました。
着物なので、袖の下にドクダミをしのばせているとは、見せなければ気づかれません。
つい見せちゃうんですが(笑)

二回のドクダミシップで、熱が取れて楽になりました。
必要だから、家の庭にはドクダミが生えていてくれるのかなと、増えすぎると引っこ抜きますが、役立つこともあるので、共存共栄しております。

皆様も、悪い虫にはお気をつけて下さいませ。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2014.09.10
Category: 出来事
Comments (0)Trackbacks (0)

観月茶会

中秋の名月を愛でながら、中国茶を楽しみました。
白鳥庭園の観月茶会は、清羽亭にて、一席500円(別途入園料300円)
一席30名の6席、入れ替えを含めて一席約30分でした。

中秋の席の亭主は、日本中国茶文化交流会 中国茶 ロ・ヴー。

仕事がいつもより少し早く終わることがわかり、急遽の申し込みでしたので、ぎりぎり二席目に滑り込みました。
anan♪さんのお誘い、ありがとうございました。
また、Aさんが車を出してくださって時間に間に合うことが出来ました。感謝します。

さて、本日のお茶は、「梅山高山茶」。
お菓子は、「月餅」。
月餅の下の杉板は、自然保護のための間伐材でつくられたもので、そのままお持ち帰りください、との心使いがありました。杉の良い香りがします。割りばしもそうですが、このような無駄のない使い方を、私たち日本人は古来からしていたのです。

CIMG0176.jpg

お茶を頂いている間に、木の梢から月が顔を出してくれました。
(左のライト?が写ってしまいましたが、月は右上です。)
柘榴と、月餅と、栗を、お供えしています。
お花は、鶏頭、蓮、紫式部。

CIMG0190.jpg

夜風が涼しく、蝙蝠が水辺を飛んでいました。
ムーンリバーの曲が過ります。
Aさんは、蝙蝠柄の浴衣のことが浮かんだようです。
満月に柳に蝙蝠、流石に、蝙蝠を撮影することは出来ませんね。

CIMG0200bb.jpg

月見そばを頂いて、のんびり月を眺めることができました。

CIMG0199.jpg

昨夜の小望月の席では、萩先生が笛を吹かれていたそうです。
今夜の中国茶なら、二胡の演奏がぴったりだったかもしれませんね。

CIMG0210bb.jpg

もう一つの名月は、旧暦の9月13日に見える十三夜の月です。中秋の名月と十三夜の月のいずれかしか見られない場合は片見月と言って、良くないこととされています。ちなみに、旧暦9月13日は、新暦では10月6日です。
また、綺麗なお月様を拝むことが出来ますように。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2014.09.08
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

着物の寸法、鯨尺と曲尺とセンチ

着物の寸法をお尋ねすると、尺で答える方と、センチで答える方がいらっしゃいます。
尺と言っても、着物の寸法は「鯨尺」で測ります。
鯨尺の1尺は約37.8cm。

しかし、東北地方では、着物の寸法を鯨尺ではなく曲尺を使うため、同じ尺でも寸法が違ってきてしまいます。
曲尺の1尺は約30.3cmです。
青森、秋田、岩手、山形、福島までと記憶していますが、現地の方、現在でも変わりないでしょうか?

最近、着付けをはじめられた方が、そのあたりのことを勘違いされて、寸法が違っていたわ~!と、慌ててみえましたが、
鯨尺で換算して大丈夫だということがわかり、安心されました。

鯨尺メジャー 尺とcmのリバーシブルタイプのものをおすすめしましたよ。



昔からある着物の寸法に、なぜ尺とcmが使われるようになったか、尺貫法とメートル法のことをご存知でしたら、説明入りませんね。

日本では、計量法により、1958年12月31日限り(土地と建物の計量については1966年3月31日限り)で取引や証明に尺貫法を用いることは禁止された。違反者は50万円以下の罰金に処せられる(計量法第8条、第173条第1号)が、実際には伝統的な業種では黙認されている。

政府によるメートル法の厳しすぎる施行で過度に排除された尺貫法の復権を志す運動により、伝統的な業種において慣習としての尺貫法の例外的使用を認めさせたのです。
これは、永六輔氏 の「尺貫法復権運動」の功績です。

日本古来からの測量単位を使ってはいけなくなるというのは、可笑しな話だと思うのですが、上手く使い分けをしていくことを考える余地はなかったのでしょうか。
経緯をまとめたサイトを見つけました。こちらをクリック→探検コム

着物暮らしになってから、新しい単位として、鯨尺を覚えました。
着物の仕立ては、センチを使うより、鯨尺がしっくりきます。
しかし、仕事ではお客様に合わせて尺でもセンチでも対応していますし、うっかり曲尺で換算して驚かれる方にもわかるように説明しています。
洋装と和装とを使い分けるように、単位も上手く使い分けられると良いですね。
今でも真珠の単位は世界的に「匁」と「貫」が使われています。もちろんグラムも使われていますけれど。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2014.09.07
Category: 日本文化
Comments (2)Trackbacks (0)

角館の樺細工下駄

秋田の角館のお祭りの時に、買い求めた樺細工の下駄を、久しぶりに履きました。
よく見ると、鼻緒も傷んできていますが、普段履に、時たま出番があるだけなので、そのままになっています。

CIMG0170.jpg

祭りの夜、若い頃は格好よかったことを偲ばせる店主に、鼻緒を挿げて貰いました。
もう十年は経ちましたが、樺細工の美しさは変わらないです。


国指定無形民俗文化財「角館祭りのやま行事」は、毎年9月7、8、9日の3日間、昼夜通して行われます。

曳山と曳山が向かい合うと、交渉員と呼ばれる黄色の襷をかけた若者によって「交渉」と呼ばれる話し合いが行われます。
そして、曳山同士が交渉を重ねても、双方が下り曳山の場合などはお互いに通行権を主張し、話が折り合わない場合、交渉は決裂し、激突(山ぶつけ)に及ぶこともあり、さらにそれが時として深夜にまで及ぶこともあります。

じっくり、ゆっくりとした印象をうけた曳山でした。

秋田美人の郷として名高い北仙北地方、確かに美人が多く、子供たちも可愛らしかったです。
曳山の舞台で、秋田おばこたちが艶やかに手踊りを披露します。
三歳から、二十歳までの踊り手が、綺麗に化粧をして、着物で舞台で踊ります。
小さい頃から、毎年祭りの舞台に立ち、みられることも、美しく磨かれるためのことだとわかっているからでしょう。

美しく磨かれると言えば、桜の木の皮の美しさに、いつ誰が気が付いたのでしょうか。
樺細工を知って心惹かれたころ、雨に濡れた桜の木肌に、ハッとしたことがありました。
そんな風に、美しい山桜の木肌を身近に引き寄せたかったのかもしれません。

今年は雨が多いので、お祭りには降らないことを祈ります。

確か通り雨で、単衣の塩澤を縮ませてしまった苦い体験も、このお祭りの時だったことを思い出しました。
お召も、縮緬も、撚りを強くかけたものは、水で縮むので気をつけないといけませんね。
これに懲りて、塩澤を防水加工をして袷で作り、とても重宝しました。

北国の秋は、輝き、駆け足で冬に向かうのでしょう。
樺細工とともに、紅葉の美しさは忘れられません。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2014.09.05
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

夏帯を片づけ、秋したく

夏帯を片づけ、浴衣を洗いました。ここのところ、雨が続きましたものね。
今年も沢山、浴衣を着ました。
郡上踊りを始めてから、浴衣を着ることが多くなり、高級呉服を離れてからは、夏着物というより、小千谷縮や、綿麻、綿絽、綿紅梅、絞りなど、お気楽なもので仕事をしております。

九月の声を聞き、単衣に切り替えて、今日は久留米絣に半幅帯で過ごしました。
お休みなので、衿心もなく、ゆったりとと思ったら、半襟が少し歪んでましたね。ご愛嬌。

DSC_0206.jpg

ここは、岳見町カフェです。
お抹茶と栗きんとんで、秋を味わいました。

DSC_0205.jpg

九月一日は、大島に滋賀喜織物の組帯で、秋が来たことを、着ることで体感しました。
今年は涼やかで、過ごしやすいですね。

DSC_0204.jpg

さあ、秋を楽しみましょう。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2014.09.04
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

葡萄の帯留

九月になり、虫の声とともに夜風が涼しく感じられます。
さて、ぼたんコレクションは「葡萄の帯留」です。
詳しくは、こちらをクリック→着物~はごろも

2014094.jpg




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2014.09.01
Category: 帯留
Comments (0)Trackbacks (0)
プロフィール

Author:着物~はごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR