はごろも10月の休み

お月さまばかり眺めていたら、何だか、急に秋が深まりましたね。
温かい飲み物が恋しくなります。
明日からは、袷の着物ですね。

2015CIMG3052.jpg


10月は、3日(土)、5日(月)、8日(木)、9日(金)、13日(火)、15日(木)、20日(火)、25日(日)、26日(月)、30日(金)、を休みます。これ以外は、お店に出ておりますので、お立ち寄り下さいませ。






↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Date: 2015.09.30
Category: はごろも
Comments (0)Trackbacks (0)

中秋の名月2015

中秋の名月、雲が流れてゆくと、お月さまが動いているようにみえます。

201509CIMG3133.jpg

ちょうど咲き出した尾花を頂いて、飾りました。萩はなかったので、ペンタスを星に見立てましょう。

201509CIMG3140.jpg

穂が出ると「尾花」、葉っぱだけの時は「薄」「芒」、と使い分けることを、先日教えていただきました。
稲穂に見立てて、豊作を祈願します。


旅茶碗を片手に、月見をして、お月さまを映してみました。

201509CIMG3131.jpg

心の中で一つだけお願いことを唱えて、くっと飲み干しました。
きっと、叶うことでしょう。


お月見団子ではないけれど、月の兎のことを想って頂きます。
名月の別名は「玉兎」。

201509CIMG3126.jpg


和の暦では、「一・二・三月」は春、「四・五・六月」は夏、 「七・八・九月」は秋、「十・十一・十二月」は冬。
旧暦の八月十五日という日は、秋の真ん中の月の真ん中の日。
つまり「中秋」。


秋はただ 今夜一夜(こよひひとよ)の 名なりけり 同じ雲居に 月はすめども
西行法師





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2015.09.27
Category: 日本文化
Comments (0)Trackbacks (0)

芸どころ名古屋のご案内

相変わらず、かたよりのある案内ですが、よろしければ着物でお出かけされてはいかがでしょうか。

狂言をされている、やるまいぞさんが出演されます。
お時間がある方は、ぜひ。

9月26日(土) 27日(日) 和泉流狂言大会(素人会)
名古屋能楽堂(入場無料・御来場歓迎)
問い合わせは、狂言共同社 052-834-8607


もう一つ、名古屋能楽堂でのちらしを頂きました。
秋のむすめ歌舞伎講演
11月7日(土) 午後4時開演
前売り 指定席5000円、自由席3500円
名古屋能楽堂 052-231-0088

スキャン_20150925

秋は色々なイベントが多くて、はごろもの10月の休みはもう予定がいっぱいです。。。
お休みは、また後日お知らせします。

そして、今年で3回目になる「やっとかめ文化祭」は、まちじゅうを舞台とする「芸どころ・旅どころ・なごや」の祭典です。
オープニングは、10月30日(金) 午後5時半から ナディアパーク2階アトリウム。

この日は、はごろもの着物でお出かけ・岡崎ですね。
よろしければ、ご一緒にお出かけしましょう。

FBなどでイベント情報を知ることが多くなりましたので、こちらで載せなくてもよいかなとも思ったりしますが、FBをやらない方もいらっしゃるので、思いつくものだけ。

着物を着ようと思うきっかけになれば、幸いです。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2015.09.25
Category: ご案内
Comments (0)Trackbacks (0)

九月「和の暮らし歳時記教室」

秋分の日、彼岸花が綺麗に咲いていました。
九月の前半の日記が書けないままでした。

9月10日、満里子先生の「和の暮らし歳時記教室」長月。
夜がだんだん長くなる「夜長月」から、「長月(ながつき)」と呼ばれます。
9月9日の重陽の節句についてのお話と、菊茶を頂きました。
旧暦の重陽の日は、10月21日。改めて菊茶を頂きたいと思います。


2015CIMG3034.jpg

新月刈りのワイルドフラワーと、ホワイトセージを頂きました。
アリゾナ州在住でインディアンの末裔の方と結婚されたお友達から送ってもらった貴重なものです。
満里子先生の交友範囲はとても広くて、いつも感心しています。
ワイルドフラワーはお茶にして、ホワイトセージは焚いてお清めに使います。

古いものを手に入れたときには、新月刈りのホワイトセージを焚いて、清めてからお使いになられると伺いました。
私も頂きものの着物や帯を迎えたときには、挨拶をしてから袖を通すことにしていましたが、これからはホワイトセージでお清めすることにします。
人や物との善き関わりには、清める想いがありますね。


2015CIMG3038.jpg


新月には、ホワイトセージを焚いて、ワイルドフラワーのお茶を頂き、お願いことを書きました。
今年の中秋の名月(十五夜)は9月27日、そして、翌28日は今年一番大きな月を見ることができるスーパームーンです。
お猪口に月を映して、心の中で一つだけお願いことを唱えて、くっと飲み干します。
十人居たら、それぞれのお猪口に十の月がみられます。

一人ひっそりと飲み干しますか?
それとも、皆で集まって、そのぞれのお月さまにお願いをしましょうか。


満里子先生は、ひっそりと美しいものをみつけることが得意です。
使い込まれ、継ぎ当てされた上着を見せてくださいました。

2015CIMG3039.jpg

鳥取にて、埃だらけで捨てられるところを、満里子先生がもらい受けて、洗ったものです。
大切に手をかけ、よく着込んだ布の味わいと、どなたか存じ上げないけれど、着ていた方の想いに触れることが出来ました。
大麻でしょうか。
智頭麻(ちづあさ)
近くなら、織姫体験してみたいわ。

いつも楽しみなお教室です。

10月の予定
10月8日(木) 西尾BEANS教室  10時~12時
10月8日(木) 高浜教室       19時~21時
10月14日(水) 青柳堂教室    13時~15時
10月21日(水) 青柳堂教室    18時半~20時半

11月から、第二月曜日に岡崎のカクキュウさんでも始まるそうです。

お問い合わせは、090-5003-9818
marippeann61☆yahoo.co.jp(☆を@に替えてて送信してください。)




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2015.09.23
Category: Mariko-Style
Comments (0)Trackbacks (0)

財布を忘れて

微妙に筋肉痛な朝…。
財布を忘れて出勤(>.<)

12046569_903531949737797_4675512086656725552_n.jpg

FBにつぶやいてみたら、sachiさんがお店に立ち寄り、ランチにお誘いくださいました。
sachiさんのこまめなところは、いつも感心しております。
そして、このようなさりげなくお気づかいくださる想いが有り難く、お話をして、心がすっきりと軽やかになりました。

12036634_903682986389360_6538579375141039198_n.jpg

定期入れに2000円を忍ばせておくという、踊り助平さんのアドバイスも頂きました。
2000円でピンときた方も、踊り助平さんですね(笑)
そうです。郡上踊り免許状の額代2000円です。

これからは、その様にいたしましょう。
ありがとうございました。



財布を忘れて、人の温かさを知る日となりました。
心より感謝いたします。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2015.09.21
Category: 出来事
Comments (2)Trackbacks (0)

なか志まや・一衣舎・KOMAMONO玖 三人展

本山floatにて、なか志まや・一衣舎・KOMAMONO玖 三人展の初日の夕方に出かけてきました。
ちたこさんに偶然にばったり。

12023065_902765969814395_510732611_n.jpg


9月19日(土)~23日(水)
名古屋市千種区四谷通2丁目8番 YOU YOTSUYA 2F


12023153_902766019814390_766285579_n.jpg


KOMAMONO玖さんは、愛知県出身のすらりとした綺麗な方でした。
秋冬にむけて、羽織紐を求めました。
男羽織をコート代わりにするときに、羽織紐で少し優しくできるかな。

ぜひ、お出かけ下さい。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2015.09.20
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

もずや民藝館・名古屋展 ありがとうございました。

9月18日、19日、もずや民藝館・名古屋展にお越しいただき、ありがとうございました。
沖縄の春うららさんとも、楽しい時間を持つことが出来ました。

11998839_901837509907241_5314281564410474215_n.jpg

実は、春うららさんと誕生日が同じなのです。

11990666_901838156573843_3894674207798299794_n.jpg

秋は、あちこちで着物の展示会がある中で、足をお運び頂き、感謝申し上げます。
赤足袋を初めて履きました。
沖縄の組踊の舞台で踊られる方が赤足袋を履いているのを拝見して、沖縄で買い求めたものです。

12003134_901837799907212_8244981237353461911_n.jpg

今年も懇親会は、メリメロ亭

20150919.jpg

昨年、やるまいぞさんに教えて頂き、皆がメロメロになったお店です。
とても人気があり、要予約です。

10625114_705119789579015_8066454112017503875_n.jpg

そして、今年は二次会も♪
クラブで、懐かしのディスコタイム。
着物で踊っていたら、格好イイです!着物でも踊れるんですね、とお声かけくださいました。
浴衣で盆踊りを踊るでしょ、と、郡上の徹夜踊りのことを話したら、より納得されました。
着物を着ると、動けないというイメージが強くなっているのでしょうね。

汗をかきましたから、伊勢木綿で大正解。
足元は、一脇さんの革下駄で、ステップも楽々♪
楽しい夜でした。


20150917.jpg


皆さま、ありがとうございました。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Date: 2015.09.20
Category: もずや会
Comments (2)Trackbacks (0)

マグカップと旅茶碗

もずや民藝館 名古屋展にお越しくださって、ありがとうございます。
親睦会も二次会まで盛り上がりました。
沖縄から、春うららさんが飛豚(とんとん)を連れて来てくださっています。
19日(土)は、15時まで、ぜひ、岳見町ぎゃらりぃにお越しくださいませ。

飛豚(とんとん)は、うららさん手作りの焼き物です。

今年の夏は、焼き物をする機会にも恵まれ、ちょうど、温かいものが飲みたくなるころに手元に届きました。
マグカップと、旅茶碗。
旅先で、お抹茶をさらさらっと点てて頂けたらいいなぁと思い、小さ目なお茶椀を作りました。
旅茶碗と言うのですね。

紐つくりで、お寿司屋さんの湯のみくらいの大きさのマグカップの本体のみ形にして、持ち手と釉薬は先生にお任せしました。

2015unnamed (3)


土で形を作っただけでは色のイメージできませんでしたが、毎日使うのが嬉しくなるカップになりました。
仕上げてくださったのは、工芸展にも出品され、志野も織部も黄瀬戸も作られる先生です
思いがけず、ご縁を頂けてありがとうございました。

2015CIMG3120.jpg

土の感触が懐かしく、手を動かして形に出来ることは、楽しかったです。
とは言っても、ほとんど先生にお任せだから、使えるものにしてくださいました。

温かい飲み物をいただきましょ♪






↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Date: 2015.09.19
Category: 未分類
Comments (0)Trackbacks (0)

九月の着こなし講座

九月の着こなし講座・昼の部は、留袖のリクエストが入りました。
春にも、お稽古して黒留を着られた方がいらっしゃいましたので、細かな所をお伝えしました。
着物は自分で着られる方なので、受け止めて頂けたかと存じます。
予定よりも少し時間がかかりましたが、末広の挿し方まで。他の方のリクエストにもお応えつつ、写真を撮る暇がありませんでした。

私のまわりでは、おめでたいお話があちこちであり、留袖を着るお年頃なのだと改めて感じております。

夜の部は、補正、半襟の付け方、衣文の抜き加減のことなど。
着ていくとみえてくる、苦手なことを一つづつ明らかにしていきました。
理解していただけましたら、有り難いです。

やるまいぞさんは、ながもち屋にて、ちりめん地の可愛い小紋を見初めていただき、上手に帯を合わせてくださいました。
(こっそり、お得情報~身幅広めの着物が充実していますよ~!)

2015CIMG3117.jpg


りんご先生からも半幅帯のリクエストがあり、すみれ庵さんに教えて頂いた「大人のカラテア結び」をアレンジしてみました。
大人のカラテア結び~はごろもバージョン

2015CIMG3116.jpg

絞りの浴衣に、博多帯で羽根の長さを変えて。

2015CIMG3114.jpg

ここで、カラテア結びとは、何ぞな?と言う方のために。

昨年大阪のぬぬパナ展にて、すみれ庵さんに「大人のカラテア結び」を教えて頂きました。
検索すると、わかりやすく載せてくださっているブログ「箪笥の引出し」さんを発見!

ぬぬパナ展で、カラテア結びを習う

そして、元祖は、カリスマ着物ブロガーのCHOKOさんです。

「カラテア結び」とは、CHOKOさんが考案された帯結びのこと。
こちらの結び方を、「Komamono玖」の店主さんが解説している記事を見つけました。

カラテア結びプロセス

えー、夏前に知りたかったわ~!とつぶやいている方もおみえになるかも。。。
夏だけでなくとも、お試しくださいませ。

そうそう、「Komamono玖」さんといえば、
「なか志まや・一衣舎・KOMAMONO玖 三人展」が、本山floatで9月19日~23日までありますから、覗いてこようと思っています。

あー、その前に、「もずや民藝館 名古屋展」が、18日、19日ですよ~!
今回はスペシャルゲストの春うららさんが沖縄から来られます。
詳しくは、こちらをご覧ください→岳見町ぎゃらりぃでトントンに会おう!

もちろん、はごろもも岳見町ぎゃらりぃに居ますので、ぜひ、お出かけ下さい!
お待ちしております。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2015.09.15
Category: 着付け
Comments (4)Trackbacks (0)

石徹白洋品店と石場建て

石徹白洋品店の建て方見学会へ行ってきました。
家から石徹白まで、車で約3時間です。
こちらは良いお天気なのに、一山越えたら、きつねの嫁入りのお天気。
山の天気は読めません。
2015CIMG3105.jpg

石徹白は二度目ですが、ここからの眺めは素晴らしく、とても惹かれます。
急カーブなので、ゆっくり走りながら、目に焼き付けるのが精いっぱいですが、ちょいっと撮ってみました。
この写真では、百分の一ほどしか伝わりませんね。
安全第一で諦めた方が身のためでした。


あちらこちらの他府県ナンバーの車が集まってきました。恐るべし発信力です。
石場建てで家を建てることが稀な時代、その見学会が開かれ、飛騨の匠の現場がみられるのです。
香川、徳島、新潟、からも!
愛知からは近い方です。建築関係の方が多いようでした。


石徹白洋品店のかおりんごさんのブログ 「和服のすばらしさ」 と写真を拝見して、機会をみて伺いたいと思っていました。


「聞き書き着物と日本人 つくる技、着る技」で読んだ「雪袴」のことを思い出したのです。

聞き書き着物と日本人 つくる技、着る技

聞き書き着物と日本人 つくる技、着る技
価格:778円(税込、送料別)



「聞き書き着物と日本人 つくる技、着る技」より
雪の降る間、家の中では長着物を着て、隣の家とかそこらへ出歩きをするとき、裾を中へ入れて袴をはけば裾が濡れないでしょう。そのために雪袴という名前がついたんだろうと思います。

ところが雪袴は冬のものと限定していると大間違いで。女で今みたいに下着をはいている者は一人もおらんだから。女がさっくりを着てわずか七分丈くらいの長さのもので帯締めて前掛け一枚かけているだけのものでしょう。あの急斜面なところで焼畑やって、焼畑というのは必ず左足を前に出すか、右足を前に出すかという格好で草をとる。変な話だけど下で草を取っとる人は女の尻が丸見えになる。そのために袴雪は夏でも必要なんです。

雪袴は大正七、八年で終わりよ。大正十年代になってきてたっつけに変わってきた。昭和一桁までがたっつけや。昭和十年から十二年、その時分にもんぺというものが流行ってきた。



2015CIMG3106.jpg


2015CIMG3107.jpg


お店に展示してあり、アレンジした商品を販売されてみえました。
水屋袴になるかしらと相談されたので、着物の上から履いておみせしましたよ。
お子様連れの若いご夫婦の奥様でした。石徹白方面に移住先をお探しとのこと。
今は環境を選んで子育てをする方が増えているのですね。

石場建てに強く興味を持ったのは、ブログねずさんのひとりごと「鳥居と日本建築」の写真とお話でした。
そして、父方の祖父が基礎の石屋だったこと、その家は大きな梁のある家で、古材を移築して建てたものだということも甦りました。いとこがすべてつぶし、今どきの家を建てたので、もう何もないのですが、子供の頃に見上げて、黒光りした梁が立派だなぁと思っていたことが思い出として残っています。

石徹白洋品店の工房は、築百年以上の古民家の解体材を多く用い、飛騨の匠に石場建ての建築をするということで、頼もしい男たちが集まっていました。
ここでカメラもスマホも電池切れ。。。

2015CIMG3109.jpg


朝からの予定が、午後からになり、何故だか、香川からみえた大工さんがうどんを大量に持参され、賄いを始められました。
流石、うどん県の香川の方です。地元の方がスーパー買われる「日の出や」のうどん、ネギ、揚げ玉、卵、醤油、カボスと鍋、コンロと準備万端でした。お手伝いをしていたら、後は頼むと現場に行かれてしまい、俄かのうどん屋さん???

工房の女性設計士方とお話させていただくというより、一緒にうどんの注文に応えていたのでした。

石場建て見学会ではなかったのかい???
結局、注文をこなしていて、釜玉を食べそびれてしまいました。。。
本場で食べなさいってこと?
四国は、まだ足を踏み入れておらず、未知の世界です。

石場建ての安全性について、鳥居と日本建築のことを話していると、コンクリートを推進する理由をわかりやすく話してくださる方がいらっしゃいました。利害がからむとよい方法があっても握りつぶしてしまうという人間の欲望の愚かさを、垣間見ました。
医療も、日用品も、日本古来の大麻も、教育も、歴史も、色々なところでぶつかることです。
しかし、ここに集まった方々は、そこから離れた生き方をしてみえると、お見受けしました。
全くの初対面の方ばかりでしたが、志の方向が同じように感じられて、不思議な居心地の良さがありました。
衣・食・住と専門とするところは違いますが、そこから受ける影響の強さを知っているから、手を抜かない本物を求めて、手を使い、頭を働かせて、身体を動かしているのだと思います。

地元のおばちゃんが、言いました。
やまなしが沢山実をつける年は、よく風が吹くんだと。
実が熟すのは十月半ばくらいだと、鈴なりのやまなしを一つ採ったら、笑われてしまいました。


12006312_896773447080314_5971950050781698532_n.jpg

石徹白のお土産は、「フルーツほうずき」。
一つ冷やして頂きました。甘くて何かの味に似ているのだけど、それが何か思出せないの。
でも、懐かしさがありました。

柱が立つところが拝見したかったのですが、作業が遅れていて叶わずでした。
9月12日は、上棟式があります。
引き続き、見学会と、お持ち投げがあるそうです。
興味のある方は、ぜひお出かけください。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





Date: 2015.09.11
Category: 日本文化
Comments (0)Trackbacks (0)

はごろもの着物でお出かけ・10月30日は岡崎へ

久しぶりに、はごろもの着物でお出かけいたします。
10月30日(金)は、岡崎公園と八丁味噌の見学へ。

20159CIMG0602.jpg




岡崎公園内の食事処「いちかわ」で、八丁味噌を使った「木の芽田楽」や菜飯と木の芽田楽がセットになった「なめし田楽」を頂きます。
〒444-0052 愛知県岡崎市康生町515
電話:0564-22-2479


それから、岡崎城から八丁(873m)離れた八帖町の味噌蔵が隣り合う2軒の蔵元を見学。
カクキュウ
まるや八丁味噌

いずれも、2006年に放送されたNHK朝の連続ドラマ「純情きらり」のロケ地です。
今回は、着物にまつわる見学はありませんが、ドラマで素敵な着物を着ていた場面を思い出しながら巡るのも、楽しいかもしれません。

最近、はごろもは、手前味噌を仕込んでおります。
森ゆに-手前みそのうた
なので、豆麹の醸し出す味噌作り見学は、より興味深いです。


<10月30日(金)  予定>

10時 金山総合駅(名鉄改札口)集合         ①
            ↓
10時7分 名鉄名古屋本線特急・豊橋行
            ↓
10時34分 名鉄東岡崎駅到着             ②
            ↓
           徒歩
            ↓
11時   「いちかわ」  食事               ③
            ↓
          岡崎城
            ↓
13時    カクキュウ見学
            ↓
14時    まるや八丁味噌見学
            ↓
        名鉄岡崎公園前
            ↓
        名鉄東岡崎
            ↓
           金山


①は10時、金山駅、②は10時35分、東岡崎駅、③は11時、「いちかわ」に、集合、合流します。

今回は、会費を集めませんので、各自で清算をお願いいたします。
見学後は、自由解散にいたします。お時間のある方はお茶しましょう。
名古屋方面に帰られる方は、岡崎公園前から、東岡崎へ戻ると便利です。

参考までの時刻です。

岡崎公園前   15時26分   16時13分
              ↓        ↓
東岡崎       15時36分   16時22分
              ↓        ↓
金山         16時4分    16時47分


お問い合わせ、申し込みは、直接または、メールにてお願いいたします。
info☆kimono-hagoromo.com
(☆を@に変えて送信してください)


ゆるりと着物で、岡崎にて味噌三昧いたしましょう。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Date: 2015.09.09
Category: ご案内
Comments (0)Trackbacks (0)

秋の予定あれこれ・追加あり

魅力的なDMやお誘いが届いています。
思いつくまま、ご案内をいたします。

お誘いしたのに、勤務調整のため遅番になってしまった、9月12日㈯のご案内から、始めましょう。

第5回 えんじょい祭 郡上おどりIN円頓寺本町
9月12日(土)
名古屋市西区那古野2丁目 円頓寺本町商店街
参加費 1000円(記念品・抽選くじ・手荷物預かり代金含む)
<イベント内容>
14時~   郡上八番物産展
15時半~ ミニ露店開店
16時半~ 郡上踊り初め
16時半~ 講習会(初心者歓迎)
20時半  郡上踊り納め
19時~21時  景品渡し
主催 郡上おどり円頓寺同好会「円楽会」えんじょいかい

はごろもは、仕事のため終わり頃に顔を出す予定でいます。


牧野環 個展 「割愛」
9月1日(火)~27日(日) 午前9時半~午後9時半
アート倶楽部カルチェ・ラタン 
アートカフェ内にて展示
名古屋市千種区池下町二丁目28
お問い合わせ
052-751-8033


★「月日荘の10年いろいろと茶畑和也のイラスト」 
9月10日(木)~20日(日)
月日荘


★染織こだま「木綿展」
9月11日(金)~14日(月)
岳見町ぎゃらりぃ


石徹白洋品店
岐阜県郡上市白鳥町石徹白65-18

日本の伝統建築、石場建ての建築見学
◆建て方見学会
9月11日(金)午前10時半~12時
現場に石が据えてある状態から、柱をくみ上げていくまでを見学できます。
◆上棟式
9月12日(土)午前11時頃~



★もずや民藝館 名古屋展
9月18日(金) 午前10時~午後5時
9月19日(土) 午前10時~午後3時
岳見町ぎゃらりぃ
沖縄から工房春うらら(泉川由美子)さんが来場されます
可愛らしい飛豚(トントン)など沖縄の手作り陶器がたくさん

もずや民藝館HP http://mozuya.com/
もずや民藝館EC http://www.mozuya.co.jp (会員制)

※はごろもは、お手伝いで会場に居りますので、ぜひお出かけくださいませ。

スキャン_20150820


★東海もずや会親睦会
9月18日(金) 午後6時~
メリメロ亭
10名


★なか志まや・一衣舎・KOMAMONO玖 三人展
9月19日(土)~23日(水)
名古屋市千種区四谷通2丁目8番 YOU YOTSUYA 2F
本山float


☆A THREAD CONNECTION IN KYOTO 2015
糸つながりの会 京都にて
9月19日(土)~23日(水)
4つのギャラリーと鹿ケ谷山荘が会場になります。
イシス
ギャラリー啓
tela de GRANPIE
八布&リピン               
                        
茶話会の詳細は、ギャラリー啓さんをクリックしてご確認ください。
ご予約・お問い合わせ 11時~18時(平日)
スレッドコネクション実行委員会 080-3840ー5181



郡上のヒノキでMY下駄づくり
9月27日(日) 午前10時~12時半、午後2時~4時半
10月4日(日) 午前10時~12時半、午後2時~4時半
郡上木履(ぐじょうもくり) お問い合わせ 090-4262-6197
4500円


★草履屋ちぐさ展示即売会
10月3日(土)~10月5日(月) 12時~19時 (最終日は17時終了)
ギャルリー大須2階
名古屋市中区大須2-30-10

スキャン_20150912



★小町の会 10周年記念パーティー
10月9日(金) 午前11時半~午後2時半
河文名古屋日本料亭
小町の会主宰 Potter由美子


★いとしろ民話絵本「ねいごのふたまたほおば」 南景太 原画展
10月10日(土)~18日(日) *13日(火)お休み
100時~16時 
石徹白洋品店 郡上市白鳥町石徹白

オープニングパーティ
10月11日(日) 13時半~
女優の南早希さんによる絵本の読み聞かせがあります。

1441041168_1.jpg



きもの睦月展
10月15日~20日
名古屋市東区泉1丁目13−23 ホワイトメイツ3階


★和もの市 その六
10月24日(土)25日(日)
岳見町ぎゃらりぃ

はごろもは、25日に遊びに行きまーす♪


★着物リメイクの楽しみ リメイク工房吉松(きっしょう)展
10月30日(金)~11月1日(日) 午前10時~午後6時 (最終日は午後5時)
岳見町ぎゃらりぃ

スキャン_20150906 (2)

ステンドグラス こもれび工房 ランプと小物展
10月30日(金)~11月1日(日) 午前10時~午後6時 (最終日は午後5時)
岳見町ぎゃらりぃ


★はごろもの着物でお出かけ・岡崎
10月30日(金)
岡崎城公園にて、菜飯田楽を頂き、八丁味噌を見学します。
詳細は、こちらをクリック→☆☆☆


天然色手染工房はちはち 常滑屋個展
11月3日(火)~8日(日)
常滑屋


★伊兵衛の会
11月28日(土)
浅田


★「能への誘い」
12月6日(日)
午後2時~3時半 (午後1時半開場)
参加費 2500円
栄能楽堂
愛知県名古屋市中区栄五丁目6-4
能楽ビル東館4F
TEL (052)262-1183
名城線矢場町駅より徒歩10分
名城線・東山線栄駅より徒歩15分
講師は、観世流能楽師 吉田 篤史先生





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2015.09.06
Category: ご案内
Comments (0)Trackbacks (0)

受難なセオアルファは、甦りました。

まだ暑いのですが、単衣の季節。
昨日は、晴れて洗濯日和!浴衣など洗濯して片づけ、単衣を用意しました。

この夏は、撫松庵のセオアルファ切子の浴衣が、とても活躍しました。
しかし、徹夜踊りでずぶ濡れになり、明け方に車からキャスター付きのバッグを引っ張り出して部屋に入ったので、気が付いたら、こんなことになっていました。。。

11921642_886286748128984_9071750387566053300_n.jpg

何てこった!水洗いしても落ちません。。。しかも、上前!

油汚れは、油で落とさないといけませんが、ポリエステルにベンジンは大丈夫だろうかと心配しながら、試してみました。
これくらい落ちれば、よしとしましょう。
簡単なやり方を知っていれば、業務用ベンジンは使えます。
あぁ、良かったです。

11986472_892995230791469_1849530233777665184_n.jpg


先日、鳥取から出雲に向かうドライブの時も、しわにならず洗えるからと、この浴衣を着ていました。
途中で、ブルーベリーを買って、車の中でパクパク。
ブルーベリーがこぼれて、果汁が付いてしまいました。

洗えるからと気を許してしまうのか、この切子の浴衣は受難つづきでしたが、甦りました。
頼もしい浴衣です。
色々と使い分けるとよいと思いました。

宮古上布も、絹紅梅も、お手入れしたので、来年の夏までお休みなさい。

11900032_892995244124801_8942157760770595977_n.jpg

秋に向けて、魅力的なDMが届くこの頃です。
夏の疲れを残さぬように、どうかご自愛ください。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2015.09.05
Category: 着物まわり
Comments (2)Trackbacks (0)

はごろもの休み

初秋の頃となりました。
秋の予定が、あれこれと入り、駆け足に過ぎていきそうです。
10月は、久しぶりに着物でお出かけの会を開催します。10月30日㈮です。詳細は後日お知らせします。

9月のはごろもの休みは、3日(木)、4日㈮、10日㈭、11日㈮、15日㈫、18日㈮、19日㈯、22日㈫、27日日㈰、28日㈪、です。

2015CIMG2960.jpg




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2015.09.03
Category: はごろも
Comments (0)Trackbacks (0)

Mariko-Style 「いのちを繋ぐ」

9月のMariko-Styleは、「いのちを繋ぐ」をご紹介します。
詳しくは、こちらをクリック→着物~はごろも

2015091.jpg


先日の古民家インスタレーションの様子が、取材されていました。
こちらをクリックしてください。
  ↓
古民家インスタレーション/八頭町太田邸





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2015.09.02
Category: Mariko-Style
Comments (0)Trackbacks (0)

出雲キルト美術館

出雲キルト美術館に行きたいとの、りのりのさんの希望で、その存在を知りました。

2015CIMG3008.jpg


築200年の出雲伝統様式であるお屋敷が、美術館でした。
和のキルト作家の第一人者の八幡垣睦子さんのキルト作品が、生け花、室礼、と共に拝見できます。
ちょうど、四季の夏、展示の最終日でした。

2015CIMG3006.jpg


古い着物が小さく丹念に縫い合わされ、その絶妙な色合わせに感心し、作品の前に座り込んで、眺めておりました。
作品の撮影は禁止です。

2015CIMG3003.jpg

畳のヘリも素敵なので、パチリ。
機会があれば、ぜひ足を運んでみてください。

2015CIMG3011.jpg


祈りの中から  作品は生まれ  感謝の想ひから  館と出会えた

出雲キルト美術館のパンフレットの言葉です。

今回の旅は、鳥取へ、内藤満里子さんの古民家インスタレーションを観にいくことから始まりましたが、締めくくりの出雲でも、お屋敷とキルト作品との見事な融合を拝見することができました。

満里子さんの古民家インスタレーションへの想いです。

一人でも多くの方に日本から消えゆく古民家の素晴らしい空間に佇んで
家族のこと
いのちのこと
日本建築美
日本のこころ
いろいろなことを
感じていただきたいと、強く思っております。



つくり出すことが出来る人は、本質を見抜き、そこに新たな、いのちを吹き込みます。
能力のない人々は、壊すばかりです。
縁結びの地である出雲では、築200年のお屋敷が、善きつくり手と出会い、甦っています。

お昼を頂いた、鶴華 波積屋(はづみや)さんは、荒れていた築200年のお屋敷を、「お帰りなさい、ふる里へ」というテーマのお食事・出雲そば処にされました。


今迄二百年年もったんだから、もう二百年もつのは当たり前---大工棟梁の言葉です。
日本家屋の素晴らしさを改めて知らされた次第です。


お店の案内より


着物のご縁繋ぎの仕事をしていると、このような出会いをしみじみと嬉しく想えます。


11892226_887566358001023_6091471606035016960_n.jpg


レンタカーを返して、出雲空港へ。
実は、夕日をみた後、宿へ戻り車を停めたときに車庫角のコンクリートの土台と鉄柱にコツンとやらかしました。
バンパーに少し傷が残り、二万円の出費が痛かったです。
りのりのさんが連帯責任だからと、半分出してくれて、心より感謝します。

また訪れたくなる所です。
鳥取・島根の旅をありがとうございました。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Date: 2015.09.01
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)
プロフィール

Author:着物~はごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR