12月のはごろの休み

あっという間に過ぎた11月でした。
風邪が流行っているようですから、うがい、手洗いを忘れずにして予防したいです。
風邪を引いている暇がない12月ですもの。

12月3日(木)、8日(火)、10日(木)、11日(金)、15日(月)、18日(金)、21日(月)、23日(水)、27日(日)、28日(月)、が休みです。
上記以外は、お店に出ています。


201511CIMG3616.jpg





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Date: 2015.11.30
Category: はごろも
Comments (0)Trackbacks (0)

「落花、入れ籠入る」旧中埜半六邸

おとうふ湯葉いしかわ 半六邸店が、11月8日に開店されていたのですね。
半六邸のインスタレーションを知り、出かけたのですが、なんと、半田で迷子になるとは!
ナビに住所を入れると、おとうふのいしかわ工房が出てきて、高浜へ案内されてしまうのです。
あー、たどり着けて良かった~!もう、自分で笑うしかありません。。。

スキャン_20151128

半六プロジェクトのおかげで、この建物は活かされたのです。
初めて出かけました。
その場に身を置くことで感じるインスタレーションを、作者のお話を伺いながら、拝見しました。

高北幸矢インスタレーション
「落花、入れ籠入る」
12月1日(火)まで、木曜日休廊。
午前10時~午後5時 入館は4時半まで
旧中埜半六邸2階
半田市中村町1-7
観覧料300円


長持ちや砂利などを使い、半六邸の座敷の中に、半田運河と半六邸を見立てる趣向でした。
赤い椿は500個。
素材は木です。形にして色をつけたものです。


201511CIMG3658.jpg


桐の長持ちに家紋が入っています。
お嫁入りに持ってきたものが、中は空っぽでしたが、蔵にいくつもあったそうです。
今では、長持ちと言っても、この形を想像するよりも、永餅を思い出す方が多いです。

飯の種の仕事の「ながもち屋」は、この長持ちが由来ですが、時々、永餅?と聞き返す方がいらっしゃいます。
桑名名物 安永餅は、好きですけれどね。

201511CIMG3663.jpg


別の部屋では、椿の作り方の工程がわかりやすく並べてあり、手に取り、触ることが出来ます。


201511CIMG3666.jpg


2012年には、古川美術館分館為三郎記念館にて、インスタレーションをされたと伺いました。
男性と女性では、椿の花に寄せる想いが違うというお話も。
ありがとうございました。

201511CIMG3664.jpg



今日、偶然に出会った方が、作者とお知り合いで、会期中には半六邸に行きたいと、話題になりました。
もう、「行き当たり、ばっちり!」ですね。
もうお一人、出会った方ともすぐに共通の話題で盛り上がったのですが、こちらも「行き当たり、ばっちり!」。
詳しくは、後日。

12月1日(火)まで、です。ぜひ、お出かけくださいませ。
これからも、半六邸のイベントに行ける時は覗いてみたいです。
もう、迷子にはなりませんから。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2015.11.29
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

2015秋・伊兵衛の会

本日、2015秋、伊兵衛織を着て集う会は、名古屋浅田にて、八名の方と、和やかなひと時を過ごしました。

加賀料理の料亭「浅田」のお昼、はな街を頂きました。

201511CIMG3692.jpg

特に、加賀料理の治部煮が、ほっと温まる美味しさでした。

201511CIMG3676.jpg


伊兵衛織らしからぬ青緑のはごろもを挟んで、三名の方が千鳥格子、その両隣の方が無地でした。
帯で表情が変わりますし、着方もその人らしさがでていて、味わいがあります。
制服ね~、と笑っていましたが、何とも贅沢な制服です。


201511CIMG3699.jpg

皆様の帯まわりをご紹介します。
今回、初めてご参加され、この中では一番多くの伊兵衛をお持ちの方です。
ご主人様が着物がお好きで、伊兵衛織の大人買いのお話に、ため息がこぼれました。


201511CIMG3681.jpg

改めて、帯もいいなぁ、と思わせてくれました。

201511CIMG3691.jpg


こちらは、吉野格子の帯です。

201511CIMG3689.jpg

臙脂の帯揚げが、この季節にしっくりきます。
格子に黒地の帯。
最近、赤ピンクが気になるとおっしゃられた一番年下の綺麗な方です。


201511CIMG3682.jpg


残糸の横段に、白地の帯。
伊兵衛織の着物と帯を持っている方は、本会員です。
臙脂の帯締めは、輪奈ビロード。

201511CIMG3683.jpg


千鳥格子の三名も本会員ですが、今日は違う帯で楽しんでいらっしゃいました。
茶色味が強い、千鳥格子です。

201511CIMG3684.jpg


型染の帯。


201511CIMG3685.jpg


「め組」が粋な半幅帯


201511CIMG3686.jpg


同じ千鳥格子ですが、こちらはグレーが強いです。

201511CIMG3687.jpg

バティックの帯。

201511CIMG3688.jpg


そして、このような伊兵衛織の残り布を拝見することが出来ました。
私のと同じ色もみつけました。
ぼたんさんが持っている上の方の青緑色のものです。


201511CIMG3693b.jpg


もう織られないと思うと、残念です。。。


201511CIMG3694b.jpg


名古屋浅田のカウンターテーブル席が、伊兵衛
このような「伊兵衛の会」で集えることの有り難さを感じながら、閉会となりました。


201511CIMG3700.jpg


伊兵衛織と出会ってから、ご縁が出来た皆さまです。
今日、頂いた素敵な言葉は、「行き当たり、ばっちり!」。
今までは、「行き当たり、ばったり」だと思って生きてきましたが、いやいや、「行き当たり、ばっちり!」でしょ。
感謝します。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Date: 2015.11.28
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

成岩教室と、紅花染のストール

第四月曜日は、成岩公民館にて、着物教室でした。
細かい部分を再確認していただき、今迄は手順を覚えるのに一生懸命でしたが、「着物を着るということは、洋服と違って、毎回着るたびにデザインをすることなのだ」という言葉が、腑に落ちたようでした。
流石クリエーターさんです。

12月の成岩公民館での着物教室は、第四週では年の瀬で慌ただしいので、第三週の21日(月)に変更しましたので、お間違いのないようにお願いいたします。

ここのところ、体調をくずされる方が多いようです。
私も、昨日は忙しく休憩もなく、帰りには珍しく頭が痛くなり、早めに休みました。
喉の調子もよくなかったので、紅花染のストールを口元から首に巻いて、朝には元気になっているようにと願いながら休みました。
10時間弱…よく眠れるものです。
おかげさまで元気になりました!

昔から、服用するだけでなく、漢方薬で染められた衣服を身につけることでも、その薬効が得られると考えられていました。
まさに「服薬」。
紅花は、血行をよくし、冷えから肌を守る働きがあります。
そのようなことを思いついたので、紅花染のシルクストールを巻いてみたのです。

この紅花染のシルクショールは、はちはちさんに染めてもらったものです。
工房が常滑にあった時に見学させていただきました。
その時のブログ記事は、こちら→紅花染め

201511CIMG3656.jpg

紅花で深い紅色に染めるには、お金も手間もかかります。
そして、かなり濃く染めなければ退色しやすいのです。

「一斤染(いっこんぞめ)」「聴色(ゆるしいろ)」
平安時代にあらわされた色名で、紅花で染める薄い色をさし、反物二反を染めるのに、一斤(約600g)の紅花を使う淡い紅色だけが許されて、このような色名が流行りました。
紫色と濃い紅色は、一般の人々には着用を許されない禁色(きんじき)となっていたためです。

平成の世でも、一般庶民なので、薄い紅色です。。。
年数と共に色褪せてきています。
退紅(たいこう)という色名は、その様子をあらわしています。
少し悲しい色の名前ですね。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Date: 2015.11.25
Category: 健康・美容
Comments (0)Trackbacks (0)

ブルキナファソの籠&銀簪

『Christmas Market 』にbigaが出店すると聞き、昨日の仕事帰りにLACHIC(ラシック) 1Fエントランスへ行ってきました。
23日(月)21時まで、やっています。

CIMG3646 - コピー


アフリカの布パーニュで作ったスカート、ポーチ、バッグ、シュシュ、籠など、並んでいます。

CIMG3647 - コピー


愛用しているシアバターも♪
私は、髪を纏める時に使っています。ついでに、顔にも。(顔がついで?と突っ込まないでね。。。)


CIMG3650 - コピー


お花のアレンジをされた方も、お顔にも使っていると、シアバター談義も始まりました。
すずめ瓜の縞々が可愛いくて、瓜話も♪

CIMG3649 - コピー


とても綺麗な透かし編みされた籠をみつけました。
今迄もbigaの籠を見てきたけれど、この透かし編みのは初めてです。
もう一つの無地の物は、売れてしまったと伺いました。

とうとう、出会あうべくして出会った、bigaの籠!
連れて帰ることにしましたよ。


CIMG3654 - コピー


麻の服や、懐かしいしっかりしたウールの服を扱っているお店の方ともお話して、仕事帰りに気軽に立ち寄れる環境に感謝しました。


CIMG3645 - コピー


ラシックに来たなら、三越へも立ち寄りました。
銀の簪を作って見える京都の方が、24日まで出店されていらつしゃいます。


スキャン_20151123


髪に挿してくださり、色々お話を聞かせてくださいました。
美しい銀細工の簪、帯留、根付、素敵でした。
栄にいらしたら、ぜひお立ち寄りくださいませ。






↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2015.11.23
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

大物新人!

和裁部の師匠が織りを習い始めて、裂織で帯を織りあげていらっしゃいました。
いいなぁ~。
そして、織りの教室の方を和裁部へ、スカウトしてみえました。

自分で織った反物を、自分で着物に仕立てして、自分で着てみたい!
大きな野望を胸に抱く、大物新人さんが現れました。

御自身で織られた縞木綿。

201511CIMG3611.jpg


早速、着物にとりかかっています。
素敵な着物が出来上がりますね。


201511CIMG3610.jpg


着方は、成岩公民館で習えるから、大丈夫!と師匠。
はい。お任せください!とお返事を致しました。
来年は、着物デビューを致しましょう。
素敵な野望が叶いますから、楽しみですね。

ふと、スカートをみると、これもご自身で織られた布で仕立てられたものでした。

201511CIMG3612.jpg


初対面でも話が弾む方々の共通点は、何かしら手を動かしていること。
そして、前向きな姿勢で生きていらっしゃること。

有り難いことに、「類は友を呼ぶ」の通り、まわりには素敵な方々がいらっしゃいます。
友達の友達は皆友達…どこかで聞いたことがある言葉ですが、ここ最近の集まりでは、来られた方同士が話が盛り上がって、仲良くなられることが多いです。
とても嬉しいことです。

仕事では、着物の橋渡しを。
はごろもでは、着物を通じて、人と人を繋ぎ、喜びが多く、人として幅が広がる(身幅じゃないよ!)ことが、少しずつ出来ることが元気の元となっています。幅だけでなく、奥行きも深く掘り下げていきたいと願うこの頃です。

人生の先を行く、素敵な先輩は、魔女のような方が多いです。
和裁部師匠も、魔女の一人です。
いつの間に作られるのか、玄関先に飾ってありました。
魔法の手を持っていらっしゃるのです。

201511CIMG3614.jpg

魔法学校に通わねばっ!!!(笑)




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2015.11.20
Category: 和裁部
Comments (0)Trackbacks (0)

手描友禅・叶工房 染色教室展

11月19日(木)~23日(月)
手描友禅・叶工房 染色教室展
自家焙煎珈琲&ギャラリー 森の響にて。

12241188_1031913706860226_1904770597078047838_n.jpg


真帆さんと打ち合わせランチ後、ぼたんさんを拾って、プチドライブ♪
稲刈り後の田んぼや畑、柿がたわわに実り、花梨や蜜柑にも心惹かれつつ、ドライブ日和でした。
森の響では、和裁部メンバーと合流。
御自身で染められた紅葉の帯の聖子さんにも、ばったりお会い出来て、初日に花が添えられたようでした。
この紅葉の帯は昼夜帯にして、裏には桜を友禅されて、秋と春に使えるように考えられたものです。
色挿しがなかなか終わらないーと、頑張っていた姿が思い出されます。

201511CIMG3624.jpg

のれん、タペストリー、なごや帯。
名古屋友禅の工程がわかりやすく展示されていました。

201511CIMG3623.jpg

身近に友禅の作品がある暮らしは、豊かさを感じます。
お軸、屏風、飾り団扇、小物入れの蓋、バッグ。

201511CIMG3621.jpg

素敵過ぎる半幅帯!

201511CIMG3622.jpg

皆様の力作に触れて、また友禅教室に通いたくなりました。
最後に染めた「南蛮船」のなごや帯で、聖子さんと。
何故か、ソフトフォーカスになってしまいました。


201511CIMG3635.jpg

201511CIMG3628.jpg


聖子さんは、昔きものを取り扱っていらっしゃいます。
第19回 昔きもの展が、11月27日(金)~29日(日)まで、午前11時~午後7時 (最終日は午後6時終了)
アトリエ るびーぶるで開催されます。
名古屋市東区主税町4-77 文化のみち二葉館向かいビル2階
052-93101555
ぜひ、お出かけ下さいませ。

201511CIMG3634.jpg


美味しい珈琲と、松の実のお菓子を頂いて、30代、40代、50代、はごろもを介して皆さま初対面でしたが、話が盛り上がりました。どこか通じるものがあるからでしょうね。

201511CIMG3637.jpg

陽が暮れるのが早くなりました。

12248897_549161681901270_761861896_n.jpg

家路へ。
いくつかの打ち合わせも出来て、感謝します。


12282872_549155998568505_1695410788_n.jpg


森の響へ、ぜひお出かけ下さい!






↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2015.11.19
Category: 染め織り
Comments (0)Trackbacks (0)

11月の着こなし講座

毎月第三火曜日は、はごろもの着こなし講座です。
11月も、昼の部、夜の部、それぞれに合わせて、何かしら身につけて頂けたと思います。
それにしても、昼と夜とは対照的でした。

お休みされる方が多く、昼の部は、一対一での指導となりました。
長襦袢と着物の着方を、一つ一つの手の動きから。

夜の部は、全員で8名、賑やかでした。
Mさんが手作りの焼き菓子を持ってきてくださって、始まりと終わりには、お茶で和みました。
そして、それぞれの課題に取り組みました。
りんご先生が、ふりふり結びを披露してくださって、半幅帯と兵児帯との結び方を一緒に覚えました。
新しいこと学ぶのは楽しいですね。

半幅帯のふりふり結びから、基本の一文字、名古屋帯、袋帯と、多様でした。
あっと言う間で、写真を撮る余裕がありませんでした。

紬に名古屋帯、色無地に袋帯と、お稽古されたやるまいぞさん。
中日文化センターで和裁を習っているので、来年3月31日、清水とき先生のショーに出られると、ご案内を頂きました。

スキャン_20151119


2012年の清水ときとその弟子たち・中日劇場は、拝見しました。この時も、やるまいぞさんは舞台に出ていたのでした。知らなかったけれど、観てましたよ。
50周年とは、素晴らしいです。なかなか出来るものではありません。

来年の予定もあれこれと入ってきて、新しい手帳に書き込みました。

1月31日(日)は、五日市剛氏講演会&新年会です。
講演会の券を取りまとめて、頼みますので、ご参加の方はお知らせくださいませ。
昼の部、夜の部、の方々も参加されます。
ぜひ、着物で半田にお越しください。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2015.11.18
Category: 着付け
Comments (0)Trackbacks (0)

イカットの帯、後もう少し。

古いイカットの布があるのだけれど、帯にならないかしら?
ご相談を受け、名古屋帯が二本つくれることをお伝えしました。
帯を作ることになり、一本分は私にくださるとの嬉しい申し出を、お受けいたしました。

和裁部の師匠の元、二本目の帯に帯芯を綴じつけて、ひっくり返すところまできました。
この帯芯を綴じつけるのは、意外に力がいるのです。
少し厚めの帯芯なので、針を通すのに苦労しました。
器用な方はサクサクと作られるのだと思いますが、私は時間がかかります。

201511.jpg

帯芯を綴じ、ひっくり返すと、もう少しで出来上がりです。
後は、かえしの所を千鳥がけして、くけて、三角の所をかんぬき止めします。

二本目は、帯のつり合いが上手くいきました。
実は、一本目は少しつり合いが悪くて、縫い閉じていくときに三角の手前でひだを少しとり、帳尻を合わせました。
出来上がってから、たれの少し上に小さな虫食い穴もみつけたので、私のにいたしました。

201510CIMG3413.jpg

締め心地を試してたところ、よい仕上がりです。

もう一本は、後もう少し。
年内にはお届け出来ます。
お揃いの帯になりますね。
嬉しく、感謝いたします。


和裁部で、何本か名古屋帯を縫うと、覚えることが出来るかしら。
帯芯を三本注文したから、頑張ろうー!



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Date: 2015.11.14
Category: 和裁部
Comments (0)Trackbacks (0)

十一月「和の暮らし歳時記教室」

小さな蜜柑を皆さんに一つずつ持っていきましたら、満里子先生が喜んでくださいました。
霜月の「和のある暮らし歳時記教室」は、「運盛り」のしつらえでした。
「ん」が付くものを盛り付けるので、「運盛り」。
小さな蜜柑も、その仲間入りをいたしました。

満里子先生のところに集まってくる、木の実や葉っぱなどを使わせていただきました。

201511CIMG3597.jpg


ついつい、盛り過ぎましたが、とても楽しかったです。


201511CIMG3598.jpg


何だか、美味しそうにみえます。

201511CIMG3599.jpg


葉っぱの置き方や、木の実の扱いが素敵でした。


201511CIMG3600.jpg


皆さん、それぞれの個性が出ます。


201511CIMG3601.jpg

生け花で例えるなら、自由花のようでした。

自由花とは、定まった型はなく、草木の形状や質感にも目を向けながら文字通り自由にいける様式で、幅広い表現が可能です。

若い頃、お茶を習いに行ったときに、お華も一緒に習った時のことを思い出しました。
自由花をいけるのですが、いつも全部抜かれて、先生の自由花をいけられてつまらなかったのです。

満里子先生は、どのようにしたいかを汲み取って、格好よく仕上げてくださいました。
この「汲み取る」ことが、出来る方と、出来ない方がみえます。

教えることもそうですが、販売においても、汲み取ることが出来ると、商売が早いです。
商品をあれこれと全部見せればいいというものではなく、言葉にならないお客様の求めているイメージを、こちらがいかに汲み取り提案することが出来るかです。たくさん説明が出来ればいいというものでもありませんし、話が長い商売は、時と場合にもよりますが、お客様が疲れるものです。
そして、その場に欲しいものがなかったとしても、その方を求めているものをわかってくれると、嬉しくなるものです。

満里子先生は、その汲み取り力もさることながら、求めているものを明確に言葉に出して伝えてみえるので、心ある方からどんどんと求めているものが集まってくるのです。

今年は、「Mariko-Style」をご紹介しながら、満里子先生のお人柄に触れて、たくさんのことを学ばせていただき、感謝しています。

何よりも、毎月一回の「和のある暮らし歳時記教室」は、楽しく、また、美味しいお菓子とお茶をお仲間と頂き、癒されるひとときです。これからも楽しみにしております。


満里子先生の「和のある暮らし歳時記教室」のご案内をいたします。

※青柳堂教室 名古屋市中区栄4-1-8 栄サンシティービル1階(中区役所朝日生命共同ビル)
 毎月 第2水曜日 13時~15時
 毎月 第3水曜日 18時半~20時半

※高浜教室 高浜市小池町4-6-10
 毎月 第2木曜日 19時~21時

※西尾教室 西尾市桜町二丁目6-2 カフェBEANS
  毎月 第2木曜日 10時~12時

11月からは、岡崎市八丁味噌カクキュー教室も始まります。
 毎月 第2月曜日 10時~12時

各教室 入会金5000円
受講料 各月3500円~5000円(材料、お茶、お菓子など)
     教室により違いますので、お尋ねください。

古民家空間フラワーアーティスト 
Mariko-Style 花教室主宰 内藤満里子先生
090-5003-9818


見学に来られた男性の方から、大きな柿をいただきました。
小さな蜜柑が大きな柿に代わり、満里子先生からは、シダーローズとエビフライ、車輪梅の実、ぎんなん、姫リンゴ、葉っぱを頂きました。

エビフライが分かる方は、山育ちですね。
赤松の松ぼっくりをリスがかじって、先だけ残った形が、エビフライに似ているからと伺いました。

お重に「運盛り」をしてみました。
「ん」がつくものをみつけたので、入れました。
この夏、鳥取で手に入れた瓢箪です。

201511CIMG3604.jpg

新月の運盛りは、効き目ありそうです。
もうひとつ、幸運の卵を触らせていただきました。
素敵なものに触れられる「和のある暮らし歳時記教室」です。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2015.11.12
Category: Mariko-Style
Comments (0)Trackbacks (0)

苦しいのが、お好き?

「苦しいのが、お好き?」と尋ねたくなるくらい、頑張って着物を着てみえる方がいらっしゃいます。
先日の「着物でお出かけ」でも見かけて、きっと苦しいだろうなぁと、お声をかけ、手直ししたら、あー、とても楽になった~!と喜ばれました。

だって、帯枕の紐を、みぞおちの所でギューと結んでいるのですもの。
帯揚げも綺麗に納まりません。

着付けを始められて、頑張って着てきました!とお店に立ち寄ってくださる方からも、帯揚げが上手くできません~!とご相談を受けることがあります。手順は習われているのですから、出来るのだと思いますが、帯枕の紐の納め方まで、気が回らないのでしょう。
よく、帯枕の紐を下の方に入れ込むと言われたけれど、しっかり締めると入らない~!というお声も伺います。
そのまま下に入れようとしても、確かに難しいです。
では、どうするかというと、脇から中心に向かうように指をいれて、左右を扱きます。指をいれて扱いた分のゆとりが出来ますので、下に入れ込むことが出来るのです。

なーんだ、そんな簡単なこと!と思われますが、意外と、言われないと思いつかないことがあります。
一生懸命に頑張ってやっていると、特に力がはいってしまいますもの。

着付けの本には書かれていない、些細なことだけれど、意外に大事なことがあります。
着物を自分で着ることで、段々とその些細なことに気が付き、着物姿が決まっていきます。
受け皿は、人それぞれですが、着物を着ることは、自分をより深く知ることになります。

お休みの日に着物を着るようになって、イライラすることが減ったの!
仕事が忙しかったけど、時間を作って着物を着たら、癒されたので、また着たくなりました!

若い方が、嬉しそうにそのようなことを話て下さるのです。
着物の秘密!ですね。
ただのファッションではないのです。

大切に自分の身を包むもの。

そのように感じて、着物を着てみてはいかがでしょう。

201510CIMG3553.jpg



「帯いろいろ特集」で、浦野理一さんの経節紬無地の帯が入ってきました!
これは、誰かに言いたくなりますので、呟いてみました。








↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Date: 2015.11.10
Category: 着付け
Comments (0)Trackbacks (0)

常滑屋さんと赤レンガ骨董市

常滑屋さんで、8日(日)まで、天然色手染工房はちはちさんの個展です。
二日連日、常滑屋さんへ。

熱い男T氏は、お孫ちゃん連れでいらっしゃいました。
常滑屋は二回目というお孫ちゃんに、二回とも会っている私は、とても縁があるかも。
でんでんむしと、水戸黄門の歌を歌ってくれて、帰りにはハグしてくれました。
熱いお話のときのお顔と、おじいちゃんのお顔と、拝見いたしましたよ。

201510CIMG3580.jpg


はちはちさんは秋色、手織りの布の作品が、増えていました。
右の藍の濃淡も好い感じです。
ガラ紡の布を染めたボルドー色のロングコートが、暖かく、クラシカルで女らしい表情をみせてくれました。
うーん、洋服は着ないからね。。。
心惹かれた一枚でした。


201510CIMG3585.jpg


半田赤レンガ 骨董市に、7日~9日まで、はちはちさんも出られると聞き、りのりのさん、金ちゃんと現地集合。
初めて、赤レンガ建物に出かけました。


201510CIMG3586.jpg


いつも前の道を車で通り過ぎることがあるだけで、こうして近くまで来たことがありませんでした。
良い形で活かされることを願います。


11707445_923548851069440_6017256662367716373_n.jpg


イベントが色々あるのですね。
また機会をみて出かけたいです。


12191481_923548911069434_1148801980397440493_n.jpg



骨董市にて、あれこれ拝見。
I 氏に、帯のことを教えて頂き、勉強になりました。流石、その道はその道です。
どうぞ、ご無理なさらないように、ご自愛ください。


201510CIMG3590.jpg


お昼を常滑屋さんで頂きました。
常滑ちらしは、いつ食べてもしみじみと落ち着くお味です。


12193838_923616167729375_744308703208175362_n.jpg


デザートもペロリ♪


12191668_923616184396040_2708109423356018175_n.jpg


常滑屋には、はちはちさんの奥様がみえますので、珈琲を頂いて、プチ女子会。
くしゃみが出てたかしら?
少しだけ、常滑屋マダムも加わって、楽しいひと時でした。


201510CIMG3593.jpg


ふと窓の外を眺めていたら、まだこれから蛹になる前なのね。
寒くなる前に、無事に育つのかな。


CIMG3592.jpg

秋も深まってきました。
冬支度、ぼちぼちと取り掛からないとね。
灯油を買って帰りました。

もう少し寒くなり、ストーブをつけたら、コトコトとお豆を煮ようかな。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2015.11.07
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

着物でお出かけ・岡崎味噌ツアー 皆さまの帯まわり

先日の着物でお出かけ・岡崎味噌ツアー 皆さまの帯まわりを、コメントなしで、ドーンとご紹介します。


201510CIMG3487.jpg
201510CIMG3486.jpg



201510CIMG3495.jpg
201510CIMG3494.jpg



201510CIMG3491.jpg
201510CIMG3490.jpg


201510CIMG3488.jpg
201510CIMG3489.jpg


201510CIMG3493.jpg
201510CIMG3492.jpg



201510CIMG3497.jpg
201510CIMG3498.jpg


201510CIMG3501.jpg
201510CIMG3500.jpg


ご一緒していただきました皆さま、ありがとうございました。
はごろもは、個々に知っているけれど、皆さまは初めましての方ばかり。
自己紹介で、着こなしのポイントなどで、あれこれ盛り上がり、仲良くなられた様子でした。
また、お会いしましょうね、と着物友達の輪が広がりました。
感謝します。

201510CIMG3504.jpg


着物道も、お味噌のように、時間をかけて成熟して、深みが増しますように。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2015.11.06
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

岡崎の八丁味噌見学

着物でお出かけ・岡崎味噌ツアーの続きです。

メインの味噌蔵の見学です。
岡崎城公園から、歩いて八丁(約870m)の二軒の味噌屋さんへ。

CIMG3483201510.jpg


先ずは、カクキュー/合資会社 八丁味噌さん。
見学の待ち時間に、味噌ソフトクリームを頂きました。
(食べ歩きチケット一枚使用)

12122883_598992806907694_5001759155447498002_n.jpg


説明がよどみなく、上手いガイドさんでした。
美しい写真は、こちらをクリック→八丁味噌協同組合


CIMG3513201510.jpg


大きな味噌樽です。
残念なことに、竹の箍(たが)が作られなくなり、ワイヤーで代用しています。


CIMG3526201510.jpg


見学後、皆さんで撮影。
お買い物をして、クロベエさんとりんごさんは、先に帰られました。

20151030.jpg

続いて、株式会社 まるや八丁味噌へ。
途中まででしたが、石積みのビデオを見せて頂きました。
踏み固めて空気を抜き、中心に石が滑るように丁寧に積まれていく、知恵と技に感心しました。

それぞれの味噌蔵で匂いの違いがわかりましたよ。

201510CIMG3535.jpg


こちらでもお買い物をして、撮影していただきました。

20151030b.jpg


三河の大豆と三河山間部の天然井戸水で仕込み、 八丁味噌の製法と伝統の味を継承していく為の三河プロジェクトの限定品。
10月から販売されていると聞き、購入しました。ういろも美味しかったです。


CIMG3554201510.jpg

おしゃべりしながらでしたが、よく歩きました。
電車に乗る前に、珈琲タイム。エスプレッソとドーナツを少々。
(食べ歩きチケット一枚使用)

楽しかった♪と、参加の皆さんからのお声を伺い、秋のよい一日を過ごさせていただけたと、感謝いたします。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






Date: 2015.11.04
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

Mariko-Style 「塵垢を除かん」&ご案内

11月のMariko-Styleは、「塵垢を除かん」をご紹介します。
詳しくは、こちらをクリック→着物~はごろも

2015115.jpg


Mariko-Style クリスマスリースとお正月飾りのお教室を、ご案内いたします。

12200767_965263480198205_1247494143_n.jpg

★フレッシュクリスマスリース教室 
11月29日(日) 10時~12時  13時~15時

★お正月飾り教室
12月13日(日) 10時~12時  13時~15時

青柳堂にて開催。
名古屋市中区栄4-1-8 栄サンシティービル1階(中区役所朝日生命共同ビル)
定員各20人 参加費 5000円。

お問い合わせは、090-5003-9818
marippeann61☆yahoo.co.jp(☆を@に替えてて送信してください。)

古民家空間フラワーアーティスト 
Mariko-Style 花教室主宰 内藤満里子先生

ぜひ、ご参加くださいませ。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2015.11.02
Category: Mariko-Style
Comments (0)Trackbacks (0)
プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR