二年間、ありがとうございました。

2014.3.5に開店して、二年が経ちました。
そして、2016.3.31お店から離れることになりました。
最後の週は、連日来店して下さるお客様に、ご挨拶することが出来、感謝申し上げます。

4月1日から店長になる人と会社とで仕組まれたことを、私も含め、お店のスタッフにも知らせないという不誠実さでした。
今年に入り、この三か月間はとてもよい店でした。よいお品物が預かれて、その良さが分かる方にお買い求め頂いて、そして、楽しく仕事が出来ました。お店でお客様同士が仲良くなり、楽しかったと口々に仰っていただけました。

和気致祥(わきちしょう)
「和やかな気は祥(歓び)に到る」
まさに、そのことを体感できたことを感謝申し上げます。

12936718_1006390026118655_7694544524427418491_n.jpg

最後に、皆様からのお心使い頂き、ありがとうございました。

何人かの方から、はごろもさんは正直だからよかったの。安心してアドバイスが聞けた。と伺いました。

寸法が合わないから、やめときなさい。

商売気ないことを申しますが、無理にすることではないですよ。

これはすぐに売れちゃいそうだから、気になるなら取り置きしておいた方がいいですよ。

お客様がどのようにしたいのかを汲み取り、相応しいものをどれだけ提案できるのか、を考えて接客していました。
人との出会いと同じように、着物や帯との出会いも、相応しい人の所に引き合うようなタイミングで出会うものだ、と思うことが多くありました。その橋渡し役をさせていただき、学びました。

最後に、9階から下りのエスカレーターでお店に向かった時に、ああ、良い店に居たのだなぁ、と思いました。
人が変われば、お店も変わっていきます。

さあ、明日から4月。
前を向いて、歩んでいきます。

「和気致祥(わきちしょう)」を共に感じられる場を持てますように。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
Date: 2016.03.31
Category: 出来事
Comments (2)Trackbacks (0)

2016 円頓寺郡上踊り練習会

今年も始まりました!
3月26日は、円頓寺郡上踊り練習会でした。
18時半からですが、待ちかねた踊り助平さんたちは18時くらいから集まってきてましたよ。
今年もよろしく~!のご挨拶を交わして、「かわさき」から始まりました。
しかし、寒いのでしばらくの間、コートが脱げませんでした。

郡上八幡から、講師の研先生、本町の上田酒店ご夫妻と姪っ子さんも駆けつけて、楽しかったです♪
素足に下駄は、若くないと出来ません。

20160326.jpg

円楽会えんじょい恒例の「もつ鍋」の振舞いと、差し入れのお酒も少々頂き、温まりました。
いつもお世話になりありがとうございます。

今年初の練習会は、70名ほど集まりました。
次回は、4月9日(土) 18時半からです。参加費500円。
ご一緒に下駄を鳴らしましょう♪




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2016.03.27
Category: 郡上踊り
Comments (0)Trackbacks (0)

不誠実さと、消極的な敵意

お店にお客様からお電話、友人からはメール、メッセージを頂き、感謝を申し上げます。
お会いした方からは、お店に寄る楽しみがなくなっちゃったわ、と言われて。。。
昨年辞めた人と会社が仕組んでいたことです。売り場も店が回れば良いので、事を荒立てることをしません。
その方には、にっこりとほほ笑むことしか出来ませんでした。

突然ですか、「引き寄せの法則」を、あなたはご存知ですか?
簡単に言えば、本人が望む、望まないに関わらず、その人が考えたことは何らかの形で全て実現する、という法則です。

本人の知らないところで話が進み、承諾もなく決められて、驚かされること。
他人からは良い人に見られている人から、二人きりになると大事には至らない消極的な敵意をぶつけられること。

まさに、これらを引き寄せてしまったのですが、いつ、どのように、強く念じてしまったのか、それが幼い子供の頃に考えたことだとは、なかなか気が付くことが出来ないままでした。
そろそろ、気が付かないといけないよということで、昨年は消極的な敵意の人と仕事をするご縁を頂きました。
まさに、母親と同じだと思うことが多々ありました。
改めて、母の家族に対する敵意の在り方をみせられました。
子供の頃はよくわからなかったのですが、あれは精神的虐待だったのだと理解が深まりました。

祖母が居てくれたおかげて、こうして生きていられますが、もし祖母が居なかったら、もうこの世にいなかったと思います。
小さい子供にとって、家族との関わりが世界のすべてですから、それが壊れたときは世界の終わりに等しいのです。
毎晩、お化けが出てくる怖い夢をみていました。
そのうち、寝るのがいやで、父のまねをして本を読んで寝ないでおこうと、花咲かじいさんの絵本を眺めたこともありました。
(何で、花咲かじいさんなのかは突っ込まないでね。たまたま近くに会った絵本だったのよ。auのまわし者じゃないです(笑)。)

スキャン_20160324 (2)



弟が生まれる前から家族の在り方はそのままでしたが、ものこころが付くようになり、弟が生まれた三歳の時に明らかになってきました。お化けの夢は、その頃のことです。

ある朝、気が付いたら、父の実家のちゃぶ台の前に座っていました。朝ご飯の目玉焼きの焦げたところを食べて喉に引っかかり、ケッケッとしていたら、伯母さんが慌てて飛んできたのだけれど、何で私はここにいるのだろう???とぼんやりしていたこと。
何の説明もされず、寝ているうちに連れてこられたのだと、大人になってから理解できたことです。

弟が生まれて、それまで祖母と一緒に寝ていたのに、今日からは父母と寝ることになったことに、どうしてもいやだと反対したのだけれど、聞き入れてもらえなかった日。夕日を眺めながら、しゃがみこんで静かに泣いていたのでした。

どうしてこんなことになったのだろう。なんとかしなくっちゃいけない。

そんなことを真剣に考えていたのです。

そして、気が付いたのです。

なんとかしなくっちゃいけないと考えているから、なんとかしなくっちゃいけない人や状況を、引き寄せていることを!
それは家族から始まっていますから、主に仕事関係や、結婚を考える相手だったり。。。

真面目に克服しようとすることが、間違いだったことに、やっと気が付いたのです。
克服しようとしているから、そのような状況をどんどん引き寄せていたなんて!

もう、やめましょう。
まだ、死ぬ前に、まだしばらく時間があるうちに、気が付いてよかったわ。

正直でいられて、共に喜べて、気が付くことや発見がある、そのような関わりの中で生きていくことにします。


スキャン_20160324



あからさまに敵意をあらわす人もいますが、まわりの目を気にする気の小さな人の敵意は、大事にはならない、とるに足らないことに向けられます。

小学生の頃の夏休み、お友達が洋裁を習いに行くからと誘ってくれましたが、母は行かせてくれなかったのです。
その代わり、簡単なパフスリープを小花の生地で作ることにして、裁断は自身がなかったので、母にお願いしました。
母が生地に挟みを入れて、あ、失敗した、とそのままにされてしまいました。
間違えたのだから仕方ないじゃない、と謝りもせず、放置。

大切にしていた鉢植えのレモンの木を、知らないうちに、母が勝手に母の知り合いにあげてしまったこと。

あげればキリがないのですが、このおかしな状況を聞いて、理解してくれる人はまわりにいませんでした。
遊びにくる友達は、おやつを出してくれる母をみて、やさしくていいねぇと羨ましくみるのでした。
住む家はあるし、ご飯も食べさせてくれて、もちろんおやつも。両親も揃っていて、何が文句があるの?
餓死する子供がいる国もあるのだから、文句言っていたら罰が当たるよ、と言われてしまいました。

母は今でも変わりません。消極的な敵意も。
ある時まで、母を理解しようと、いろいろと話を聞いてみたり、やれなかったことをやってみればいいよと背中を押してみたり、出来ることをしました。母は一人娘でしたから、祖母の入院では、おむつを替えたり、お昼を食べさせたりも。
ある時、あまりにも心にもない言葉に、家を出たのでした。

家を出て、着物暮しを始めて、着物に人生を助けられたと感謝しています。

そして、母のことはわからなくてよかったと思っています。
もし、よく理解できたとしたら、母そっくりになっていたと思います。それでいて分かり合えることはありません。
怒りの中に取り込まれなくてよかったと思います。
離れてみて、日々に敵意の言葉がある家だったと、よくわかりました。
身体は離れたとしても、想いがあると同じような人や事柄を引き寄せてしまいます。

やっと、手放すことが出来ました。

和が永くという、名前を頂いた今生を、名前に相応しく生きていきます。
幸せな人たちと、幸せな関わりをして、幸せの輪を広げていきます。
そして、すべてのことに感謝します。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


















Date: 2016.03.24
Category: 出来事
Comments (4)Trackbacks (0)

人生5度目の失業保険

自分の力不足で、本当に申し訳ないと頭を下げる営業社員。
三月末で契約更新がなされないという話で、自分の保身とパフォーマンスをみせてくれました。
人生5度目の失業保険ということですな。

店長とはいえ、時給で一年契約ですから、会社都合で契約更新しないと言われれば、退職することになります。
少しゆっくりしなさいということでしょうし、次の展開のためにここにいたらいけないよ、ということだと解釈しました。

開店から二年が経ち、お客様も数字も伸びてきて、年末で消極的な敵意のスタッフがやめて、今年からは上手くお店が回り出したところでした。
そこに、有給は使わないで、円満退職をしてくれと言われ、四月からの新任店長も知らされないまま、スタッフのモチベーションはダダ下がりな状態。筋書きは読めているので、不誠実なところとは見切りをつけさせていただくに限ります。

ということで、お店にでているのは3月30日までです。26日(土)と31日(日)は休みます。

私だけではなく、人事の件では、以前にも他のスタッフに対して不誠実な対応はあり、今に始まったことではないのです。
その様なところでやってこれたのは、お店の開店前に、現場経験者の一日研修を受けたことが支えになっていたからです。
言葉の選び方、使い方は、色々な経験を重ねて身につけられた磨かれたものでした。
「大切にお預かりして、心を込めて橋渡し」
今年に入り、その言葉の意味を実感したことを報告、お礼を伝えることが出来ました。
そして、締めくくりの言葉も洒落ていました。

ここで体験したこと、沢山の商品に出会ったことは、財産になると信じています。

その方から教えられることが沢山あり、心から感謝を申し上げます。
このような対応をした会社と、そのきっかけとなる消極的な敵意のスタッフからも、気づかせてもらうことがありました。
これは私にとって、大きなことでしたので、改めて書きたいと思います。

すべてのことに感謝します。


12834644_1575909849396094_1207814130_n.jpg






↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








Date: 2016.03.23
Category: 出来事
Comments (2)Trackbacks (0)

成岩公民館の着物教室

三月は、お祭りの関係で第四月曜日にお部屋が使えないため、第三月曜日に変更しました。
お祭りに向けてのお稽古をしているため、大きな太鼓が置いてあります。

201603CIMG4372.jpg


御自身で作られた名古屋帯で角出し。
お太鼓と比べると、背中が広く感じられてしまうというお悩みがありました。
衣文の抜き方というより、後ろ衿の形が問題だということをご理解いただきました。
後姿の画像を見ながら説明できるのは、便利ですね。


201603CIMG4366.jpg


違いが分かりますか?
VとUとの違いです。

201603CIMG4365.jpg

お太鼓を集中してお稽古されました。

201603CIMG4368.jpg

桜の便りが届き、春祭りが始まります。
今年の桜は早いですね。

4月の成岩公民館・着物教室は、通常通り第4月曜日の25日です。
来られる方は、前もってのご連絡をお持ちしています。

おやつは、文旦ピールと紅茶でした。

201603CIMG4379.jpg





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2016.03.21
Category: 着付け
Comments (0)Trackbacks (0)

ビーズ刺繍展

昨年の院展にて、お声かけくださったご年配の方が、お店に訪ねて下さいました。

売場に、クラシカルな着物の方で下駄を履かれた方を探していると。
運よくお会い出来、着物はクラシカルでなかったけれど、足元を見られて、ああ、この方だわ!と。
こんなに早く見つけられるとは!と喜んで、DM持ってくるのを忘れちゃったわと。
そして、後日にまた届けてくださったのでした。

人生最後の個展をするわと、院展の時に伺って、案内を下さいねとお話したのを覚えていて下さいました。
着物を着ていたからこその嬉しい出会いでした。

スキャン_20160319

ビーズ刺繍展 山川 昭(あき)
4月21日(木)~27日(水) 10時~18時(最終日15時まで)
ギャラリー チカシンA室
地下鉄栄 森の地下街 北二番街

DMによると、女子美術専門学校 被服科 昭和25年(1950年)卒業 とあります。

ビーズ刺繍で描かれた桜を拝見するのを楽しみにしています。
そして、色々お話を伺いたいです。

お時間がある方は、ぜひお出かけ下さいませ。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2016.03.19
Category: ご案内
Comments (0)Trackbacks (0)

2016梅見の会、皆さまの帯まわり

いつも、梅見の会には、カメラマンがいてほしいと思う、はごろもです。
全員の帯まわりを撮り損ねてしまうから。。。

はじめのうちに撮影できた方々を、どーんとご紹介いたします。

仁平幸春氏の染半襟。
仁平氏の染は、音楽が聴こえてくるのです。
不思議ですが、視覚からリズムを感じさせるのでしょう。

201603CIMG4318.jpg

201603CIMG4320.jpg

鮫小紋に、雪輪の柄の塩瀬名古屋帯。

201603CIMG4324.jpg


201603CIMG4326.jpg

エルメスのスカーフを名古屋帯に仕立てました。
春らしい帯に生まれ変わり、初お披露目♪

201603CIMG4327.jpg


201603CIMG4328.jpg


野蚕糸のレイシアさんバティック名古屋帯。

201603CIMG4331.jpg


201603CIMG4332.jpg

春を意識して、若草色の名古屋帯。

201603CIMG4333.jpg

201603CIMG4334.jpg

こちらも、レイシアさんのバティツクです。

201603CIMG4336.jpg

2010603CIMG4335.jpg


優しいお花が描かれた塩瀬の染帯。
お花と同じ色目の小紋は、よくみると斬新な柄です。

201603CIMG4330.jpg

201603CIMG4329.jpg


リバーシブルの洒落袋帯を角だしに結んで。

201603CIMG4348.jpg

201603CIMG4349.jpg

月に兎

201603CIMG4350.jpg

201603CIMG4351.jpg


型染の帯に、梅の帯留。

201603CIMG4338.jpg

201603CIMG4339.jpg

御自身で織られた透かしの半襟!

201603CIMG4341.jpg

髪型も素敵です。

201603CIMG4345.jpg


立涌文(たてわくもん)に梅の帯

201603CIMG4342.jpg

201603CIMG4343.jpg

201603CIMG4344.jpg

春の和菓子のような装いの方です。

201603CIMG4303.jpg


集合写真は、岳見町ぎゃらりぃのマダムに撮影をお願いいたしました。

初めてご参加の方が8名、皆勤賞の方が4名。
黒一点のMさんに乾杯の音頭をとっていただき、月見草のちえこさんの一本締めで締めくくりとなりました。
色々な方とお話が弾み、新しい繋がりが出来たりして、楽しかった♪来年もよろしくね、とのコメントを頂き、嬉しく想っています。


201603.jpg

すべてのことに感謝いたします。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2016.03.16
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

第四回 梅見の会

2016.3.13 岳見町ぎゃらりぃの紅梅は、満開に咲いていてくれました。

201603CIMG4298.jpg


名古屋シティマラソンの交通規制の影響で、お料理の池田さんがなかなか辿りつけないという影響を受けましたが、その分、ゆったりと、庭で梅を愛で、写真撮影と、お話が弾んでいました。
色々と心配することがありましたので、次回はシティマラソンとは重ならない日にします。


72393_1667094130206695_830083288478767606_n.jpg

全員の集合写真がありましたら、私にも下さいね♪

12324997_1575909446062801_1820241414_n.jpg


懐石風出張料理 池田さんのお料理が、無事に並びました。
日本料理和楽さんの奥様の手描きの敷き紙を、今年もお願いしました。

「人はいざ 心も知らず故郷は
花ぞ昔の香ににほいける」

席札は、私の好きな春の花、沈丁花の葉っぱにお名前を添えました。


201603CIMG4353.jpg


受付には、繭のお雛様を飾りました。

1414691_1575909816062764_1987328774_n.jpg


春のお味。

201603CIMG4354.jpg

201603CIMG4355.jpg

桜のご飯は、桜の塩漬けを使ったものと伺いました。
これ、使えるね!とお声がきこえました。
私も試してみたいです。

201603CIMG4358.jpg


皆様の自己紹介、着こなしのポイントを伺い、今回の企画「梅を作る」が始まりました。
「お針が苦手ですが、大丈夫でしょうか?」
今回、参加申し込み時のお問い合わせのお尋ねが多くありました。
類は友を呼ぶの法則の通り、私が一番苦手でございます。
サクサク綺麗に縫えたらいいなぁと、いつも思うのですよ。


201603CIMG4359.jpg

出来たら、苺大福とお茶が待ってますよ~。
それを励みに頑張った方もいらっしゃいました。

1797569_1667094176873357_6447408940219579613_n.jpg


10482574_1667094186873356_8413384806287928106_n.jpg


苺大福の写真がないのは。。。
待ちかねて、皆、すぐに頂いてしまったからですね。
岳見町茶道部の方々にお抹茶を点てて頂きました。流石、チームワークがよいです。

早速、日本料理和楽さんへ、苺大福を予約注文された方がいらっしゃったとか。
春の楽しみが増えました。

CIMG4308b.jpg

草木染の無地紬に、博多織の松竹梅の袋帯を合わせてみました。
実は、左隣のSさんにダメ出しされたのです。
カジュアルな名古屋帯にしようと思っていたら、主催者なのだから、カジュアル過ぎない方がいいと言われまして。。。

岳見町マダムの皆様とご一緒に♪

最後は、びっくりポンのお話と、月見草のちえこさんに一本締めをお願いして、お開きとなりました。
素敵な装いでお集まりいただき、ありがとうございました。

次回は、6月19日(日) 梅の実が実る頃に、「単衣の会」を開催いたします。
詳細は、近くになりましたらご案内いたしますが、もうすでに、お申込みを頂いております。
笹巻をMariko-Style 和の暮らし歳時記教室の満里子先生に教えていただく予定です。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Date: 2016.03.14
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

三月「和の暮らし歳時記教室」

第二木曜日、三月「和の暮らし歳時記教室」高浜教室でした。
お料理上手なお仲間が、温かい春巻きを二つずつ包んで持ってきてくださいました。
駆けつけ一杯ならぬ、春巻き二つ!!
菜の花が入って、春の春巻きは美味しく、元気がでました。
お忙しい中を作って下さって、感謝します。

満里子先生が色々な色に染めた繭を使い、お雛様をつくりました。
どの色にしようか、色の組み合わせにも悩みます。。。
迷うなぁ。。。とつぶやくと、迷わないよとサクサク手を動かすお仲間の方。
私は、一番遅くに、出来上がりとなりました。

201603CIMG4289.jpg

出来上がりの姫たちを拝見すると、つくった本人に雰囲気が似ています。
つくる過程も人柄が表れていました。

201603CIMG4288.jpg

丁寧に手を使って暮らす、大切なことを、教えてくださいます。
Mariko-Style 「和の暮らし歳時記教室」。

美味しいお菓子とお茶も頂き、お雛様を作ることが出来た喜びに、ほっと一息。

201603CIMG4286.jpg

上巳の節句(桃の節句・雛祭り)は、新暦では3月3日ですが、旧暦3月3日は、新暦では4月9日です。
まだ、しばらく飾って、楽しみたいです。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2016.03.11
Category: Mariko-Style
Comments (0)Trackbacks (0)

佐藤公平作陶展

佐藤公平作陶展の最終日に、ギャラリー安里へ行ってきました。

陶器の話題続きですが、この佐藤さんは、伊兵衛織でお世話になった方です。
伊兵衛織が、どのような織物なのか知りたくて出かけた、ギャラリー安里にてお会いしました。
その時に、直球ストライクの伊兵衛織にも出会ってしまったのですが、これは今でもよい出会いだったと感謝しています。

なので、佐藤さんはギャラリー安里でしかお会いしたことがないのです。
群ようこさんから、素敵なお花が届いていました。
色々な方とご縁がある方です。

伊兵衛織の工房が閉じられて、佐藤さんの仕事がなくなったしまったのですが、長年作陶をされていらっしゃったことを活かして個展をされたと伺っていました。こうして、名古屋で拝見でき、お話をすることができるのも、ご縁を大事にされていらっしゃるからこそですね。

お茶の入れにくい「万事休す」の急須や、花の活けにくい花入れ、と面白いネーミングに遊び心が伺えます。
西洋梨の「用なし」も並べられていました。
昔の陶芸仲間の方もいらして、花入れなど買い求められていました。

えー、買うの?これ気にいっているのに。。。
伊兵衛織の時もそうでしたが、気に入ったものは売りたがらないのは、変わらないようです。

梅の花の小皿をふたつ、頂いてきました。
紅梅白梅のつもり。
梅見の会でお披露目しますね。

201603CIMG4282.jpg

人生何があるかわからないけれど、後悔しないように、今やれることをやろうと思っていると、佐藤さん。
私も、最近気が付かせてもらえたことを、お話していました。
着物の販売だけにとどまらず、こうして違う形でも関わり合いが持てることがあるのですね。
大切なものを見極めるためには、潔く見切りも大事だということを、この後出かけたお稽古先でも話題になりました。

言い訳ばかりしている人は、そのような人生を送ることでしょう。

正直でいられて、共に喜べ、何かに気が付くことが出来る方々と、よい場をつくっていきたいです。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Date: 2016.03.07
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

常滑焼の陶製浴槽・露天風呂

もう1ヶ月近く前になりますが、JAあぐりタウンげんきの郷 天然温泉 めぐみの湯に行ってきました。

ここに設置されている、常滑焼の陶製浴槽は、優れた伝統技術・ヨリコ造りによって製作されています。
ちょうど、鬼太郎の目玉おやじが茶碗のお風呂でくつろいでいる図が、体験できます。

大物をつくる男から、常滑焼の陶製浴槽のお話も伺っていて、一度、入ってみたかったのです。
見た目がよい他の焼物の産地に、陶製浴槽をつくらせたところもあるが、底にすのこが引いてあるよと、大物をつくる男は話してくれました。ヒビが入り、底にすのこを引いたとか。
使うものは、丈夫さも取柄です。土管を焼いていた土地柄ですからね。

ゆったりと温まってきました。

温泉に行くときは、セーターに革のパンツ、はちはちさんの幟にコート。
足元は、一脇さんの革履(かわり)です。
まだ2月だったので、別珍の足袋を履いています。

12705481_971838622907129_284051550679593356_n.jpg

幟のコートは、私の持っている洋服の中で、一番の高級品です。
安い着物が買えちゃいます。
たまに虫干し兼ねて、着ています。
着物暮しをしていると、たまに虫干しするのが洋服なのです。

お稽古のお仲間に、誰かと思った!?と言われてしまいました~("⌒∇⌒")
たまには、はちはちさんの洋服も着ます。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2016.03.06
Category: お出かけ
Comments (2)Trackbacks (0)

梅見の会と名古屋シティマラソン

はごろもの梅見の会と同じ日に、名古屋シティマラソンが開催されます。
交通規制が行われることを、うっかりしておりました。
公共交通機関でお越しいただける方はよろしいのですが、お車の方はご注意くださいませ。

ただいま、岳見町ぎゃらりぃの白梅は満開、赤梅はつぼみが膨らんできています。
13日には、綺麗に咲いていると嬉しいです。
庭の梅たちに、お願いしておきました。

201603CIMG4247.jpg

着ていく着物に決まりはありますか?とお尋ねがありました。
御自身が着たいと思う着物でいいですよとお返事いたしました。
特に決まりやテーマは、設けておりません。
自分に問いかけて、今の気持ちにしっくりくる組み合わせでお出かけくださいませ。

さて、今年は何を着ようかな。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2016.03.04
Category: ご案内
Comments (0)Trackbacks (0)

フライング「高野眞吾彫刻展」と春の予定いろいろ

打ち合わせを兼ねて訪れた岳見町ぎゃらりぃにて、「高野慎吾 彫刻展」-物語るかたちⅡ-
フライングですが,、拝見してきました。

★3月4日(金)~6日(日) 10時~18時
会期中は、作家在廊しています。

可愛らしいもの、のびやかなもの、そして、力強いもの、までこなす作家さんです。
着物姿の女性は、どれも自然体で、素敵なのです。

201603CIMG4281.jpg


イケメンの雷様もいらっしゃいました。
「シン・ゴジラ」の美術協力作品です。
ぜひ、実物をご覧くださいませ。

201603CIMG4267.jpg


作品を紹介しつつ、春の予定をいろいろご案内いたします。
先ずは、まだ時間がなくて伺えていないのですが、最終日に伺いたいと思っています。

★佐藤公平作陶展
3月1日(火)~7日(月) 11時~18時(最終日は16時)
ギャラリー杏里

スキャン_20160304 (4)


★「洛風林展」
3月4日(金)〜8日(火) 11時〜19時(最終日17時)
きもの 睦月
名古屋市東区泉1丁目14-23 ホワイトメイツ3F


201603CIMG4256.jpg


★Tulla/トゥラ うつくしきインドの布
3月10日(木)~21日(月)  11時~19時 期間中無休
月日荘
魅力的な企画です。
こちらの着物姿は、月日荘の方に似ている???


201603CIMG4264.jpg


★「ミャオ族の刺繍とデザイン」展
瑞代さま、出版おめでとうございます!!!
初めてお会いしたのが、横浜青葉台でした。
その時の記事は、こちらをクリック→エスニカと、シルク博物館

スキャン_20160304


京都会場 誠光社 3月16日(水)~31日(木) 10時~20時(最終日は18時) 無休
京都市上京区中町通丸太町上ル俵屋町437
075-708-8340

東京会場 ブックギャラリーポポタム 4月8日(金)~13日(水) 13時~20時(最終日は17時) 会期中無休
東京都豊島区西池袋2-15-17
03-5952-0114

スキャン_20160304 (2)


★武藤華世 人形展
3月16日(水)~22日(火) 10時~20時(最終日は17時)
名古屋栄三越8階 ジャパネスクギャラリー

名古屋栄三越は、4月1日より全館19時半閉店になるそうです。


スキャン_20160304 (3)


★『名古屋本山 三人展のお知らせ』 
3月19日(土)~23日(水) 11時~19時(最終日は17時)
float名古屋市本山 float
名古屋市千種区四谷通2-8

なか志まや・一衣舎・komamono玖の三社が集まる第2回目の展示会です。


★平成28年度 第1回えんじょい郡上踊り練習会
3月26日(土) 18時半~20時半
円頓寺本町商店街
参加費500円
講師は、郡上八幡より河合研さんが、来てくださいます。
そして、第1回目の練習会に「郡上八幡本町 上田酒店 ご夫妻」が来て頂けるそうです(≧∇≦)
えんじょい名物「もつ鍋」(≧∇≦)

詳しくは、こちらをクリック→円楽会 えんじょい


201603CIMG4258.jpg



★清水とき と その弟子たち
3月31日(木) 15時開演
中日劇場
全席自由 5000円


★幸子ばあちゃんの刺し子展 (95歳の手しごと)
4月2日(土)~3日(日」) 10時~16時
岳見町ぎゃらりぃ


★春にうたうⅡ 笛・鼓・三味線・長唄交流会
4月3日(日) 13時半開演
愛知芸術文化センター小ホール
主催 NPO法人 伝統芸能・音楽教育サポート・ネットワーク
070-5448-5010


★春の祭展
4月15日(金)~20日(水) 10時~18時 (11日は12時~、20日は16時半まで)
岳見町ぎゃらりぃ
♦手漉き和紙    かのうともみひさし
♦ニット・雑貨他  やさしい暮し舎 荒川 美智子
♦皮革のbagと小物 革工房 エル・パソ 保田芳文・徹
♦オリジナルの服 「Lune」YUMI HASHIMOTO
♦布・革使いのbag 小山 洋子
♦bag   川瀬 京子
♦木工作品  新美 清彦


201603CIMG4273.jpg


盛り沢山ついでに、5月も少し!

★リメイク工房・吉松(きっしょう)ファッションショー
5月5日(木)
白鳥庭園

昨年の様子は、こちらをクリック→白鳥庭園にて、和布リメイク・ファッションショー


★天然色手染工房はちはち個展
5月24日(火)~29日(日)
常滑屋


ぜひ、お出かけ下さいませ。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2016.03.03
Category: ご案内
Comments (0)Trackbacks (0)

和紙の桜の飾り

楮から紙漉きをした 和紙を桜の飾りに仕立てました。
詳しくは、こちらをクリック → 着物~はごろも



2016034.jpg





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2016.03.02
Category: pata-pata (maho)
Comments (0)Trackbacks (0)
プロフィール

Author:着物~はごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR