「天衣(ten-e)」

オーガニックコットン・草木染の服、天衣(ten-e)を拝見しました。
8月2日(火)まで、岳見町ぎゃらりぃにて、ご覧いただけます。
10時~18時(最終日は16時半まで)

プロデューサー(右)、デザイナー(左)の方と、ご一緒に。

201607CIMG5506.jpg

イノチをまとえば イノチになる

衣から受ける影響は、食べる物から受けるのと同じくらい、心身ともに受けています。
命を纏う
いつもそのことを想いながら、着物を纏っています。

デザイナーさんが私の帯結びや羽織ものに関心を示してくださったり、プロジェクトのお話を伺ったり、暑さを忘れるひと時でした。

岳見町カフェでは、夏限定!お庭の梅から作られた梅ジュース、梅スカッシュが頂けます。
今日は、梅スカッシュ♪





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Date: 2016.07.31
Category: 染め織り
Comments (0)Trackbacks (0)

暑中お見舞い申し上げます。

暑中お見舞い申し上げます。

職業訓練校Web事務科は、ワードの授業が終わりエクセルに突入しました。
毎日PCの前に居ると、家に帰ってPCを触りたくないものですね。
更新の遅れの言い訳。。。


CIMG5504.jpg


百日紅が満開。
ふと見ると、百合と競ってトマトの花が並んでいます。
負けず嫌いなトマトですね。
側に競う相手がいると頑張って伸びるものだなぁと、感心してしまいました。
この機会に競って頑張ってみようと思うことがあります。
結局は自分との戦いですが、何とかやれるかな。
年内には報告しますね。


そして、どうも色が悪い梅干しですが、干しています。
やはり、綺麗な色を求めてしまうものですが、「手を選ぶ」といいますから、これはこれで良しとしましょう。


CIMG5502.jpg


土用の丑の日。
鰻屋の前を通ったら、混んでたなぁと、父が来てくれたので、鰻ではなくステーキランチへ。
先日、郡上八幡で鰻丼を頂いたしね。

ご存知の通り、鰻が売れないと困っていた店主に、平賀源内が「土用丑の日、鰻の日」と張り紙をしたところ、売れるようになり、土用丑の日に鰻を食べる風習が出来たとのこと。
しかし、この時期の鰻は養殖がほとんどで、天然物の鰻は10~12月の冬が旬です。冬を越すために脂肪をたくわえるので身もやわらかくなり美味となりますが、一般庶民にはなかなか食べられないものになってきました。

鰻を一つとっても、まことしやかに風習が作られたり、昔は身近に有ったものが簡単に手に入らなくなったり、と変化があります。
着物も、風習、習慣など、戦後に作られたルールが幅を利かし、着方、そして素材の変化、それこそ簡単に手に入らなくなってしまったもの、作られなくなったものなど、変化の速度が速くなっています。

その中で、今年出会った新城の養蚕農家に関わっているYさんから、お知らせがありました。
「奥三河蚕玉(こだま)の森プロジェクト」を立ち上げられました。

赤引糸の伝統を次世代に継承していくことを目指すとともに、その伝統を絶やさないためにも、養蚕と絹に関わる仕事がこの現代において成立出来るような仕組みを作ることを目的としています。
大地から桑を育て、蚕を飼い、繭から糸を引き、私たちの体を守る布を織る。
この作業をとおして、近代になって忘れ去られた日本人の大切な何かが蘇るのではと信じています。


最も古きものから、新しい未来への挑戦。


この記念すべき年に出会わせてくれたのは、着物の神様のおかげですね。
最も古きものから、新しい未来への挑戦。
応援しています!





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2016.07.30
Category: 出来事
Comments (0)Trackbacks (0)

ゆったりと郡上八幡へ

日曜日、I夫妻とHさんとご一緒に、郡上八幡へ。
皆さんは、私よりさらに南なので送り迎えという、今迄になく贅沢なゆったりとした郡上八幡でした。
踊らず、車の運転をしてくださったIさんのご主人、ありがとうございました。

上田酒店の杏仁ソフトには、たっぷりの日本酒をかけてもらい、ほんのり赤い顔に。

13709896_1062692363827882_2983573116898445207_nb.jpg

郡上踊りは初めてのお二人には、15時からの講習会を受けて、本番に備えました。
「かわさき」と「げんげんばらばら」を習いました。

13775949_1080760492014941_7096005383675510863_n.jpg


講習会を受けている間に、いがわのこみちを歩き、
歴代の郡上お踊りのポスター展示を拝見したり、ゆったりと過ごしました。


13754453_1080758632015127_2157307668292784853_n.jpg


もちろん、腹ごしらえも♪
Hさんのリクエストもあり、吉田屋さんの鰻丼を頂き、元気が出ました!

13769438_1080758612015129_1606052277886371646_n.jpg


大柄の絞りは動きが合っていいですね。
カルタ結びとダブルリボン。


13823190_612492128919984_1810382579_n.jpg


こぼこぼで地ビールを頂いて、またほんのり赤い顔。

踊りや屋台、提灯の画像が一枚もない、2016の郡上踊りの記事です。
それだけゆっくりしていたということです。

13815115_612492282253302_477242176_nb.jpg


24日(日)ナゴヤドームの試合終了後グラウンドにて「ナゴヤドーム初」櫓(やぐら)とともに郡上おどり出現がありましたので、郡上八幡では20時半から保存会の演奏でした。その前には、お囃子倶楽部の演奏で三曲。「かわさき」から始まりましたので、丁度よかったです。

最後までは居られませんでしたが、お二人が楽しかった♪と。
また、ご一緒に踊りましょうね。

踊りの輪の中で、数年ぶりに再会したさっちゃん!
お互いにびっくりでした。どうしているかしら?と思っていたので、お顔を拝見でき、一緒に踊ることができるなんて、嬉しかったです。

さて、今年は何回行けるかしら。






↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2016.07.25
Category: 郡上踊り
Comments (0)Trackbacks (0)

五分間スピーチ「郡上踊り」

職業訓練校では、プレゼンの練習も兼ねて日直当番が、五分間スピーチをすることになっています。
そして、日直当番がまわってきました。
テーマは自己紹介なのですが、始めの頃に簡単な自己紹介や他己紹介があったので、趣味などが話題に上ります。
季節的にも、ここは「郡上踊り」でしょ!

円頓寺の郡上踊り練習会のことや、徹夜踊り、お免状、などなどお話しました。
徹夜踊りのことはご存知な方もみえましたが、7月半ばから9月の初めまで32夜もあることは知られていませんでした。

動物好きな講師は、検索して「猫の子」がお気に召したご様子。
でも、「猫の子」は、一晩に一回踊ることができるくらいしか演奏されないのです。
そのような質疑応答も。


6531b963-8328-454c-9cf4-56c335e260a1.jpg


実は、まだ今年は郡上に踊りに行けてないのです。。。
新しい環境で疲れやすく、自分で運転して踊って帰る自信がなく、今に至ります。

有り難いことに、郡上踊り未経験者のご夫妻が今度の日曜日に連れて行って下さることに!
初心者なので、当日の踊り講習会をおすすめしました。
奥様は、初めて浴衣を縫っていて、日曜日には間に合わせるように頑張っているとのこと。
初浴衣で、初郡上踊り。
楽しく下駄を鳴らしましょう♪


郡上踊りに行きたいなぁと思うと、鮎の帯留を選ぶようです。
黒猫の帯に合わせてみました。

9b35c1fe-8b57-47d8-8131-263f1825a43f.jpg





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2016.07.20
Category: 郡上踊り
Comments (0)Trackbacks (0)

篠田桃紅展

篠田桃紅展

KITTE 1階アトリウムと3階 JPタワー名古屋ホール&カンファレンスにて
7月31日(日)まで
9時~18時(平日) 9時~17時(土日祝)
※21日(木)は3階展示は休止

fc51df15-a6c0-4eb2-91bb-afcf24de05a2.jpg


ずっと拝見したいと思っていたのです。
赤の色がよくて、とても惹かれました。銀にその赤の組み合わせも。
500年前の明の顔料と伺いました。

大人の赤に惹かれるようになり、赤い帯や赤い着物が増えましたが、
今迄に一番とびきりの赤です。

3階奥の部屋に入ってすぐ右側、2016年の小作品が特によかったです。
書籍と共に、篠田桃紅展の記念切手も販売されていました。


df544f9c-1951-4564-af9d-f4f1080ba67f.jpg


名古屋では、鯱は愛されています。
KITTEのしゃちほこの椅子で待ち合わせしましょう。 なんて、いいかも♪


9b870ff4-80bf-4a3e-aeef-e507f3c93b19.jpg


どんどん変わりゆく名古屋駅周辺です。


0e100d5f-218f-4d57-b39a-6aab2e157d8a.jpg





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2016.07.18
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

雪花絞り体験

名古屋三越名古屋栄6階にて、雪花絞り体験をしてきました。
日本手拭いの板締め体験、1080円。
18日18時までです。

楽しかった~♪

13690774_1075849809172676_3441531765146468232_n.jpg


昨日白地で染められた方が、今日は奥様と来られて、オレンジ色の生地を染められました。奥様はピンク色、これで、三色揃ったとご満悦♪

他の方の染め上がりを拝見、広げて柄がみえると嬉しくなります。

13718659_1075849839172673_5861491706199542673_n.jpg

楽しませて頂きました。
感謝します。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2016.07.17
Category: 染め織り
Comments (0)Trackbacks (0)

懐韻(なつね)

四間道にある150年以上前の蔵を改装したお店、懐韻(なつね)さんへ。

89949868-27f8-4eae-bbf8-0067e2e501bc.jpg


梅見の会では、出張料理をお願いしていましたが、やっとお店に伺うことが出来ました。
先月は夜に、今日はお昼にと、季節のお料理を楽しみました。


7ddad857-80b9-4d55-9424-cfc36430ceaa.jpg



その後、mocca(モッカ)にて、珈琲タイム。
高校の同級生と三人で、のんびりとした一日でした。

前日の職業訓練校では、冷房が効きすぎて温度を上げてもらいましたが、機能低下。。。
隣席男子のお母さんと同じ年!なんてことも発覚したり。。。
慣れないことで疲れて、踊りに行く元気なし。。。


珍しく元気がなかったのですが、のんびりすることが出来て、気持ちが切り替わりました。
懐韻(なつね)さんへ行ってみたい!という友人のリクエストのお蔭です。


円頓寺商店街を少しふらりと歩くと、姓名判断が無料?
何が有料なのだろうね?印鑑売りつけられる???
立ち止まっていると、よろしかったらとお声かけくださったので、中に入ってみてもらうことに。
有り難いことに、私は画数など凝る方に付けてもらった名前なので、どこで見てもらっても悪いことは言われないのです。

友人たちは、結婚で苗字が代わっていますから、御自身のこと、御主人や子供のことも見てもらい、納得することがあったり、安心したり、気を付けることを知らされたり、思いがけなくお互いによかったねと、お声かけくださった方にお礼を申し上げました。
印鑑屋さんではなくて、宗教法人の方でした。

無理な勧誘もなく、それぞれが自分と家族に向かいあう有意義な時間でした。
感謝します。

智と愛、勇、忍、鉄石の意思で人を統率。
衰運を挽回。



これから先も私に相応しい場が与えられることを信じ、特に「衰運を挽回」という言葉を、着物暮らしをすることで廃れてしまった着物の良さを伝えることと解釈しました。


昔のニックネームの由来になった「トビウオ」の帯。

5360b41a-2ae2-4d9a-8f5d-d08e3243107a.jpg


良い一日でした。
感謝。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2016.07.16
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

和の暮らし歳時記教室・7月

日本製の線香花火を包みながら、西と東の違いを学びました。

西は、わらしべに火薬をつけたもの、上45度に向けるのです。
東は、和紙のこよりで火薬を包んでもの、下45度に向けます。

201607CIMG5488.jpg

牡丹、松葉、柳、散り菊、と移りゆく様を、人生に重ね合わせる夏の夜。

七夕さまの飾りも作り、飾りました。
織姫さまに着物が届きますように。
帯締めを何色にしようかしら、組み合わせの妙を楽しみました。

201607CIMG5490.jpg


旧暦の七夕は、8月9日。
梶の葉に、今年もお願い事を書きました。


201607CIMG5499.jpg


お楽しみのお茶の時間、レモンバーベナとレモングラスのお茶と、和菓子は「石清水」でした。


201607CIMG5500.jpg


月に一度の豊かな時間です。
満里子先生、ありがとうございます。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2016.07.15
Category: Mariko-Style
Comments (0)Trackbacks (0)

漆織り

さんの漆織りのバッグや長財布を手に持たせていただき、軽さに驚きました。
軽いだけではなく、漆の抗菌、丈夫さ、も兼ね備えた漆糸で織られています。

今年は、お糸船に同行したり、糸関係にご縁が続いています。
今日は、漆糸に出会いました。

漆糸というと帯に漆が織りこまれたものを思い出されますが、それは和紙に漆を塗り、裁断して緯糸で織り込んでいくものです。
今回拝見したものは、95パーセントが漆で作られた糸なのです。
かたまってしまう漆と、そうでない柔らかいままの漆があるということを知りました。
その柔らかいままの漆を糸にするため、漆の乾燥作業に「室(むろ)」と呼ばれる湿度を高めるための部屋にいれます。
漆器は小さな室でも構わないのです。長さのある糸を重ならないようにしながら乾燥させるには工夫があるそうです。

色々なものから糸にして織り、布にすることを、人の営みとして古代から続けられてきました。
糸にする元が、日本はわずかになってしまったこと、そのことに目を向けて、未来に繋がるように、私たちが守らなければならないところです。

橡さんのFBを拝見すると、同じようなことが書かれていました。

「素材の下請けと考えていると、誰も責任を取らず消える運命
本来、この素材がなければ製品が出来ない筈で、一番守らなくてはならない部門なのに・・・」

黒柿や屋久杉の帯も拝見、木のことも教えてくださいました。
とても貴重な孔雀杢も!

誠実な志がある方がいらっしゃいます。

一人の人間に秘められた力を信じ策やお金に頼らず、「今できる人がやる」「出きるまでやる」を大切にしている橡さん。
お話をしてくださって、ありがとうございました。

13612332_1068376273253363_6068473848268989034_n.jpg









↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Date: 2016.07.11
Category: 染め織り
Comments (3)Trackbacks (0)

おはらい町のかみなりや革工芸

お糸船にて正式参拝の後、伊勢神宮内宮おはらい町へ行ってきました。
6月20日に開店した「かみなりや革工芸」という全国の革作家の作品を展示販売するお店(五十鈴塾隣)のことを、縫い姫さんのブログで知り、立ち寄りました。

縫い姫さんの地元、玉城町を拠点とする参宮ブランド疑革紙が展示されていました。

201607CIMG5482.jpg

本藍で染めた革など、ゆっくり拝見しました。
伊勢に来たら、おはらい町までぜひ足を運んでみてくださいませ。

お隣の五十鈴塾を覗いたら、急に雨が降り出し、しばし雨宿り。
短冊に願いことを書かせて頂きました。

赤福氷は何時も込んでいるので、ゆったりとしたお店でお茶を頂きました。

ff8f8213-e1e9-4829-8e7d-ce6c1c0a4300b.jpg

暑い二日間でしたが、滞りなくお詣りが出来ました。
この様なよいご縁に感謝いたします。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2016.07.09
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

お糸船

毎年7月3日4日に、三河地方で紡がれた絹糸(赤引糸)を伊良湖から船で伊勢神宮に奉納する行事が、「お糸船」と呼ばれています。
新城市の養蚕を見学に行った際に、糸姫さまにお会いして、このお糸船のことを知りました。
お誘いを受け、Mさんと初めて参加いたしました。

201607CIMG5453.jpg


7月3日、伊良湖港にて修祓式。
新城へお世話になったUさん、そして、Yさんもいらっしゃいました!
Yさんに石徹白でお会いした時は、このお話はお聞きしていなかったので嬉しい再会でした。
この時点で日差しがジリジリときて、暑い一日が始まりました。


フェリーで鳥羽へ。90名の方がご参加でした。
少し前は、200名の参加だと伺いました。
お船は、ゆったりとお話が出来ていいですね。
55分があっという間です。


先ずは、二見ヶ浦へ。

ce49aee4-b36f-45a8-be24-b88b4f95a799.jpg


暑くて溶けそうな、おかげ横丁を通り抜けて、お昼へ。

201607CIMG5466.jpg

手コネ寿司を頂きました。

201607CIMG5465.jpg

そして、外宮さんへ。
流石に暑く、お宿の神宮会館に戻り、しばし休憩。

夕食では、糸姫さまともお話が出来、この事業を継続させたいという熱い想いが感じられる、和やかな会食でした。

7月4日、皇大神宮へ献納式。
正式参拝は、紋の付いた着物でとご指示がありましたので、一つ紋の色無地で臨みました。

201607CIMG5474.jpg


御神楽の後、正式参拝いたしました。
汗取りあしべで、出来るだけ着物に汗を移さないように心掛け、昼食後は着替えました。

fd9f8c37-45e9-44b1-b2cc-921d65df4d88.jpg

d47e5851-e430-4890-83a5-17e8ca46537b.jpg

75b06cc8-98b1-4022-83e7-8e7a04a2e63a.jpg


二日間とも晴天の夏日は珍しいとのこと。
「お糸船」の行事は、再興されてから、今年で116回目です。
また来年も!とお声かけくださいました。

お土産に買った赤福の伊勢たより

スキャン_20160707 (2)



愛知県では、現在、養蚕農家さんが新城市で二軒のみ。
田原市でも以前は桑畑があり、養蚕をしていましたが、今ではキャベツ畑などに変わってしまいました。
農薬を散布するため、畑の近くでは桑が育てられなくなったそうです。
子供がコーラをこぼした桑の葉を食べたお蚕様は死んでしまったというお話も伺いました。

よい桑の木を育てることも、養蚕にはかかせないことを知り、諸条件が整って成り立っていくということを考えさせられました。
桑がなければお蚕様は育てられません。何かひとつでも欠けたら出来なくなってしまいます。


「有り難い」という言葉が浮かびました。
この様なご縁に導いて下さったことに感謝します。

02fb1ca9-7271-4a9f-80f8-ee2f313e27a6b.jpg








↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






Date: 2016.07.07
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

夏の髪飾り

7月のpata-pata (maho)さんは、「夏の髪飾り」をご紹介します。

詳しくは、こちらをクリック→着物~はごろも

13566102_641739589310145_1459577538_n.jpg





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Date: 2016.07.04
Category: pata-pata (maho)
Comments (0)Trackbacks (0)
プロフィール

Author:着物~はごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR