一周忌

和箪笥を形見分けで頂いた、京都の親戚姉妹お二人の一周忌でした。

四人兄弟のうち、長男さんは結婚されたけれど、長女、次男、二女は独身で、仲良く暮らしてみえました。
次男さんが亡くなり、長女さんが亡くなり、最後に残られた妹さんも寂しかったのでしょうね。
後を追うように亡くなられました。

長男の息子さんお二人が、家を空けるために遺品整理をされているところに、形見分けをしていただいたのです。
その和箪笥にあった上布に袖を通し、お参りしました。
寸法は小さ目ですが、なんとか着られます。

20160828.jpg

京都の親戚といっても、お墓はうちの実家がある町にあります。
京都の宮大工の家は子供がなく、三河から男子を貰い、私の祖母も10歳のときに貰われていったのです。
その跡取りのお嫁さんは名古屋から嫁がれたので、京都に住んでいても、尾張、三河の出の集まりでした。

子供の頃、ふと、京都の人は白味噌なの?と尋ねると、笑って赤味噌だよと答えてくれました。
親がこちらの出なら、赤味噌ですよね。

ルーツを知っておくのは大切なことです。
三河の方もお参りにみえていたのでお尋ねしました。
貰われた男子は、碧南の方で、親が矢作川の船頭さんで事故で亡くなり、一人は京都の宮大工へ、もう一人は瓦屋へ貰われたそうです。瓦屋さんがお祖父さんにあたると話して下さいました。

戦後は宮大工をやめてしまったので、最後の仕事は安養院の本堂だと聞いています。

14183729_1113160328774957_1132384911560289985_n.jpg


お声が良い御坊様は、ありがたみが増すように思えるのは、私だけでしょうか。


14080082_1113160358774954_4973003426135194353_n.jpg


こちらに来るたびに、京都の御菓子とともに、風呂敷やハンカチのお土産を頂きました。
子供の頃はよくわからなかったけれど、芹沢銈介、宮脇綾子、染司よしおか、絽の風呂敷も。
京都のお土産からも、私の好きなものは影響を受けていたのかと振り返ってみました。

京都の親戚が、こちらの別荘に来ると、祖母は嬉しそうに迎えていたし、私も嬉しかったのです。
よき思い出とともに、故人を偲ぶ日となりました。
感謝。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Date: 2016.08.30
Category: 出来事
Comments (0)Trackbacks (0)

秋の予定いろいろ

昨年も同じ日に同じ記事でした。
秋の予定があれこれと気になる頃です。

もうすでに始まっているものから、ご案内します。

★磯田晧と12人の作家たち
 8月20日(土)~10月10日(月・祝)
 爲三郎記念館

💛お染さんこと型染作家の林 紕さ子さんのワークショップも開催されます。
 型染(ステンシル)体験 トートバッグに模様を染めよう
 9月14日(水) 午前の部10時半~11時半/午後の部13時半~14時半
 各回 8名
 会費 700円(展覧会チケットが別途必要)
 会場 古川美術館3階会議室
 申し込み 古川美術館フロント、もしくは電話052-763-1991

他にも観月茶会など開催されますので、お問い合わせくださいませ。

13892156_809306205837138_4562289842932814908_n.jpg


★秋の装い三人展~染・織・紡~
 天然色手染工房 はちはち
 手紡ぎ糸・ニット G’Day
 リメイク工房 吉松(きっしょう)

 9月1日(木)~4日(日) 11時~17時
 アートスペース エーワン
 名古屋市中区栄1-24-28
 052-232-6266

スキャン_20160827 (3)


★宵の三味線紙芝居Vol.5 満月紙芝居劇場「花子~Hanako~」
 9月3日(土)
 橦木館のカフェ
 食事付き会費 5500円

 13718785_306335786369539_1598166874099148492_n.jpg


★足助ゴエンナーレ2016・藝術的桃源郷
 9月3日、4日、5日、10日、11日、12日
 10時~16時(入場15時半まで)
 寿ゞ家 - すずや
 愛知県 豊田市豊田市足助町本町15
 入場料 500円

14045588_633009053515386_8585187982598760092_n.jpg


★ブルキナのかごと布とおみやげ展 biga
 9月9日(金)~13日(火) 9時~17時
 日本茶カフェ 入口屋
 半田市岩滑東町1-92-2
 0569-23-7100

スキャン_20160827


★第6回えんじょい祭
 9月10日(土)
 円頓寺本町商店街
 参加費 1000円(記念品・抽選くじ・手荷物預かり代を含む)

スキャン_20160823


★菜の花コンサート
 9月11日(日) 13時~16時
 刈谷市産業振興センター7階 小ホール
 入場料999円

13891798_1128772613847290_5794268186035767135_n.jpg


★草履屋ちぐさ展示即売会 in 常滑
 10月15日(土)~17日(月) 10時~17時(最終日は16時)
 常滑市栄町2丁目17  nuu
(常滑やきもの散歩道Aコース 5番から6番の間を左に入った古民家)
 0569-89-8755

スキャン_20160827 (4)


★廃村・いのちのうつしかえ
 Mariko-Style Exhibition
 10月28日(金)、29日(土)、30日(日)
 鳥取県八頭郡八頭町柿原 柿原集落
 入場料 1500円 当日1800円
 
スキャン_20160812


きっとまだ沢山のイベントがあると思われますが、とりあえず気になるものも載せました。
よろしければ、お出かけ下さいませ。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2016.08.27
Category: ご案内
Comments (0)Trackbacks (0)

プレゼンの授業

徹夜踊りも終わり、職業訓練校の授業も残り半分に突入。
先日は、パワーポイントを使ったプレゼンテーションの授業でした。

技術だけでは仕事にはならず、プレゼンをして一緒に仕事をしていこうと思ってもらえるかどうかは、とても大切なことだと講師の先生が力説して下さいましたが、私たちのプレゼンは、その先生に聞いてもらえず、残念なことでした。

ひとりの持ち時間は、10分。
テーマは自由なので、それぞれの個性がでて楽しい授業でした。

私のテーマは「着物を着ること」
いつになく、20代から40代までの男性もいる前で着物の話をすることなどないので、意識してまとめました。

私の着物姿をみて、暑くないですか?と声をかけた方々です。
着物は苦しいもの、敷居が高いもの、難しいものという意識をもってみえます。
そこで、男性から頂いた、着物に対する別の意見を伝えることから始めました。
厳しい外の世界から家に戻って、着物を着たとたんに緊張がとれ心の安らぎを覚えますと、コメントをくださった方のお話から、ジーパンから浴衣に着替えたときの解放感を実感を込めて話て下さった方のこと。
そして、踊り下駄、一本下駄で体幹を鍛えられる話。
精神への影響として、着る物で人格が作られることを、束帯のお稽古のモデルを務めて体感したことを伝え、着る物の別の一面をお伝えしました。
最後にオリンピック開催中でしたので、小池百合子都知事の勝負服としての着物姿を話題に終わりにしました。

話題になりました着物姿ですが、閉会式では、よくぞ雨の中を相応しい着物姿で臨んでくださいました!と日本人として誇らしく思いました。
着物姿にはその人となりが出ます。着物姿をあれこれということは、その人となりを評価しているのと同じと考えています。
その人らしく、その場に相応しい装いができたら、素晴らしいこと!これは着物姿だけでなく、装いすべてに言えることです。

2016CIMG5356.jpg


話がそれましたが、他の方のプレゼンも、その人となりがでて興味深く拝聴しました。

猫、日本酒、おすすめのビーチ、等々の中で、印象に残ったのが、都市伝説にちなみ滝廉太郎のお話、ディズニープリンセスの心得、6分読書のすすめ。
なかなかユニークです。聞きたくなってしまうでしょ!

覚書として、6分間読書のこと書いておきます。
英国サックス大学 行動分析(心拍数、脳波、脳血流を観察)において、ストレスの軽減が6分で表れたのが読書だったというお話です。珈琲、散歩、ゲームと比較して、一番早く効果が表れたのが読書でした。ただ、本の内容にも寄るとは思いますが、これは良いことを聞けました。
移動などの細切れな時間でも、本を片手にを心掛けたいと思います。
ただし、紙の本が良いそうです。

八月も終わりに近づき、これからのことも考えて行かないといけない今日この頃です。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






Date: 2016.08.26
Category: 出来事
Comments (0)Trackbacks (0)

郡上の鮎

今週も来週も、土曜日は予定があり、郡上八幡には踊りには踊りに行けません。
今年の浴衣の着納めと踊り納めは、9月10日の円頓寺の予定です。
ぜひ、ご一緒に踊りましょう♪

スキャン_20160823

おゆみさんにお願い事をしたついでに、御主人が捕った鮎をいただきました。
海育ちで、川魚にはあまりご縁がなかったので、思いがけず嬉しかったです。
感謝します。

そして、話には聞いていましたが、本当に、天然の鮎はキュウリの匂いがしました!
フライパンで塩焼きしたので、見た目はよくありませんが、美味しく味わいました。
皮がほんのり甘く感じました。

201608CIMG5560.jpg

後で知ったのですが、クッキングシートを使うとフライパンで美味しくできるそうです。
今回は、アルミシートを使って焼きました。
串を打つと本格的だけど、そこまでの技がまだ出来ません。。。
シンプルですが、魚の塩焼きが美味しく焼けるって、技だと思うのです。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2016.08.23
Category: 食べもの
Comments (0)Trackbacks (0)

キーウイ夫妻とお嬢様の振袖姿

郡上の徹夜踊りの疲れなのか、今朝、草取りを二時間頑張った疲れなのか、わかりませんが、心地よい疲れが残っています。

今年は、郡上で一緒に踊りたいねと、キーウイ夫人と話をしていて、候補の日をあげるも都合が合わず、会いたいけれど会えない遠距離恋愛みたいだわと、訳の分からないメールのやり取りをしておりました。
最終日の16日、次の日の授業が自習だと聞き、キーウイ夫人を驚かせるのと、本町で踊りたいのとで、少し仮眠をとってから出かけました。家を午後10時過ぎに出て0時頃に着きました。
車で走れば、行けるものです。

久々のパーニュ浴衣です。
キーウイ夫人の下げている木札は、「春駒」の御免状と引き換えの札です。
おめでとうございます!
御主人も浴衣に下駄で郡上踊りを楽しんでいらっしゃいました。

14055630_10210106516610135_1635392752_nb.jpg


ところで、なぜキーウイ夫妻なのかといえば、御主人がキーウイの国の方だから。奥様は日本人で日本語教師をしてみえます。
キーウイ夫人は、はごろもの着こなし講座で、気持ちよく浴衣が着られるようになり、郡上踊りもより楽しめるようになりました。
今年の一月に、振袖を娘に着せたいというリクエストメールを頂きました。
日本で振袖を着るのなら着せてあげたいと思いましたが、3月にキーウイの国で御主人のお母さまに振袖姿をみせたいというお嬢様からのリクエストだと伺い、それぞれ想いを受け止めました。

私のトルソーもお貸しして、やれるだけのことをして臨みました。
インフルエンザに罹られたり、ナイスバディになられていたことに気が付いたり、振り返るとあれこれありました。

「まさか、大好きになった着物で、巣立ちの近いむすめたちと力を合わせられるとは・・・」
二人三脚で頑張った嬉しいコメントを頂きました。

実は、帯締めが上手くいく日といかない日と五分五分なんです~と、告白された時は、流石にマズイ!と思いましたが、毎晩帯締めを結ぶことを課して、身に着けて頂きました。
お嬢様にモデルを協力してもらい、画像チェックもした甲斐がありました。

キーウイの国のお義母さまも泣いて喜んでくださったとの報告を受けたのも、嬉しい春の思い出です。
許可をいただき掲載しています。
もちろん髪もキーウイ夫人が結いました。

12527882_10208848032628822_101675384_nb.jpg


お嬢様は契りを結んだ方はいらっしゃらないので、本当は帯揚げを結び切りにはしないのですが、そこは承知のうえで、形が決まることを最優先にしました。

12884438_10208848031828802_1037816167_nb.jpg

 この海で、振袖姿を撮影したかったそうです。
二十歳のよき思い出になりましたね!
おめでとうございます。

12476357_10208848032548820_591214022_nb.jpg


お嬢様のお友達たちが成人式の前撮り写真撮影で着た振袖が苦しかったそうです。
母に着せてもらって苦しくなかったし、良かったと、お嬢様の話を教えて下さった、キーウイ夫人の笑顔が忘れられません。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Date: 2016.08.20
Category: 着付け
Comments (2)Trackbacks (0)

今宵一夜は夜明けまで♪二連チャン

今宵一夜は夜明けまで♪(郡上節より)

郡上おどりの盂蘭盆会「徹夜おどり」の初日と二日目に踊りに行ってきました。
まさか二連チャンするつもりはなかったので、初日にゆっくり過ごして今年はもう終わりかなと思っていたのです。

中日新聞に載っていたね!とメールがあり、驚きました。
65000人!初日の21時過ぎの激混みの中を、12年ぶりの徹夜踊りだという友人と写っています。
画像を送ってくださり、15日に行く予定を変更して、14日に白鳥~八幡へ行くけど行かない?とお誘いを受けたので、白鳥も楽しんじゃいました。


received_10210089120775250 (1)

初日の会場は、橋本町~新町 4時まで。

1471235499325.jpg

お城は眺めるだけで、まだ登ったことがありません。

1471235452425.jpg

本町は雰囲気があり、好きな通りです。
いつも立寄る「上田酒店」の杏仁ソフトの日本酒かけは、外せません。
「大黒屋」の地味噌をつけて、きゅうりも頂きました。
今年は本町で踊れないかなぁ。。。

1471235448732.jpg

お昼頃に迎えに来てもらい出発したので、休み休みのんびりと。
徹夜の時は12時まで珈琲屋さんもやっていて、美味しい珈琲でおしゃべりしたり、それもまた楽しいひと時でした。
昨年の徹夜の時にみつけた店「cafeにど」のカウンターにて。

1471235504365.jpg

最後は、ふみさん、かよさんもご一緒に、「まつさか」まで。
帰りの運転の心配がないので、最後の力を出し切って、へろり。。。でも楽しかった!

13988795_1100306160060374_1794636655_nb.jpg


ゴミ拾いの協力のお知らせを見つけたので、終わってからの30分ほどふらふらとゴミ拾いしました。
煙草の捨てガラや食べ物カスなど、あるある!
Clean Up Volunteer Gujo THANK YOU SO MUCH !の手拭いをいただきました。
この様な呼びかけは、苦肉の策なのですね。

今年の徹夜踊りは、雨に降られず風が心地よく、気持ちよく踊れました。

二日目は、八幡で夕食を済ませて、白鳥へ。
まだ全部は踊れないけど、楽しみました。
知ったお顔の方もいて、後ろについて踊りました。

また、ブログみてます、写真と同じ!とお声かけくださった読者の方いて、嬉しかったです。
すっきりとした着こなしをされた方でした。ありがとうございます。
ご一緒に踊れるように精進したいです。

1471257349342.jpg


二日目の八幡では、ご無沙汰していたふくちゃんとも踊れて嬉しかったし、エイコさんにもお会いできました。
ひょっこり、懐音さんにも出あえて、ご一緒に踊ることができたのも嬉しいご縁でした。
白鳥の「猫の子」と八幡の「猫の子」を踊ることが出来た夜でした。
流石に二日目は、「猫の子」を途中で切り上げ、3時過ぎに八幡を後。。。

まだ徹夜踊りは、16日まで開催しています。
私は明日から学校なので、前半戦のみ。

川面を渡る秋の風 今宵一夜は夜明けまで。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Date: 2016.08.15
Category: 郡上踊り
Comments (2)Trackbacks (0)

文香作り「和の暮らし歳時記教室」

九種類の香りを合わせて、好みの香りを作り、小さな和紙に包み入れます。
手紙にそっと忍ばす「文香」を作りました。

201608CIMG5541.jpg


それぞれの香りを作りつつ、お香のお話やお道具を拝見。

201608CIMG5530.jpg


雲母(うんも)は、どれかわかりますか?
三河地方で採れたと、はるか昔、学校で習ったことを思い出しました。


201608CIMG5531.jpg


良い香りに包まれながらのお茶の時間。
レモングラスのお茶が爽やかでした。御菓子は石清水。

丸い塗りが割れてしまい捨てられるところを、満里子先生が連れて帰ってきたのです。
入れ子になっていて、取り皿が五枚。
良い人に拾われて、お皿も命拾い、こうして使われてこそ、物は輝きます。

201608CIMG5537.jpg


私も、捨てられるところだった上布を纏って、羅の帯をして伺いました。
寸法が小さ目でしたが、そこはなんとか着られるものです。
うっかり、画像がありませんでした。。。
夏が終わらないうちに、何度か袖を通したい!
随分と箪笥に眠っていたと思われる着物でしたが、お稽古の皆様からは好評で、京都から連れて帰った甲斐がありました。
有り難い上布です。


もっと大きなものが、生かされなくなりました。
村に人が住まなくなり、村がひとつ、なくなってしまったのです。

「廃村」

この秋、その集落にて、「いのちのうつしかえ」が行われます。
Mariko-Style Exhibition

スキャン_20160812

満里子先生のインスタレーション。
廃村にたたずみ、感じてみたいと思いました。
この秋は、鳥取県八頭へ。

その前に、もうひとつ忘れてはならない 福島のお母さんと子供たちのこと。
「菜の花コンサート」
2016年9月11日(日) 13時~16時
刈谷市産業振興センター7階 小ホール
入場料999円

満里子先生にお会い出来ますよ!
ぜひ、お出かけ下さい。

13891798_1128772613847290_5794268186035767135_n.jpg






↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2016.08.12
Category: Mariko-Style
Comments (0)Trackbacks (0)

波の髪飾り

沖縄の海を感じたpata-pata (maho)作品です。
詳しくは、こちらをクリック→着物~はごろも

13936812_658743694276401_1920372849_n.jpg

13956936_658743700943067_799304193_n.jpg

13989510_659127014238069_1224891477_n.jpg





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2016.08.11
Category: pata-pata (maho)
Comments (0)Trackbacks (0)

人力車からのご縁

午前中の所用を済ませて、撞木館へ向かいました。
ドニチエコきっぷを使い、地下鉄高岳駅で下車。駅を上った所で、人力車が二台並んでいました。ナビをみても迷子になるので、人力車のお兄さんに撞木館までの道を尋ねて、歩き出しました。ボンボンの所を右に曲がってしまい、うーん、この暑いのに迷うのは厳しいなぁと思ったところに、先ほどの人力車が!

「お連れしますから乗ってください。」

戻る途中ですからと勧めてくださったので、お言葉に甘えて、初、人力車。
片手でも押せるくらいなんですよと、お兄さんのお気持ちが有り難いく、風も心地よく、写真まで撮らせていただきました。
深く感謝いたします。

13912816_1090010481089942_9071636300738547899_n.jpg

渡りに船というのでしょうか。
撞木館のカフェにてお昼を済ませて、ゆっくり珈琲を飲んでいると、アンティークの帯をされた雰囲気のある女性が隣の席にいらっしゃいました。「満月紙芝居劇場」の今日子さんと仰って、9月3日(土)にイベントをされるとご案内くださいました。
これは、人力車からのご縁でしょうか。
お席が25名限定のイベントなので、早速、申し込みをいたしました。
ご興味がおありの方は、ぜひお早めにお申し込みくださいませ。ご一緒いたしませう。
詳しくはこちらをクリック

9/3 宵の三味線紙芝居Vol.5 満月紙芝居劇場「花子~Hanako~」~季節の移りゆく頃、橦木館のカフェにて~

201608CIMG5525.jpg

名古屋陶磁器会館のイベント「昭和レトロカフェ」へお誘いくださったので、車に乗せてもらいました。

1階では、テーブルウェア 夏の掘り出し市が開催中。
7月7日(木)~8月31日(水)(土・日・祝日、8/11-15は休館日)
*ただし、8/6・8/21は開館します。←なんてラッキー!なのでしょう。

201608CIMG5512.jpg

201608CIMG5516.jpg


100円という値段に驚きつつ、連れて帰りました。


201608CIMG5528.jpg

さて、昭和レトロカフェでは、日本モダンガール協會の代表の浅井カヨさんと今日子さんを撮影。

201608CIMG5517.jpg


季節柄、水着などの展示の他、書籍、CDなどの販売もありました。


201608CIMG5521.jpg


懐かしいをお洒落に遊ぶ喫茶室では、ラムネを注文しましたが、昭和レトロカフェというのであれば、ラムネにはコップを添えて出して下さればよかったのに、残念でした。
直接、瓶に口を付けて飲むことは品のないこととされていました。水筒には蓋がコップになるように作られていたのは意味があったのです。
戦後の学校給食では牛乳瓶でそのまま飲ませるという行儀の悪いことを習慣にさせられてから、ペットボトルが普及して、「ラッパ飲み」が普通のこととなってしまいました。ある時代や社会、ある地域や階層の雰囲気を味わうなら、特徴的な衣食住など日常生活のしきたりや習わしも取り入れて遊ばれたら、より楽しいと思われます。

2階の大ホールにで、7日(日)10時~18時
詳しくはこちらをクリック→昭和レトロカフェ


帰りにも、お声かけくださった方があり、気になっていたことがひとつ明確になりました。
こちらも丁寧な説明をいただき、感謝します。

渡りに船のような1日でした。
善き人間関係の中で人生を渡っていけますように。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2016.08.06
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

夏越の祓

旧暦6月30日になりました。昨日も今日も夕方から雷、豪雨です。
禊の雨でしょうか。

昨日は、今池の高牟神社の夏越しの祓えに参りました。
日常生活の中で半年間の内に知らず知らずのうちに犯したであろう罪や過ち、心身の穢を祓い清めるための神事です。

「水無月(みなつき)の夏越しの祓する人はちとせの命のぶというなり」という古歌を唱えつつ、左まわり・右まわり・左まわりと、八の宇を書くように芽の輪を三度くぐり抜けます。

13900600_1079701815456719_354612394_bn.jpg


半年の穢れ全ての罪・穢れ・災いから逃れられ、夏病みせずに明るく健やかな生活を営むことが出来るといわれてます。
こちらの輪は丸くなく、四角でした。雨に濡れて茅の香りが際立ちました。

それほど大降りではなく、まだ暗くなりきらないうちにお参りが出来ました。

13933523_1079701812123386_1616177940_nb.jpg

絶妙なタイミングで、この近くにお勤めの方とばったり!
前日にも偶然にお会いしていて、お互いに驚きました。
名古屋は狭いです。

今年の夏は、たくさん浴衣を着たいわ!という操さんとご一緒でした。
着ることを楽しむために、着る機会を御自身でつくって会食会などを企画されていらっしゃいます。


13875065_1079701785456722_739339792_n.jpg

二年前の夏には、ヒルトンの浴衣パーティーにゲストスピーカーで呼んでいただきました。
華やかなパーティーでした。
その様な思い出話もしながら、なぜかナンとカレー。。。

13872394_1079701778790056_600670219_n.jpg

雨宿りと待ち合わせ場所に、今池の「楽布」さんでお世話になり、おすすめのお店を教えて頂いたのに、その日に限って貸し切りだなんて、とても残念でした。他の候補のお店も満席。。。

楽布のsachiさん、ありがとうございました。
カレーを食べて、夏病み防止ということに致しましょう。
機会を見つけて、楽布さんおすすめの洋食屋さんに行こうと思っています。

四季の事物や年中行事がある日本。
生きていく上での知恵が、歳時記にはあります。
大切にしていきたいですね。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Date: 2016.08.02
Category: 日本文化
Comments (0)Trackbacks (0)
プロフィール

Author:着物~はごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR