FC2ブログ

地球を浄化する堆肥

牛の糞が、全く臭くなくサラサラとした土のような堆肥になる現場を、見学しました。
何故に牛の糞?と思うかもしれませんが、半田市は酪農の歴史のある街です。
明治時代に、四代目中埜又左衛門氏が、滋養と健康のために、自家用に乳牛を飼ったのが始まりです。

大人の牛は、一日に50㎏の糞をします。
見学に行ったところでは、700頭の牛がいるので、一日に35トンの糞がでます。
乳牛と食用牛では糞の質がちがい、乳牛の糞は水分が多いのでおがくずを入れて均していきます。
ここは強烈に臭いです。この臭いが風に乗って住宅街まで届きます。

その糞に、複合発酵のエナジー水と生体融合型光触媒トリティニーゼットを週に二回噴霧して、一ヶ月かけて完熟の堆肥が出来上がります。微生物が発酵させる蒸気がたちのぼり、手を入れるとあたたかくて気持ちがよいのです。
排せつ物が原料ということを忘れてしまうくらい!

20549.jpg


そして、どこかで嗅いだことのある匂い…何だろうと記憶を辿ると、古い家の匂い。土壁の匂いかも知れません。
土壁も発酵だから、荒壁土に大量の稲わらを投入し、水をはった土壁プールの中では、稲わらが腐り、プクプクと泡が湧き上がり発酵土となります。
草食の牛の糞が発酵したものだから、通じるものもがあるのでしょうか。

酵素風呂のように、原料のことを考えなければ全身入りたいくらい、気持ちのよい空間です。

微生物の発酵といえば、味噌、醤油、納豆、日本酒、等の食はもちろんですが、衣の藍染めも発酵です。
藍染めを生活の中へと活動されていらっしゃる、あまべ藍の亀田さんにもこちらの堆肥をお渡しする橋渡しができました。

志のある方々が良いご縁を結んでいただけることは嬉しいですね。

そして、未完熟のまま放置されている堆肥に、この複合発酵トリニティ堆肥を混ぜ合わせて再度発酵させ、複合発酵トリニティ堆肥が出来上がります。
作ることと混ぜることで、全部が複合発酵トリニティ堆肥になり、投棄されて悪臭がする大量の堆肥にも混ぜることで、複合発酵トリニティ堆肥となったら素晴らしいことです。

畑に入れて浄化した土となり、雨が降り川に流れれば、川も海も浄化される。
好循環で地球が浄化される堆肥つくりを応援します。

複合発酵トリニティ堆肥を作られている玉村さんから、トリニティゼットを教えて頂き、生活の中であれこれ取り入れて試しております。臭いはもちろん、吸着して分解する力を体感しています。
そのご縁で、トリニティゼットを扱っている環境保全研究所へも出かけてきました。
先ずは、浄化槽の見学、お土産は浄化槽の水!!!
こちらも実際に見て、手に触れてみないとわからないことばかり。
研究所の方とのお話で、玉村さんの複合発酵トリニティ堆肥の新たなヒントに繋がる場面にも遭遇してわくわくしています。

トリニティゼットを知ってしまってから、濃い日々が続いております。
お会いしてお話できた方には、少しお試しにお渡ししています。

複合発酵トリニティ堆肥の現場見学も、興味のある方は、お尋ねください。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
















スポンサーサイト



Date: 2019.12.29
Category: 健康・美容
Comments (0)Trackbacks (0)

今年最後の着こなし講座

今年最後の着こなし講座は、無事に終了いたしました。
体調不良の方もあり、来年は元気でお稽古できますようにと祈っております。

新しい方が入られて、浴衣と半幅帯はカルタ結びまで頑張りました。

20860b.jpg


先輩は、お太鼓結び、角だし太鼓、半幅帯の結びはそれぞれお好みのものを結んで、と幅が広がって楽しんでいらっしゃいます。
月に一回でも続けていると、着物に慣れてきて、好みもはっきりしてきます。

20874.jpg


なぜか写真が小さい。

20873.jpg

ご自身で縫われたしじら織の完成披露!
銘々「カルピス」

20878.jpg



90歳の方から、もう帯が結べなくなって、着物を着られなくなったから、帯をお渡ししたいのとご連絡をいただきました。
お腹まわりがすーすーするから腹巻してるわ、と笑ってみえましたが、改めて着られるうちに着物を楽しもうと思いました。
元気で着物が着られることに心より感謝します。

さて、来年のお教室の予定です。

名古屋市千種区 日本料理和楽さんにて
1月21日(火)   
2月18日(火)
3月17日(火)
18時45分~20時45分

半田市 にて
1月27日(月)    
2月17日(月)
3月16日(月)
13時~15時

そして、1月28日(火)午前は、大須買い物ツアーへ、りんご先生とご一緒に参りますよー!


色々書ききれないうちに今年が終わってしまいそうなくらい、最後まで濃い日々が続きそうです。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村




Date: 2019.12.21
Category: 着付け
Comments (0)Trackbacks (0)

ガッテン農法 三浦さんのねじねじ講習会

濃い日々が続いております。
ブログを書く暇がないほど。。。
さくっと書けないだけですけれどね。

夏にねじねじを教えて下さった、ももちゃんが知多半島に三浦さんを呼んでくださいました!
ガッテン農法ねじねじの三浦伸章氏です。
本にサインしてもらいましたよ♪

20191212_120900.jpg

20191212_121107.jpg

午前は座学で、目からうろこがポロポロと。
大根って、茎?!
根っこは、髭の部分だって知りませんでしたよ。

他にも、色々な驚きがありました。


午後は畑へ。

すすきと藁でねじねじして、本ねじを埋めると一瞬で、場が変わりました。

20191212_142852.jpg


20191212_143757.jpg


粘土質の畑の土を手に取るとホロホロと崩れ、固かったシャベルの入りがサクッといきます。
抜きにくいチガヤも、根っこに土がつかずに抜けました。
太陽の光が変化したのも、皆が感じましたね。

藁の綯い方も子供でもできるやり方で、特別なものは用いず、誰でもできるようにとご指導いただきました。
簡易ねじねじを使っての体感も。

それぞれが持ち帰り、それぞれの場がいやしろ地になり、大地も太陽も人も喜べるように。

講座終了後は、懇親会。
その前に、美浜簡保の湯で温まり、ブランコの家へ。
畑カフェ レインボーアートさんのケータリング料理を頂きました。
どれも美味しくて、食べながらも、メモを取りながらという濃い夜でした。

参加の方は米作り経験者で、問題点など質問もあり、どうしたら草がなくお米が育つようにするか等、聴いているうちに、
一人では何もできませんが、お米作りをやってみたくなりました。

20191212_184324.jpg


畑では、モンペや割烹着に反応が良くて、ウールの着物というのも目新しく思われるようでした。
畑女子にも、着物に関心を持っいただけたのは嬉しい限りです。
帯で腰が安定して、実は身体が楽なのですよ。






↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村





Date: 2019.12.14
Category: 植物
Comments (0)Trackbacks (0)

11月和の暮らし歳時記教室

師走と言う字のごとく、12月に入り、あっという間に一週間が過ぎました。
まだ、11月28日(木)満里子先生の和の暮らし歳時記教室のことが綴られておりませんでした。

本当は、一週間前の予定でした。

「事故に遭いました。みなさまに連絡ください。教室できません。」

驚きのメッセージ、連絡を入れた後は祈るのみ。

「奇跡的に少し痛いとこありますが、骨折も内蔵破裂もどこもなく元気です。神様に感謝です。」

夕方のメッセージで、安堵しました。
満里子先生は、神様から守られていらっしゃいますね。

20191128_203900.jpg

床の間には、「無事」 お軸が掛けてあったのです。

こうしてお話を伺えるのは、奇跡的なことだと、満里子先生の半端ない熱量を感じるお教室でした。
旅の出来事、庭の葉っぱ、お花、根っこのことも、人としての在り方を考える深いお話でした。
聴く側も、姿勢を正して受け止めておりました。

20191128_190746b.jpg


美しい塗りの器の蓋をとる時、楽しい気持ちと驚きがあります。
お部屋の中での落ち葉たちの美しいこと!
見事な演出です。

20191128_193949.jpg


葉っぱのお皿。
何か載せて置いておくと、少し乾燥して葉っぱが丸くなるところも良い味になるのです。

満里子先生がみつける 「美」 に、いつも感心しています。
日々の中で 「美」 を見つける、こころの目を開いてきたいと願っているのです。


20191128_194413.jpg


「吹きよせ」 のお菓子。
季節をお菓子に込める和の文化。
箕(み)という道具も、日常で使われなくなって久しいです。


20191128_200708.jpg


美味しいお土産のお茶と、ゆずりはの葉。

「師弟」 の縁(えにし) に感謝して、帰りの車の中では、涙がこぼれてきました。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村




Date: 2019.12.08
Category: Mariko-Style
Comments (0)Trackbacks (0)
プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!
 
 昭和な古民家にて和の暮らし楽しみ、着物の着方、着物相談などを承っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR