蛍茶会2016

家に帰り着く頃に雨。絶妙なタイミング。
晴れ女、晴れ男、の集まりでした。
2016年6月15日蛍茶会。

蛍が逃げずに、手にずっととまっていたのは初めてのことでした。

13432207_896269000483547_4960071540645570629_n.jpg

おうる工房さんと杜鵑庵のみなさんのおかげで、今年も蛍の沢にて一服のお茶を頂く豊かなひと時を味わいました。
2012年からなので、もう5回目になります。

13445478_1055264554564535_7587516109470814584_n.jpg

蛍の沢のまわりも木が大きくなったり、ヤマボウシの花が咲いていたり、少しづつ変わっています。
山帰来の葉っぱも手に採れるところにありました。

13428631_1055264527897871_3029579045239176370_n.jpg

先ずは、なだ万のお弁当をいただきました。

13434752_1055273991230258_4455638073800374865_n.jpg

ウシガエルの鳴き声がきこえ、どこからか、テイカカズラの花の香りが時折漂ってきます。

eb77482c-b8f0-48d7-8c0c-9ec43a5fc29f.jpg

おうる工房さんのUさんコレクションのお茶椀で頂きました。
特にこの平茶碗には驚かされました。

2016CIMG5116.jpg

明るい所では全くわかりませんでしたが、流石、茶人は見どころが違いますね。
一口いただき、蝋燭の灯りにかざしてみると、一匹の蛍の明かり!
作者はそこまで狙って作られるのですね。

暗闇のなかに身を置くこと、光と影、五感を研ぎ澄ますことを忘れてしまってはいけません。
ここに来るとそのようなことをおもい起こされます。

201606CIMG5117.jpg

陶器の棗は、「かたつむり」
茶杓は、久野輝幸作「光陰」
ある仕掛けがありました!言われなければ全くわかりません。

2016CIMG5121.jpg

こちらも皆が驚きました。
作者曰く、最近は侘び寂びに加え、萌えがあること。
萌えを「何かに魅力を感じること」や「魅力を感じることで興奮すること」と捉えれば、まさにこのような趣向は、萌えがあります。

13406725_896268977150216_1788439643805091007_n.jpg

そして今回は、亭主のお誕生日でしたので、茶会の後にサプライズ・プレゼントが用意されていました。
お誕生日おめでとうございます。

201606CIMG5124.jpg

素敵な時間をご一緒していただき、ありがとうございました。
おうる工房Uさんより共有します。
こちらもご覧くださいませ。
蛍茶会2016








↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







スポンサーサイト
Date: 2016.06.16
Category: 茶道部
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR