文香作り「和の暮らし歳時記教室」

九種類の香りを合わせて、好みの香りを作り、小さな和紙に包み入れます。
手紙にそっと忍ばす「文香」を作りました。

201608CIMG5541.jpg


それぞれの香りを作りつつ、お香のお話やお道具を拝見。

201608CIMG5530.jpg


雲母(うんも)は、どれかわかりますか?
三河地方で採れたと、はるか昔、学校で習ったことを思い出しました。


201608CIMG5531.jpg


良い香りに包まれながらのお茶の時間。
レモングラスのお茶が爽やかでした。御菓子は石清水。

丸い塗りが割れてしまい捨てられるところを、満里子先生が連れて帰ってきたのです。
入れ子になっていて、取り皿が五枚。
良い人に拾われて、お皿も命拾い、こうして使われてこそ、物は輝きます。

201608CIMG5537.jpg


私も、捨てられるところだった上布を纏って、羅の帯をして伺いました。
寸法が小さ目でしたが、そこはなんとか着られるものです。
うっかり、画像がありませんでした。。。
夏が終わらないうちに、何度か袖を通したい!
随分と箪笥に眠っていたと思われる着物でしたが、お稽古の皆様からは好評で、京都から連れて帰った甲斐がありました。
有り難い上布です。


もっと大きなものが、生かされなくなりました。
村に人が住まなくなり、村がひとつ、なくなってしまったのです。

「廃村」

この秋、その集落にて、「いのちのうつしかえ」が行われます。
Mariko-Style Exhibition

スキャン_20160812

満里子先生のインスタレーション。
廃村にたたずみ、感じてみたいと思いました。
この秋は、鳥取県八頭へ。

その前に、もうひとつ忘れてはならない 福島のお母さんと子供たちのこと。
「菜の花コンサート」
2016年9月11日(日) 13時~16時
刈谷市産業振興センター7階 小ホール
入場料999円

満里子先生にお会い出来ますよ!
ぜひ、お出かけ下さい。

13891798_1128772613847290_5794268186035767135_n.jpg






↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Date: 2016.08.12
Category: Mariko-Style
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR