FC2ブログ

響き合う会

同級生のみっちゃん夫妻に連れて行ってもらった、講演とチェロ演奏の会。
「意識を変えてガンを癒そう」
ガンは自らが作ったものである。ガンに愛を送ることで意識が変わり、ガンは自然に治癒していった
講師は、寺山心一翁氏。

主催者は、ガンを癒した着物姿でテキパキと動き回られるNさん。
落ち着いた染めの牛首紬をお召しでした。

2012.09.28 006

録音、撮影は不可ですが、始まる前に店内の様子を撮影しました。
「天下布武」から取られた「布武」という店名。
そう、ここは岐阜です。

2012.09.28 005

古いテニスラケットが台代わりに使われていました。
ガットが貼ってあり、懐かしい~!
中学時代は軟式テニス部でしたので。

2012.09.28 010

「和顔愛語(わげんあいご)」
このようにありたいと常々想う言葉が、ここにありました。

2012.09.28 012

竹?煤竹がカーテンレールに吊り下げられて、仕切りに使われています。
篠笛にはならないのかしら?茶杓には?などど、余分なことを思ってしまいます。

2012.09.28 011

高い天井の古民家。
大きな堤燈は、美濃和紙かしら。

2012.09.28 018

夢に向かう龍が描かれた凧が飾られていました。

2012.09.28 017

布武の隣には、同系列のお茶が飲めるお店があり、こちらも木材がふんだんに使われていて、良い感じ。
店先の棚の葡萄が実っていました。
始まる前からあちこちが気になる場所です。

2012.09.28 004

寺山心一翁氏と、みっちゃん夫妻。

2012.09.28 019




1984年、47歳という働き盛りに、寺山氏は末期がんと診断され、抗がん剤、放射線治療を受けていたが、ある日、幽体離脱の夢をみてから、嗅覚が鋭くなり、病室の臭いに耐えられなくなり、屋上で寝ていた。あのまま病院にいたら、今の自分はなかった、と笑って話を始められました。

痛みに対しては、ごめんね、愛しているよ、気づかせてくれてありがとう、自分の体に語りかけ、愛情ある言葉をかけることで癒していかれたこと。

日の出と共に、深い呼吸をすることを実践。
なぜ日の出と共にがよいのか?
時計を持って、日の出の45分前に鳥が鳴きだすことを調べ、それは木々が酸素を出し始める時間と一致していると知ると、飼っているインコの部屋で夜中に酸素をスプレーして鳴きだすことを、自ら実験して確かめられたこと。

寺山氏の人となりが感じられ、その時の情景が浮かぶようでした。

二年前に、寺山氏を診断した医師がガンになり、どうしたらよいのか尋ねられ体験を伝えたそうですが、意識は変わらず、自分の医師としてのやり方を選び、亡くなられたそうです。

この他にもお話は続くのですが、にこやかなお顔でのお話とチェロの演奏に、心和ませていただきました。

偶然にも、十年近く前に知り合った方とも再会。
変わっていないね、むしろ若くなったみたい!なんて嬉しいことを言っていただいて。
着物暮らしの効果かな!

この場所に呼ばれたように、ピアノとチェロとハーモニカにのセッションが前日の夜に行われたそうで、そのメンバーで「ふるさと」を演奏してくださいました。

色々な想いが響きあう会。

素敵な場所に誘ってくれた、みっちゃん夫妻に感謝です。





ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



Date: 2012.10.04
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR