キーウイ夫妻とお嬢様の振袖姿

郡上の徹夜踊りの疲れなのか、今朝、草取りを二時間頑張った疲れなのか、わかりませんが、心地よい疲れが残っています。

今年は、郡上で一緒に踊りたいねと、キーウイ夫人と話をしていて、候補の日をあげるも都合が合わず、会いたいけれど会えない遠距離恋愛みたいだわと、訳の分からないメールのやり取りをしておりました。
最終日の16日、次の日の授業が自習だと聞き、キーウイ夫人を驚かせるのと、本町で踊りたいのとで、少し仮眠をとってから出かけました。家を午後10時過ぎに出て0時頃に着きました。
車で走れば、行けるものです。

久々のパーニュ浴衣です。
キーウイ夫人の下げている木札は、「春駒」の御免状と引き換えの札です。
おめでとうございます!
御主人も浴衣に下駄で郡上踊りを楽しんでいらっしゃいました。

14055630_10210106516610135_1635392752_nb.jpg


ところで、なぜキーウイ夫妻なのかといえば、御主人がキーウイの国の方だから。奥様は日本人で日本語教師をしてみえます。
キーウイ夫人は、はごろもの着こなし講座で、気持ちよく浴衣が着られるようになり、郡上踊りもより楽しめるようになりました。
今年の一月に、振袖を娘に着せたいというリクエストメールを頂きました。
日本で振袖を着るのなら着せてあげたいと思いましたが、3月にキーウイの国で御主人のお母さまに振袖姿をみせたいというお嬢様からのリクエストだと伺い、それぞれ想いを受け止めました。

私のトルソーもお貸しして、やれるだけのことをして臨みました。
インフルエンザに罹られたり、ナイスバディになられていたことに気が付いたり、振り返るとあれこれありました。

「まさか、大好きになった着物で、巣立ちの近いむすめたちと力を合わせられるとは・・・」
二人三脚で頑張った嬉しいコメントを頂きました。

実は、帯締めが上手くいく日といかない日と五分五分なんです~と、告白された時は、流石にマズイ!と思いましたが、毎晩帯締めを結ぶことを課して、身に着けて頂きました。
お嬢様にモデルを協力してもらい、画像チェックもした甲斐がありました。

キーウイの国のお義母さまも泣いて喜んでくださったとの報告を受けたのも、嬉しい春の思い出です。
許可をいただき掲載しています。
もちろん髪もキーウイ夫人が結いました。

12527882_10208848032628822_101675384_nb.jpg


お嬢様は契りを結んだ方はいらっしゃらないので、本当は帯揚げを結び切りにはしないのですが、そこは承知のうえで、形が決まることを最優先にしました。

12884438_10208848031828802_1037816167_nb.jpg

 この海で、振袖姿を撮影したかったそうです。
二十歳のよき思い出になりましたね!
おめでとうございます。

12476357_10208848032548820_591214022_nb.jpg


お嬢様のお友達たちが成人式の前撮り写真撮影で着た振袖が苦しかったそうです。
母に着せてもらって苦しくなかったし、良かったと、お嬢様の話を教えて下さった、キーウイ夫人の笑顔が忘れられません。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Date: 2016.08.20
Category: 着付け
Comments (2)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

キウイおかん

Date2016.08.21 (日) 13:09:08

先生に冷や汗をかかせてしまった怒涛の個人レッスン。
一家で忘れられない思い出となりました。
本当にありがとうございました!
この先もいろいろ教えてくださいねー。
あちこちでまた、一緒に踊りましょう。

はごろも

Date2016.08.23 (火) 22:23:35

お嬢様も浴衣で郡上踊りを楽しまれたご様子振袖につづき、嬉しいです。
今度は、どこでご一緒に踊れるかしら?

これからも着物姿でお出かけしましょう♪

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR