プレゼンの授業

徹夜踊りも終わり、職業訓練校の授業も残り半分に突入。
先日は、パワーポイントを使ったプレゼンテーションの授業でした。

技術だけでは仕事にはならず、プレゼンをして一緒に仕事をしていこうと思ってもらえるかどうかは、とても大切なことだと講師の先生が力説して下さいましたが、私たちのプレゼンは、その先生に聞いてもらえず、残念なことでした。

ひとりの持ち時間は、10分。
テーマは自由なので、それぞれの個性がでて楽しい授業でした。

私のテーマは「着物を着ること」
いつになく、20代から40代までの男性もいる前で着物の話をすることなどないので、意識してまとめました。

私の着物姿をみて、暑くないですか?と声をかけた方々です。
着物は苦しいもの、敷居が高いもの、難しいものという意識をもってみえます。
そこで、男性から頂いた、着物に対する別の意見を伝えることから始めました。
厳しい外の世界から家に戻って、着物を着たとたんに緊張がとれ心の安らぎを覚えますと、コメントをくださった方のお話から、ジーパンから浴衣に着替えたときの解放感を実感を込めて話て下さった方のこと。
そして、踊り下駄、一本下駄で体幹を鍛えられる話。
精神への影響として、着る物で人格が作られることを、束帯のお稽古のモデルを務めて体感したことを伝え、着る物の別の一面をお伝えしました。
最後にオリンピック開催中でしたので、小池百合子都知事の勝負服としての着物姿を話題に終わりにしました。

話題になりました着物姿ですが、閉会式では、よくぞ雨の中を相応しい着物姿で臨んでくださいました!と日本人として誇らしく思いました。
着物姿にはその人となりが出ます。着物姿をあれこれということは、その人となりを評価しているのと同じと考えています。
その人らしく、その場に相応しい装いができたら、素晴らしいこと!これは着物姿だけでなく、装いすべてに言えることです。

2016CIMG5356.jpg


話がそれましたが、他の方のプレゼンも、その人となりがでて興味深く拝聴しました。

猫、日本酒、おすすめのビーチ、等々の中で、印象に残ったのが、都市伝説にちなみ滝廉太郎のお話、ディズニープリンセスの心得、6分読書のすすめ。
なかなかユニークです。聞きたくなってしまうでしょ!

覚書として、6分間読書のこと書いておきます。
英国サックス大学 行動分析(心拍数、脳波、脳血流を観察)において、ストレスの軽減が6分で表れたのが読書だったというお話です。珈琲、散歩、ゲームと比較して、一番早く効果が表れたのが読書でした。ただ、本の内容にも寄るとは思いますが、これは良いことを聞けました。
移動などの細切れな時間でも、本を片手にを心掛けたいと思います。
ただし、紙の本が良いそうです。

八月も終わりに近づき、これからのことも考えて行かないといけない今日この頃です。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
Date: 2016.08.26
Category: 出来事
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR