一周忌

和箪笥を形見分けで頂いた、京都の親戚姉妹お二人の一周忌でした。

四人兄弟のうち、長男さんは結婚されたけれど、長女、次男、二女は独身で、仲良く暮らしてみえました。
次男さんが亡くなり、長女さんが亡くなり、最後に残られた妹さんも寂しかったのでしょうね。
後を追うように亡くなられました。

長男の息子さんお二人が、家を空けるために遺品整理をされているところに、形見分けをしていただいたのです。
その和箪笥にあった上布に袖を通し、お参りしました。
寸法は小さ目ですが、なんとか着られます。

20160828.jpg

京都の親戚といっても、お墓はうちの実家がある町にあります。
京都の宮大工の家は子供がなく、三河から男子を貰い、私の祖母も10歳のときに貰われていったのです。
その跡取りのお嫁さんは名古屋から嫁がれたので、京都に住んでいても、尾張、三河の出の集まりでした。

子供の頃、ふと、京都の人は白味噌なの?と尋ねると、笑って赤味噌だよと答えてくれました。
親がこちらの出なら、赤味噌ですよね。

ルーツを知っておくのは大切なことです。
三河の方もお参りにみえていたのでお尋ねしました。
貰われた男子は、碧南の方で、親が矢作川の船頭さんで事故で亡くなり、一人は京都の宮大工へ、もう一人は瓦屋へ貰われたそうです。瓦屋さんがお祖父さんにあたると話して下さいました。

戦後は宮大工をやめてしまったので、最後の仕事は安養院の本堂だと聞いています。

14183729_1113160328774957_1132384911560289985_n.jpg


お声が良い御坊様は、ありがたみが増すように思えるのは、私だけでしょうか。


14080082_1113160358774954_4973003426135194353_n.jpg


こちらに来るたびに、京都の御菓子とともに、風呂敷やハンカチのお土産を頂きました。
子供の頃はよくわからなかったけれど、芹沢銈介、宮脇綾子、染司よしおか、絽の風呂敷も。
京都のお土産からも、私の好きなものは影響を受けていたのかと振り返ってみました。

京都の親戚が、こちらの別荘に来ると、祖母は嬉しそうに迎えていたし、私も嬉しかったのです。
よき思い出とともに、故人を偲ぶ日となりました。
感謝。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Date: 2016.08.30
Category: 出来事
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR