手あぶりと炭の香り

今年も残すところわずかとなりました。

ご縁があり、手あぶりが家にやってきました。
日常で炭を扱うことはありませんでしたから、火鉢でほっこりと温まってみたかったのです。
子供の頃には、練炭火鉢で豆炭は扱っていたけれど、火鉢はもう家では使われていませんでした。

いいものですね。

炭は森の木から、手あぶりの火鉢は土から、鉄瓶は鉄から、人の手と火の力を借りて形を変えて、今ここにあります。
色々なご縁から、温かさをいただく不思議さを確かめるように、手あぶりに触れてみました。
じんわりと伝わるぬくもりは、懐かしさを誘います。


P1160843.jpg


ぬくもりと、炭の香り。

鉄瓶で沸いたお湯は、とろりと甘みがあるように感じられて、落ち着きます。


P_20161222_202515.jpg


小さな手あぶりなので、炭は少しでも火鉢のまわりは温かくなります。
本格的に寒くなったら、これだけではたくさん着込むか、暖房は足らないと思いますが、今のところはよい感じです。
もちろん、換気には気を付けています。

今日は、高校の同級生友人ふたりが来て、手あぶりを楽しんでくれました。

色々な変化のあった転機の年となり、離れる人もあれば、励ましてくださる方もいて、人との関わりの有り難さを感じる年の瀬となり、感謝を申し上げます。

皆様におかれましても、来年はよき年でありますように。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Date: 2016.12.27
Category: 出来事
Comments (2)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

makoron

Date2016.12.28 (水) 07:32:27

素敵ね。火鉢。鉄瓶も素敵。火鉢があれば炉切らなくてもお茶も立てられるわね。焼餅も・・

着物~はごろも

Date2016.12.28 (水) 20:59:14

makoronさま☆
ありがとうございます。
手あぶりだから、小さな鉄瓶ですが、お湯は沸きます。一人だからちょうどいいのかな。
焼きもちもやってみようかな。美味しく焼けそうね。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR