木片のお雛様

和の暮らし歳時記教室は、旧暦の暦で行われます。
旧暦の雛祭りは、3月30日。
桃や桜の花が見頃を迎え、桃の節句にふさわしい季節です。

木片を使ってお雛様をつくりました。
無心で色を塗り、お顔を付けて、並べます。
不思議と描いた方お顔が似るのは、どうしてでしょう。
手先を通じてその人となりが、描いたお顔に表れるのでしょうか。

P_20170316_212904.jpg

お部屋に飾られたお雛様も素敵でした。

P_20170316_212729.jpg


満里子先生のようなお雛様。
漆桶み飾られた水仙。
ミモザのリース。
長年に渡り、心に響くものたちを求め愛でられてきた空間。

P_20170316_212804.jpg

椿の葉と大麻の手績み糸。
浄化作用がある等、麻のお話も伺いました。

P_20170316_212817.jpg

清らかな空間でのお雛様作り、出来上がった時の皆の笑顔と、お茶を頂く時間は、心が豊かになります。

P_20170316_213409.jpg

桜の塩漬けのお話から、春蘭の花を沢山摘んで梅酢につけて食べられたこと。
今では出来ないことですが、想像するだけで、豊かな春の楽しみをされたいたのだなぁと、印象深く伺っていました。

もうしばらく、お雛様を飾り楽しむことに致しましょう。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
Date: 2017.03.19
Category: Mariko-Style
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR