手造りしろたまり講座

半田クラシティが3月31日にリニューアルオープンして、色々なワークショップが開催されています。
草木染の体験をした時にワークショップの一覧表をいただき、「しろたまり」に惹かれて参加しました。

材料は、小麦麹750g、食塩(海の精)230g、足助の水700g
手順をわかりやすく失敗しないコツを踏まえながら、伝えてくださいました。
 
講師は、日東醸造株式会社 三代目社長の蜷川さん。
愛知・三河・碧南生まれの白しょうゆのお話、5種類のしょうゆの違いのお話と味比べ、そして、しろたまりが出来る物語。

P_20170405_125112.jpg


資料とともに、レシピもいただき、早速、卵焼きを作ってみました。
コツは、白たまりを控えめに使うこと。

新しい仕事場にはお弁当を持って行かないので、白たまりの卵焼きのお弁当の出番がないなぁ。。。

P_20170405_212326.jpg


仕込みから約3ヶ月で出来上がる予定です。
1週間ほどで麹が浮いてきたら、表面が空気と触れないようにラップを直接表面にかけます。
1ヶ月後くらいにさらに麹が浮いてくるので、仕込みの容器に入るくらいのビニール袋に水を入れて重石かわりにします。
このまま2ヶ月静置。カビが生えないようにたまに見てあげること。

しろたまりは約500cc、もろみは約1㎏。
昨年、醤油絞り体験した時に、このもろみの味わい深さに感動したのでした。
しろたまりも嬉しいのですが、もろみも調味料代わりになります。
揚げればおつまみに、すりつぶせば味噌のように、そのまま漬け床に、おかゆや炊き込みご飯、炒め物にも!
うーん、そちらも楽しみです。


三河みりんや、ぬか漬けなど、気になるワークショップがあります!
お休みではないので参加出来ず、残念です。ご興味のある方は、ぜひお出かけ下さいませ。
講座の感想など、伺いたいです!




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Date: 2017.04.07
Category: 食べもの
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR