グレースケリー展と春の院展

グレースケリー展を楽しんできました。
ジェイアール名古屋タカシマヤ10階 特設会場 4月25日まで。

再現されたウエディングドレス、シャネル、ディオール等の上質な美しい洋服を眺めて、もちろん、エルメスのケリーバッグも!
押し花の作品もセンス良く、美貌と洗練された優雅さ、美しい生き方は、今でも憧れられる女性でした。
亡くなられたのが52歳だったとは!

会場を出ると、薔薇の香りと、展覧会グッズのあれこれをちらりとみて、優雅なひとときでした。
撮影スポットにて。

S__2637839b.jpg


同じフロアにて。
このギャップは面白く、モンペ愛用者ですから、覗いてみなければなりませぬ。

S__2637831b.jpg




続いて、春の院展。
松坂屋美術館にて、4月23日まで。

p01.png

今回のポスター、全作品集の表紙絵、吉村 誠司氏の「春奏」は、今年も桜を愛でることが出来た嬉しさと重なり合いました。

個人的には、牧野 環氏の作品を、毎回楽しみにしているのです。
清らかな明るさがある作品が、心地よく好きでした。
前回の「細雨」は、「どこか冴えないのは悲しみも寂しさも省くことなく全部作品に込めたから」という氏のコメントからも感じられたように、複雑な想いで拝見しました。

そして今回は、泣き出してしまいそうな想いになりました。
この感覚に驚きながら、言葉で言い表すことが出来たらいいのにと、もどかしいのです。
しっくりくる言葉が出てくるまで、黒い岩下の白い花の画 (題を失念してしまった)が、浮かんでは消えてと心に残っています。

自分の心の奥に問いながら画をみるのは、久しぶりの感覚でした。
何のことやら、わからない、個人的な春の院展の感想です。

今週末のお出かけの予定にいかがでしょう。







↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村









スポンサーサイト
Date: 2017.04.20
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR