大切につかってこそ。

足踏みミシンは、よい方のところへ貰われていきました。
ご両親のご実家を素敵にリフォームされ、念願が叶った家なんだとお話してくださって。
どこに置こうかなぁと、嬉しそうにこだわりの家の写真を見せてくださいました。

18221562_1957556861130239_5199536620226057300_n (1)


近くのお店で、探していたイメージの椅子にも出会えて、イメージをしっかり持っていると、引き寄せますねー。

18198753_1957556927796899_962148052179333702_n.jpg

テーブルにするつもりですが、糸通しやボビンの入れ方もお伝えしてお渡ししました。

18222445_1957556881130237_954634899534757400_n.jpg

ベルトの取り換えをして、軽やかな足踏みミシンの音を楽しみながら縫わせて貰いました。
油を挿せばまだまだ動きますから、素敵に改装されたお家でインテリア兼実用にもお使いいただければ、ミシンも嬉しいと思います。

18198723_1957556901130235_1175945489882080987_n.jpg


実家近くにある親戚の別荘の物を整理するというので、小さな飾り棚と水屋箪笥をもらい受ける予定でいます。
住むところが見つかったら引っ越さないといけないのですが、ミシンを手放したので良しとしましょう。
水屋箪笥は意外に重いので、二段の上部のみ。
水屋箪笥を入れたら、長年使っていた整理箪笥をもらい受けて下さる方がいるので、こちらも安心しています。

今の生活に上手く活かし、大切に使ってこそ古いものも生きてくるのです。

着物もそうですが、家具も同じです。

ミシンをもらい受けてくださった方のように、築80年のお家を壊さずに上手く改装されて、これからの暮らしを楽しまれるご様子は微笑ましく、こちらまで嬉しくなりました。
立派な梁の写真を拝見して、 手斧(ちょうな)という古くからある工具で、木の表面を削りとる「はつり」の技法を使ったものでした。
こうした手仕事の木を大切に、日々の暮らしの中で眺められるのは、羨ましい限りです。

今お借りしている家は居心地よく住まわせて貰っています。次に住むところも気持ちのいい家でありますように。
貸していただける空き家情報がありましたら、ぜひご一報くださいませ。


小さな飾り棚の中から出てきた葉っぱたち。
松ぼっくりもいくつか。

おっちゃんらしいなぁ、とつぶやいた甥にあたる方と、手を休めて写真を撮りました。
嬉しそうに集めている姿が浮かぶようです。

P_20170423_101136.jpg


釣りも好きで、キスやメゴチなどよく釣って楽しんでいたことも思い出されました。
静かな午後の伊勢湾です。


P_20170502_163420.jpg



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Date: 2017.05.04
Category: 出来事
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR