「身にまとうよろこび」 芹沢銈介美術館

浜松のお薦めの天丼をさくっと開店と同時に頂きました。
ご飯が少なめかと思いましたが、卵の黄身を揚げてあるも入っていて、十分満足な天丼でした。

2012.10.13 004

「喰べるたのしみ 生きるよろこび」と箸袋にある「天錦」さん。
お昼の天丼は1000円で、長年変わらずに続けていらっしゃるお店です。
夜はコースでゆっくり頂くと、常連のキコさんから伺いました。

登呂遺跡と静岡市立芹沢銈介美術館へ。
2012.10.13 009

2012.10.13 008

企画展「身にまとうよろこび」では、テンション上がりまくり!!!
第一部として芹沢銈介氏の着物15点、第二部として芹沢銈介氏があつめた、日本、アジア各国、アフリカ、南北アメリカの衣装100点は、見ごたえありです。

2012.10.13 010

展示してある着物や帯をみんな身にまといたい~!!!
沖縄紅型の色とは違い、芹沢銈介氏の色がとても好きなのです。
見たかった「鯛泳ぐ文着物」は残念ながら、巡回していて展示されていませんでした。
またの機会に来て下さいということかしら?

コレクションも膨大で素晴らしかったです。

アフリカの「頭髪付貫頭衣」にはギョとして、「鳥龍文切伏魚皮衣」って魚の皮の衣なのよね~と感心して眺めながら、ロシア・アムール川下流域あたりのものだったので、アイヌにもあったのかしら?と北の国に繋がりに思いを寄せてみたり、北アメリカ先住民の「鹿革製ビーズワーク衣裳」の前では、平和に暮らしていた先住民を殺略して、今の繁栄を築いているアメリカのことを考えてみたり、とゆっくり見ていると時間が足りないです。
ペルーのインカ文化の貫頭衣、エジプトのコプト織裂という時代のものから、インドネシア、タイ、台湾、インド、ギリシャ、イラン、シリア、アフガニスタン、アフリカの色々な部族のものまで!!!

日本のものも、北から南まで、厚司(アットゥシ)、刺し子、桐板、芭蕉布、など。
ぽっと温かみのある赤い絞りの着物は、やはり山形庄内のもので、紅花のなんともいえない愛らしい色でした。
革の羽織は、今なら皮ジャンや革のコートの感覚で着ていたのかしら?格好いいなぁと、ため息。

お腹いっぱい、胸いっぱい、でした。
隣接している登呂遺跡は、遠くから眺めるだけ。

2012.10.13 011

マンションや鉄塔と共にある登呂遺跡が、とても不思議な感覚でした。
でも脈々と太古からつながっている日本人の時間があるのですね。
インカ文化や、アメリカ先住民、のことを考えると、すごく有り難いことだと思うのです。
今、日本人でいることに感謝します。

2012.10.13 014

この後は、清水まで足をのばします。
続く。



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
Date: 2012.10.14
Category: お出かけ
Comments (4)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

永遠のJガール

Date2012.10.15 (月) 22:34:01

いいないいな♪

芹沢銈介美術館は20歳の頃に行ったことありますが、そのときは若気の至りで良さがあまりわかってなかったと思います。はごろもさんの文章を読んで、すごく行きたくなりました!

30年前(笑)行ったときに美術館の前で記念撮影したのですが、おそらく私の人生のなかで一番と言えるぐらい写真映りが良かった(奇跡!)んです。だから私的には芹沢銈介さんはとーっても印象がいいんです(笑)。

はごろも

Date2012.10.15 (月) 23:38:52

永遠のJガールさま☆
三十年前に行かれたのですね。
その時の写真が拝見したいです。

私の写真映りが人生の中で一番良かったのは、山形のダイエーの側にある写真館で撮影したものです。
綺麗に撮ってくれてありがとうって言った記憶があります。
だから山形は印象いいんです。
食べ物も美味しいしね。ちょうど芋煮の頃かしらねぇ。

としこ

Date2012.10.17 (水) 21:10:37

こんばんは
芹沢銈介美術館一度もいったことないです
昨日東京に行きましたので朝早く出て日本民芸館に行くつもりでしたが 出遅れて新幹線に乗ったのは13時半過ぎ。
東京文化会館だけいってきました
日本民芸館には・・・残念です(汗)

そういえば岐阜の関博物館で郡上紬を見ましたが素晴らしかったです
展示数は少なかったけど 結構個人的には満たされました
不便なところですけど。。。

はごろも

Date2012.10.17 (水) 22:15:19

としこさま☆
それは残念でしたね。
またの機会に行けるといいですね。
芹沢銈介美術館は、ずっと行きたかった所でしたが、なかなか機会が持てず、やっとご縁ができたのです。
次回は梅の頃に「鯛泳ぐ文着物」に会いに行こうと願っています。

関博物館の企画展に行かれたのですね!チラシはもらってきて、いいなぁと眺めておりました。
11月4日までですね。
うーん。ここのところ出歩いてばかりですが、検討してみます。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR