FC2ブログ

羽衣の松

用件を終えて、せっかくなので、三保の松原「羽衣の松」へ。
今はもう秋、誰もいない海♪ではなく、人がいっぱいいる海~♪流木もいっぱい~♪
砂浜はグレー。夕日は海に沈まない~♪
そして、二代目の羽衣の松は枯れかかり、三代目が後ろで控えてる~♪
これは歌ぢゃないですけど…。

海に向って口ずさみたくなる秋。

2012.10.13 036

「羽衣の松」
その昔、天女が舞い降り、松に羽衣をかけ水浴びをしていると漁師が羽衣をみつけ持ち帰ろうとしました。
天女は羽衣がないとかえることができません。天女は「返していただけるなら天上の舞をお見せしましょう」と頼み返してもらった羽衣をまとい舞いを披露し天に昇っていきました。


一代目は数百年前に大地震で海中に沈み、二代目は1991年の台風で幹に亀裂が入ってから衰えて瀕死状態。

2012.10.13 046

30m離れた樹齢200年の松が3代目だそうです。

2012.10.13 022

まだ雪は積もっていない富士山はうすぼんやり。
天気の良い冬は、絶景ポイントなのでしょうね。
海の写真と、この写真の影って?レンズの汚れ???
どうしたらよいのでしょう?

2012.10.13 032

石でハートが作られています。きっと幸せなカップルが石を置いたのかしら。

2012.10.13 048

風が強いので、ここの松の枝はあちこちに伸びるのでしょうか?

2012.10.13 062

もうすぐに日が沈みます。

2012.10.13 041

この前の台風の影響で、流木がたくさん流れ着いていました。
しばし、何か使えそうな流木探し。

2012.10.13 044

犬も歩けば、木に登る???
ここの松は、だれからも愛されているのだと思いました。

2012.10.13 019

日が暮れてきましたが、「天女の羽衣の切れ端」があるという御穂神社へ。
ところどころに休憩できる腰掛がある参道を歩きます。

2012.10.13 076

長いランウェイと思って、ポージングするキコさん。

2012.10.13 080b

御穂神社では、宮大工さんがお社を造っていて、まだ明かりがついていました。

2012.10.13 084

日が落ちて、虫の音が聞こえだしました。

2012.10.13 086

帰りは、牧の原のドライブインにて。
駿河湾は深海なので桜海老が捕れるのよ、とのこと。
伊勢湾の遠浅の海とは違いますね。
なんだか桜海老が食べたくなりました。

2012.10.13 090

「はごろも」とご縁のある土地に出かけることが出来て、感謝します。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Date: 2012.10.15
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR