経糸が一本切れた!

水曜日の午後からは、裂織の続きを織っていましたが、一本経糸が切れてしまいました!
一本絡んだのを気が付かずに、織れた布を男巻きにしっかり巻いて織ってしまったことが原因だったとわかりました。
先生は慣れた手つきで切れた一本を辿り、同じ糸で機結び、綜絖通し、筬通しして、織れた布に待ち針で止めました。

それから、筬と織れた布との間は、あまり空けすぎないようにしないといけなかったのです。
織前と筬との距離は15cm程度が織りやすい長さだと、改めて認識しました。

しましまの色の順番を一色間違えてしまい、やり直すことも学びました。
意外にも、打ち込みは織るときだけでなく、解くときもトンとしてからだと糸が外れやすいのです。

毎週水曜日に行けない時もあるので、ぼちぼちとした進み具合ですが、織りは楽しいです。
はたご(機織り機)の先生も、お仲間も心優しい方ばかりで、気持ちの良い関わりも嬉しいです。

先輩の織りあがった布。
テーブルセンターとして、お母さまへのプレゼントだそうです。

20171025_164447.jpg

皆さま、着々と素敵な作品を織られています。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Date: 2017.10.28
Category: 染め織り
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR