2018梅見の会 皆様の帯まわり

梅も桜も取り混ぜて、皆様の帯まわりを今年もドカーンといってみましょう!

雨のため正絹はやめてポリエステルの着物に変更。
桜の花びらと七宝繋ぎの柄に、草花と孔雀の帯を角出しに。

28945563_1205856436217306_850915468_o.jpg

28946816_1205856512883965_262512318_o.jpg

白地の着物に赤い帯、紅白でめでたい!

29391128_1205856309550652_608661388_o.jpg

28945939_1205856332883983_1371365142_o.jpg


櫛に簪、笄の帯は、まさに会の趣旨にぴったり!

29243068_1205856142884002_530634018_o.jpg

28945983_1205856166217333_1338794564_o.jpg


濃淡でまとめた取り合わせ、組みひもは南部小桜組。
まさに今!筍の相良刺繍の帯。

28945998_1205900689546214_1692154775_o.jpg

28946570_1205900676212882_2005802053_o.jpg


桜尽くしの取り合わせ。
花びらの江戸小紋に塩瀬の染帯、帯留も桜!

28946136_1205858069550476_1335891022_o.jpg

28946103_1205858079550475_904825940_o.jpg


無地の結城紬に、刺し子の破れ七宝柄の洒落袋帯はリバーシブル。
スカーフを帯揚げに。

29243105_1205855996217350_2126912783_o.jpg

28946346_1205856036217346_1409031849_o.jpg

雨のため、垂れものはやめて大島紬に変更。
同系色の取り合わせに、帯留と三分紐の青が引き締め効果に。

29243171_1205858509550432_1523929560_o.jpg

29250347_1205858516217098_878095639_o.jpg


大胆な縞に柄の着物、黒繻子の帯、アンティーク好きで半襟も沢山お持ちだとか。

29243406_1205858146217135_585702054_o.jpg

28946317_1205858149550468_700748261_o.jpg

29404588_1205858159550467_1400552754_o.jpg

こちらも白地に赤い帯の紅白な取り合わせ。
塩瀬の染め帯は柔らかいに感じに見せてくれます。

28946062_1205857766217173_787336002_o.jpg

29390717_1205857759550507_1224214099_o.jpg

着物ギャラリー睦月さんでお求めの着物と帯。

29243424_1205900452879571_312290232_o.jpg

29242881_1205900439546239_1927168286_o.jpg


梅の帯留は、自作の陶器。
染の着物に、染の帯。


29243343_1205900326212917_1396226051_o.jpg

29513862_1205900336212916_248513236_o.jpg

織の着物に、織の帯。
鳥の帯留が可愛い!

29250861_1205857246217225_210973508_o.jpg

29390647_1205857256217224_125085002_o.jpg

無地の着物に綴れの帯。

28946820_1205858409550442_1549470953_o.jpg

29391743_1205858389550444_1563910323_o.jpg

インドネシアのイカットの生地を帯に仕立てて、三色でまとめた江戸好みなと取り合わせ。

29391064_1205857689550514_553417219_o.jpg

29404826_1205857696217180_2033204177_o.jpg


地紋の生地に絞り染めの訪問着に、白い袋帯、パールの帯留が上品な取り合わせ。

29391547_1205900372879579_875553811_o.jpg

28946726_1205900386212911_460666789_o.jpg


黒地の小紋着物に、赤の塩瀬刺繍の名古屋帯。
梅のものが一つもない!と言っていたら、ご主人様が梅柄の半襟を買ってきてくれたとお話くださいました。


29242439_1205900816212868_666883064_o.jpg

29242606_1205900842879532_265077236_o.jpg

29513707_1205900822879534_1234874740_o.jpg


矢代仁のお召しに、丸帯を作り帯に仕立て直したものを合わせて、まるぐけの帯締めを。
半襟は、組布。

28946749_1205857099550573_712597737_o.jpg

29250912_1205857039550579_282162210_o.jpg

29242799_1205857089550574_672527826_o.jpg


べっこうの帯留は、唐子が隠れないようにずらしてつけています。
ビーズの半襟は色々な着物に合うように工夫された自作。

29243040_1205858266217123_1594451501_o.jpg

29243478_1205858269550456_815551433_o.jpg

29390661_1205858279550455_97554680_o.jpg

大島のアンサンブルに、絞りの兵児帯。
輪島塗のチョーカーをつけるお洒落さん。

29250690_1205900772879539_1023647601_o.jpg

29391442_1205900756212874_286057710_o.jpg




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Date: 2018.03.24
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR