FC2ブログ

醤油仕込

季の野の台所の森川さん指導の元、2018年4月18日(水)旧暦の上巳の節句に、醤油仕込をしました。

森川さんと醤油の出会いは、こちら→農家が仕込んだ手作り醤油の搾り体験会

今年の味噌作りの麹を依頼したご縁で、自分で醤油を仕込んでみたらと、提案して下さったんです。
戸板一枚分の隠し部屋があることを思い出し、直ぐに決めました。
はじめてのことは不安もありますが、わくわくする気持ちが勝ります。

その隠し部屋を明るいうちにあけてみたら、床の戸板に穴が空いてボロボロな状態。。。
どうしたものかと思案していたところ、
村長とおゆみさんから、イワシを食べに来たよと連絡を貰い、合流。
その後で床を見ていただき、修理はもちろん、醤油仲間に入ってくださいました。
ついでに、清流庵快適化計画も進行中という有り難いご縁を頂いております。

前日の雨の中、最終工事完了!
当日の朝に雨が上がり、しっとりとして空気の中、森川さんのお話から始まりました。
醤油の種類、塩の種類と製法のこと、そして、醪(もろみ)のことは、子育てに例えてわかりやすくお話下さいました。

20180418_102420.jpg


さて、実践です。
六畳の和室にビニールシートを広げて、大豆、炒った小麦、麹を混ぜたものに塩を手で混ぜ合わせます。

20180418_110915.jpg


水360リットルの塩水を用意した80リットルの容器に、二回に分けて入れ混ぜ合わせます。
全部入るの?!と心配でしたが、湯もみ棒で押さえると、全て入りました。

20180418_111044.jpg

20180418_111352.jpg



台車を引っ張り、隠し部屋へ移動。
森川さんにお借りした跳び箱の踏み台で、段差も乗り切り、無事に部屋に納まり、拍手!

20180418_172230.jpg


あゆさんが動画を撮影してくださり、来れなかった方への説明と、森川さんのかき混ぜ実演をご覧いただけるように手配してくださいました。その後は、かき混ぜ日の調整をしました。


20180418_172247.jpg


仕込に参加の皆さんは8名、ほぼ初対面の方ばかりでしたが、自己紹介するなかで、なぜか通じるところがあり不思議なのです。
機織り、着物、畑、ピザ、ヨット、山羊、篠笛
そして、元隣の奥さんと、今の斜め隣の奥さん(同級生)も参加。
醤油仲間は、遠くの方と近くの方、全員で22名!
それぞれの想いを醸し出して、美味しい醬油を搾りたいです。

搾る前のものを「醪(もろみ)」と言い、搾ったものが「醤油」になります。

清流庵と名付けた、木造、平屋、土壁の家に、昨年の八月一日に引っ越してから、着物だけでなく、日本の昭和な暮らし、程よい田舎暮らしと、暮らしの幅が広がっています。そのため、着物は、割烹着姿が多くなり、非日常の着物姿ではなく、日常の普段着の着物を楽しんでいます。

時々、清流庵 隠し部屋の「醪」の様子を報告しますので、暖かく見守ってくださいませ。


↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Date: 2018.04.19
Category: 食べもの
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR