蛍・浴衣・お茶・そして、母ちゃんのごはんを楽しむゆうべ

2018年6月6日(水)雨天決行といたしました。
「蛍・浴衣・お茶・そして、母ちゃんのごはんを楽しむゆうべ」

知多郡美浜町布土にあります「季の野の台所」にて。
蛍も少しだけ、お出ましくださいました!

季の野の台所×Mariko-Style×着物暮らしはごろも

農家の母ちゃんごはんは、自家製のお米はもちろん、大豆、醤油など、素材を活かしたお料理でした。
麹もふんだんに使われて、米麹、麦麹、玄米麹、どれがどれだか覚えきれませんでしたが、三年ものはお味噌のような真っ黒!
奥深く、味わい深い、豊かなごはん、朴葉に載せて頂きました。

朴葉寿司は頂いたことがあり葉っぱは知っていましたが、木の枝をよく見たことがありませんでした。
手作りのデッキに、朴木の一枝。

20180606_191415.jpg


通じる人と人との出会いは、色々なものが導かれて形に表れます。

雨も止み、蛍の出るところまで灯りのないあぜ道を歩くのは、とても懐かしい感覚でした。
北の空は街の灯りが雲に反射して明るく、南の空は灯りがなく暗く、その違いを感じたり、蛙の声をききながら、蛍の光を見つけた喜びを皆で楽しみました。

お茶の設えは、その場にあるものを活かして。
満里子先生は、美をみつける感性がいつも素晴らしいのです。
御簾戸(みすど)、手あぶり、籠、
そして、野の花は雨のため、自宅のお庭から摘んで用意してくださいました。

お菓子は、季の野の台所のご近所ののださんお手製、蛍に見立てて、まあるい焼き菓子。

34584734_1677609935691258_7985496053363245056_n.jpg


葉蓋点前(はぶたてまえ)
水指の蓋として、木の葉を用いるお点前です。
そのお客様のためだけに葉っぱを使い、折りたたんで捨ててしまいます。

34581178_1702328333177353_4331173415038746624_n.jpg

34583186_1702328216510698_3188556516227547136_n.jpg


野の花や、一夜花を用いるのも、そのお客様のために設えましたという亭主の迎えるこころの表れです。
その様なことをわかりやすくお話しながら、美味しいお茶を味わっていただきました。
お運びも無事に務め、ほっとして、全員の写真を撮ること忘れてしまいました。。。

34675502_1702328313177355_1523847550442930176_n.jpg

最後に、石臼で引いた餅粉の団子頂き、
満里子先生の野の花のアレンジを髪に挿して、お開きとなり、それぞれ名残惜しく、浴衣のまま家路に着かれました。

34750850_1677609885691263_8666258338398339072_n.jpg


久しぶりに浴衣を着る方もあり、はじめは浴衣着るのー?と引いていた方も、ご飯食べれるし、苦しくなくシャンとして気持ちいいものなんだねと、着心地の良さを感じていただけて、着付け担当のはごろもは、嬉しかったです。

心の畑も耕せる農家でありたい、季の野の台所の美保さん、ご近所ののださん、
いのちのうつしかえ 和の暮らしの師匠 満里子先生、
水曜日の夜に、お集りくださった皆さん、
豊かな時間をご一緒できて、感謝いたします。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
Date: 2018.06.07
Category: 日本文化
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR