FC2ブログ

経糸を繋ぐとき

先週から織り始めた柿渋の糸は、少し硬めで結び目が外れることもあります。
調子よく織り始めたとおもったら、あ、経糸が……、の繰り返し。
多少のことでは動じなくなり、機結びにも慣れました。
間違いがない様に、ワイヤーヘルドの1と2、3と4は同じ筬に通るから、隣の糸を手繰って確かめて筬に通します。

20190320_153310.jpg

しかし、今日の終わりごろには、糸が違う切れ方になりました。
???

糸をつなぐときに、きちんと辿っていかないといけないことが分かりました。
やっていたつもりだったけれど、糸がまたいでしまったのが原因で、切れてしまったのです。
先に織っていた先輩から教えて貰いました。
経糸を繋ぐとき、糸の位置をより確かめることですね。

氣を配るポイントを抜かしてしまうと事故につながります。


20190327_135219.jpg


今日はどれだけ経糸を繋いだだろうか。
あわてずに、素敵な柿渋の座布団になることをイメージして、織り進めよう。


20190327_115401.jpg


先生が押し寿司を作ってくださって、お昼に皆さんで頂きました。
押し寿司の具が話題になり、カマボコやアサリなど、子供の頃の思い出に繋がります。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村








スポンサーサイト



Date: 2019.03.27
Category: 染め織り
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR