FC2ブログ

かなしい結末

「毛蚕」(けご)と呼ばれる卵からかえったばかりのお蚕様を貰い受けたのが、7月7日。
30頭をはたごの先輩と半分っこして、持ち帰りました。
目を凝らさないと見えないくらい。(老眼?)

前回の玉小石は繭になってくれたので、今回も!と軽い気持ちでいました。
季節は夏。
ちょうど蚊が出てくるころ、台所の土間の入口で蚊取り線香を焚きました。
ほんとうに、迂闊でした。

部屋が離れているから大丈夫と思ったのですが、風に運ばれて……。
半分以上、死んでしまいました。
お蚕様は、人間のお世話がないと生きていけない虫。
蚊取り線香の煙は、殺虫効果があるのですから、可愛そうなことをしました。
それでも生き延びて、なんとか脱皮をした2頭が、ふっくらと真っ白いお蚕様らしくなり、毎日桑の葉っぱを与えていました。

わーっと食べる時と、じーっと休んでいる時があり、何となく不安がありましたが、生きているうちは、せっせと桑の葉っぱを与えて繭になりますようにと祈る思いでした。1頭が食べなくなり、頭を持ち上げて、繭をつくる段階にきたことがわかりました。
早速まぶしに入れて様子をみていたところ、不安が的中。

頭を八の字に振りながら糸を吐いていくのですが、糸が出ていない!
糸を吐いているつもりでいるのです。エアーなの。
ああ、なんてこと!切なすぎる。

幼少の頃に受けたものの代償は、大きすぎました。

はたごの先輩のお蚕様は、全て繭になっています。

68338203_2667736396599258_7278390659432579072_nb.jpg


もう、見守るしかありませんでした。
そして数日後、動かなくなっていたので、桑の葉っぱでそっと包みました。
もう1頭も、葉っぱを食べなくなりましたが、もうまぶしには入れずにいましたら、隅っこの方で糸を吐いているつもりで頭を八の字に振っていました。

ある朝、包んだ桑の葉っぱの隣に並んでいるので、寄り添っているようで、泣けちゃいました。

20190825_213452.jpg

繭になったら、成虫にならないように冷凍するので、どのみち、命は頂いてしまいますが。。。

いのちのうつしかえが出来なかったことが申し訳なかったと、桑の葉っぱに包んで土に返しました。

たくさんの殺虫効果のあるものを日常に使われていますが、人間は大丈夫?
私は安眠のため蚊帳を吊っております。

かなしい結末を迎えた、うちのお蚕様。
環境から受ける影響を考え、起こった事実を受け入れることを考えなさいと、示されたようです。
「目の前に起こることは、全ては過去の記憶から現れる」と言われますから。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村





スポンサーサイト



Date: 2019.09.01
Category: 染め織り
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR