FC2ブログ

ウールの季節

立冬を迎えて、ウールの季節となりました。
頂き物の丈が少なめの反物で、ギリギリ作ったウールの着物を引っ張りでしてきました。
家事をするには、小さめの着物が着易くていいな、と改めて実感。
余分な布がない方が、しわも出来ないし、着崩れもしません。
最近は、衿芯、前板なしが、気に入っています。

2012.11.05 001b

今の時代の私たちが洋服を着分けるように、ついひと昔前の日本人は、普段の着物、晴れ着、お出かけの洒落着、と着物を着分けていたのです。
ウール全盛期の頃は、家で着物を着て、家事や子育てをしていたと話には聞きます。
そして、着物はあったかいと口をそろえます。
今のように冷暖房完備の環境ではなかったし、火鉢があった気密性の低い住宅の頃のこと。
割烹着やねんねこも、実用性と暖かさを身につけていたのです。

2012.11.05 002

普段着物の木綿は、とても活躍するのですが、真冬に木綿着物だけでは、見ていて寒々しく感じるのです。
もちろん下にはヒートテックを着ているのですが、歩くたびに黒いレギンスがみえるのも、どうも興ざめで、残念な感じが否めません。単衣の木綿は10月まででしょう。
どうしても冬に木綿着物が着たかったら、重ね着されると温かでよいのではと思うのです。
どう重ねるかもお洒落の腕の見せ所。
そんな楽しみもよいかと思います。
私は手持ちの木綿着物が少ないので、思うだけなのですが、若い方なら、寒々しく静電気が起きるポリエステルの着物より、洒落た着こなしをしていただけそうで、ぜひ流行らせてほしいものです。

そんなことを言いながらも、寒がりの私は、ウールが好き。
長じゅばんもモスを着ます。
男物のモスの長襦袢は、女性が着ても意外に洒落感があり、色気があるのか、ないのだか…と言われるところです。モスの長襦袢は、裾捌きが悪いのが玉に瑕ですが、絹の裾除けをその上につけて着物を着ると調子が良いので、着物を選ばず、ウール、ポリエステル、紬に暖かく合わせています。
衿は、絞りのハギレなどでふっくらとするのが、冬向きで好きです。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



Date: 2012.11.08
Category: 着物まわり
Comments (4)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

まゆみっくす

Date2012.11.08 (木) 22:22:27

よそゆきのお洒落着物もいいけれど普段着物も楽しくお洒落に着られるといいですね。
ウール着物の集まりとかあると面白いかも。

tanahana

Date2012.11.09 (金) 22:21:51

とても参考になります。
ウールを着るときは、私も衿芯抜きで、帯板もしていません。
補正もほぼナシなのは、母の寸法が小さいからというのが本当のところですが(笑)
トビウオさま、相変わらずお美しいですね。

はごろも

Date2012.11.11 (日) 00:11:35

まゆみっくすさま☆
ウール着物の集まりねぇ。。。
お家着だから、電車では出かけたくないわ。
気軽に家で集まるような機会があったら、良いかもです。
近所だから、和裁部へは、もっぱらウールで出かけています。

はごろも

Date2012.11.11 (日) 00:17:10

tanahanaさま☆
ありがとうございます。
普段着は、小さめな着物もありですね。
裄や袖丈など、よそ行きの着物と普段のものは寸法を変えていたようです。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR