FC2ブログ

柿の帯留めで、ミリオン座へ。「天のしずく」

柿の帯留めを頂いたので、柿色の帯に合わせました。
同系にしたのは、柿の色だけが悪目立ちしてしまわないようにと、考えたからです。

2012.11.08 003

ざざんさ織りに三橋工房さんの半幅帯。

2012.11.08 004

先日、ドキュメンタリー映画「天のしずく」を名古屋伏見のミリオン座に観に出かけました。
木曜日はレディースディで千円。
午後2時からの上映は満席でした。
11月16日(金)までの上映予定です。

2012.11.08 001

人間の営みも自然の中の一部だと、淡々と教えてくれる映画でした。
子供の書いた天という文字と、全国の並べられた色とりどりの土。
スープを通しての広がりと、繋がり、支える人たち。

2012.11.08 002

辰巳芳子さんが、結婚生活三週間で、夫が出兵して南の島で戦死したことを語ったときに、亡くなった祖母のことを思い出していました。
私はある時まで、戦争未亡人の祖母は可愛そうな人だと思っていましたが、それは違うんだなと気だついたのです。可愛そうな人というのは、被害者意識があるからそのように思えるのであって、ただ事実があるだけ。その現実をどのように捉えて生きていくかが、問題なのだと。
私は、普段着の着物姿で、庭の花の手入れをしている祖母が、好きでした。
辰巳芳子さんが、幸せでしたと語られたように、80歳まで生きた祖母も幸せだったのだと思います。

思っている以上に、もっとより良くあることを望んでいる「いのち」。
それは、自分のものであって、自分のものではない、賜りもの。
それに応えていかないと、幸せになれない。
生きてきてよかったという答えを死ぬ時に出さないといけないから。

テレビのインタビューで、辰巳芳子さんが「いのちをなめている」と上記のことをお話してみえました。

このまま死んでしまってもいいや、とかつて思ったことがありました。
今思うと、いのちをなめていましたね。
幸せになろうと常に思うこと。その想いが生き方に表れてきます。
丁寧に生きることをあらためて気づかせてくれる映画でした。
感謝。





ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



Date: 2012.11.10
Category: お出かけ
Comments (2)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

MW

Date2012.11.12 (月) 14:53:18

有田焼の柿の帯留め素敵に使ってくださってありがとうございます
母も喜んでくれていると思います

はごろも

Date2012.11.12 (月) 19:55:09

MWさま☆
こちらこそ、素敵な帯留めを頂き、季節の出番を待っておりました。
ありがとうございました。

本当にお母さまはお洒落なセンスのよい方だったのですね。
次回は丸帯が日の目をみますね!

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR