神保町~御茶ノ水~六本木

本当は、水曜日に帰る予定でしたが、もう一日延ばしました。
以前会員だった特典を活かして、池袋に連泊。

2012.61-7 204

神田神保町へ降り立ちました。
まずは、調べたいものが置いてある店に。
読んでいると時間だけが経っていきます。店主に伺うと案内所へ行くと良いと教えてくれました。
案内所の方々に親切で的確なアドバイスをいただき、その足で御茶ノ水図書館へ。
利用料金300円
2012.61-7 205
2012.61-7 206

主婦の友のバックナンバーがすべて揃っていました。
そうです。隣が主婦の友社ですもの。

2012.61-7 207

神保町のカルタ屋さんは、楽しげな感じ。通りすがりで撮影のみ。
2012.61-7 208
知り合いと同じ苗字です。(特に意味はありませんが。)
2012.61-7 209

サクッとカレーを食べて、勢い六本木へ。
まだ一度も、六本木に行った事がありませんでしたので、このチラシにも惹かれ向かいました。

img072.jpg


到着したのが午後7時近く。
せっかく、六本木に来たのなら、覗いておきたい店がありました。
うーん。「テマヒマ展 東北の食と住」は諦めて、awaiさんへ。

2012.61-7 214

awaiさんは、博多織メーカーのアンテナショップです。

2012.61-7 213

新宿伊勢丹の「和の事はじめ」に出店されているとのこと。
そちらは、帰る前に立ち寄ることにしましょう。
新宿も広いので、行き方など丁寧に教えて頂きました。
感謝。

2012.61-7 212

そして、東京ミッドタウン・ガレリアは午後9時までやっているので、オススメの三階を見て回りました。

カレンブロッソを眺めたりしてブラブラと。気ままなものです。
イデーのショップでは西アフリカ・ブルキナファソのかごやパーニャで作られた日傘などがありました。最近インテリアのコーナーなどでアフリカのかごを良く見かけます。
友人が携わっている「biga」も同じブルキナファソのものを扱っているので、リサーチして報告を。

それぞれの街をめぐると、人が街をつくっているのだなぁと、改めて感じます。
中国人などが多くなると街が荒れた感じを受けます。現に電車に乗っていると背中でどんどん押してくる若い女性がいて、よく見ると中国人です。「郷に入れば郷に従え」という言葉が通じない人たちです。
古本屋街には進出していないので、神保町などは落ち着きを感じました。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Date: 2012.06.20
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR