古布の梅

スイス会に飛び入り参加してきました。
スイス会とは、スイスの登山旅行で知り合った方々の定期的な集まりです。
色々と芸達者な人生の先輩に刺激されます。
もちろん、私も刺激してきましたけれど(笑)
年齢に関係なく、お互いに刺激しあえるというのは、嬉しい関係だと思います。

スイス会には、和裁部もあり、古布の梅を作りました。
小豆を三粒包める布は捨ててはならないと言われ、小さな細工物をこしらえて布を大事にしてきた日本の文化があります。

直径4cmの円のところをチクチク縫い、綿を入れて丸く縮めます。
太めの糸または二本取りの糸で、中心から五つに分け縫いとめます。
真ん中にビーズを留めて、出来上がり。

2012.11.16 007

手袋を出してきたら、ちょうど指輪の位置が虫に喰われていたからと、古布の梅で飾り、穴を隠しました。
ナイスなアイデア!

2012.11.16 005

薬指の小さな虫食いには、小さなパールビーズを縫い付けて。
遊び心で、この冬も楽しく暖かく過ごせそうですね。
絞りの位置も考慮して、花びらのよう!流石です。

2012.11.16 006

バルト三国へ旅行に行かれた方は、いつも手早くスケッチをされるのです。
旅の様子はもちろん、道端のお花も、目に留まったものは、なんでもスケッチ。
長年のスケッチ帳は、積み上げると背の高さを超えたそうです。

2012.11.16 001

ささっと描けるなんて、素敵です!

2012.11.16 002

またお似合いの色目のポンチョをみつけていただきました。
身長170cmの方でも、すっぽりと包み込まれます。

2012.11.16 002

アクセントのお花を下にしてみました。

2012.11.16 003

昨日リクエストした大きめのものを染めて、今日は乾燥しているとのことでした。
実は、まだ私のポンチョがないのです。。。

単衣着物の裾を短くして作り直した道中着を着ております。
果たして、何色のポンチョが私の手元にきてくれるのでしょう。

2012.11.16 003




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Date: 2012.11.16
Category: 和裁部
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR