草履屋では歩き方指南もする時代に。

草履屋さんにて。
お求め頂いた草履を、足が痛くなるから鼻緒を緩めてと言われましたが、あまり緩めてしまうと、前のめりになり足が疲れてしまいます。
どこが痛くなりますか?と尋ねてみると、親指と人差し指に間と鼻緒が当たる甲の部分とのこと。
ぐっと、足を深く入れて草履を履いていたからと、推測できました。

歩き方も、靴の歩き方でパタパタと、踵を上げ下げしていたから痛かったのだ、ということ理解していただき、草履が悪いわけではないということを納得されました。
着物を着ないと草履も履くことなく過ぎてしまうので、草履の歩き方を知らないままなのですね。

まだ式事には着物を着るという文化があります。
そうゆう時しか着ないのだけれど…と言いながら、知らないからこそ真剣にお尋ねになられます。
着付けは人に頼むことが出来ますが、歩くことは人任せにはできませんもの。
草履屋は、草履の履き方から、草履での歩き方まで指南する時代になったのですね。

もちろん、美しい歩き方の秘密を伝授。

20130203 036

疑問が解消されて、知らなかったことを教えてもらえると、あれもこれも聞きたくなるものですね。
階段はどうするの?果ては髪型のことまで。
申し訳ありませんが、仕事の範疇で、草履を痛くなく履くコツまでです。

おめでたいお席での着物姿が、快いものでありますように。






ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村







スポンサーサイト
Date: 2013.02.23
Category: 出来事
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR