雨の上村松園展

20130511 004

傘を差す画が、多く見受けられました。
美術館を出るときも雨は降っていましたが、小降りだったので、画の中の女性の気分で、傘を差して歩くのも楽しいものでした。

入場するときに、着物姿の方にはお声かけがあり、写真撮影をしてくれました。
それぞれの着物姿の写真が貼り出されていました。私の写真も載るかな。
この後、結婚式の二次会に出るため、宝尽くしの付下げで。

20130511 001

袋帯は、振袖に合わせたものでしたが、今でも十分使えます。
本の柄って珍しいかしら。
いつもは前結びですが、今日は後ろで、やるまいぞさんにお伝えしたやり方で締めてみました。
紐はたくさん使いますが、失敗がない分、慌てずに出来るのが良いですね。

20130511 003

時々、画の中の日本髪についての説明書きがありました。
チヒロさんに二回、日本髪を結って頂いたことがあるので、江戸鬢と京鬢の違いはわかりました。
私は京鬢の襟足のすっきり感が好きで、「つぶし島田」と「夫婦髷」を京鬢でしていただきました。
一度でも自毛結いを体験していると、画の中の女性たちにも不思議と親しみが持てるようです。

上村松園展は以前、宇都宮で観たことがあり、その時は髪型よりも着物や帯に目が向いていました。
しかし、今回は髪型にも目が向くようになりました。
これは、チヒロさんのおかげだと感謝しています。
消えつつある正統派な日本髪を受け継ぎ伝えていきたいという熱意がある方です。
また機会があれば、結っていただきたいと思っています。

そして、着物の色目でこれほど人物の印象が随分と変わるものだということを、比較できるように展示してあり、面白く拝見しました。

下絵は、完成された画を観た後でみてみると、構図や推考した跡など興味深いものがありました。
素描は筆と墨が使われ、鉛筆は使わず、線に対する厳しい姿勢をみることができました。

これは、後期も観に行きたいですね。
着物で行くと、割引がありますよ。
名古屋市美術館開館25周年記念 上村松園展



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Date: 2013.05.11
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

Author:着物~はごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR