近江麻ツアー・ 苧挽き(おひき)体験・新聞記事追加

梅雨入りして雨の予報でしたが、おかげさまで雨に降られず、ご参加の皆さまと和気藹々、楽しい一日でした。
ありがとうございました。
梅雨入り宣言と、足袋を脱いでの作業があるので、今回は洋服の方と着物の方が半々。
はごろもの会は、着物でないと出られないのではなく、その場に合わせて、着たいものを着たい時に着るのが一番だと考えています。見た目より、意外に気楽な会です。

近江上布伝統産業館にて、苧挽き(おひき)体験をしてきました。
百聞は一見にしかず、です。
そして、見るだけでなく体験してみて、糸になるまでのことを知ると、一層、布が愛おしくなります。

苧挽き(おひき)とは、苧麻(ちょま)から糸を取り出す作業のことです。
全国でも2ヵ所でしかできない貴重な体験だそうです。

もんぺと上っ張りで、やる気満々!

oumi9.jpeg

しかし、指導してくださる方が、苦笑いするくらい不器用で…。

oumi8.jpeg

最後の方で、やっと何とか出来るようになりました。
細くてヨレヨレ気味でしたが、苧麻の繊維がとれました!
この辺で指導の方は、まぁ、しゃーないなぁ~笑い。

20130529042.jpg

丁寧に教えてくださって、ありがとうございました。
中日新聞彦根局の取材で、りのりのさんがインタビューされていました。
りのりのさんのブログ→Coffee Time~リメイク工房・吉松(きっしょう)~


photob.jpeg


皆さん、面白い~!と夢中!
お話を聞く時間が少なくなってしまいましたが、この時期ならではの体験でした。

20130529033.jpg

はじめに、プチッという音がするように、表皮と中の繊維とを切断します。
切れ目がはいったら刃の上で苧麻を挽くように、表皮を剥ぎます。

20130529037.jpg

まだ残っている緑色の表皮を刃でしごいて取り除きます。

20130529041.jpg

乾燥してしまうので、刈り取った苧麻はその日のうちに、苧挽き(おひき)します。
自分で苧挽き(おひき)したものは、お持ち帰り出来ます。
糸にする場合は、根っこと先の向きをきちんと揃えて乾かします。

20130529043.jpg

その後、乾燥したものを裂いて糸にして、巻き取って、地機で織ります。

20130529048.jpg
2013059053.jpg
2013059055.jpg

予約をしていったので、反物なども用意してくださって拝見させていただきました。
あっという間で、お昼の予約時間になってしまいました。
いつもながら、盛りだくさんになってしまうのです。
続きは、後日。



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Date: 2013.05.31
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR