夏の冷えと着物

着物暮らしをはじめてから、夏に街中に出かけることや、デパートに一日居ることが大丈夫になった、はごろもです。
かつては、容赦ない冷房に体が冷えてしまい、洋服では腹巻がかかせず、ストールも必須でした。
外の暑さと内の冷房の温度差で参ってしまいましたが、着物でいる方が体温調節が上手くいくので、調子が良いです。袖口、身八つ口から風が通り、お腹まわりは帯で守られているからでしょう。

脚、肩、腕、そして背中も出して、一日冷房の中にいる若い女性たちの夏の冷えを、老婆心ながら心配してしまいます。私も若い頃は、脚や腕や肩を出していました。そして自分が冷えているという自覚もなく過ごしていました。若いのに体調は良くなく、今より元気がなかったのでした。
仕事先で見かける、彼女たちの装いが、何かの罰ゲームかと思えるほど、痛々しく可哀想にみえてしまうのです。余計なお世話と言われそうですが、化繊の布をほんの少ししか身につけられないなんて!
それも下着のような格好。
肌が出せるのも、若くて綺麗なうちだから、特別な日にはドレスアップすることは素敵ですが、日常的にやたら肌を出していると、肌も傷みます。
自分を商品のようにみせる彼女たち。
格好イイと思えるからやっていられるのでしょうけれど、身も心も大切に包み込んでくれる衣で、癒してあげたくなります。

20130620 004

トゲトゲしく心傷ついていた若い頃の自分を重ねて振り返り、私は着物に助けられたと深く感謝しています。
身も心も優しく包み、背中を押してくれたのが着物でした。

そして、体を冷やさないことも、とても大切なことです。
「体温が1度下がると免疫力が37%落ちます。代謝は12%落ちます。体温が平熱より1度上がると免疫力は5倍に上がります。だから病気をすると体温が上がるのです。体温が下がるのは由々しきこと。」さらに加えて、「がん細胞は、35度で一番増殖します。39.3度になると死にます。がんが増えているのは、体温が低下したからです。」その証拠として、高い温度を有する心臓や脾臓にはがんは発生しなくて、中が管になっていて冷えやすい臓器(食道・胃・肺・大腸・卵巣・子宮等)に発生しやすいのだそうです。

健康、美容の面からみても、着物を着ることは理にかなっているのです。




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Date: 2013.07.04
Category: 健康・美容
Comments (4)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

tanahana

Date2013.07.04 (木) 23:42:33

夏こそ着物派です。
体温のこと、私も母の病気について調べているときに知りました。
母は低体温。私は平熱36.5℃あります。
“若さ”とは・・・時に残酷なものですね。

はごろも

Date2013.07.05 (金) 22:02:04

tanahanaさま☆
無知は罪です。
夏でも冷たいものは、あまり飲みません。たまにはアイスやビールも飲むけれど。とにかく体を冷やさないように心がけています。
着物はいいですね。
守られているように思います。

自分を大切にすることを小さな頃から、体感しているとよいのですが、そうでない場合も多いように思います。着物を通じて、自他ともに大切にすることも伝えていけたらと考えています。

ぼよ

Date2013.07.08 (月) 10:09:56

体温を上げるというのは大切だと私は
30歳過ぎてから思いました。

それからは、平熱が37度もあります。
病院に行って熱を測ると必ず
大丈夫ですか?と聞かれる・・・。

いつも37度あるのは異常なの?
と思うけど、外人さんなんかは
平熱37度以上の人が多いんですよね。
日本人は体温が低い人種みたいです。

免疫能力が上がる白血球は37度
以上から活動するそうです。
だから37度あると風邪ひきません!

着物を着るようになってさらに
風邪を引かなくなりましたよ。着物に
感謝です。

はごろも

Date2013.07.09 (火) 21:53:02

ぼよさま☆
ぼよさんのパワフルさの秘密の一つが体温だったのですね。
洋服の頃は、たしかによく風邪をひいて咳が止まりませんでした。
そんなに体力がない私が、こうしていられるのは着物のおかげだと感謝しています。

お互いに元気で着物を着ていようね!

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR