秋みょうが

秋茗荷をたくさん頂き、早速、茗荷ご飯にしてみました。
食欲の秋ですね。

20130928.jpg

みょうがの柄の帯を締めるとき、春なら「春みょうが」といい、秋なら「秋みょうが」といえば、いいのよ。

ずいぶん前に読んだエッセイで、この柔軟な考えが気に入りました。
それから着物の柄など季節に関わるものや、とりあわせにおいても、自分が良しとしたら、人に聞かれたときに物語れることが出来ればよいと考えるようになりました。
洒落着においてが主ですが、相手や自分の立場などある場合、説明をしなくても見てわかる方が良いのは言うまでもありません。

茗荷の採れる時期も、地域によって違います。
岐阜の山奥の方が、温暖な知多半島にきて、茗荷の時期の違いに驚いたとか。

茗荷を沢山食べると、物忘れがひどくなるといわれたり、冥加(知らないうちに受ける神仏の加護)に通じると縁起担ぎされたりと、昔から愛されてきました。

-薬効効果-
1.精油成分が、大脳皮質を軽く刺激する作用があります。

2.熱を冷まし、解毒効果があるので、夏バテに効果あります。

3.ホルモンのバランスを整える効果があります。

4.発汗、呼吸、血液循環などの機能を促す作用があります。
  

単衣の時期ももうすぐ終わり、 夏の疲れが出やすい頃となりました。
体調を整えて、爽やかな秋を過ごしませう。



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Date: 2013.09.29
Category: 食べもの
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR