第六回着こなし講座、特に夜の部は熱い!

着物の着方はほぼクリアした午後の部の方。
襦袢の襟が綺麗に決まると、着物も綺麗な襟元になります。
ずいぶんと下を向かなくなりましたから、当然です。

名古屋帯のお太鼓の予定でしたが、半幅帯の「風船太鼓」と「貝の口」のリクエストがあり、お太鼓をやっていないので、少し上級でしたが頑張りました。
帯は少し長めの方がやりやすいようなので、私のポリエステルの帯で。
あら、色変わりのところが横の方がリボンのようで可愛いと思うのですが、縦になってしまいましたね。
次回は、そのあたりを考えてやってみましょう。

20131015 006

芥子色の帯揚げと茶の帯締めで、秋らしい小物合わせでした。

20131015 005

Iさんのコーディネート・ファンも多いのでは、と察します。
縞の木綿に、バティックの帯を銀座結びに。

20131015 002

だんだん回数を重ね、慣れてきた様子。
渋い合わせ方ですが、Iさんらしくて素敵です。

20131015 001

夜の部は、浴衣から始まった初心者の方が、名古屋帯に初チャレンジです。
出来る方も、塩瀬のお太鼓柄や、一番着難い紬をあえて選んで持ってくるとか、チャレンジャーな方が多いです。
あえて、平組の帯締めも練習になりますね。

「動画をみてもわからんかったけど、今回はよーわかったわ!」(名古屋弁で)
ひとつずつ的確に押さえていけば、ほらこの通り!綺麗に結べます。

20131015 010

伯母さまの形見の塩瀬の染め帯をお持ちのやるまいぞさん。

20131015 008

お太鼓柄ですが、寸法が合っていて苦労せずに柄が出せました。
めでたし、めでたし。

20131015 009

どうしてもお太鼓が小さくなってしまいがちですが、なんとか形になり、手順が少しだけ飲み込めたかしら。
後は回数あるのみ。

仏蘭西人のAさんは、布を選ぶ目が出来ていて、大須などで上手に着物や帯を手に入れてきます。
お背が高いので、寸法があわないこともありますが、腰紐の位置などで工夫して着ることをお伝えして、この夏は浴衣とカルタ結びを習得。今回は名古屋帯に初チャレンジでした。

20131015 007

台風が明け方接近の名古屋地区、夜の部は熱い教室でした。
またまた、冷房のスイッチを間違えました。。。ごめんなさい。

ひとつご案内いたします。
来年は、1月18日(土)午前10時半から12時まで、北文化小劇場にて、
「着物で舞台を歩く」企画があります。
立ち方、歩き方のレクチャーを受けて、実際に花道から舞台まで歩いて、最後はプロのカメラマンに撮影してもらいます。お気に入りの着物と帯で記念の写真を撮りましょう!

はごろもの着こなし講座に出られていない方も、気軽に参加していただけます。
その後は、ランチ会も予定!
詳細は、後日あらためてご案内したしますが、まずは手帳に予定を記入してくださいませ!




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Date: 2013.10.16
Category: 着付け
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR