名古屋能楽堂、今年は若松です。追加あり

今年の名古屋能楽堂は、若松です。
故杉本健吉画伯が、物議を醸し出した「若松」。
「老松」と一年ごとに入れ替えることになっています。

20140119 022

「箏と笛」
第一部 笛・鼓・三味線・唄 お浚い会
第二部 福原寛・笛の会

主催「伝統の音と舞」実行委員会

今年は、笛の演奏で出演せず、お気楽なスタッフとして参加しました。
来年は能楽堂でのお浚い会はないとのことです。昨年とその前の年の二年続けて出させて頂き、良い経験となりました。
とてもラッキーなのは、なつきちゃん。
昨年の梅見の会に参加してくださって、篠笛体験で上手く音が出て、気をよくしてお稽古されて10ヶ月。
能楽堂の舞台で演奏してしまうのですから、大した者です。
今年は、梅見の会でもご一緒に吹きましょうね。

昨年から気になっていた「黒子」さん。
舞台監督のチョロさんといえば、その業界の方にはわかる存在。
スタッフ冥利ですね。
撮影させていただきました。

20140119 015b

後ろ姿

20140119 016b

もちろん、ツーショットも!
少し、はしゃぎすぎました。

内緒だけどね。
舞台で足が攣っちゃったんだ。
そんなことを言う、お茶目な方です。

20140119 013b

受付三人娘(元)
まゆみっくすさん、りんごさん、やるまいぞさん。

20140119 005b

唄で出演の桂さんと。
どことなく似たコーディネートです。

20140119 004b

能舞台に赤い毛氈、それに若松の緑、どうもクリスマスツリーを連想してしまって。
やはり、いかがなものなのでしょうね。

20140119 018

最後に集合写真撮影のため、橋掛かりを歩かせていただきました。

20140119 030b

ふとしたことから始めた「篠笛」のおかげで、昨日に引き続き、このような舞台にもご縁があり、嬉しくて感謝しております。
昨日の「着物で舞台を歩く会」を客席から観てくださった方からも、楽しかった、よかったよ、とお声かけ頂き、ホッとしました。はじめはどうしようかと思ったのですが、やらせていただいて、関わってくださった皆様のおかげで、そのような感想が聞けたのだと、改めて感謝を申し上げます。

来年は形を変えて、発表の場を設けるとのことです。
いつも泥縄な私なので、場が与えられることは幸せだと、チャレンジしていきたいと想います。

追加
全国のエイコさんファンのために!
画像が手に入りました!!!
こちらは「老松」。
実は、地下のお稽古場の舞台なのです。
一年ごとにこちらと入れ替えるという訳です。

eiko.jpeg


↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Date: 2014.01.19
Category: 邦楽
Comments (2)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

えいこ

Date2014.01.20 (月) 21:17:36

お手伝いお疲れさまでした。
縁の下の力持ちあってこその発表会ですものね。ありがとうございました。
来年は一緒に演奏できますように!

はごろも

Date2014.01.20 (月) 23:12:10

えいこさま☆
舞台お疲れさまでした。
演奏しないとなると、お気楽なスタッフで、別の楽しみ方をさせてもらいました。
実は、こっそり、御簾越しで最後の先生方の舞台を拝見してたの。
高貴な方になった気分でしたわ♪

来年は?
が、がんばります!

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR