沖縄・首里織組合

現在90名の組合員で構成され、実際に活動されていらっしゃるのが60名と伺いました。
首里織の反物は、ここの組合にはなく、東京銀座での催事にすべて送ってしまったと。

すでに終わってしまいましたが、
沖縄の染織展 2014年2月7日(金)~10日(月)10:00-17:00(最終日15:00まで)
会場:銀座フェニックスプラザ (銀座3-9-11紙パルプ会館)
喜如嘉芭蕉布・久米島紬・首里織・知花花織・読谷山花織・琉球絣・琉球びんがた の展示・販売会。

沢山作られるものではないので、産地に行けば見られるというものでもないのです。

見学をさせてもらいました。

P1150408.jpg


Kさんは、祝嶺恭子先生の帯をつけていたので、組合の皆さんは、帯にすぐ目を向けて話題になりました。
産地には、余程のものでないと着けていけませんね。


P1150404.jpg


八寸を織っている方から、どのような風合いが締めやすいかのお尋ねがありました。
柔らかい八寸は、形がとりにくく締めにくいので、打ち込みがしっかりしたものが締めやすいと、お答えしました。
皆さん、真剣に機に向っていらっしゃいました。

ここに来る道が、とても急な坂でしかもカーブがきつくで、首里は坂が多い所でした。
もう、全くもって、首里織のことが書いてないって!と言われそうですが、

首里織は、首里絣、首里ミンサー、首里花織、道屯(ろーとん)織、花倉(はなくら)織など、種類が多くで、さらりと見学しただけでは、書けません。。。



詳しくは、もずや民藝館へ。
会員登録が必要ですが、着物業者以外の沖縄染織に興味のある方は、ぜひ!
「はごろも」の紹介でと、コメントしてくださいませ。

丸投げ???



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Date: 2014.02.11
Category: もずや会
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

Author:着物~はごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR